fc2ブログ

スパイ教室 BS日テレ(3/09)#09

第9話 MISSION<愛娘>II
 
グレーテと会議中のクラウスの食事を担当するサラ。
今までは自分の食事は自分で調理していたクラウス。
今朝の当番はリリィとジビア。
これは毒を混入させるチャンス。
でも何度も失敗してきた。
今回は紅茶に毒を混ぜる作戦。
FqyP2CRagAYDD2e.jpg
しかしクラウスが、最後の味付けが下手だと実演する。
オリーブオイルと胡椒で更に美味しくなる。
二人に実食させて、紅茶も飲ませる。
見事に腹痛を起こしたジビアは返り討ちにされた。
今回の任務、共和国に忍び込んだ暗殺者の屍の捕獲。
灯全員では難しいので最強の4人を選考する。
結果としてリリィ、ジビア、グレーテ、サラが担当する。
モニカは不満でいっぱい。
FqyRBlMaAAYd7_W.jpg
共和国の政治家ウーヴェ氏の護衛を担当する。
サラは動物を使って見張り、連絡役担当。
リリィ、ジビア、グレーテがメイドとして働く。
ウーヴェ氏は福祉事業に長年、従事している。
それにしては5人だけの暮らしは少なすぎる。
妻、母、メイド、秘書と必要最低人数。
グレーテの父は政治家の執事だったので良く分かる。
FqyTbcUaAAE2KV-.jpg
ウーヴェ氏は富裕層の金を貧困層に割り振りたいと働いてきた。
そんな彼の書斎に潜り込むジビア。
彼はジビアの過去を知っていた。
犯罪組織人食いの娘が父を密告して逮捕された。
その娘は弟と妹を孤児院に残して失踪した白髪の少女。
どうやらジビアの過去を言い当てたようだった。
クビだと宣告される。

国営病院に忍び込んでカルテを奪ってきたジビア。
彼はビタミン不足による味覚障害を患っている。
だから旨い料理を作って真実を言い当てる。
福祉を担当しているだけに生活の無駄は国民に申し訳が立たない。
だから自分の食生活も切り詰めてきた。
その結果がビタミン不足。
メイドを3人も増やすのは無駄だと言われてジビアは自らメイドを辞める。
クラウスは彼の病は味覚障害だけなのか?
夜盲症も患っていた、それもビタミン不足から発症。
彼は自ら運転するが夜は危険。
FqyT8qBaAAMPoSX.jpg
そこでジビアは運転手として再雇用される。
屍がウーヴェ氏を狙撃する。
無事だったのでリリィとジビアは犯人を追う。
しかしトラップに捕まってしまう。
クラウスが解除、犯人を追う。
ようやく屍が動き出した。
彼は政治家を既に二人、暗殺していた。
次はウーヴェ氏が狙われると予測していた。

ーーー次回 「」ーーー
 
遂にクラウスが単独での事件解決を諦めた。
灯のチームでの依頼を担当する。
先ずはチーム最強メンバーの4人を選出する。
これが、かなり怪しい。
最強だと煽てで任務に当たらせた気がする。
特にリリィとジビアは違うよね?
グレーテ、サラは適任だと思う。
ジビアは自分の過去、孤児院に入ったことから福祉担当の政治家なら本気で守るから?
ジビアの事情を考慮しての選出だともクラウスも告げていたから。
リリィってお笑い担当に見えて、実は優秀?
スポンサーサイト



テーマ : 2023年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:スパイ教室  Trackback:1 comment:0 

冰剣の魔術師が世界を統べる TBS(3/09)#10

第10話 世界最強の魔術師である少年は、メイド喫茶を準備する
 
エヴァン・べルシュタインはレベッカの父親と契約する。
レベッカこそが求める肉体の器。
ユーゼニクスにはいくつもの派閥がある。
Fq0201JaQAEF651.jpg
エリサはアメリアの依頼でメイド服の縫製を請け負う。
そして自身もメイドになることをレイに迫られて了承する。
生徒会はセラとレベッカの二人だけで執務を行っていた。
レベッカの婚約者エバンはコルネアの婚約者だった。
なのにレベッカに乗り換えた、それでコルネアと賛同者が生徒会執務をボイコット。
二人だけでは流石に大変、レイが手伝うことにする。
セラは急な婚約には裏がある。
レイは動きやすいので調べて欲しい。
Fqy9wMaagAAxt4O.jpg
ベルシュタイン家は三大貴族のブラッドリィ家とは釣り合う上級貴族。
それでも詳細を師匠のメイドで諜報部のカーラに依頼する。
メイドと言われてカーラを思い出した、素敵です。
柄にもなくカーラが照れる、師匠のリディアが嫉妬。
私もメイド服を着れば良い。
ゴリラにメイド服は似合わない。
2303100254378693.jpg
レベッカは魔眼で先の大戦を見る。
レイの姿も見てしまう。
妹のマリアは髪も肌も白くて赤い目で虐められてきた。
家族は姉と比べるので不満。
そんな姉の突然の婚約には驚いていた。
FqyKj7MacAUtTkO.jpg
メイド喫茶当日、クラリスのクラスはお化け屋敷。クラリスもお化け役。
ベルシュタイン家は無人、エヴァンは論文を提出してきた。
何かがおかしいエヴァン・ベルシュタイン。
恐らく彼はユーゼニクス。
レベッカの魔眼を必要としている?

ーーー次回 「」ーーー
 
今回はギャグ多目。
師匠はゴリラ。
メイドを嫌いな生物は居ない。
みんな大好きメイドさん?
クラリスはメイドじゃなくてお化け役。
レベッカの魔眼設定が明らかに。
過去視の魔眼?

テーマ : 2023年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:冰剣の魔術師が世界を統べる  Trackback:1 comment:0 

文豪ストレイドッグス 第4シーズン TokyoMX(3/08)#47

第47話 翅無き身の悲しきかな
 
ポートマフィアの森鴎外は探偵社の生命は保証した。
だから何があっても3人は守る。
与謝野は中島がフランシスを信じたから、彼を信じる。
中島はフランシスと命のやり取りを行ったから分かっている。
そこに救急車が到着。
Fqs-_aoaMAAbn2K.jpg
ところが救急車が爆破され、軍警が彼らを取り囲む。
宮沢を軍刀が貫く。
それは異能で抜けない、広津の能力で引き抜く。
ポートマフィアの秘密通路で脱出する。
宮沢を治療する与謝野。
彼女が対峙した敵は島での戦争で自死者のタグを持っていた。
彼女だけは自分が狙われていることを理解していた。
この先は分かれて行動しよう。
与謝野は宮沢、谷崎を逃すことを優先する。
Fqs_fw0aUAIhYad.jpg
フランシスはルイーズと出会った時は何も考えられず、何も出来ない状態だった。
しかし武装探偵社は数十分で組織を再生、行動した。
彼らはどん底状態でも挫けず諦めないから、勝つ。
だからルイーズが立案した主なる74/78の武装探偵社を利用して
 名誉回復する案を選択しなかった。
彼らは武装探偵社を裏切っていない。
FqtAqa7aAAAP2Pw.jpg
中島は爆発音を感知して救急車を止める。
与謝野たちが見たのは偽の救急車の爆破だった。
地下から知っている音が聞こえる。マンホールを開けると与謝野が出現。
運良く彼女にマーガレットを治療してもらう。
フランシスとの約束は彼女を無事に送り届けて完了。
鏡花が運転して彼のもとに届ける、中島も同行。
探偵社は皆が集まれば強い。

与謝野を付け狙う敵、立原、銀、広津が対応する。
広津の落椿で軍刀を破壊するが、破片が胸に突き刺さる。
それでも与謝野を守って地下通路に逃げる。
与謝野は立原、銀と移動している。
地下通路の先には逃走用の車が準備されている。
FqtC9hCagAA5Hee.jpg
厳重な扉を締めて軍警も猟犬部隊も入れないはず。
しかし敵が出現、金属操作の異能力者だった。
与謝野が追い詰めるが、金属の人形だった。
仕掛けられた爆弾は偽物。
FqtDS7oaEAEKvHO.jpg
扉が開いて、猟犬部隊の4人が駆けつけた。
立原が猟犬部隊の5人目で潜入捜査官だった。
森鴎外を監視すべく、ポートマフィアに潜入していた。
そして島で亡くなった男の弟だった。

ーーー次回 「」ーーー
 
ようやく猟犬部隊が全員集合。
立原の金属操作の異能力は強すぎる。
大きさもサイズも時間も関係ない。
この異能力は強すぎて不自然。
でも、そうしないと探偵社を追い詰められないのでしょうね。
その辺りが興を削ぐ。
磁石にくっつく金属だけを扱えるとか、重量に制限があるとか
 効果時間に制限があるべきだと思う。
なんともはや無敵にも感じてしまう。
与謝野は打たれましたが兄の復讐とか幼稚で未熟過ぎる。
精神的に子供なのでミスをすることでしょう。
太宰は通信方法をいつ発見するのでしょうね。

テーマ : 2023年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:文豪ストレイドッグス  Trackback:2 comment:0 

プロフィール

てぃわは

Author:てぃわは
Cocologが容量いっぱいで、こちらで継続します。
アニメやドラマの感想がメインです。
もう一つ別のブログも利用してます
文責は放棄していませんが、リンクはフリーです。

検索フォーム
カレンダー
02 | 2023/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
G-AF
Amazon
Amazon IFrame
カテゴリ
月別アーカイブ
楽天アフィリエイト
ブログサークル更新用
カウンター エリア
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メモリーボード
Pingoo Memory Board
ブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
ブログ村カウント
ブログランキング
ブログランキング