fc2ブログ

キリングバイツ TBS(1/19)#02

2nd Bite やっばい惚れちゃいそう

野本からラーテルの情報を得ようと責める女性は山荒、
 ラウディの獣闘士だった。
直接聞いてみればいいとバトルが始まる。
ラウディの針は鉄をも貫くがラーテルの背中は柔らかく厚い装甲で無事。
逆に肩を斬りつける。
とどめを刺そうとするが野本が殺人はダメだと窘める。
逆にヒトミが襲われるが横から男が割り込んでくる。
2- (6)
彼は石田財閥の獣闘士でラーテルに仲間になって欲しいと頼んできた。
即座に自分が一番強いからと断るヒトミ。
祠堂からのメールで石田財閥に協力することを命じられる。
祠堂には絶対服従なので、共闘関係が完了する。
DT68_BNVQAAq1zd.jpg
野本を護衛するヒトミは大学にもついていく。
しかし授業は単調で詰まらない。
トイレで暇にしていると八菱の獣闘士、中西獲座が現れる。
彼女もラーテルの動向が気になる様子。
パンツを盗んで逃走する。
2- (3)
追い詰めたつもりが逆に馬乗りになられる。
彼女はチータの獣闘士だった。
全面なら防御の毛皮もないと考えるが、噛み付くヒトミ。
二人の戦いに割り込む羆の獣闘士と少年。
彼らは三門の獣闘士だった。
2- (4)
1週間後にキリングバイツ・デストロイヤルが開催される。
それまでは互いに接触することは禁じられていた。
角供財閥もラーテルを狙っていた。
次のバトルはラーテル争奪戦になる。

---次回 「ほんっと何の取り柄もないんです」---

今回は次回のバトルへの繋と各陣営の紹介かな。
まあラーテルが最強として描かれるので、ヒトミがピンチでも大丈夫。
チータでも叶わないらしい。
そう言えば岡島は何の獣闘士なのでしょうね。
まあ女子のエロが売りのようですから男子はどうでも良いのでしょう。

スポンサーサイト



テーマ : 2018年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:キリングバイツ  Trackback:2 comment:0 

牙狼<GARO> -VANISHING LINE- テレ東(1/19)#14

第14話 RELIC

エルドラドに向かうルークにホラーが封印された土地へ向かうよう指示される。
その町の、ある家に魔戒法師が書いた札が貼られていた。
その家は魔戒騎士とは関係なく伝承だけが伝えられていた。
祖父と孫娘のステラの二人住まい。
風魔人が魔を滅私にやってくると伝えられていた。
ルークを風魔人だと考えるが違っていた。
伝承の像は魔戒騎士そのものだった。
14- (1)
村外れにかつて建立されていた像らしく、その場所を訪れる。
そこで正確な像の位置を知る、その先にはホラーが封印されていた。
結界を破って中に入って確かめる。
明日の満月の夜にホラーが封印から解かれる。
ルークは1人で立ち向かう。
ホラーに乗り移られた騎士のホラーだった。
亡くなっても思いは残り力となる。
ホラーに倒された騎士の思いがルークに力を貸す。
14- (2)
ホラーを滅して去るルーク。
ステラと祖父の記憶は操作されて満月の夜は何も覚えていなかった。

---次回 「EL DORADO」---
 
今回はルークのエピソード。
エルドラドに向かう前に封印されたホラー退治となりました。
合流前の単独エピソードでした。


テーマ : 牙狼-GARO-
ジャンル : テレビ・ラジオ

Tag:牙狼<GARO> -VANISHING LINE-  Trackback:1 comment:0 

ハクメイとミコチ BS11(1/19)#02

第2話 ふたりの歌姫とガラスの灯と一服の珈琲
2- (5)
今年の歌姫はコンジュとミコチに決定した。
ミコチは無エントリーだったが同数の投票が集まった。
実は家事しながら歌っているミコチに魅了されて号外などが届く。
辞退するつもりだったが、九十九神が集まってくるので彼らを
 送る意味でも歌うことには意味がある。
ハクメイに諭されて歌う気になったミコチはコンジュの楽屋を訪れる。
昨夜は練習し過ぎて風を引いていた。
2- (3)
竪琴とアルトを担当するコンジュ、ミコチはソプラノなので二人で歌う。
使い古された道具が九十九神となって集まってきた。
あまりの数に圧倒されるのだった。
2- (6)
夜釣りのハクメイに魚の幽霊が出ると聞いて怖がるミコチ。
釣り上げた魚は骨だけでミコチが驚いて倒れる。
センの研究対象だったらしく自宅に招かれる。
センはガラスの玉を取り出す、音ランプ。
それを骨にセットしてビードロを繋ぐと鼓動に併せて動き出す。
センの研究とは生命に関するものだった。
自宅の亀も骨だけで動いていた。
実は鹿威しで自動的に動いている。
魚は無線で動いている、子機をセットした魚が逃げてしまったのだった。
魚に食われて川に落ちたハクメイは泳げない。
2- (9)
くしゃみと共に何かが吐き出された。
先日釣った魚を食べたときに知らずに飲み込んだ子機だった。
センからハクメイに魚がお詫びに届く。
でも子機が仕掛けられていて、再度、共同研究を求めていた。
2- (8)
マスターの珈琲の味が変わった。
実はミルを変えたらしい、古いミルは先代からの引き継ぎ品。
突然動かなくなったのでハクメイが分解して組み立てるが直らない。
その夜は止めてもらう二人、マスターを起こすとミルが九十九神となっていた。
古い道具なので自ら動くことを辞めたのだった。
そしてお店を去る九十九神のミルだった。
マスターの先代は母親で今は旅をしていた。

---次回 「」---
 
3本立てで最初はミコチの歌声と吟遊詩人のコンジュのエピソード。
吟遊詩人って日本的に言えば琵琶法師?流しの演歌歌手?
昔から街角で歌って生計を立てる職業。
コンジュは歌には自身があったがミコチと同数だったのが不愉快でした。
でも風邪を引いたのでミコチと一緒に歌ったら九十九神が集まった。
その九十九神エピソードが3話につながりました。

この作品はセンもハクメイも女子なのですね。
丁寧な作画も相まって癒やされます。
テーマ : 2018年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:ハクメイとミコチ  Trackback:4 comment:0 

BEATLESS TBS(1/19)#02

第2話 Analog hack
2- (3)
レイシアが朝食を作ってくれる生活がはじまる。
妹のユカは勝手にhIEモデルにレイシアを応募して優勝通知が届く。
秘密にしていたかったアラトだったが目論見は失敗に終わる。
学校で友人の村主ケンゴ、海内遼に相談する。
レイシアの固有識別番号やクラウド登録番号からとんでもない高性能hIEだと判明する。
海内遼はミームフレーム社の一族なのでレイシアの異常さに、関わるなと忠告する。
レイシアの盗難申請も所有者も不明でアラトの所有は確定する。
2- (4)
恵比寿でモデル事務所の如月と会う。
早速モデルの仕事を始めるレイシア。
街頭でのショーを始めると人が集まり始める。
2- (6)
類稀なレイシアに注目が集まる、恵比寿から渋谷に向かう。
そこではサプライズを計画しておりスクランブル交差点では前年度グランプリの
 優勝hIEアンジェラ、ユリアと合流。
1万人を超える聴衆を店舗に誘導することを目的としたアナログハックだった。
店内でレイシアを掴んだ男性が追い出された。
アナログハックの問題点でもある勘違い者の出現だった。
2- (7)
警備を断ってアラトと帰るレイシア。
有名になったレイシアを遠い存在に思ってしまう。
あなたは私を何に使いますか?
hIEを破壊する者がオーナーを負傷させて大事件となっていた
警官のhIEに怒る野次馬、人だと信じていたので騙された気持ちだった。
これもアナログハックの応用だが、時として問題も含んでいた。
2- (8)
アラトの親友村主ケイゴは犯罪を手伝わされていた。
定食屋の実家にhIEを導入したい妹。
彼の部屋に紅霞が訪れてレイシアの画像を確認する。

---次回 「You'll be mine」---
 
アナログハックが意味ありげに描かれてますが、人身誘導とか
 心理学の効果を意味しているように思う。
ある種の厨二病的要素を感じる。

親友にミームフレーム社の一族が居たり、ケンゴは紅霞に宿を
 提供するのか、オーナーになるのか関与していくことになる。
色々と身近なところで関係者が集まっているようです。
最終的には親友同士の争いにも発展するのだろうか。
開発者の開発意図が明らかに成れば、作品の方向性も明らかになるかな。
でもアラトとレイシアの恋愛要素も主軸の一つでしょう。
未来を意識的に色々と描いているが、それが納得できるか出来ないかも
 気になる要素の一つではあるかな。
脱走した5体のレイシア級hIEがバトルするだけの作品なのか気になるところ。
どうやら2クール作品らしいので、いろんな要素が詰め込まれて描かれそう。

redjuiceさんのイラストはギルクラを思わせてマイナスに感じる。
テーマ : 2018年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:BEATLESS  Trackback:2 comment:0 

刀使ノ巫女 TokyoMX(1/19)#03

第3話 無想の剣

舞衣のクッキーに入れられていた手紙は他人の字。
非常時の連絡先が書かれていた。
彼女たちを迎えて自宅に招いたのは恩田累。
元美濃関女学院の刀使だったが御刀も返納して
 八幡電子勤務の女性だった。
実は美濃関女学院学長の羽島から依頼されて匿っていた。
手紙は羽島学長が投入したのだった。
3- (1)
恩田累の自宅で一息つく可奈美と姫和。
鎌府女学院学長の高津雪那が怒鳴り込んでくる。
二人の居場所が分かっていたのに拘束出来なかったことが不満だった。
親衛隊は紫警護で動けない。
羽島学長の後輩だが鼻息荒く陣頭指揮を取って代わる。
御前試合に出場した鎌府中等部の糸見沙耶香に討伐を命じる。
親衛隊は所詮、試作品だから。
3- (8)
恩田累の自宅で話し合う二人。
折神紫の正体を明かしても組織を彼女が支配しているので効果はない。
姫和は可奈美に紫を襲ったときの詳細を尋ねる。
まるで御刀が隠世から顕現したみたいだった。
脅威の動体視力を誇る可奈美だった。
事態を収拾するには紫を襲撃して正体を明かすしかない。
しかし実力差は大きく、二人が敵う相手ではない。
1人住まいの部屋は荒れている、お世話になるお礼にと
 掃除を始める可奈美。
しかし女子力の低い可奈美を見かねた姫和が手伝う。
母親も刀使だった姫和は家事も代行していたが昨年母親は亡くなった。
3- (5)
高津学長が恩田累の自宅に二人が匿われていることを突き止めて
 糸見沙耶香を送り向ける。
恩田累が務める八幡電子は刀使の装備を研究開発する会社でもあった。
帰った累がきれいな部屋に感動して姫和の手作り夕食を食べる。
その後にシステムを操作して姫和の情報を元に行動を決める。
3- (10)
沙耶香が二人を討伐に訪れる。
何かに操られたような行動だが迅移を連続的に使用できる攻撃に
 苦戦する姫和。
3- (12)
何とか写シを解除するが写シ無しでも闘う沙耶香。
肉体ダメージの残る戦闘には躊躇する姫和。
切るだけが戦いではないと御刀を弾く可奈美。
ようやく正気に戻る沙耶香、また試合したいね。
 
---次回 「覚悟の重さ」---
 
可奈美と姫和は孤立無援状態。
だが羽島学長の計らいで恩田累が味方になってくれた。
彼女たちを捕まえたい鎌府女学院学長の高津雪那登場。
分かりやすいチンピラです。
親衛隊の燕結芽もチンピラで戦いたそう。
この分かりやすいチンピラ二人の登場で俄然、折神紫陣営は
 淘汰されることになりそうですね。
紫信者は飲み込まれて憤死する不幸な最後が予測されます。

大荒魂の紫は御刀を集めて何かを企んでいる様子ですね。
可奈美が見えた隠世に御刀を隠すのが目的でしょうか。
途中で夢のような世界で相談していたのは千鳥の擬人化?
結構危ない人にも思えて笑える。

エレンと薫の長船女学園コンビの行動も気になりますね。
裏で事実確認に動きそう。
落下しながら闘う姫和と沙耶香、攻殻機動隊のオマージュ?
テーマ : 2018年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:刀使ノ巫女  Trackback:4 comment:0 

グランクレスト戦記 BS11(1/19)#03

第3話 戦旗
 
聖印教団のプリシラ一行がテオの屋敷を訪れる。
シルーカはにべもなく断る。
しかし住民を治療してるからとテオが受け入れる。
ラシックたちの従属で近隣の独立君主は全て倒すか仲間となった。
これで一体の王として君臨することも可能となった。
3- (1)
シルーカはテオの願い、故郷の解放の実現を考えていた。
それには故郷の島システィナを領土とするロッシーニ子爵を打ち破らなければいけない。
故郷の英雄コルネーロの末裔として改名していただきます。
ロッシーニ子爵は連盟に加盟しているので、いずれ連盟から同盟に加盟替えを行う必要がある。
そのための策略を他国に対して施すシルーカ。
モレーノにも他国との交渉を求める。
3= (4)
シルーカの思惑通りに交渉は進むがシルーカが目立ちすぎてテオが傀儡に
 思われていると苦言を呈する老魔法使い。
この状況は今後の進行には相応しくない。
城下で混沌災害が発生、駆けつける。
エーテル界のサラマンダーが出現、シルーカの水魔法で退治するが
 爆発に巻き込まれるがテオが守ってくれる。
3- (6)
半日眠ったシルーカはテオが復興に勤しんでいると知り駆けつける。
昨夜の礼を述べるがテオはシルーカの策を喜んでいた。
テオにも明らかな目標が定まって、やることが見えてきた。
今後の難関はアルトゥーク伯の説得だった。
魔法使いは養子となって術を習得する。
彼はシルーカの養父で魔法師長でもあった。
3- (8)
セービス王との交渉は決裂、戦闘になる。
近隣諸国の独立君主は領地内の通行を許可してくれた。
しかし軍を派遣してくれるかは不明。
援軍が到着しないと兵力は不利な状況だった。
町の親方たちが駆けつけてくれた。
軍としての指揮を高めるためにもテオに旗を掲げることを望む。
パトリオットのフラッグを創造しマークが各自の胸に宿る。
3- (7)
セービスとの戦いに独立君主が駆けつけ勝利する。
セービスを制定した君主としてヴァルドリンドに赴く。
同盟に参加したいと願い出る。

---次回 「決断」---
 
どうやら2クール作品のようですね。
それでも圧縮展開なので何処に注目して描くのでしょうね。
原作が9巻なので全てをアニメ化するつもりなのでしょうか。
独立君主との戦闘では魔法使いや蛇紋使いが居ない軍もあるでしょうが
 セービス王程度なら魔法使いや蛇紋使いは存在して欲しかった。
彼らをシルーカやアイシャが打ち負かして勝つ映像は欲しかった。
軍なら魔法使いと蛇紋使いは圧倒的な戦力なので1人や二人は
 存在するのが普通だと思う。
彼らが一般兵を蹂躙するシーンは見るに堪えないし、それで勝つなら
 貴重な人材だと説明が欲しい。

今回はテオとシルーカの関係強化や、テオの人間性を描いたのは
 好印象ですが、もっと描いても良かった。
テーマ : 2018年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:グランクレスト戦記  Trackback:3 comment:0 

プロフィール

てぃわは

Author:てぃわは
Cocologが容量いっぱいで、こちらで継続します。
アニメやドラマの感想がメインです。
もう一つ別のブログも利用してます
文責は放棄していませんが、リンクはフリーです。

検索フォーム
カレンダー
12 | 2018/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
G-AF
Amazon
Amazon IFrame
カテゴリ
月別アーカイブ
楽天アフィリエイト
最新トラックバック
ブログサークル更新用
カウンター エリア
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メモリーボード
Pingoo Memory Board
ブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
ブログ村カウント
ブログランキング
ブログランキング