fc2ブログ

この素晴らしい世界に爆煙を! TokyoMX(4/05)#01新

第1話 紅い瞳の魔法使いたち
 
甲斐性無しの父親をもつめぐみんは川でザリガニを捕る。
妹のこめっこと野草も摘んで帰る。
途中の道で寂しそうなゆんゆんに、大漁なザリガニをプレゼント。
KJqvgdOPXTlvolz.jpg
その日は父が儲かったとすき焼きが食べられる。
町で魔道具が大金で売れたのだった。
1= (6)
ある日、めぐみんは魔物から女性に守られた。
その魔法使いは封印されていた偉大なる存在ウォルバグ。
本来は近づいてはいけない場所。
めぐみんの母は、立入禁止場所にこそお宝が埋まっている。
そう聞いて毎日通っていたのだった。
偶然、彼女の封印を解いてしまったらしい。
その彼女は我が身の半身を爆裂魔法で封印した。
その最強の爆裂魔法をお礼に教わりたい。
3_2023040601150619c.jpg
紅魔族の里の魔法学園、通称レッドプリズンに入学しためぐみん。
族長の娘ゆんゆんも一緒。
なぜだか彼女は、めぐみんを倒す宣言。
実は影が薄いゆんゆんだった。
授業で上級魔法の上にも数種の魔法があることを教わる。
爆炎、爆散魔法などだが爆裂魔法だけは特別。
使う機会のないネタ魔法と言われる。
それでも憧れた爆裂魔法。
36_202304060120226c8.jpg
紅魔族は最高の魔法使い、戦闘では格好良さが一番大事。
だから魔法発動前の口上は大事。
授業では、先ず格好良い口上を考える。
ゆんゆんは影が薄いので二人組が作れない。
総勢11人の生徒だから、先生とペアになる。
めぐみんは彼女のために仮病で相手を譲る。
rDGekcUVUPVGcAE.jpg
ネタ魔法でも使う人によっては変わる。
あの人のような白い光の爆裂魔法を覚えたい。

ーーー次回 「」ーーー
 
低予算アニメながら大ヒットしたこのすば。
その作品の、めぐみん主役のスピンオフ。
めぐみんが爆裂魔法を覚えるまでが描かれそう。
それまでの魔法学園での日常、騒動を描く感じ。
本編は駄女神のイメージが強烈だったがめぐみんもヒロインとしては負けていない。
頭のおかしい爆裂魔法使いとまで言われたコダワリの魔法使いめぐみん。
実は一番、普通の思考を持つめぐみん、爆裂魔法を除けば。
今回は予算がアップして結構作画が良さそう。
めぐみんも若干美人?

スポンサーサイト



テーマ : このすば
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:この素晴らしい世界に祝福を!  Trackback:2 comment:0 

アイドルマスター シンデレラガールズU149 テレ東(4/05)#01新

第1話 鏡でも見ることの出来ない自分の顔って、なに?
 
橘ありすの両親は共働きで早朝から出勤。
ありすの名前は子供っぽいから橘と呼ばれたい。
大手芸能プロダクションでは会長の鶴の一声で第3芸能課が設立される。
しかし小学生のアイドルが中心なのでベテランは関わりたくない。
そこで入社3年目の若手を大抜擢と言う名の押し付け人事でプロデューサーに昇格。
24_20230406001029fc4.jpg
今までレッスンばかりのありすも第3芸能課に配属される。
これでプロデューサーが付いて本格的にデビューも可能?
しかし両親の帰りは遅く同意書の記入を頼めない。
23_20230406000932887.jpg
9人が第3芸能課に配属される。
レッスンばかりで全員がデビューに期待していた。
ここでもありすは名前呼びを許さないが、年下の子には許すことになる。
でも同年齢以上の子には橘呼びを要求。
52_202304060019160a0.jpg
プロデューサーとも初めての対面。
しかし、お互いに相手を見て驚愕。
稚すぎる?ありすはプロデューサーの変更を求めようとする。
それでもプロデューサーは頑張ろうと決意する。
ありすは取り敢えず様子見で保留。
先ずはレッスン、ありすは歌唱力高い。
84_202304060024104af.jpg
でも容姿だけでもキッチリとして欲しいとネクタイを緩めることを許さない。
ありすはアイドルがキラキラして格好いいからと希望した。
bc5efa4b.jpg
プロデューサーはアイドル好き。
ありすの歌唱にもアドバイスできる。

ーーー次回 「」ーーー
 
シンデレラガールズの前日譚的な内容。
赤城みりあはデレマスに出演していたのを覚えている。
調べたら、橘ありす、的場梨沙も少し登場していた。
色々と変更が有るようで制作会社がA-1 PicturesからCygames Picturesへ。
デレマスは製作遅延でボロボロでしたから。
監督も二度と呼ばれない、作画の実力は高いのですが…。
彼女は京アニ出身なので動画などは指定せずとも勝手に動かしてもらえる会社。
そこからA-1では圧倒的に職人の熟練度が異なると言える。
A-1は旧ガイナックス関連アニメーターなどを揃えて急速に成長したが最近は見かけない。

正直デレマスは登場人物60人以上で色々と無理があったと思う。
そのアニメ化もトラブル続きで続編はサイドMへシフト。
ミリオンライブやシャイニーカラーズのアニメ化は決定されても
全然放送されない、アイドルアニメのポジションはラブライブに奪われた。
そんな状況下で、ようやく放送と思ったら変化球的な作品で残念。
でもミリオンライブ全12話を劇場で3部作として公開。
シャイニーカラーズも劇場版として先行公開らしい。
一気にアニマスが攻勢を仕掛ける?
デレマスのメイン作曲家が逮捕されたので時期的にも少し遅らせた?
そんな色んな不幸が重なったアイマスコンテンツ。
765プロのメイン作曲家はBNSIからCygamesへ移動してますね。
ウマ娘でも楽曲提供してましたね。
テーマ : アイドルマスター シンデレラガールズ
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:アイドルマスター  Trackback:3 comment:0 

プロフィール

てぃわは

Author:てぃわは
Cocologが容量いっぱいで、こちらで継続します。
アニメやドラマの感想がメインです。
もう一つ別のブログも利用してます
文責は放棄していませんが、リンクはフリーです。

検索フォーム
カレンダー
03 | 2023/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
G-AF
Amazon
Amazon IFrame
カテゴリ
月別アーカイブ
楽天アフィリエイト
最新トラックバック
ブログサークル更新用
カウンター エリア
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メモリーボード
Pingoo Memory Board
ブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
ブログ村カウント
ブログランキング
ブログランキング