fc2ブログ

英雄王、武を極めるため転生す テレ東(3/13)#10

第10話 天上人襲撃計画
 
レオーネは兄のレオンを捕まえようと襲いかかる。
しかしレオンには通じない。
FrHT8_6aMAAbEC3.jpg
それでもレオーネの成長を感じられて少し嬉しい。
リーゼロッテも参戦しようとするが、天恵武姫と黒仮面に止められる。
彼女が宰相の娘であることを知っている。
血鉄鎖旅団の情報力に驚くリーゼロッテ。
天上人はリップルを引き取り、代わりの天恵武姫を届ける。
その際にアールメンの町を領地として献上する。
それを阻止するために彼らは天上人を襲撃すると伝える。
FrHVJEAaQAESXOY.jpg
戻った二人はミリエラ校長も交えて対策を講じる。
イングリスの策略が採用される。
いつもながらの無茶な作戦。
近衛騎士団へのリップル引き渡しはギリギリまで引き伸ばした。
シルヴァの兄が近衛騎士団に勤めていたから裏工作を願った。
今すぐ引き渡せとの勢いだった。
実は幼い頃にプリズムフローの中で魔石獣に襲われた。
無刻印の友人が彼を庇って亡くなった。
その後、リップルがシルヴァを助けてくれた。
だからリップルには特別な思いがある。
アーティファクトもリップルを真似て銃タイプを選んだ。
彼が無刻印者に厳しいのは死なせたくないからだった。
FrHV9cFaIAIqCPM.jpg
王宮にメイド姿で潜入するイングリスとラニ。
ちゃっかり料理は味見している。
FrHWamJaIAAA7YO.jpg
王宮での天上人歓迎会が開催されている。
天上人は大将軍イーベルが訪れた。
彼は地上人を家畜のような扱いの傲慢さだった。
それでも彼らに縋って生きることを選んだカーリアス国王。
一切の侮辱も屈辱も甘んじて受け入れる、貴族も同じだった。
そんな時、リップルが魔石獣を召喚した。
イングリスとラニが迎撃する。
騎士団の男がイーベルを攻撃するがイングリスが止める。
イーベルは騎士団を不思議な術で殺める。
代償としてカーリアス国王の右腕を切断する。
ラニがアーティファクトで治療する。
FrHY7FVaYAE8myX.jpg
それでは他の誰かの腕を頂くことになる。
イングリスが私の腕をと申し出る。
エーテルシェルで全身を纏っているイングリス。
マナ・リファイン、マナの本質を高めた術らしい。
しかしメイド服を傷つけただけで、攻撃は通じない。
その状況に怒り彼女の正体を問い質すがアルバイトでしかない。
それなら私に攻撃を仕掛けてみよ。
FrJ0tziakAA_xoW.jpg
教主様はお怒りなのだ。
空から巨大船が降下してきた。

ーーー次回 「」ーーー
 
血鉄鎖旅団の情報力は高い。
恐らくは密かに彼らに賛同する者が国王の側近に居るのでしょうね。
その情報を元にイングリスとミリエラ校長は独自の判断で動く。
この国の組織が色々と適当ですね。
国王を無視して行動しても大丈夫なの?
騎士団の中でもトップレベルの近衛騎士団のはず。
それでも負けないレベルの特級印持ちなのでしょうね。
そして特級印持ちは数少ないのでしょうね。
アカデミーの生徒たちは実は王国でもトップレベルの人材が集まっている。
そんな力関係なのでしょう。
その辺りの力関係が少し不思議で多分に厨二病的。
まだ血鉄鎖旅団は登場しないので次回かな?
スポンサーサイト



テーマ : 2023年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:英雄王、武を極めるため転生す  Trackback:1 comment:0 

虚構推理 Season2 TokyoMX(3/11)#22

第22話 招かれざる判定役
 
全員が自分たちの母親暗殺計画を自白した。
そこで一度、休憩にする。
莉音は父に連絡する。
彼から妹夫婦も暗殺計画を立案していたこと、全員の計画が明らかになったことを知る。
自分の口から言うべきではあったが勇気がなかった。
それからは娘に過去の状況を話し始める。
ppQlzHfvIrWINlJ.jpg
音無グループを大きく成長させたのは彼の母、澄であるのは疑うことのない事実。
しかし現実的には彼女の父、伝治郎の指示書が残されていた。
彼女は、それに従っただけだった。
子供の役割までも指示されていた。
恐るべき経営者だった伝次郎。
だが澄は良い時期に亡くなったのも事実。
その後のグループの不振を見なくて良かったのだから。
tRKzyGjTajMVvYA.jpg
父からの話で莉音はストーリーを構築する。
それは琴子に導かれ誘導された内容でもあると、些か不満だった。
祖母澄は自死を選んだ。
グループの不振が予見されていた。
今までは父親伝次郎の指示で大成功していた。
今更、その指示には逆らえなかった。
XrDvBaiiYyRezrE.jpg
数々のグループの重圧と切羽詰まった状況がプレッシャーとなった。
そこで他殺ならばグループの不名誉にはならない。
そして夫、剛一が彼女を誘導した。
子供たちが全員暗殺計画を立案していると密かに導いた。
それを知らせて自死に誘導したのが彼の罪。
だから全員にアリバイのある時間を選択できた。
lbNKKhldnRtuWHj.jpg
依頼者の剛一は莉音のストーリーを是として受け入れた。
しかし子供たちの暗殺計画は知らなかった。
知らずに暗殺を決行して良かった。
余命半年の悪性腫瘍に侵されている剛一。
延命治療も行わずに苦しんで死を受け入れることが罪。
遺産相続は誰も優先権を主張しないので剛一が適当に配分すれば良い。
QKFdfcjFTmjhEpM.jpg
しかし琴子は異を唱える。
澄は自死よりも事故死を選ぶべきだった。
そうしなかったのは犯人が存在したから。
つまりは他殺、真犯人を暴きましょう。

ーーー次回 「」ーーー
 
推理ゲームの作品ですよね。
都筑道夫さんの作風に近い?
莉音が導いた推理で終わらせれば良いのに、琴子は異を唱える。
それで完全に辻褄が合う?はず。
さて真犯人を明らかにするのだろうか?
それとも別に何かを準備している?
テーマ : 2023年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:虚構推理  Trackback:1 comment:0 

老後に備えて異世界で8万枚の金貨を貯めます BS11(3/12)#10

第10話 ならば戦争だ
 
毎日、ミツハの雑貨店は暇。
先日の野営で冒険者がテントや断熱シートを求めてきた。
友人紹介制度を導入して割り引いてあげる。
iKYggRohQoTfzUK.jpg
ミツハのことは素性不明だが、敵意はないので良しとする国王。
国王はサビーネが懐いていることもあり気になって調査した。
それよりも、最優先課題は国境付近での帝国との争い。

サビーネが名代として訪れた、国王に呼び出された。
隣国のアルダー帝国が侵攻してきた。
サビーネを連れて他国へ避難して欲しい。
しかしミツハは納得しない、戦うことを決意する。
国境付近の貴族が裏切って戦闘準備が間に合わない。
王都に帝国が侵攻するのは時間の問題。
しかも相手は魔物を使役しているらしい。
本来は使役など出来ない存在。
サビーネだけを日本へ転移させようと王宮を訪れた。
しかし軍事会議に招かれてしまう。
fFQTQqmEuiQrXtN.jpg
ボーゼス公爵家の長男、アレクシスも参加していた。
そこに伝令を装って帝国の刺客が襲撃してきた。
ミツハが守るが、アレクシスがミツハを守って負傷。
刺客はミツハが倒したがアレクシスは治らない。
今までは自重してきたが生死に係わる状況では全てを解き放つ。
ZATijRFEJxctbtJ.jpg
傭兵部隊のウルフファングを雇おうと交渉するが一笑に付される。
隊長を無理やり転移させる。
IKbWTByceaCfTan.jpg
街道で荷馬車が往生していた。
子供たちを運ぶ荷馬車でゴブリンに襲われていた。
街道を塞ぐ大岩を除去して進行させるが川が増水して通過に時間がかかる。
JsiDAjquSaUSYGZ.jpg
荷馬車を安全に王都まで逃走できるように隊長を雇う。
受諾してもらえたがゴブリンは打ち倒せない。
荷馬車の進行のための時間稼ぎを最優先にする。

ーーー次回 「」ーーー
 
色々と制約のない作品ですが、存在しない火薬は持ち込んでいなかった。
その辺りのボーダーラインが不明。
それも今回の戦争では解禁。
傭兵部隊を雇って帝国軍を迎撃させるつもり。
でも魔物は不死?ゾンビ?なのか銃では倒せない。
これは火薬を持ち込みそうですね。
そのための花火の件ですからね。
これを描くなら前に自重している描写が必要だと思う。
それでなくても自由に現実界と行き来できるのですから。
テーマ : 2023年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:老後に備えて異世界で8万枚の金貨を貯めます  Trackback:3 comment:0 

プロフィール

てぃわは

Author:てぃわは
Cocologが容量いっぱいで、こちらで継続します。
アニメやドラマの感想がメインです。
もう一つ別のブログも利用してます
文責は放棄していませんが、リンクはフリーです。

検索フォーム
カレンダー
02 | 2023/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
G-AF
Amazon
Amazon IFrame
カテゴリ
月別アーカイブ
楽天アフィリエイト
ブログサークル更新用
カウンター エリア
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メモリーボード
Pingoo Memory Board
ブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
ブログ村カウント
ブログランキング
ブログランキング