FC2ブログ

ヤング ブラック・ジャック TBS(12/17)#12終

最終回 第12話 狂騒の季節

東大紛争の後、学生運動は沈静化しつつあった時代。
一部の学生は過激派に成り下がって暗躍していった。

そんな学生運動に参加する今上エリと間は知り合いだった。
彼女のキズを何度か手当していた。
そこに医者を頼って藤井と名乗る学生運動家が手当を求めて訪れる。
彼の隣には以前、脱走兵の件で知り合った青山が一緒だった。
病院で手術が必要だが学生なのでと手当を断る。
緊急を要する症状でもないし、医師免許が取れなくなるからな。
そんな腑抜けた者は医師になる資格が無いと妄言を吐く藤井。

学校にあしげく通う間は代理手術のバイトを引き受けていた。
第一次羽田闘争で負傷したエリの顔の傷を縫ったのが縁だった。
それからは、何度かエリが間を訪ねて来るようになった。
間の手術で顔にキズは残らなかった。

学生の過激派グループが武器を調達する事件が発生していた。
警察は一斉取り締まりを強化し始める。
エリカラ届いた決別の絵葉書は取り締まりが行われる群馬県の消印だった。
彼らは山中で軍事訓練を行っていた。
消印の郵便局を求めて訪れる間は無事に彼らの山小屋に辿り着いた。

ミスをした青山を庇ったエリが仲間内にリンチの制裁を受けて苦しんでいた。
緊急を要する状態だが、隠れ家を知られたからと入院を許さない藤井。
発作を起こすエリは一刻の猶予もままならない状態に陥る。
急遽、間が手術を執刀する。
眼窩底骨折、折れた肋骨が内蔵を傷つけ損傷している様子だった。

なんとか無事に手術を終えるが、警察隊が周囲を取り囲む。
捕まりたくない学生たちは応戦を始める。
止めようと立ち上がるエリは煙幕に隠れた状況で狙撃される。
間が助け起こすが既に絶命間近だった。
今度は手術代を払わないとね。
あのネックレスは今でも持っている、初めての縫合だったからな。

やがて俺はブラックジャックとなった。

---最終回---


最終回のスターシステムの出演者はリボンの騎士のサファイアでした。
彼女の描写を省いているのか、なぜ学生運動に参加しているのか不思議です。
彼女の思想や行動が過激派に賛同しているとは思えない。
リーダーの藤井の青臭い理想論が悲しいですね。
言論に何の根拠もなく、理想を述べるだけで、遂には暴力に走る。
青年の愚行を良く表しています。

そして最期はブラックジャックの中の人がナレーションだけに、種明かしで
 ブラックジャックになったで締めました。
クレジットもブラックジャックと書かれてました。

この作品は古き昭和を描いているので、コンクリートレボルティオと時代的に
 近い事件が描かれている。
綺麗に纏まっていたと思う。

突拍子もない髪型やヒゲなど特徴的なキャラが登場する手塚漫画。
でもキャラの見分けには便利で考えられているなと感心する。
最近のハーレムアニメなどは髪の色で識別させるキャラデが多いので、
 顔などには特徴がないのが難点だ。
スポンサーサイト



Tag:ヤング ブラック・ジャック  Trackback:0 comment:0 

ヤング ブラック・ジャック TBS(12/10)#11

第11話 無残帳 その3

山中の古堂で百樹と出会う間。
俺は両手足を失っても医療に従事する先生を誇りにさえ思っていた。
奴らは俺から全てを奪っていった。
多野から事故が仕組まれていたことを聞いた。
そして宝に真実を問い詰めた。

帝都大学病院では大剛副医院長と命尾副医院長の派閥が次期医院長の
 座を巡って争っていた。
宝や多野、鯖目は大剛派閥だったが命尾派閥が優勢になった。
大臣の手術に遅らせる策略を実行した。
出張した命尾の車に細工をさせたのだった。
しかし脳出血で倒れた命尾の代わりに百樹が担当することになった。
それがブレーキが効かない致命的な細工となり事故を起こしてしまった。
命尾は脳出血でそのまま帰らぬ人となり大剛が医院長となった。

大剛医院長を襲って右足を切断した百樹。
しかし拳銃で自身も負傷してしまう。

宝に真実を告げろと迫る間。
俺がヤツの親友だったなどと妄想だ。
宝は派閥の中で出世することを選んだ。
腕一本で人の命を救うと屈託なく笑う百樹をいつも妬んでいた。
今の医学会には派閥のルールが有る。
それを無視したあいつが悪い。
百樹の手術は間違だ、お前の思い上がりが奴を怪物にした。

負傷した百樹を治療する間、俺は捕まり死刑となるだろう。
法廷で争う気はない。
ダメです、死んではいけない、生きて下さい。

裁判で死刑を宣告されるが、留置場で義眼から逃走用の
 工具が仕込まれているのを発見する。
それを利用して脱獄する。
手術の身代わりバイトを行っている間に会いに来た百樹。
今の医学会は権威主義の巣窟で腐敗している。
それを許せない間だった。

---次回 「狂騒の季節」---

どろろの百鬼丸こと百樹丸雄のエピソードでした。
医学会の派閥争いに巻き込まれたことを知って復讐の鬼と化したのでした。
そんな彼でも死んでいけないと脱獄させた間でした。

少し駆け足なので、百樹の怒りや苦しみが足りない気はします。
どうしてあそこまで堕ちなければいけなかったのが足りないかも。
しかし十分に描かれると視聴は辛くなるでしょうね。

次回は、リボンの騎士のサファイアが登場ですね。
この作品もコンクリートレボルティオ同様に昔の作品を
 知っていれば2倍楽しめるのかも。

Tag:ヤング ブラック・ジャック  Trackback:0 comment:0 

ヤング ブラック・ジャック TBS(12/03)#10

第10話 無残帳 その2

帝都大での手術が中止になって行方不明の百樹教授。
誰かが患者に検死のときの写真を送りつけたからだった。
百樹が帰ってこないので心配した澪が研究室を訪れる。
彼女は手術の中止を知らなかった。
急いで彼を探さないといけないと焦りだす。
手術後に予定されていた結婚式が中止されていたのだった。

多能教授が1周間も行方不明で相談する宝教授と鯖目教授。
ニュースで交通事故で亡くなった運転手が身元不明だと告げていた。
車種は多能教授の車と同じ、念のため医局に保管されている歯型を持参する。
身元不明の交通事故遺体は多能教授だった。
宝教授の自宅を訪れた百樹、俺自身の交通事故について教えてくれよ。
多能教授のように教えてくれよ。

あの日、宝と多能の会話を偶然耳にした百樹だった。
彼らが患者に執刀医となる百樹の写真を送ったのだった。
それで事故の真実を問い詰めて事故となった。
その時、右腕が切断されてしまった。
宝くんには左手をもらおうか。

宝教授の自宅を訪れる間と舞子。
悲鳴を聞きつけて訪れると、宝の左腕が切断されていた。
舞子が緊急手術を行おうとする。
法律や国家や警察など関係ない、目の前の救える命を救う。
医師免許が取れなくなるのよ。
舞子の指示で行ったことにして縫合手術を行う間。
目覚めた宝は百樹が来ると心底怯えていた。

百樹の家に伝わる家宝、百鬼丸を鍛え直してもらって左手に装着した百樹。
鯖目を呼び出して左足を切断して死亡させる。
手術も終わり目覚めた宝が自供したのは帝都大の派閥間抗争だけだった。
患者に写真を送ってキャンセルさせたことだけなのに不信感を覚える間。
もっと根本的な重大なことがあるはずだ。

かつて山に篭もろうと話していたことを思い出す。
澪は場所を知っており古いお堂があると教えられる。
そこで復讐鬼と化した百樹と遭遇する間だった。

---次回 「無残帳 その3」---


百樹の手術を邪魔してキャンセルさせたことを偶然聞いてしまった。
そこから宝や多能、鯖目に不信感を覚えた百樹。
自分の交通事故も彼らに仕組まれたのではないのか。
復讐の鬼と化した百樹は百鬼丸そのものでした。
明らかに彼らが怪しいけれど、交通事故は別の要因が関与しているような気もする。
実は一人相撲だった落ちになりそうに思う。

あのお堂も、どろろを意識してますよね。
無免許医に着々と近づいている感じですね。
そしてOPの百樹とのバトルが実現しそうです。
髪を下ろした宝教授は誰かと思った。
あの独特な髪型は人物の描き分けには有効ですね。

Tag:ヤング ブラック・ジャック  Trackback:0 comment:0 

ヤング ブラック・ジャック TBS(11/26)#09

第9話 無残帳 その1

本越大学に日本の医療を牽引する帝都大学の元ホープが教授として赴任してきた。
その教授とは事故で両手両足を失って義手で生活する百鬼丸雄だった。
実は間を救った本間先生の教え子で、手術で顔見知りだった。

ある日、丸雄を追って澪が訪れる。
結婚しましょうと言ってくれるが、此処には来ないで欲しい。
丸雄の言葉を意に介さず、受け入れてくれるまで何度でも来ます。。
彼女の決意は変わらないと知り、承諾する。

澪のためにも外界として復帰したい。
新しい義足義手を考えていた丸雄。
それは肉体に電極を埋め込んで神経とも結ぶ。
より自由に手足を動かせるように考慮されていた。
この手術を出来るのは帝都大の親友で、トップの宝しかいない。
自ら赴いて手術の執刀を依頼する。
しかし手術じゃない、人体実験だ。
失敗したら意思生命にも関わると拒否される。

こうなったら自分で手術するしか無い。
そんな決意に間が手術をさせてくださいと申し出る。
二人で念入りにシミュレーションを行う。
丸雄の講義はしばらく休みが続く。

遂に手術が始まる、手術とは孤独な自分との戦いだ。
後は君に託す。
学校で検死解剖が依頼され、丸雄が担当する。
舞子は間の手術だと感づいた。
その検死が話題となり、帝都大から手術の依頼が舞い込む。
帝都大では義手の開発に関わるきっかけとなったロロと再会する。

しかし帝都大が望んだ手術ではなかった。
なんとか阻止しようと動く、鯖目教授、多野、宝。
手術がキャンセルされる、患者が怖がったと告げる多野。
もう終わりだ、医学界は閉鎖的だ。
ロロに別れの挨拶をしようと向かった丸雄は多野と宝の会話を耳にしてしまう。

怒髪天を衝く百鬼丸雄。

---次回 「無残帳 その2」---



いきなりのアバンでのネタ証、どろろの百鬼丸とどろろが登場。
ロロがどろろで、鯖目は同じ名で登場してました。
宝や多野は多宝丸からの拝借でしょう。
そしてスタッフクレジットに伴俊作を発見、中の人が富田耕生さん。
おそらくは検死解剖を依頼した刑事役なのでしょうね。
伴俊作もスターシステムでよく登場する手塚キャラですが、マスクで
 ひげが隠れていたので分からなかった。
そして中の人が大御所ですね。

どろろが白黒で放送されたのは血が飛び散る映像が生々しいと
 スポンサーからクレームが付いたかららしいですね。

さて帝都大の陰謀を知った百鬼丸雄はどうなるのか。

EDでリボンの騎士のサファイアも描かれていたので、出番があるのかな。

Tag:ヤング ブラック・ジャック  Trackback:0 comment:0 

ヤング ブラック・ジャック TBS(11/19)#08

第8話 苦痛なき革命 その2

第一次世界大戦後から帰還兵にも症状が見られたPTSD。
リーゼンバーグ教授に治療を求めてシカゴを訪れた藪とトミー。
その病院施設で偶然フラフラの間と出会う藪。
無痛症のジョニーの原因究明に明け暮れていたが何も分からなかったのだった。

しかしPTSD患者のトミーは偶然にもジョニーの知り合いだった。
同じ軍隊に所属していたが彼はベトナムには行かなかったと聞かされる。
患者は嘘をつくものだと分かっていたが、それを見抜けなかった。
マヌケな自分に腹をたてる間。
無痛症の原因はベトナムの風土病だ、今直ぐ四肢を切断すれば命に
 別条はないと嘘をついて脅す。
あっさりとベトナムに入っていないと真実を告げる。

沖縄の孤島で特殊訓練を行っていた。
それはベトナムに行く代償だった。
そこでの訓練が無痛症を発生させたと結論付ける。
それは事実で、CIA員がリーゼンバーグ教授に真実を告げる。
リーゼンバーグ教授はユダヤ人の亡命者で元はナチス党員だった。
そこで研究していた神経ガスを使った研究が沖縄の孤島で行われていた。
リーデンバーグこと、ドクターリンゲの開発した神経ガスを使って
 痛みの感じない無敵の兵隊を作ろうとしていたのだった。
しかし米国は生化学兵器の開発、所持の禁止条約にサインした。
ジョニーの存在は許されない。
CIAは日本大使館勤務の時に間の手術を知っていた。
彼の話を聞いて、医師免許を持たずに手術をする危険性を知っていた。
自分のようになってはいけないと思うのだった。
帰国直前に間のレポートを破り捨て、全てを闇に葬るのだった。

ジョニーに薬物と電気ショックで治療するリーデンバーグ教授。
その手術で自分も間もジョニーも救ったのだった。
痛みが戻って革命運動から身を引いたジョニーだった。
もう不死身の革命家などではあり得なかった、ティアラから舞子への
 手紙で知ったのだった。
しかし間には治す術が思いつかなかったことが悔しかった。

トミーのPTSDは完全回復することはなかった。
大道芸人となったトミーは七色いんこの師匠だった。

---次回 「無残帳 その1」---


主役はジョニーかと思ったら、リーデンバーグ教授でした。
彼の研究した兵器が悪用されたのでした。
ナチス党員だった彼が亡命して新たな国籍と名前を得ていた。
そんな彼だからこそ、ジョニーの治療方法も知っていたのでした。

そしてCIA員も日本大使館で間の手術を知る人だったのは偶然でしょうか。
沖縄での訓練だったから、関係があってもおかしくないのかもしれない。
そしてスターシステムで最後に登場した、七色いんこ。
彼の師匠がトミーだった。
この頃から既に患者や家族を脅す手腕は見事だったのでした。

藪さんは日本からシカゴへのフライトだったのだろうか。
飛行機の機体からフランスからかも知れない。
この頃だと1ドル360円でとてつもなく高価な飛行機代ですよね。
今の自由化された価格の数十万円程度ではなく数百万円ですよね。

Tag:ヤング ブラック・ジャック  Trackback:0 comment:0 

ヤング ブラック・ジャック TBS(11/12)#07

第7話 苦痛なき革命 その1

アメリカ・シカゴのバーミングハム大学記念病院で
 リーゼンバーグ教授の公開手術を見学する舞子と黒男。
そこで舞子は以前知り合ったティアラと再会する。

カメラマンから撮影される少年、ジョニーとは幼馴染だった。
かれは黒人解放活動家として有名だった。
レストランで好きな場所に座れるようになって4年。
キング牧師の暗殺から2年、解放活動家が暴力的になり始めていた。
そんな彼に暴力的な活動参加を求める男性が力づくで押しかけてきた。
有無おも言わさない強引な態度でティアラが負傷してしまう。

幸い命には別状もなくで治療も順調だった。
しかしジョニーも右腕を複雑骨折していた。
人員が足らずリーゼンバーグ教授が執刀する。
TVでは不死身のジョニーとして有名だったが彼は普通じゃないよね。

先天性無痛無汗症、遺伝子疾患は治せない。
彼はTVの向こうの黒人に非暴力の大切さを見せるために頑張ってきた。
ティアラは彼の身が心配で活動を辞めて欲しい。
小さい時には膝を擦りむいてよく泣いていた。
先天性ではなかった、神経が傷ついたのなら麻痺が残る。
そのどちらでもないなら治せるはず。
シカゴ滞在の3日間でオレに治させてくれ。

藪が米国人の若い男性を連れてシカゴに到着した。

---次回 「苦痛なき革命 その2」---



経験豊富で学生なのに医者よりも優秀かもしれない状態ですね。
この頃、大学卒業後にインターンとして1年研修して試験を受験する
 制度だったらしいですね。
国家試験に合格しても医者として一人で行動されるのは不安ですよね。
特に病気を発見する、診断する能力は経験に依存する場合が多いので
 ベテランに頼りたいですよね。

今回は無痛症の患者、彼の原因は何かですね。
外傷ではなさそうなので、精神的なもののようですね。

Tag:ヤング ブラック・ジャック  Trackback:0 comment:0 

ヤング ブラック・ジャック TBS(11/05)#06

第6話 ベトナムにて その3

無事に目覚めたスティーブ、しかし戦争の悪夢が蘇る。
逃げないと襲われるとの強迫観念でベッドから逃走する。
もう逃げなくても良いんだ、ボブの声でようやく現実に戻る。
引き返したスティーブだったが、地雷を踏んで命を落とす。
一緒にアメリカに帰ろうと生きていると思い込むボブ。

村の外れで負傷した少年が担ぎ込まれてきた。
フォンと同じ村に居た、鍵を渡してくれて逃してくれたアインだった。
ボブが敵を助けるなと叫ぶ。

藪が別け隔てなく村人を助けたから尊重も彼らを匿ってくれた。
軍医も目の前の怪我人を助けるだけだ。
アインは捕虜を逃した罪で制裁されたのかもしれない。

敵を助けるなとアインの治療に反対するボブ。
フォンと高柳は輸血用血液を鳥にテントに戻る。
ボブが空軍に反政府軍の基地があると空爆を要請していた。
高柳が手術中の間や藪に空爆を伝えるが、止められるわけがないだろう。
村人たちに空爆を伝えて避難させる。

弾丸が体内で暴れており、手術は困難を極める。
間も縫合を手伝う、医師免許がないことなど関係ない。
村人は無事に避難できたが空爆が始まった。
ギリギリで間に合った3人は、炎を背に患者を運んで走る。

無事に故郷に戻る間と軍医、彼はドクターキリコだった。

---次回 「苦痛なき革命 その1」---


折角助けたスティーブ、状況が分からず錯乱状態で逃走する。
でもボブの声でようやく事態が分かったが、地雷を踏んで爆死。
折角助かったのに、命を失う戦争の怖さですね。
遂にボブも耐え切れず、反政府ゲリラに憎しみをぶつけます。
対人地雷は悪魔の兵器ですからね。

捕虜だった彼らを助けてくれたフォンの知り合いのアインが
 制裁されて担ぎ込まれた。
目の前の怪我人を助けるだけ、3人の考えは同じ、医者だった。
そんな3人の連携で無事に手術は終了。
そして本編でのエピソードに登場するドクター・キリコが米軍医でした。

Tag:ヤング ブラック・ジャック  Trackback:0 comment:0 

ヤング ブラック・ジャック TBS(10/29)#05

第5話 ベトナムにて その2

南ベトナム解放戦線の捕虜となった。
米軍は民間人を攻撃したと書かれた調書にサインしろと言われる。
捕虜に対する人道的な扱いなど望むべくもなかった。

サインするようにしてやると、拷問を受ける。
現地案内人のファンまで拷問されるが戻ってくると鍵を手にしていた。

部隊は出撃したので、その隙を狙って脱出する。

日本人の医者に助けられたので、お礼にと助けられたファンが告げる。
しかしジャングルを歩いて体力を奪われ消耗していく。
遂に倒れたが、目覚めると藪の顔があった。
ファンが藪の診療所に駆け込んで助かった。

藪が心配でここまでやって来たと聞いて、涙を流す。
黒男が応急手当したスティーブの容体は予断を許さない。
しかし蛆が湧いていた傷口は綺麗に塞がっていた。
壊死した患部を取り除くと蛆の唾液の抗菌作用で逸早く治っていた。
しかし、あの場での応急措置、結索した静脈を再接合しないと
 血行障害を起こす可能性がある。
手術には、血液や人工血管、人工皮膚が必要でそんな準備はなかった。

ボブが無線機で海兵隊の医療チームに連絡をする。
3日は必要だが、一人の軍医が輸送機からパラシュートで駆けつける。
1時間で到着、手術を始める。
彼は経験豊富なのか、医療の常識にはとらわれない。
手際よく人工血管を接合して、傷口にフィルムを貼り付ける。
医療の分野でも米国は先端だと告げる。

無事に手術も終わり、お互いの技量を認め合う二人だった。

---次回 「ベトナムにて その3」---


捕虜となって、どんな展開かと思ったら案外普通に脱出できました。
ここでベトナム人の治療をすることになるのかと想像してました。
藪さんとも再会出来て、血を見ても平静で居られる程に強くなってました。
目の下の隈も消えてました。
ベトナム人を治療した藪さんのお陰で助かりました。

そして次回もベトナム編、今度は現地人が負傷するようですね。

Tag:ヤング ブラック・ジャック  Trackback:0 comment:0 

ヤング ブラック・ジャック TBS(10/22)#04

第4話 ベトナムにて その1

藪が間の手術に触発されて一からやり直したいと
 ベトナムに向かった。
しかし音信不通になってしまった。
以前助けた宗教の教祖に頼んでベトナムに渡航した。

食堂で日本人のルポライター、高柳と出会う。
彼は藪にベトナムの病院を紹介した本人だった。
しかし紹介した病院が攻撃されて大破した。
打リッドの村の診療所で働いていたが、そこも攻撃されて
 今では音信不通らしい。

そこで打リッドの村に向かう間、高柳、現地案内人のファンと
 共に米軍の輸送に同行させてもらう。
ベトナム人の攻撃で横転する輸送車。
米兵が負傷するが、助けられるかもしれない。
持参して手術道具で緊急オペを開始する。
スティーブを助け終わった時には4人は捕虜となってしまう。

---次回 「ベトナムにて その2」---


高柳の写真が元で無免許の医療行為が発覚しそうでですね。
彼も結局は有名になりたい欲望は捨てていないと思う。

ヒロポンを射っていた藪さんが更生の道を歩みだしたエピソード。
彼とは無事に会えるのだろうか。
捕虜となると、人道的な扱いがあり得なさそうな気がする。
案外、現地案内のフォンが手引していたりするのだろうか。
あまりにも美人過ぎる気がするので。

岡本舞子先輩が彼女ポジションです。
そういえば、ED映像で、手塚さんのキャラ、ヒョウタンツギも
 擬人化されて出番があるのに感動している。
スターシステムですからね。

Tag:ヤング ブラック・ジャック  Trackback:0 comment:0 

ヤング ブラック・ジャック TBS(10/15)#03

第3話 脱走兵

間の部屋を訪れて見事な手術の謎を探ろうとする岡本先輩。
水槽に魚を飼っていた、手術痕があった。
豚足でも手術の練習跡があった。

隣の部屋からうめき声が聞こえる。
お節介にも様子を尋ねる岡本舞子。
隣は高校で2年下の後輩の田村の部屋だった。
間を医学生と知って容体が悪化した人物が居るので診るだけ診て欲しいと頼む。
救急車を呼べというが、舞子が親切にも診ることにする。

凄まじい発熱で意識が混濁している。
危険な状態だから今直ぐに救急車を呼べ。
スミスとマーロンはベトナムからの脱走兵だった。
1週間前に佐世保からやって来てスェーデンに逃走する予定だった。
青山と田村は反戦活動家だった。
取り敢えず田村の実家の産婦人科にスミスを運ぶ。
脳浮腫の疑いが高いので脳圧を脊髄液で図る。

病院には行けない、お前が手術しろ。
医学生だから手術できない、それは1個人の問題だ。
もっと世界情勢を考えろ。
無免許で医療行為を行うと免許が貰えない。
反戦活動家の青山と田村は完全にエゴイストだった。
助けるのが当たり前だ、金が欲しいのか?
救急車を呼んでくる。
本部へ連絡して急遽、高飛びの準備だ。
到着すれば手術も受けられる。

お前は助けられる命を見捨てるのか?
俺もかつては見捨てられたた。
だから俺は誰も見捨てない。
肉体がバラバラに四散して無理だと言われた手術を本間先生は
 行って命を繋ぎ留めてくれた。
そんな本間先生に近づき目指す間だった。

お前は戻ってくると信じていたよ、大切なのは大義と行動だ。
それ以上喋るなと青山と田村を叱る。
水が溜まって脳を圧迫しているので、減圧開頭手術を行う。

目覚めたスミスは医学生に手術されたことを知る。
今直ぐ、CIAのマグレガーからだと言って、大使館に連絡してくれ。
大使館に収容されたスミスの手術は完璧だったと感心する医者。
念の為に間を調べた大使館員、警察に通報した。
勾留されて医者への道は完全に閉ざされたと考える。
ベトナムからの脱走兵を調べていたCIA調査員のスミスことマグレガー。

間が脱走に一切関与していないことを確認して全ての記録を
 抹消された。
何事も無く、釈放されたのだった。
どうしてあの時、手術したのかという問いかけに答えなど出なかった。
医療行為に正解など無かった。

---次回 「ベトナムにて その1」---

ベトナム戦争の時代なのですね。
兵隊は死にたくないので、脱走したり、出撃できないように
 犯罪を犯したりしたそうですね。

今回は間を止めながらも診察、医療に積極的に見えた舞子でした。
でも田村医院に移動する前に救急車を呼ぶべきですよね。
このエピソードは面白い良いエピソードでしたね。
嫌らしい程に頭の凝り固まった青山と田村。
相手に無償の行為を要求する理論のすり替え、宗教みたいでした。
パンチで殴り飛ばして怒るのかとも思いましたが、
 拳を負傷したら手術ができないですよね。

手術跡のある魚は何だか食べたくない気がする。

Tag:ヤング ブラック・ジャック  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

てぃわは

Author:てぃわは
Cocologが容量いっぱいで、こちらで継続します。
一時期Yaplogでも書いてましたが、検閲が酷いのでアニメ使用は辞めました。
もう一つ別のブログも利用してます
文責は放棄していませんが、リンクはフリーです。

検索フォーム
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
G-AF
楽天アフィリエイト
Amazon
Amazon IFrame
カテゴリ
ブログサークル更新用
日刊BLOGガイド
日刊BLOGガイド
カウンター エリア
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メモリーボード
Pingoo Memory Board
ブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
ブログ村カウント
ブログランキング
ブログランキング