fc2ブログ

相棒

今更ですが...
見終わって、金かけてるな?、映画版はさすがにリッチだな?
 とは思ったけれど、納得できない、釈然としない点が残ったので...
他の評論でも書いてましたが。



 最初はチェスの棋譜を分かりにくく殺人現場に残して、猟奇殺人?っぽく
 仕立てた犯人。そしてホームページを乗っ取って、分かる人を待つ感じ
 の犯人。でも本来の目的には関係ない殺人。



 そして右京とチェスをして、棋譜でヒントを与える周到さ。
 これで、犯人は頭の切れる愉快犯を装った感じに設定。
 しかし犯人と思われていた人間が、棋譜のヒントとは関係なく居場所が見つかり
  そこには爆発のトラップがあり、犯人と思われていた人物が既に殺されている。



この犯人らしき人物のアジとの見つけ方が不満。真犯人が手を下したのに、
 しかも爆発のトラップも仕掛けたのに、ヒントは無い。
 後輩の連絡で駆けつけてみると、既に殺されていた。
 これは計算なのか?? ちょっと理由付けが弱いような...
 自殺に見せかけたいから?



でも棋譜のヒントから見つけた爆弾を積んだボートは爆発を回避できるような設定。
 もう殺人は犯したくない?でも最初の棋譜のヒントになる殺人を3件も犯した理由は?
 ここで殺人の必要性はあるのか?



また法廷で追求したいがために、わざと捕まる真犯人。ここの殺人を回避したのは
 何故?
 最初の無差別とも考えられる殺人とチェスの棋譜による暗示と
  後半の殺人回避のケースの一貫性のなさ。同じ犯人なのか?と思えるストーリー。



このような犯人が異なると思えるストーリーに違和感が感じられた。
 最初のホームページに掲載された殺人リスト?による部分とチェスで頭脳的な
 愉快犯?部分が後半と上手く繋がらない。



少なくとも注目を浴びるだけなら、最初の殺人は不必要ではないのかと思われる。
 そしてチェスを利用する意味が...最後の法廷での真実の暴露が目的だと、
 たとえ国相手だとしても、他のやり方があるのではと思ってしまう。



他には右京の頭脳は冴えてるのは分かるが、肉体派の活躍する場面がもう少し
 欲しかったな?
 もっと走り回って欲しかったな。

スポンサーサイト



Tag:相棒  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

てぃわは

Author:てぃわは
Cocologが容量いっぱいで、こちらで継続します。
アニメやドラマの感想がメインです。
もう一つ別のブログも利用してます
文責は放棄していませんが、リンクはフリーです。

検索フォーム
カレンダー
08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
G-AF
Amazon
Amazon IFrame
カテゴリ
月別アーカイブ
楽天アフィリエイト
ブログサークル更新用
カウンター エリア
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メモリーボード
Pingoo Memory Board
ブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
ブログ村カウント
ブログランキング
ブログランキング