fc2ブログ

ウマ娘 プリティーダービー Season 3 BS11(12/27)#13終

最終回 第13話 そしてあなたの…
 
キタサンブラックのラストランの有馬記念。
GCXP8TCbUAEWetJ.jpg
思い残すことがない様にとトレーニングに余念がない。
あまりの気迫にサトノクラウンも練習を続けてしまう。
チームスピカでは何かしてあげたい。
キタサンブラックはやって欲しいことを思いついたとお願いする。
GCXQXbOakAAbbaD.jpg
当然ながらの一番人気。
皆を笑顔にしたい、だから勝ちたい。
誰よりも強い気持ちで最後まで頑張った人が勝つ。
チームスピカの全員で考えた衣装が完成。
スペシャルウィークの案だけは不採用。
着替えて遂にレースが始まる。
16人のレース、キタサンブラック好位置をゲットする。
普段通りのキタサンブラックのレース。
でも余裕があるようには思えない。
GCYtrc5asAAf4mp.jpg
いつものキタサンブラックのレース展開。
いつも必死でがむしゃらに走る姿が応援したくなる。
決してスマートで格好良くはない走り。
GCXiLcdbQAAAx3d.jpg
最終コーナーを立ち上がって、不意に観客の応援する姿が見えた。
皆が笑顔で応援してくれていた。
キタサンブラックに力が宿り、最後の最後、ラストスパート。
必死で追いかける後続勢をリードしてゴールに駆け込む。
ラストランで勝利したキタサンブラックは観客を眺める。
大賑わいで、お祭りだ。
キタサンコールが湧き上がる。
GCXWKBHbgAAF4zj.png
国内GIレースを7勝したキタサンコール。
僕を追い越した立派なウマ娘だとトウカイテイオーは感慨ひとしお。
サトノダイヤモンドは春からのレースに復帰する。
キタサンブラックが見た景色を見てみたい。
GCXUpPlbgAAZYax.jpg
ウイニングライブでは2着のクイーンズリング、3着のシュヴァルグランと歌って踊る。
お約束のスタッフロールは、ウマぴょい伝説。
トレセン学園ではオープンキャンパスが開催される。
各チームが新入生勧誘も行う。
チームカペラのサトノダイヤモンド。
教室で卒業を感慨深く眺めて居るとサトノダイヤモンドが誘いに来る。
キタサンブラックはスピカのプラカードを掲げる。
GCXdtuhb0AEIfiP.jpg
そして新章、劇場版。

ーーー最終回ーーー
 
最後はトゥインクルレースの最終、ラストラン。
応援してくれる皆のためにも絶対勝ちたい。
最後のファンファーレ、ゲートをしっかりと記憶にとどめようとする演出がグッド。
そんな皆の応援が力になったキタサンブラックでした。
久しぶりのウイニングライブ、2着のクイーンズリングは
モブウマ扱いだったのが残念。
キタサンブラックの史実を知れば知るほど、テイエムオペラオーが気になる。
世紀末覇王は嘘じゃない。
キタサンブラックが負けた宝塚記念とジャパンカップも勝って5戦5勝。
最近の馬は天皇賞秋の代わりにドバイや凱旋門賞に出場する。
その方が賞金も増える。
そして無駄なジャパンカップ、今では国産馬のほうが強い。
賞金を増やしても海外から挑戦者が中々来ない。
だから賞金を増やしていく。
現在の賞金額に換算すると獲得賞金のトップはテイエムオペラオーらしい。

今回はゲストでジャングルポケットの斉藤さんが登場。
それは劇場版のネタフリでもあった?
ナリタトップロード主演のOVAでアグネスタキオンとマンハッタンカフェの
 陰が描かれてました。
そのアグネスタキオン、マンハッタンカフェも出演する劇場版の主役は
 ジャングルポケットで漫画版もあるらしい。
アグネスタキオンのレースは見てみたい気がする。
中の人は忙しいので敢えて主役級から脇役にチェンジしてもらったのですよね。
そんな伝説の4戦4勝で引退したアグネスタキオン。
そう言えばゲームで次回のウマ娘はキタサンブラックの新衣装。
今回の衣装が早くも登場、アプリはアニメと連動してました。
サトノクラウン、シュヴァルグランもリリースでアニメに乗っかってます。
そしてオーナーの北島三郎さんが放送前にコメントしてました。
スポンサーサイト



テーマ : 2023年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:ウマ娘 プリティダービー  Trackback:3 comment:0 

ウマ娘 プリティーダービー Season 3 BS11(12/20)#12

第12話 キタサンブラック
 
宝塚記念のレース後に異常な苦しさを覚えた。
天皇賞秋のレースでも苦しく辛かった。
ゴールドシップから言われたピークアウト。
キタサンブラックは記者会見でトゥインクルレースからの引退を宣言する。
年内のジャパンカップと有マ記念で終わりにする。
yvihCrjwdvOSOgz.jpg
キタサンブラックの引退記者会見をみたドゥラメンテは残念。
一緒に走る約束をしたのに間に合わなかった。
キタサンブラックの練習は明らかに衰えている。
3周走っても元気で苦しむことなんてなかった。
でも、それだから厳しく練習する。
最高の結果を得るためには地道に努力する。
GSgJBfEYSaArjJE.jpg
サトノクラウンは寂しい。
6回も一緒にレースを走った。
サトノダイヤモンドは凱旋門賞で良い走りができなかった。
あまりに異なる芝とレース場だった。
だから慣れるために練習したので、戻るのが難しい。
それに、次の目標が見つからない。
zwUNOmrJZZmPdjy.jpg
シュヴァルグランは考えていた。
頭の中はキタサンブラックで一杯。
悔しい、未だ勝てていないのに先に居なくなるなんて。
憧れと嫉妬で恋い焦がれる相手。
まだ2回戦えるだけ良いと姉のヴィルシーナ。
彼女にも同じ思いのウマ娘が居たが、挑戦すら叶わなかった。
sJtlvDDKrSqMISl.jpg
キタサンブラックは大嫌いだ。
シュヴァルグランは正反対だった。
元気で頑丈で力強くて明るい。
彼女が求めるものを全て持っていた。
時代最強と呼ばれたウマ娘だった。
でも、それだけに勝ちたかった。
rBPGwhuxFnxBcWZ.jpg
いつも追いかけてきた眩しい背中。
君のことが大好きだ。ようやく素直に言えた。
遂にシュヴァルグランがキタサンブラックの背中を捉えて追い抜いた。
初めてのGI勝利を獲得できた。
mxyYgxdewMMuYxt.jpg
苦しむキタサンブラックに違和感があった。
呼吸を整えてシュヴァルグランにおめでとうと握手する。
君を越えるウマ娘になるよ。
寂しそうに一人、戻っていくキタサンブラック。
次で…

ウイニングライブも終わって、一人で東京競馬場を眺めるキタサンブラック。
サトノダイヤモンドが駆け寄る。
ここでは、たくさんのレースを走ってきた。
でも、今日が最後。
ラストランの気持ちは切ない。
次でおしまい、勝ちたいな。

ーーー最終回 「」ーーー
 
引退を決意して年内の2レースで終了。
種牡馬が最も安定して儲かるので、レースのない冬、最後は有馬記念。
ここで引退するウマ娘は多い。
この後の種牡馬生活が大事ですから。
キタサンブラックは初年度500万円、次年度400万円。
でも今年は子供のイクイノックスが世界最強なので2000万円のトップの種付け料。
キタサンブラックは100頭程度ですが、多いと200頭程種付けするらしい。
今年は20億円は稼ぐから賞金額を遥かに超える。

引退を決意すると、もう走れない、寂しい、切ない、別れなのですね。
明日からはレースに出場できない。
切ないのが当たり前でしょう。
1番人気はハンデの斤量が最も重い。
それでも勝つのが強いウマ娘。
同一年の秋古馬三冠を達成しているのはテイエムオペラオーとゼンノロブロイ。
キタサンブラックは前年にJCを勝っているので2年では達成。
それ程に難しい同一年三冠。
正直、期間が短すぎますね。
この年にキタサンブラックが負けた宝塚記念とジャパンカップ。
これも勝つと六冠でテイエムオペラオーだけが五冠達成。
キタサンブラックがピークアウトしたと言うよりも、普通の結果だと思います。
天皇賞春に勝つと宝塚記念で負けるのは多いらしい。
疲労が回復しなかったり、距離の調教が難しいのでしょう。
天皇賞秋からジャパンカップも間隔が短いですね。
まあ、アニメではこう描くしかない感じですね、強いウマ娘ですから。
テーマ : 2023年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:ウマ娘 プリティダービー  Trackback:2 comment:0 

ウマ娘 プリティーダービー Season 3 BS11(12/13)#11

第11話 決意
 
サトノダイヤモンドは凱旋門賞に出走するために出国する。
見送るキタサンブラックは上の空。
宝塚記念から体調が優れない。
fb3480f5.jpg
練習でもタイムは悪くない。
でも自分が納得できる走りじゃない。
走れるのだが、キレがないような感じ。
キタサンブラックの走りを眺めてゴールドシップは分かっていた。
いくら練習しても元には戻らない感じだな。
それはピークが過ぎんたんだ。
私にも経験があるから分かる。
rggraergaerg.jpg
トレーナーに相談するが何も決められない。
ピークを過ぎた場合の走りは千差万別、急に衰える、穏やかに衰える場合もある。
凱旋門賞は出来れば行って欲しくない。
長時間の移動と慣れない芝、問題は山積み。
商店街では横断幕が完成していた。
皆はキタサンブラックを応援したい。
だから府中で走ってくれるのが嬉しい。
キタサンブラックを応援するのが生活の一部になっていた。
GBPMsG6aoAAqsTq.jpg
それを聞いて決断する。
商店街の皆の応援に答えたい。
凱旋門賞は諦める、サトノダイヤモンドにも連絡する。
それを聞いて悲しくなる。
その代わり、走れるレースは全て走る。
秋シニア三冠を獲得したウマ娘は二人だけ。
サトノダイヤモンドの凱旋門賞は15着だった。
GBPM9CCbsAAXMzZ.jpg
秋の天皇賞は台風接近で大雨の重馬場。
コンディションは最悪の中でレースが始まる。
キタサンブラックがスタートを失敗する。
得意の逃げレースが出来なくなる。
後方から皆が避けた内ラチを走って、距離を稼ぐ。
ぬかるんで走り難いはずの内ラチ。
srthsrhtsrtsrth.jpg
サトノクラウンは重馬場得意で狙い通りのレース運びをする。
2位からトップに上がると内からキタサンブラックがトップに出る。
二人のマッチレースになる。
馬場に足を取られてフラツイて外に出る。
それでも意地でトップを死守する。
天皇賞の同年春秋連覇を達成したキタサンブラックだった。
GI6勝目を飾った。
しかし苦しくて息が戻らない。
aegaegraerg.jpg
トレーナーも勝っても何も出来ず悔しい。
サトノダイヤモンドは帰国して観戦していた。
その目は悲しそうだった。

ーーー次回 「」ーーー
 
ここまでピークを過ぎた説明は一切なかった。
トウカイテイオーだって、メジロマックイーンだって説明がなかった。
でもキタサンブラックは強い馬なので逆風を描きたい。
勝ち続けてはドラマになり難い。
そこでピークを過ぎて思うように走れない状態を描く。
それにより、絶好調ではなくても足掻いて勝つために走る。
そんな悲壮感を背負わせてドラマを作りたい様子。
実際には、走れるレースを全て出走したキタサンブラック。
一番人気で走って勝つことの偉大さ。
出走回避せずに人気に答えたキタサンブラック。
そのポリシーこそが偉大だと描いて欲しい。
テーマ : 2023年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:ウマ娘 プリティダービー  Trackback:2 comment:0 

ウマ娘 プリティーダービー Season 3 BS11(12/06)#10

第10話 お祭り
 
次は宝塚記念に出場したいキタサンブラック。
ファン投票で決まるので待つしか無い。
生徒会からキタサンブラックに地域と学園の実行委員を依頼される。
昨年の年度代表馬でお祭り娘と呼ばれて地域住民ともコミュニケーション良好だから。
実行委員を引き受けて近所の商店街も学園内に出店してもらう。
pQOiNvYmHjMSnqa.jpg
各チーム、各自で出店する。
スピカは執事喫茶、サトノ家はメイド喫茶。
wBxiDVWwjVFadMZ.jpg
サトノダイヤモンドは凱旋門賞に出場するために準備中。
国内レースは出場を控えていた。
A59lO2O-911x512.jpg
ドゥラメンテも凱旋門賞に出場するためにリハビリを続けていた。
皆が喜んで笑顔になる、世界一の凱旋門賞に興味が湧く。
waRuFBHSvueRHoT.jpg
最後のキャンプファイヤーにトレーナーを誘う。
彼はキタサンブラックの出場レースをスクラップしていた。
デビューから3連勝で皐月賞、ダービーに出場。
そして菊花賞でGI初勝利。
天皇賞春、ジャパンカップを勝って有マ記念は2着。
そして年度代表ウマ娘に選ばれる。
大阪杯、天皇賞春と連勝で次は1番人気の宝塚記念。
これに勝てば春シニア三冠の制覇になる。
宝塚記念に勝って世界へ行きたい。
準備はしておくとトレーナー。
でも送り出すだけで何か不安だった。

サトノダイヤモンドが準備のために出かける。
彼女から凱旋門賞の資料を借りる。
過去に何人も凱旋門賞に挑んだが勝てなかった。
cdDxeOFArtsreLi.jpg
宝塚記念が始まる。
予想に反してシュヴァルグランが逃げてトップを走る。
キタサンブラックは3番手でチャンスを伺う。
3コーナーで勝負を賭けてスパート、しかしペースが上がらない。
一度はトップに並ぶが、そこまで。
ズルズルと順位を落として完全に失速する。
レースはサトノクラウンが勝利する。
HNvNhHK-910x512.jpg
キタサンブラックは自分の敗戦、スパートが出来ない理由が分からなかった。
サトノダイヤモンドはサトノクラウンが勝って喜ばしいがキタサンブラックの
 不調に素直には喜べなかった。

ーーー次回「」ーーー

史実と同じなので宝塚記念は敗北。
そして謎の敗戦で理由が分からないらしい。
そこで凱旋門賞を諦めることになったらしい。
キタサンブラックなら重馬場にも強かったので勝てたのではと言われているらしい。
まあ全てが予定通りに上手くいくこともない。
シュヴァルグランも未だ足掻いてますね。

学園祭ではゲームのイベントシーンがかなり取り込まれてました。
スーパークリーク、ライスシャワーのハロウィンとか。
エアグルーヴ、マヤノトップガン、カレンチャンの花嫁衣装とか。

テーマ : 2023年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:ウマ娘 プリティダービー  Trackback:2 comment:0 

ウマ娘 プリティーダービー Season 3 BS11(11/29)#09

第9話 迫る熱に押されて
 
サトノダイヤモンドは阪神大賞典で勝利。
キタサンブラックは大阪杯で勝利してG1は4勝目。
次は両者の直接対決、天皇賞(春)
早朝、キタサンブラックはサトノダイヤモンドを誘って旅に出る。
目的地のない旅、二人の意見が異なるとじゃんけんで決める。
サトノダイヤモンドが勝って海に向かう。
敢えて目的地は調べない、行き当たりばったりの小旅行。
GlTzLsyWRtPItty.jpg
東京駅でじゃんけん、千葉に向かう。
二人だけの小旅行は久しぶり。
五井駅で降りてSLに乗る、馬立駅へ。
そして大原駅に到着、その先は灯台へ。
キタサンブラックはサトノダイヤモンドに伝えたいことが有った。
それはサトノダイヤモンドも分かっていた。
皆を笑顔にしたい、応援してくれた人も含めて皆。
もう誰にも負けない。サトノダイヤモンド、あなたに勝つ。
サトノダイヤモンドにも譲れないものがあるから負けない。
天皇賞に勝って凱旋門賞に向かう。
勝つのは私。
uRdPrWNCEhresSO.jpg
天皇賞が盛り上がる、過去の勝利者の映像。
メジロマックイーン、サクラローレル、ゴールドシップ。
レースが始まりキタサンブラックは2位を走る。
逃げの馬に惑わされない、自分のレースを行う。
サトノダイヤモンドは中団に控えて走る。
勝負は最終コーナーを回って登りからの直線。
mKsFwzQasWTItJh.jpg
逃げが登り坂で限界、キタサンブラックがトップに立つ。
でも、まだスパートはかけず足を溜める。
一気に後続が迫ってくる。
最終コーナーでスパートするサトノダイヤモンド、シュヴァルグラン。
キタサンブラックは粘ってトップ。
ここでキタサンブラックが覚醒、再度スパートをかける。
後続は追いかけるが追いつけない。
pwXuDLJmLgAyRAh.jpg
キタサンブラックが楽しんでいるように見える。
そのまま、キタサンブラックがゴール、連覇達成。
cCBFRkwwabLWSpG.jpg
キタサンブラックの勝利タイムはレコード記録更新。
これは10年ぶりの快挙だった。
全て完璧だった、完敗だよ。
いつも私の知らない景色を見せてくれる。
でも次は負けない、もっと強くなる。
二人なら強く成れる。
二人で世界を熱狂させよう。
二人ならどこまでだって行ける。
キタサンブラックが望んだ観客の笑顔に包まれる。

ーーー次回 「」ーーー
 
遂にキタサンブラックが覚醒ですね。
ようやく盛り上がりましたね。
一番人気で勝つ、ハンデの斤量が増えていくのですが、それでも勝つ。
本当に強い競走馬です。
産駒のイクイノックスが強いのですが、急に引退発表。
ジャパンカップを勝ってG1を6勝したのにね。
有馬記念に勝って7勝を狙うと皆が思っていたのに、体調不良らしい。
万全の体調で有馬記念に出走できないかららしい。

幼い頃から二人で走ってきた。
仲良しの二人でも勝負は甘くない、負けたくない、勝ちたいと本気で
頑張らないと勝てない。
ようやくキタサンブラックも甘さが抜けました。
テーマ : 2023年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:ウマ娘 プリティダービー  Trackback:1 comment:0 

ウマ娘 プリティーダービー Season 3 BS11(11/22)#08

第8話 ずっとあったもの
 
泣いているキタサンブラック。
ナイスネイチャが通りかかって声を掛けようか迷う。
ネイチャ先生、助けて下さいと泣きつかれる。
有マ記念は完敗だった。
ダイヤちゃんは強かった。
ネイチャには僅差でキタサンブラックも強かったと思えた。
3c729a79.jpg
サトノダイヤモンドと初詣。
元気のないキタサンブラック。
サトノ家の一員として次の目標は凱旋門賞に決めた。
ウマ娘界の更なる発展のために貢献したい。
ドゥラメンテと似ている。
シュヴァルグランは苦しんでいた。
姉が気にかけて声をかけるが素直になれない。
実は似たもの姉妹で、後少しが勝ちきれない。
9de2d513.jpg
ドゥラメンテに話を聞く。
彼女は世界最強を証明したいから凱旋門賞で勝つ。
それがいつになっても構わない、絶対に治して勝つ。
キタサンブラックにはサトノダイヤモンドのような夢も目標も無い。
ただ勝ちたいだけ。
ea8667b8.jpg
トウカイテイオーと会って話す。
テイオーは無敗の三冠ウマ娘になる、夢があった。
でも夢は叶わなかった。
でも菊花賞を観戦した時に皆が頑張っている姿を見て分かった。
そして目標になると言ってくれた子が居た。
諦めるなと言ってくれた子が居た。
皆に応援されてやり切った感があった。
でもまだ走りたい思いが残っていた。
最初の目標は会長になることだった。
会長の走りは格好良い、強くて美しい。
会長に追いついていないことに気がついた。
最初の消えない思いが胸に残っていた。
キタちゃんにも消えない思いがあると思うよ。
56316ad3.jpg
いつもの走り込みトレーニング。
町内の商店街ではキタサンブラックの応援セールが開催されていた。
キタサンブラックの原点は父さんのように皆を笑顔にすること。
トウカイテイオーのように観客の笑顔に包まれてキラキラすること。
トウカイテイオーの様な結果は残せなかった。
天才じゃない、格好良い走りで勝つことは出来ない。
でも皆を笑顔にする事はできる。
5cffa39f.jpg
商店街のスターだと皆が応援してくれた。
有マ記念も負けたことを誰も責めない。
皆が笑顔で応援してくれていた。
皆を笑顔で暖かい場所を作ってあげたい。
ようやくキタサンブラックにも目標が見つかった。

ーーー次回 「」ーーー
 
サトノダイヤモンド、ドゥラメンテとの違い。
キタサンブラックは皆を笑顔にしてあげたい。
憧れたトウカイテイオーのようなキレイで圧倒的な勝利は望めない。
でも勝っても負けても笑顔にしてあげたい。
そんな大層で大袈裟な目標ではない。
でも期待に応えることの辛さもあります。
つまりは1番人気で勝つことですよね。
実は現実では一番厳しいかもしれない。
テーマ : 2023年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:ウマ娘 プリティダービー  Trackback:3 comment:0 

ウマ娘 プリティーダービー Season 3 BS11(11/15)#07

第7話 あたしたちの有マ記念
 
ジャパンカップの勝利でGI3勝目のキタサンブラック。
次は有マ記念も絶対勝って年度代表馬に選出されたい。
そしてサトノダイヤモンドも出走する。
2311160001519403.jpg
シュヴァルグランは3着、姉のヴィルシーナはヴィクトリアカップ連覇。
妹のヴィヴロスは秋華賞で勝利。
3姉妹で自分だけがGI未勝利で悔しい。
2311160006379366.jpg
練習でも絶好調のキタサンブラック。
トウカイテイオーがキタサンブラックを誘う。
ハチミードリンクを二人で飲んで話す。
サトノダイヤモンドとは仲良しの幼馴染。
二人で走ることを約束していた。
いつも1つのものは半分個してきた。
でも有マ記念は半分個できない。
トウカイテイオーの有マ記念の勝利を見て感動した。
周囲の人も喜んで輝いて眩しかったレース。
今度は自分たちが走って勝つ。
気合が入って空回りするのが怖かったが、大丈夫そう。
2311160009076705.jpg
サトノクラウンは香港でGI初勝利。
サトノのジンクスはもう消滅した。
国内最強馬に勝って最強を証明する。
そして海外で勝つとサトノダイヤモンドは決意する。

サウンズオブアースの練習を見守るカノープス。
ネイチャー先生とキタサンブラックに呼ばれて恥ずかしい。
私に教えることなんて無いから。
そして前夜はお互いに眠れない。
キタサンブラックが先に始めたことを後から追い抜くサトノダイヤモンド。
どんなことも前向きに努力するキタサンブラック。
互いに互いを褒め合い、認め合っていた。
d2c5ef38.jpg
レース前にサトノダイヤモンドに声をかけるキタサンブラック。
しかしレースに集中して友達でもなくライバルとして勝つと宣言するサトノダイヤモンド。
自分の甘さを反省する。
ce19006b.jpg
レースはキタサンブラックのペースで進む。
3コーナーからペースを上げて第4コーナーでトップに立つ。
サトノダイヤモンドも追い上げてくる。
レース前は二人のしのぎ合い。
どちらも勝ちたい。
2311160022059760.jpg
でもサトノダイヤモンドが勝利する。
終わって、勝利を祝うキタサンブラック。
でもウイニングライブで背中を見せられたことに気づく。
負けたことを実感する。

ーーー次回 「」ーーー
 
何というか、全編的に盛り上がりを描かない。
なんだろうか、このあっさり演出は?
もっと盛り上げられるのに、盛り上げない。
このあっさり演出は作画軽減?
Cygaのアニメに費用は関係ないはず。
正直、良く出来たアニメではあるが、こだわりがなく盛り上がらない。
キタサンブラックは勝ち過ぎて面白くない?ドラマがない?
ここから覚醒しそうですが、大丈夫だろうか?
502.jpg
かつて放送されたOVAでは有マ記念の出走までを描いていた。
そのときはパドックで共に歩く仲良しな二人だったが、そのシーンは無し。
これで話は繋がるのだろうか?

テーマ : 2023年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:ウマ娘 プリティダービー  Trackback:2 comment:0 

ウマ娘 プリティーダービー Season 3 BS11(11/08)#06

第6話 ダイヤモンド
 
サトノダイヤモンドは次戦、菊花賞に向けて練習する。
サトノクラウンは天皇賞秋に向けて練習。
互いに健闘を誓い合う。
WXxYRTIvnrgoLay.jpg
サトノ家はウマ娘の運営に多大な貢献をしてきた。
そんなサトノ家の悲願はGI勝利。
ダイヤモンドは幼い頃から期待されてきた。
そんな頃は、お姉さんたちが悲願の初勝利を目指して頑張ってきた。
それでも結果を出せずに一人二人と引退していった。
TmqfXjBSIJrESaR.jpg
皐月賞、日本ダービーと勝ち目が有ったのに勝てなかった。
実力はあると考えていた。
だからこそ、実力以外の運にも勝とうと考える。
マチカネフクキタルの占いもクリアする。
コパノリッキーの風水にも従う。
運要素も全てクリアすれば勝てる。
もう恐れるものは何もない。
黒猫から烏までも飼い慣らしてクリアしたい。
そんな様子にキタサンブラックも心配になってきた。
スピカでメンバーに相談する。
iTwUUzNFyRRkQAj.jpg
その中でも一人、メジロマックイーンだけは異なる様子。
彼女はサトノダイヤモンドに声をかける。
bNayMWUvdJrqWeq.jpg
無理していますよね。
本当に強い馬が菊花賞を勝つ、ジンクスなど無い。
レースで不利や不運は良くあること。
強すぎて退屈だと言われたメジロマックイーンの言葉には重みがある。
家のために、一族の悲願を背負って戦う重圧は最もよく知っている。
サトノダイヤモンドの戦績を見れば強いことは分かる。
だから特別なことをする必要はない。
万全を期して当日を迎えれば良いだけ。
wBJIkfZOWWJXoJI.jpg
そうして皆が見守る中で菊花賞が開催される。
サトノダイヤモンドは最終コーナーでスパートを掛ける。
そして抜け出しても精一杯の走りで加速を続ける。
ただひたむきにゴールを目指す。
そして悲願は達成された。
OvsQhOeDFPbApIT.jpg
その時、サトノダイヤモンドは重圧から開放されて号泣するのだった。

ーーー次回 「」ーーー
 
もう一人の主役、サトノダイヤモンド。
キタサンブラックと異なって見せ場が少ないとも言える戦績。
菊花賞は彼女の見せ場であり真骨頂。
勝てない苦しさから運にもすがるサトノダイヤモンド。
そんな彼女に家と一族を背負う重圧を最も知るメジロマックイーンが声をかける。
お祖母様に言われた、うさぎとかめのエピソードは話せなかったですね。
まあメジロは勝ち馬たくさん、マックイーンは勝ち数も多い名馬。
まあ比べるのもどうかとは思いますが、共に名門設定ですからね。
ゴールしても当然と思える余裕の表情のメジロマックイーンでした。
あとはサトノクラウン、シュヴァルグランの勝利レースかな?
ライバルを強く描かないと主役が引き立たない。
でも天皇賞春を描かなかったので、未だ強いと思えない主人公。
天皇賞秋、ジャパンカップ、有馬記念と戦うキタサンブラック。
有馬記念の出走までは既にOVAで描いてますが、どうするのでしょうね。
その先も描けそうですね。
テーマ : 2023年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:ウマ娘 プリティダービー  Trackback:2 comment:0 

ウマ娘 プリティーダービー Season 3 BS11(11/01)#05

第5話 自分の証明
 
サトノダイヤモンドが日本ダービーに出走。
激走してゴールに二人が雪崩れ込む。
僅差でツゥカァが勝利する。
サトノダイヤモンドはレースで左足の蹄鉄が落鉄していた。
あと一歩だったが、サトノ家のジンクスは健在。
でも次の菊花賞でジンクスは覆す。
23110200032447742.jpg
春の天皇賞を獲って合宿の効果が現れたキタサンブラック。
スタミナもスピードも強化された。
次の出走は宝塚記念。
負傷から癒えたドゥラメンテも出走する。
エアーグルーヴの母親がトレーニングした関係で仲良し。
ドバイでも2着。
菊花賞を取り損ねた、でも目標は凱旋門賞。
全てのレースは凱旋門賞への過程。
af76b5c8.jpg
キタサンブラックは皐月賞、日本ダービーで走ってドゥラメンテの強さを知る。
勝てる気がしない強さ。
それでもキタサンブラックも成長して強くなった。
世代を代表するウマ娘の一人。
宝塚記念では一番人気のキタサンブラック。
fc7eae2c.jpg
突然の雨で傘を忘れたキタサンブラックとドゥラメンテ。
レースは関係者やファンの思いが託されるから怖い。
ドゥラメンテは考えたこともない、一族の願い。
最強の証明、凱旋門賞を取ることだけ。
君は誰だ?
忘れ物の菊花賞を獲ったキタサンブラックです。
絶対に勝つとトレーニングを行う。
2311020022039999.jpg
宝塚記念が始まる。
サトノクラウン、シュヴァルグランも出走する。
レースはキタサンブラックが逃げて引っ張る。
4コーナーを立ち上がっての勝負。
ドゥラメンテも加速するが左足に異常。
egargaegae.jpg
それでもキタサンブラックを追いかける。
しかし、リバーライトがゴール前で抜け出して勝利。
2311020022432701.jpg
ドゥラメンテは左足の負傷を押して加速、キタサンブラック差したが2番。
3位のキタサンブラックの実力を認める、君は強かった。
413d4a85.jpg
そんなキタサンブラックも通過点。
二人は握手して互いの健闘を称え合う。

ーーー次回 「」ーーー
 
勝つレースだけを描かずに負けるレースを描く。
そうしないと、単に強いだけのウマ娘になってしまう。
それ程に強いウマ娘。
そして戦ったライバルを描いて、負ける試合を3つは描くのでしょうね。
そうなると、強さ以外の描き方が必要なのでしょう。
サトノダイヤモンドは未だに藻掻いてますね。
キタサンブラックも皐月賞、日本ダービーは負けてますからね。
この時期のライバル、競争馬を調べると、ディープインパクト、キングカメハメハ、
ハーツクライが父親な競走馬が多い。
なのでキタサンブラックは上記の馬を父に持つわけでもないので、ある意味下剋上ですね。
血統のスポーツにおける突然変異なのだろう。

テーマ : 2023年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:ウマ娘 プリティダービー  Trackback:2 comment:0 

ウマ娘 プリティーダービー Season 3 BS11(10/25)#04

第4話 あたしだけの輝き
 
キタサンブラックは大阪杯でもクビ差負け。
落ち込んでいるのをナイスネイチャーが甘いものを食べようと誘う。
元気づけようとしてくれる。
ネイチャー先生と移動中にメジロパーマーとトーセンジョーダンがエアグルーヴに
追いかけられて逃げてきた。
ぶつかる二人を支えてびくともしないキタサンブラック。
体の強さだけには自身がある。
昔から遊んでいても壊れることも故障も無かった。
それをトレーニングに利用してみては?
2310260009405022.jpg
トレーナーにハードトレーニングをお願いする。
でもトレーナーも経験不足で受け容れられない。
故障で走れないのは一番辛い。
トウカイテイオーとサイレンススズカは異を唱える。
勝てる術が分かっているなら挑戦してみるべき。
ウマ娘は勝つために走るのだから。
2310260015084568.jpg
二人のフォローでハードトレーニングが了承される。
1ヶ月のトレーニング期間で天皇賞春が目標。
その期間中にサトノダイヤモンドは皐月賞に出走する。
応援に行けないのが心残り。
ブローチを自分だと思って頑張ってと手渡す。
サトノダイヤモンドの準備は万端。
安定した走りでラップタイムも上々。

夜中に強制移動で特訓場に移動させられた。
コーチはミホノブルボン、食事担当はライスシャワー。
数々のハードメニューを3時間で終了させるのが目標。
最初は6時間は掛かってしまうでしょう。
このメニューはミホノブルボンの黒沼トレーナーが考えた。
復帰戦に備えたメニューだったが、実現は叶わなかった。
日々頑張って時間が短縮されていく。
2310260024202590.jpg
しかし肉体疲労が蓄積されて、体が重く伸び悩む。
モチベーションも下がり、横ばい状態が続く。
今日は皐月賞が開催される。
元気をもらいにと勝手に出かけるキタサンブラック。
200Km近くの距離を走るとレースも最終コーナー付近。
絶好のポジションで末脚を発揮するタイミング。
前のウマ娘の勝負服が邪魔でタイミングを逸する。
後続の馬が驚異的な末脚でコースレコードで勝利する。
サトノ家のジンクス、GI勝利が叶わなかった。
それでもサトノダイヤモンドは前を向く。
2310260026080847.jpg
ダイヤは誰にも壊させない、ダービーを見て下さい。
サトノダイヤモンドの強い意志と前向きな姿勢に感銘する。
2310260028262281.jpg
帰って特訓が再開される。
ここからは強い意志が大事。
彼女の勝ちたい思いが強ければ達成できる。
徐々に結果が発揮されてタイムが縮まる。
そして遂に3時間を切って完走する。
ここからは天皇賞春を勝つために準備する。

ーーー次回 「」ーーー
 
キタサンブラックが勝てないで悩む。
あと一歩のところでの惜敗。
勝ちきれないクビ差負け。
なんとも悔しい敗戦。
ネイチャー先生に頼るキタサンブラック。
そこで判明した肉体の強靭さ。
ハードトレーニングと言えばミホノブルボン。
そしてサトノダイヤモンドの皐月賞。
サトノ家の悲願、GI勝利。
こちらも勝機が有ったのに勝てなかった。
彼女は意志が強く前向き。
そんな彼女に感化されてキタサンブラックも頑張って目標達成。
逃げ馬って最後の粘り、追いつかれても抜かれない。
そんな根性勝負的なレースでも勝てる強靭な意志が必要。
案外と見た目と異なり背負うものの大きさなのかサトノダイヤモンドは意志が強かった。
それにしても、今シリーズはGI勝利してもモブウマ扱い。
各ウマ娘も全体的に幼く可愛い顔で描かれている感じ。
テーマ : 2023年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:ウマ娘 プリティダービー  Trackback:2 comment:0 

プロフィール

てぃわは

Author:てぃわは
Cocologが容量いっぱいで、こちらで継続します。
アニメやドラマの感想がメインです。
もう一つ別のブログも利用してます
文責は放棄していませんが、リンクはフリーです。

検索フォーム
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
G-AF
Amazon
Amazon IFrame
カテゴリ
月別アーカイブ
楽天アフィリエイト
最新トラックバック
ブログサークル更新用
カウンター エリア
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メモリーボード
Pingoo Memory Board
ブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
ブログ村カウント
ブログランキング
ブログランキング