FC2ブログ

ピアノの森 NHK総合(5/27)#08

第8話 挑戦状

バイトを辞めた海。
マリアのファンの佐賀はネット検索する。
あのピアノなら名のあるピアニストに師事しているはずだから。
8= (3)
そこで阿字野の復帰を知る、前職が小学校。
海の通っていた学校だと分かってソリストコンクールに出場することを知る。
8= (4)
全てを司馬に伝えて会場に駆けつける。
二人は海の才能に惚れ込み、救済できなかったことを今でも後悔していた。
8= (1)
司馬は誉子を指導していた。
彼女の海に対する思いを知っているので黙って誘う。
誉子は海に逢いたくて7度もコンクールに出場したが会えなかった。
その時、司馬と出会い指導を申し出られる。
8- (8)
最初のコンクール審査員でもあったと知ると海の落選を尋ねる。
審査員がぼんくらだったからだと正直に話す彼なら信用できると師事することを決めた。
8- (7)
大分別府で開催されるコンクール、海と再会できて涙が溢れる誉子。
海と出会って初めて自分の演奏が出来た、あれから会いたいと願っていた。
海の演奏中に弦が切れた。
即興でアレンジして演奏を続ける。
誉子も海の立つ世界に並ぶことを決意する。
今回も海は入賞できないなと佐賀と司馬は話す、アレンジを認めないコンクールだから。
しかし審査員に融通の聞く者が居た。
異例の結果発表、1位は該当者なし。
海はソリスト賞なる特別の賞を与えられた。
8- (4)
遂に念願の海に会えた誉子。
俺が忘れるわけ無いじゃん、海も誉子のことは覚えていた。
左手を腱鞘炎で痛めていたのを見て大変なことがあったんだなと知る。
8- (6)
阿字野からの電話で急ぎ戻ってM響との演奏の準備をする。
海の自由で荒々しい演奏に手を焼くオーケストラ。
阿字野の手紙で招待されたジャン・ジャック・セロー氏が飛び入りで指揮を買って出る。
ご褒美の演奏が始まる。
8- (1)
セロー氏は25年前のショパンコンクールで阿字野を推薦して
 協会と不仲となってしまった。
それでもショパンコンクール出場の推薦状を書くことを了承してくれた。
阿字野の手紙で訪れて、海の演奏を聞いて納得してくれたのだった。
二人で世界に連れて行こうと話していた。
しかし阿字野は推薦状を書くのを躊躇っていた。
海に不利になることは避けるべきだ。
それを聞いていた海は敢えて阿字野に推薦状を書いて欲しいと告げる。
ショパンコンクールを舐めるな。
俺は喧嘩も得意、オレのピアノを舐めるな。
8- (9)
セローと会う雨宮父、海の推薦状を書いていると知る。
息子の修平に伝えると、1年で準備できるか考える。
でも逃げないと修平も1年後の出場を目指す。

---次回 「ワルシャワの胎動」---
 
演奏シーンは色々と見事で面白かった。
CG演奏作画を見るとセローの指揮が逆に残念に思えた。
誉子との再会もいいシーンでしたね。
審査員で海を救済できなかった司馬と佐賀は、5年後の今でも心に止めていた。
そんな二人の思いが上手く表現出来ていたが、佐賀はマリアが海だとは
 気づかなかったのはお酒の所為なの?

セローの人物像はもう少し丁寧に描くべきだと思う。
いきなり現れて指揮されても困る。
阿字野との経緯も映像で描いて欲しかった。
台詞だけの説明は理解に苦しむ。
2クールでは、色々と大変なのでしょうね。

スポンサーサイト



テーマ : ピアノの森
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:ピアノの森  Trackback:1 comment:0 

あまんちゅ!~あどばんす~ TokyoMX(5/27)#08

第8話 届かない儚いオモイのコト
8- (14)
ピーターを思いながら夢現な姉チャン先輩。
弟ちゃんが完成したラフレシアを届けに来ると聞かれたようで恥ずかしい。
取り敢えず追い払ってピーターを思う。
ぴかりとてこが紙パックを回収に来たが眠っているので起きるまで待つ。
8- (16)
突然ピーターが校庭で待っているシーンを見ると飛び出す。
8- (21)
しかし校庭にピーターは居ない、自販機の前に向かう。
屋上に出るドアが夕日に染まり、開けると昼間の学校になる。
校庭が水浸しで外の世界も水が溢れていた。
幼稚園の頃に潰れた駄菓子屋や電話ボックスを発見する。
この世界は時間が止まった昔の世界?
町中を歩いていると迷い人かと追い越していく少女。
8- (19)
声や顔から真斗先生だと分かるが中学生だった。
ここは神社に置き去りにされた赤子の夢の世界。
他人の夢の世界が同調する時がある、迷い人として取り込まれる。
そんな迷い人の情報を得て赤子は成長した。
全ては本人から直接聞いた。
初めて彼に会ったのは中学卒業式の日。
もう少しこのままで居たかった、そう思ったときに彼は出現した。
彼にピーターと名付けたのも真斗先生だった。
8- (30)
何度も会ったが、この世界は溢れる水で水没する。
水を止められないので、世界を広げれば良い。
沢山の人を招待して世界を拡張する。
それは駄目だと否定した真斗先生、その日から彼は彼女の前には
 姿を表さなくなった。
船が空に出現する、水が船から溢れていた。
8- (1)
あそこに行く方法を知ってます、夢のエクスパートの後輩に聞きました。
ほうきに乗って船に向かう姉チャン先輩と真斗先生。
船の上で念願のピーターに会う。
私はあの時に言えなかった言葉を伝えないといけないと訪れた真斗先生だった。
8- (7)
船の中は神社に繋がっていた。
ここが全ての始まりの場所。
8- (3)
猫が守る赤子から水が溢れていた。
もう直ぐこの世界は消滅する、もう誰も招待したりしない。
8- (8)
それで良い、私が何度でも来てやるからと抱きしめる。
私が一緒にいてやるから。
さよなら
8- (6)
チャ顧問に案内されたぴかり、てこ、弟ちゃんは眠る姉ちゃん先輩を発見。
突然目覚めるが、てこに夢の続きを見る術を尋ねる。
8- (9)
どうしてもやるべきことがあるの。

---次回 「終わりのない夢とナミダのコト」---
 
ピーターの真実が明らかになるエピソード。
今回のエピソードにてこの夢のエキスパートが繋がっていたのでした。
他人の夢が同調する設定や、夢の中では何でも可能でほうきに乗って
 空を飛ぶことさえも。
そんなエピソードがこれに集約されてきた感じですね。
そして原作者の特徴のケットシー、猫、誰もいない水浸しの世界。
ARIAでも見た世界です。
赤子が泣き止めば水が溢れるのも止まりそうですが、真斗先生が
 一緒にいると聞いても止まらなかった。
どうすれば泣き止むのでしょうね。
現実には十数年前の世界ですが、赤子は無事なのだろうか?
夢の世界だけが残っているのでしょうか。

でもダイビングとは全然関係ない世界設定。
ARIAのケットシーのエピソードに似た原作者の好きな世界なのでしょう。
テーマ : あまんちゅ!
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:あまんちゅ  Trackback:3 comment:0 

ウマ娘 プリティダービー BS11(5/27)#10

第10R 何度負けても
10- (1)
エルコンドルパサーの悔し泣き電話で触発されたスペシャルウィーク。
自主トレーニングでやる気満々だった。
10- (2)
ここまで絶好調のスペシャルウィークをマークするテイエムオペラオー。
しかし京都大賞典は惨敗の7着だった、テイエムオペラオーはマークする相手を間違えたと3着。
気合十分のスペシャルウィーク、トレーニングのし過ぎだった。
10- (10)
好調なチームスピカだが、全員が頑張りすぎ、休息が必要。
スペシャルウィークには実家に帰れと言い渡される。
10- (8)
実家でも走るのは禁止。
10- (12)
秋の天皇賞にジャパンカップに出走予定。
10- (4)
メジロマックイーンは実家に帰省、メジロライアン、メジロドーベルも偶然帰省中。
トウカイテイオーはカラオケ、シンボリルドルフを無理やり誘っていた。
10- (11)
ウォッカとダイワスカーレットはショッピング、でもレースシューズが気になる。
ビワハヤヒデとナリタブライアンの姉妹も訪れていた。
10- (5)
スズカのレースが決まる、1ヶ月半後のオープン特別。
実家では母親の愛情を感じるスペシャルウィーク。
10- (13)
秋の天皇賞に向けて調整を開始する。
スズカとはライバルとしてレースで戦いたいスペシャルウィーク。
1番人気はセイウンスカイ、ゲート入りを嫌がっていた。
10- (20)
スズカはライバルだから応援に来ない。
レース開始、4コーナーを回っても仕掛けないスペシャルウィーク。
キングヘイロー、セイウンスカイがスパート。
坂の手前でスパート、一気に他馬を追い抜いていく。
勝ちたいと次々に追い抜いていく。
10- (19)
スズカも練習ではスペシャルウィークを意識して走っていた。
1着でゴールするスペシャルウィークだった。
10- (25)
レースタイムが東京競馬場のレコードを樹立する。

---次回 「」---
 
基本的にやる気でもお腹が出てると負けるスペシャルウィーク。
どうやら史実のようで体重増で負けるようですね。
食堂では見切れそうな位置で大食いのナリタブライアンが面白い。
いつも角で大食いしてますよね。
今回は珍しく?ゴルシがルービックキューブを持っていなかった。
これは何を意味するのだろう?
ゴルシも本気になったということだろうか?
もう一つの見どころは、実家での人参ハンバーグかな。
毎回レースを描いているのは素晴らしいですね。
絶対に興奮できるアニメですよね。

エルコンドルパサーも史実では凱旋門賞で引退しているらしいので
一緒に走るレースは架空のレースになるのかな。
競走馬は種付けでも儲けるので、良い結果の後で引退するのが通常らしい。
高く売れるところで引退するらしい。

今回はチームリギルも絶好調、でもハードトレーニングだけでは駄目で、調整には
 休養も必要ということでした。
テイエムオペラオーのマーク相手を間違えた、セイウンスカイのゲート入りを嫌がったり、
 スズカが背中を押してくれたなどのネタが上手く描かれてました。
ステイゴールドが天皇賞で2着だったが大人の都合で名前が使えないらしい。
キンイロリョテイと変更して登場しているらしい。
ゲームが関係なくアニメだけなら、権利関係も緩やかだったのだろうか。
テーマ : 2018年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:ウマ娘 プリティダービー  Trackback:3 comment:0 

食戟のソーマ 餐ノ皿 遠月列車編 TokyoMX(5/27)#20

第20話 えりなの研鑽

堂島銀、才波城一郎のチームに分かれて模擬試験。
タクミ・アルディーニは創真だけを見ていた。
美作に破れて取り上げられた包丁を取り戻してくれた創真。
それは負けたこと以上に悔しかった。
スタジエールでは、和食割烹店で一から勉強し直した。
創真が調理を始めないのが不服だった。
20- (7)
才波城一郎はクレープを焼いているだけ。
クレープで包むミートソースやチーズなどは二人に任せる寸法だった。
まずは創真がチーズとオニオンにちりめんじゃこを混ぜて調理を始める。
20- (4)
二人の意図は分かったが王道料理が基本のえりなには意味不明。
ここで極星寮で学んだ自由な発想が役に立つ。
通常のミートソースなど調理しても二人の料理を引き立てられない。
アドリブこそが大事、ステーキ肉の調理を始める。
この勝負は、えりな様の研鑽の場でもあった。
20- (9)
制限時間が経過、双方の料理が完成する。
評価は4人だけが行う。
列車の運転手や厨房関係者にも料理が振る舞われる。
食べた者は全員がおはだけ。
20- (2)
4人の採点はお互いが自分たちの負けを認め相手を勝者と指差す。
王道の中にアレンジを加えた堂島チームと、大胆な邪道を極めた才波チームだった。
仙左衛門は、えりなに幸平親子を見て異なる親子関係を学んで欲しかった。
親子なら甘えても良いのだと。
20- (18)
遠月十傑も連帯食戟には乗り気で礼文島で待つ準備、
 4対4には拘る必要はないだろう。
創真たちの乗る列車が他の列車と交差する途中駅で薊と十傑が集合する。
食戟の日程、場所、互いの条件を決める。
20- (14)
えりなは十傑の第十席だから薊と共に戦うこと。
しかし自ら意を決して反論、十席を捨てると宣言する。
20- (16)
互いの健闘を誓って分かれる。

---次回 「荒野を拓く者」---
 
連帯食戟のための模擬試験も行われ互いに相手の真意を感じ取り
 各自がアドリブで高め合う。
そんな連帯食戟の極意を掴んだ4人でした。
特に王道から外れる調理を実践するえりな様成長編ですね。

そして6対4となるのか、誰かが参加するのかは不明。
久我先輩は参加できそうですよね。
連絡すれば飛行機で誰かが駆けつけることも可能だけれども…。
元十傑の一色が参加することは可能でしょうが…。
可能なら葉山、黒木場は戦力になるけれど退学者はダメっぽい。
そうなると竜胆先輩は調理しないので、5対4の対戦かな。

テーマ : 食戟のソーマ
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:食戟のソーマ  Trackback:1 comment:0 

プロフィール

てぃわは

Author:てぃわは
Cocologが容量いっぱいで、こちらで継続します。
アニメやドラマの感想がメインです。
もう一つ別のブログも利用してます
文責は放棄していませんが、リンクはフリーです。

検索フォーム
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
G-AF
Amazon
Amazon IFrame
カテゴリ
楽天アフィリエイト
VISA
VISA Invitation
https://www.smbc-card.com/olentry/affiliate/online_entry.do?bno=03400398911
ブログサークル更新用
日刊BLOGガイド
日刊BLOGガイド
カウンター エリア
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メモリーボード
Pingoo Memory Board
ブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
ブログ村カウント
ブログランキング
ブログランキング