FC2ブログ

世話やきキツネの仙孤さん BS11(6/26)#12終

最終回 第12話 それでも、あやつを……
 
父の入院で帰省した中野に三鷹からヘルプ要請。
D9_pffvUIAIXP1d.jpgD9_b8LUUwAATYT2.jpg
仕方ないので明日に帰って明後日出社する。
仙狐さんに連絡するが繋がらない。
お土産は油揚げ。
D9_cSY7UwAAAaLh.jpgD9_qFjBUwAAo6Yz.jpg
自宅に到着するが仙狐は居ない。
お弁当箱が置かれていたので、高円寺さんに話を聞く。
昨日、出かけるところを見た。
喧嘩でもしたの?
少し寂しそうだった、シロちゃんも来ていない。
稲荷少女ヨーコちゃんの最終回は絶対見ると言っていたのに。
D9_qkm4UYAANYpH.jpgD9_qwlHUwAAcQoP.jpg
仙狐さんは天界に帰っていた。
仙狐さんの食事を食べられて大喜びのシロ。
油揚げと日本酒の補充に訪れた。
帰り際に夜空に尋ねたいことがある。
中野が癒やした筈なのに闇が生まれてしまうこと。
それは仙では癒せない、行く必要がないということでは?
シロは稲荷少女の最終回を高円寺の部屋で見る予定だったが雷鳴に驚く。
D9_sFnsVUAYhgOc.jpgD9_sYaiVUAEObPs.jpg
かつて負傷した仙狐を治療してくれた中野の先祖。
D9_sVl_UwAM_E-Z.jpg
しかし人間は先に亡くなるので、別れが訪れる。
そんな悲しみを再び味わうことになる。
それでもお世話したい、妾のワガママなのじゃ。
D9_sp2LVUAEvOs6.jpgD9_swPUVAAAiX9F.jpg
認めないと言ったら?
それでも存分に甘やかせてくれるのじゃ。
仙狐さんには強い覚悟がある。
D9_r0Y1VAAAyOEY.jpgD9_rCVwVUAAmhgu.jpg
稲荷少女を見て不安になった中野は雨の中を仙孤さんを探す。
色んなところを探し続けて花見に行く約束を思い出す。
D9_tHqCVUAAzA4I.jpgD9_tDmaU0AIaY-O.jpg
公園で仙孤さんと会う、もう会えないかと思ってた。
D9_tdszVAAI5lY9.jpgD9_tmAWVUAAwCdJ.jpg
花見の下見をするつもりじゃったので丁度いい。
D9_t1RRUEAErzqH.jpgD9_qaHdU0AE4Jpt.jpg
満開の桜の下で二人で花見、周囲には結界。
D9_twWRUYAYckVm.jpgD9_uWrcUwAE2STl.jpg
子供の頃から見守ってくれていたことを告げるが知らないと誤魔化す。
D9_pcBQVAAAl9bG.jpgD9_uZ12UcAA5PUM.jpg
膝枕で花見、仙孤さんが眠ってしまう。
D9_ueEgU0AEidbs.jpgD9_unORU4AEGzVo.jpg
高円寺とシロが訪れて参加。
シロはジャスコのタブレットで最終回を視聴。
D9_pxAkUIAES7Il.jpg
これからもよろしく。

---最終回---
 
仙孤さんが居ない。
花見の準備で天界へ補充に行っただけ。
そこで問われる仙狐の覚悟。
お世話になったので子孫のお世話をしている仙狐さんでした。
人間の寿命は短いので先に亡くなるので辛い別れが待っている。
それも覚悟の上の行動でした。

そして毎度ながら、食事にありつく高円寺さんでした。

内容が癒やしなのでスピーディでテンポ良い展開ではない。
それだけに演出が難しい。
もっと短編的な作りでも良かったかも。
中野くんが大人で落ち着いた性格なのでエピソード的には弾けない。
それも良いのだがメリハリがないのが辛い。
でも不快になることはないのが特徴かもしれない。
スポンサーサイト



テーマ : 2019年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:世話やきキツネの仙狐さん  Trackback:3 comment:0 

この世の果てで恋を唄う少女YU-NO TokyomX(6/26)#13

第13話 定められた運命
 
美月を保健室のベッドに眠らせて絵里子は龍蔵寺の母親の遺体処理に向かう。
YU-NO-ep13- (1)YU-NO-ep13- (2)
目覚めた美月は元気そうだったがナイアーブの影響でタクヤを襲う。
そのドサクサでリフレクターデバイスのスイッチが入る。
器別から目覚めたタクヤは縛られていた。
D9_V74KVAAADZ01.jpgYU-NO-ep13- (3)
龍蔵寺は絵里子も倒して美月が言いなりだった。
彼女は宝玉を持っていた。
リフレクターデバイスを求める龍蔵寺だったが並列世界に移行する。
D9_YNiGUIAAkP2I.jpgD9_YNimUEAA8RHM.jpg
再び美月に襲われるが、致命傷にはならなかった。
絵里子先生が戻り、彼女を投げ飛ばす。
龍蔵寺の母親を弔いに向かう。
土蔵の中で壁を掘ると男性の頭と手足の骨が見つかった。
A級次元犯罪者に乗っ取られた彼女の恋人アーベルの遺体。
胴体が発見されて祟り騒動が沸き起こった。
YU-NO-ep13- (5)D9_XuKCUEAAFG9U.jpg
そのA級次元犯罪者は思念体なので、今は龍蔵寺に乗り移っている。
絵里子先生は、事象科学をアーベルと研究していた。
YU-NO-ep13- (6)D9_X-fpUEAEBOx1.jpg
そしてアーベルは並列世界の根源たる最初の分岐を目指して遡る。
自らが被検体となって根源を目指したがA級次元犯罪者に遭遇、
 狙われたアーベルは精神を乗っ取られた。
恋人の絵里子先生には乗っ取られた事が分かった。
D9_YUr2VUAAip8n.jpgD9_ZMi5UEAAytDJ.jpg
龍蔵寺の屋敷に入り、タペストリの裏の隠し通路を移動する。
その先には並列世界を移動する装置が置かれていた。
FpNVImJnhWqJxgC.jpgD9_YtpZU0AAuCnE.jpg
それが故障したのでタクヤの持つリフレクターデバイスを求めていた。
絵里子先生は次元捜査官として犯罪者を捕まえに訪れた。
しかし美月が邪魔をする。
D9_Y36lUIAAFMr5.jpg
タクヤが絵里子先生の代わりに戦うが美月が庇って撃たれてしまう。
彼女は今でもタクヤを思っていた。
宝玉を手渡す。
D9_ZSqRU8AEvCJ0.jpgD9_ZSqiUYAEF79M.jpg
美月が無事な世界を求めようとするタクヤを止める絵里子先生。
彼女は因果律が複雑に絡まっている、他の世界でも亡くなっている。
それを人は運命という。
タクヤは美月の遺言どおり自分の信じる道を進む。
D9_ZwVpU0AAZPdE.jpg
カオスの矯正で移動するタクヤの記憶を一部消去する絵里子先生。
自分の正体がバレると龍蔵寺に感づかれるかもしれないから。
D9_Z59EU8AAhMzM.jpg
移動するタクヤにヒントを告げる父親。
道を示す存在は神奈。
8つの宝玉が揃うと新たな道が開く。
いつものように三角山に戻り激しい頭痛に悩まされる。
D9_aF9sVUAA_1Uw.jpgD9_aF98UIAAG5sc.jpg
君の話を聞かせてくれ、神奈に話しかけるタクヤだった。

---次回 「転校生のお友達」---
 
今回は絵里子先生、アーベル、A級次元犯罪者、龍蔵寺の関係と
 正体が明らかになりました。
今まで謎だった龍蔵寺の正体と目的が明らかに。
そして今まで謎だった神奈の正体が明らかになるようですね。
美月はどうしても助けられないのでした。
それでも頑張るオカリンでしたが、ここでは無理でした。

この作品はタクヤが誰かと協力しながら皆が無事な世界を目指すわけでもない。
行き着く先が高天原の人々、母親なのでしょうね。
異世界要素が強いので現実味が薄いのが残念。
あの状況でエアバックもなく生きていたのが不思議な美月でした。
テーマ : 2019年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:この世の果てで恋を唄う少女YU-NO  Trackback:3 comment:0 

キャロル&チューズディ フジ(6/26)#12

第12話 We've only just begun
 
チューズディが実家に連れ帰された。
ガス、ロディに彼女の実家を打ち明けるキャロル。
チューズディは1週間外出禁止。
12=2_201906271215572aa.jpg
チューズディが思い出すのはキャロルと歌ったことばかり。
大事なものをようやく分かった。
12=4.jpg
ガスは過去の後悔を打ち明ける。
離れ離れになった相棒を呼び戻しに行かなかったこと。
キャロルに少女を連れ戻しに行くことに参加するか尋ねる。
ロディも無理やり巻き込まれる。
12=3_201906271215586fc.jpg
兄はチューズディにライブを見て感動したことを話す。
家族のことを何も知らなかった。
夢を大事にして欲しい、そこで今、何がしたい?
12=5_20190627121600846.jpg
アンジェラはタオにAI作詞の変更を伝える。
AIがアンジェラの全てをモニターしているので自分以上に詳しく分析している。
彼女が歌うのは母のため、でも決勝だけは私のための詩を書いて。
今回だけの特別を了承するタオ。
D-AAYQzUEAA3UPr.jpgD-AATjCUwAE46Iq.jpg
アンジェラを外に連れ出そうとする兄、しかし警備ロボに禁止される。
ロディが正面で騒いで陽動、その隙に壁を乗り越える作戦。
走るチューズディを発見、キャロルは一緒に脱走する。
ガスは警備を1人で引き受ける。
二人のファンと名乗る男が駅まで送ってくれる。
電車の中で勝つことに拘り過ぎたと反省して謝罪するキャロル。
誕生日プレゼントのブローチを手渡す。
D-ABUuDUwAAqqfy.jpgD-AAvzhU0AE9h6U.jpg
コンテストが始まり、アンジェラだけが登場、歌い始める。
歌唱力とパフォーマンスで観客も審査員も魅了する。
ようやく到着したキャロル&チューズディだが大会規定にスタート時に
 不在者は失格と記述されていた。
失格でも良いので歌いたいとお願いする。
アンジェラも賛同して、失格は覆らないが歌うことを許される。
初めて二人で作った曲を披露する。
観客の声援は鳴り止まない。
D-ACzjaU4AEDy6c.jpg
審査員は大会規定は変えられないが例外もある。
コンテストの優勝者はアンジェラ、キャロル&チューズディにもデビューする機会を与えてくれた。

---次回 「」---
 
次回は特番で総集編かな?
今回の結果が予想されているだけに良かったねだった。
ただ、そこまでのドタバタが必要だったかは不明。
色々と突っ込みどころは多い。
それに都合良すぎなストーリーですよね。
正直、歌の良し悪し、パフォーマンスの良し悪しをアニメで描くのは難しいと思う。
フルで楽曲を描いても買った負けたは個人の趣味にしか思えない。
この辺りのコンテストをフルに描く必要があったのかは謎。

AIと人間の作詞作曲の違いも不明。
結果だけでは伝わらない。
作画や世界観、テーマは良いのだが見せ方が下手だと思う。
テーマ : 2019年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:キャロル&チューズデイ  Trackback:2 comment:0 

盾の勇者の成り上がり BS11(6/26)#25終

最終回 第26話 盾の勇者の成り上がり
 
ラルク、テリスと戦う尚文たちの前にグラスが登場する。
D9_U2eDU4Ac_VpI.jpgD9_U286U4AMdrvp.jpg
尚文の成長を感じながらも攻撃する。
D9_V5VkUEAEStg4.jpg
しかしソウルイーターの盾には怯む。
彼女のライフポイントを削ることが可能だった。
D9_VCd6VAAEyEZX.jpgD9_VB8IUcAAX-Gl.jpg
しかしテリスと共闘するグラス。
D9_VkroUwAEGaDL.jpg
何かを思いついた尚文はグラスと一騎打ちを仕掛ける。
D9_WVFkU0AwXidO.jpg
カルラとテリスは3人で攻撃を凌ぐ。
D9_V_7WVUAApjNi.jpgD9_V_yfVUAImyJG.jpg
グラスもまた異世界の勇者だった。
扇の眷属器で彼女の世界も波に攻撃されていた。
異世界の勇者を倒さないと波に攻撃され続けるのだった。
彼女も自分の所属する愛する世界を守るために戦っているのだった。
カルミラ島でのレベルアップの効果が現れていた。
ソウルイーターで実力を削られるグラスに勝ち目はない。
どちらかが死ぬまで戦いは終わらない。
D9_WDUPUEAELiDs.jpgD9_WVHaU4AAZPJN.jpg
しかし尚文にメルロマルクを守りた強い欲望はない。
でもラフタリア、フィーロ、メルティが暮らす世界は守りたい。
愛する人のために戦う尚文。
D9_WbYXUIAAdog7.jpgD9_WnCNU0AEuH37.jpg
憤怒の盾の一撃を耐えきったがフラフラのグラス。
女王ミレリアは尚文しか戦えないことを理解していた。
D-AA1QyVUAEyHMK.jpgD-ABJ18U0AEXQm7.jpg
それでも協力したい、リーシアが漂着した樽を見つけて彼女に指示する。
D9_VMjBUYAAS0TV.jpg
ルコルが詰まった樽爆弾を空中で爆発させてグラスを酔わせる。
D9_Wz5CUYAAt7G_.jpgD9_W5PVVUAETpzL.jpg
それにより戦闘不能となりブラッドサクリファイの使用を思いとどまる。
酔ったグラスを連れて撤退するカルラとテリス。
D9_YPlVUIAE1tYm.jpg
今回の勝利に女王ミレリアは報奨を求める。
カルミラ島の沖合に嵐が停滞して帰れないバカンス状態。
D9_XNEvUcAA0CCH.jpgD9_XEx7U4AAF4Al.jpg
そこで身を投げたリーシアをフィーロが助けた。
D9_Xh48UYAAAKlr.jpgD9_XqD0U0AIixRW.jpg
今回の働きで1人だけ優遇されそうなのでパーティの仲間に嫌がらせをされて
冤罪を着せられて弓勇者に追放されたのだった。
D9_Xon-VUAERItx.jpgD9_X-RtU8AATeH3.jpg
弓勇者を慕っていただけにショックも大きい。
尚文が冤罪を晴らすことを勧められてパーティに参加する。
次の波の備えて人員も武器も準備が必要だと考えていた矢先の出来事だった。
D9_YL5AU0AAINQP.jpgD9_YYRwUIAAmtUb_20190627101212e50.jpg
武器屋のエルハルトに新たに武器を調達する。
リーシアにも新調する尚文。
D9_YfRJUwAA10xg_20190627101214e08.jpgD9_Yw1QUwAE1kmK.jpg
そして購入した武器を携えて向かう場所がある、ラフタリアには秘密。
そこは潮の香りがする場所。
D9_Yv9sU4AAunAy_20190627101216fac.jpgD9_YpPEUEAAZ-P0_2019062710121764a.jpg
ラフタリアの故郷ルロロナ村を領地として女王から譲り受けたのだった。
メルティが勅使を届けて復興が始まる。
D9_Y6K7UwAELKBU.jpg
波の魔物に対抗したババアは教官として参加していた。
他にもメルロマルクで尚文を支援してくれた薬屋、魔法師、たちが手伝ってくれた。
D9_ZV_8U0AAe5iR.jpgD9_ZWH9VUAAc2z9.jpg
この準備も全ては尚文が帰ったあとのことを想定していると考えると、
ラフタリアは常々思っていたことを口にする。
尚文に元の世界に戻って欲しくない。
D9_ZiCqVAAAm7ww.jpgD9_Zr-IU0AAvmiv.jpg
ここから盾の勇者としての準備が始まる。
D9_ZnIHU8AEq1p4.jpgD9_ZnTyVUAA3q4s.jpg
盾の旗がキレイと言われて、ラフタリアが喜んで握りしめていたお子様ランチの旗を思い出す。
D9_ZyyqVUAACf9o.jpg
ラフタリアは友との約束の旗を再び掲げられたのだった。
D-AEhG2UEAAFBOr.jpgD9_Z4hnUEAAyvtP.jpg
ようやく居場所を見つけたと思う尚文だった。

---最終回---
 
波との決戦はグラスも異世界の勇者だったことが判明。
そうなると異世界の勇者が手を取り合って戦うことも可能なのだろうか?
グラス、カルラ、テリスは同じ世界の勇者。

ラフタリアの故郷、ルロロナ村を領地にする尚文。
ここからの村作りのほうが面白そうですよね。
でも転スラと被ってしまう。
不思議なことにヴィッチの悪事がバレると普通のアニメにも思えた。
この作品は不快な陰謀が重要だったような気がする。
悪事がバレても彼女をパーティに加えている槍勇者が笑える。

終わってみると作画は安定していた。
異世界転生作品としては存在感を感じる作品だった。
盾の勇者は守りで武器がないわけでもなく、最後はメインで戦うのも
 どうかなとは思うが、その辺りの盾の特性をもっと描いて欲しかった。
旗のエピソードでラフタリアとの思い出を描く辺りは好ましかった。
いつも厳しい目をする尚文がもう少し笑えるエピソードも欲しかった。
この先がどうなるかは興味ありますね。
テーマ : 2019年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:盾の勇者の成り上がり  Trackback:2 comment:0 

プロフィール

てぃわは

Author:てぃわは
Cocologが容量いっぱいで、こちらで継続します。
アニメやドラマの感想がメインです。
もう一つ別のブログも利用してます
文責は放棄していませんが、リンクはフリーです。

検索フォーム
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
G-AF
Amazon
Amazon IFrame
カテゴリ
楽天アフィリエイト
VISA
VISA Invitation
https://www.smbc-card.com/olentry/affiliate/online_entry.do?bno=03400398911
ブログサークル更新用
日刊BLOGガイド
日刊BLOGガイド
最新トラックバック
カウンター エリア
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メモリーボード
Pingoo Memory Board
ブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
ブログ村カウント
ブログランキング
ブログランキング