fc2ブログ

狼と香辛料 MERCHANT MEETS THE WISE WOLF BSテレ東(4/23)#04

第四幕 夢見がちな商人と月明かりの別れ
 
ミローネ商会を訪れてゼーレンとの居酒屋で会話。
彼をこっそりと眺めて背後を探ってもらう。
支店長と契約が締結される。
今回の一連の流れから背後に銀貨を集める者が居るはず。
ゼーレンの背後にはメデオ商会がついていた。
だがその背後には貴族が居るはず。
銀貨を買わせて、値下がりする。
商人は買った銀貨を安値で叩き売る。
それを買い叩いて大量に銀貨を手に入れる。
商人は失敗を誰にも話さない。
そんなカラクリが計画されていると考えた。
ミローネ商会も信じるに値する取引。
彼らの設けの中から情報量を手に入れる契約が出来た。
HcYPrwuPozVXTYJ.jpg
浮かれるロレンス。
これで自分の店が持てるかもしれない。
ホロは嬉しくない。
一人旅は嫌だ、飽きた。
彼女の知り合いは既に居ない。
何百年も生きることが出来るから。
1人は寂しい。
今すぐ店が持てるわけじゃない。
QBolNjSKNvxOeWF.jpg
ホロと一緒に眠る?
儲け話は危険、横取りを狙うものが現れる。
何ものかが襲ってくるので、窓から脱出。
しかし追いかけられて、先回りされていた。
ミローネ商会に逃げ込むのは知られていた。
ホロは二手に分かれると提案する。
ロレンスが商会に逃げ込んで助けに来るのがベストな選択。
znujVd1tQv9d2_C.jpg
ロレンスは商会に守られた。
しかしホロは捕まってしまう。
今回の銀貨の取引でロレンスを狙う意味がない。
なぜなら商会は既に銀貨を購入している。
asedTjowoWLLiaB.jpg
そこに手紙が届く。
彼らの狙いはホロ。
教会に届ければ処罰される。
支店長に豊穣を司る狼の化身だと真実を告げる。

捕まったホロの前に現れた人物とは?
 
ーーー次回「」ーーー
 
銀貨の取引を逆手に取って大儲け?
店が持てる大喜びのロレンス。
取らぬ狸の皮算用、ですね。
でも店を持つと旅をしない。
一人旅は寂しいとホロ。
そして彼らを追いかける者たち。
彼らの狙いはホロでした。
かつてのホロを知る知り合いの1人?
ホロが笑った、最後に失敗をする商人?
スポンサーサイト



テーマ : 狼と香辛料
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:狼と香辛料  Trackback:4 comment:0 

デート・ア・ライブV BS11(4/24)#03

第3話 精霊の復活
 
地上からの攻撃と精霊の出動で迎撃する。
GL8SZwSaQAAto1b.jpg
鳶一折紙から出動を止められていたAST。
しかしDEMからの指示で精霊四糸乃に向かうことになる。
ASTの仕事は精霊の迎撃だから。
しかし彼女たちは囮でしかなかった。
彼女を避けること無く背後から攻撃される。
六喰が彼女たちを守る。
GL8SZwNaUAAXdZz.jpg
精霊に守られて彼女たちの存在理由を失ってしまう。
公務員の職を失うことになるが折紙の味方になる。
GL8T-LUaoAAvFQ9.jpg
折紙はアルテミシアと交戦中。
彼女は記憶を消去されている、ラタトスクなら回復が可能。
しかし折紙の説得は通じない。
GL8Uf_VbEAAuPaO.jpg
エレンが単騎で突入を開始した。
対抗するためエリオットが出撃する。
カレンは彼を引き止めたいが無理なのも理解していた。
狂三には二ベルコルが対応する。
一部の二ベルコルは地上部隊の破壊に向かう。
十香と夜舞姉妹がサポートする。
サポートなのは士道が彼女たちに対応するから。
二ベルコルは疑似精霊で二亜から奪った能力を利用している。
二亜の思いが影響を与えている。
だから士道のキスでデレてしまう。
GL8Vq7gbUAEhruq.jpg
折紙とアルテミシアの戦いにASTも参戦する。
折紙との戦いで生まれた隙に六喰が出現する。
ミカエルで記憶を操作する。
エレンの前にはエリオットが立ち塞がる。
GL8FGbbbMAAXTCh.jpg
そんな士道の背後に狂三が迫る。
命の恩人だ、ありがとう。
直接、礼を述べたかった。
狂三の目的は士道の霊力で過去を改変すること。
始原の精霊を倒して精霊が誕生しないようにする。
全ては無かったことにする。
それでは狂三と出会えない。
士道は狂三が好き、狂三も士道が好き。
それなら全てを無かったことには出来ない。
狂三と出会えない。
だから士道が過去を都合の良いように改変する。
GL96oRnbYAApBrc.jpg
DEMとの決戦が終わったらキスを受け入れると約束する。
そんな時、彼女を貫いて始原の精霊が出現する。

ーーー次回 「」ーーー
 
各自が因縁の相手と対戦中。
狂三が士道を受け入れたと思ったら貞子出現。
これが崇宮澪なのでしょうね。
村雨との関係性は?
因縁のない十香、四糸乃、夜舞姉妹、七罪、美九などは暇そう。
劇場版で夜舞、七罪、美九のエピソードを描いて本編を短縮すれば良かったのにね。
それ程に3期が無駄でしたね。
今期で終わりそうで良かった。
感想はそれだけになりそう。
1期、2期の様な十香、折紙と狂三でバタバタするだけで良かったのにね。
テーマ : デート・ア・ライブ
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:デート・ア・ライブ  Trackback:1 comment:0 

となりの妖怪さん テレ朝(4/20)#03

第3話
 
鵺が出没するらしく注意喚起される。
学校帰りのたくみ、ブチオと遭遇してしまう。
弓矢が苦手だと聞いたので、得意の変化で追い払う。
百合にも褒められるほどに上達したブチオの変化。
たくやの母からは命の恩人だと感謝される。
GLn6cxobEAECYmo.jpg
むつみは次郎坊が好き。
そんな彼女に祖母が昔の話をする。
それは彼が若い頃の話。
他善坊たちは揃って外出、村を彼が1人で守ることになった。
その時、蛇抜、土石流が村を襲った。
それは水神、蛇が原因だった。
1人で水神を倒して村を守ったのだった。
GLn7k05bkAACvYw.jpg
そんな次郎坊に異変、苦しんで消失する。
皆が大騒ぎ、彼を探し出そうと捜索が始まる。
彼を慕い大切に思う者が集まる。
他善坊は大杉の様子を見る。
天狗は巨木などから生まれる。
なので次郎坊の大杉を確認する。
むつみが操られて注連縄を傷つけた。
それで守りが弱体化した。
彼の大杉に蛇の怨念が取り付いていた。
次郎坊は彼女を祓わずに受け入れた。
それで彼女に取り込まれていた。
GLn79qsbsAAp6XU.jpg
蛇の怨霊はかつて、この地に暮らす水神だった。
旦那と仲良く暮らして子供が出来た。
それを妬み羨んだ女性が毒を盛った。
そして夫を寝取ったのだった。
GLn-P6sbsAALySM.jpg
毒に侵された水神は復讐のために大暴れした。
それが土石流だった。
次郎坊が彼女を収めるために討伐した。
その時、彼女のお腹に宿った子供まで亡くなった。
彼女はそれが許せなかった。
そして怨霊となり次郎坊を逆恨みして復讐を試みた。
むつみの心の隙間を利用した。
そして注連縄を傷つけさせた。
GLn98lZaIAAv6OA.jpg
そこでブチオが次郎坊に化けて大杉から離れさせる。
百合や早千代、他善棒が戦う間にむつみは田中平の力を借りる。
注連縄を彼女の祭り衣装の袴の帯を切り取って修復した。
むつみが持つ次郎坊の羽に彼の魂が宿っていた。
皆の思いが彼を復活させた。
皆の守る思いが伝わったのだ。
水神を受け入れるとは復讐を果たさせることではない。
次の転生時に受け入れることだった。
彼女の思いも理解していたが、子供を助けることは出来なかった。
水神も気づいて恨みが消失する。
それでも子供を失ったことは許す気にはなれなかった。
成仏して水神の怨霊は消失する。
GLn-a4PbEAAkneB.jpg
むつみは父親が居なくなって寂しかった。
その心の隙間を怨霊に利用されたのだった。
でも今は父も同じ思いで心に穴が空いていると考えたら満たされた。
次郎坊も皆が自分を守ってくれていると知って復活できた。
 
ーーー次回 「」ーーー
 
むつみが操られて注連縄を傷つけた。
そのエピソードの原因が全て明らかになる。
ブチオは変化が上達した。
それは良く分かるが、水神のエピソードと次郎坊の話が
少々、駆け足になった感じ。
そこに、むつみの気持ちも関与するのでどれかを別に描くと
 分かりやすくなる。
一気に全てを描きすぎで情報過多と感じる。
土石流のエピソードとむつみの父親失踪の寂しさは
別に描くべきだったと思う。

テーマ : 2024年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:となりの妖怪さん  Trackback:2 comment:0 

プロフィール

てぃわは

Author:てぃわは
Cocologが容量いっぱいで、こちらで継続します。
アニメやドラマの感想がメインです。
もう一つ別のブログも利用してます
文責は放棄していませんが、リンクはフリーです。

検索フォーム
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
G-AF
Amazon
Amazon IFrame
カテゴリ
月別アーカイブ
楽天アフィリエイト
最新トラックバック
ブログサークル更新用
カウンター エリア
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メモリーボード
Pingoo Memory Board
ブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
ブログ村カウント
ブログランキング
ブログランキング