FC2ブログ

相棒17 テレ朝(3/18)#20終

最終回 第20話 ディープフェイク・エクスペリメント
 
あらすじ
亘(反町隆史)は、最近、右京(水谷豊)の推理力が衰えているのではないかと、角田(山西惇)にこぼしていた。
軟禁された天礼島の事件(2019年10月9日放送「アレスの進撃」)や、重大な見落としをして「僕としたことが!」と嘆いたテロ未遂事件(2019年12月4日放送「檻の中」)などをあげつらいスランプを危惧するが、右京自身は、どこ吹く風で…。
20= (3)
そんな中、元東亜ダイナミクス社長の桂川(村上新悟)が、自宅寝室で殺害される事件が発生。背中から刺された傷が死因だったが、なぜかスマホの音声認識アプリが立ち上げられていて、『99』という謎の数字が残されていた。
20= (1)
さらに、現場のパソコンから発見された、桂川と女性の“ベッド動画”が波紋を呼ぶ。
問題の女性は、顔認証から内閣情報調査室の柾庸子(遠山景織子)と判明したものの、政府直轄組織の人間ということで、警察としても配慮せざるをえなかった。
20= (2)
事件に興味を持った右京と亘は、現場となった桂川のマンションを訪れるが、そこには青木(浅利陽介)の姿が。上層部から“特命係一派”とみなされ、捜査から外されたことに反発して、協力を思い立ったらしい。
右京は、青木から得た情報や現場の状況から、問題の映像にある疑問を抱く。
いっぽうその頃、事件と何らかの関係があると思われる内閣官房長官の鶴田(相島一之)は、懇意にしている芸者・小出茉梨(森口瑤子)から悪巧みを指摘され…。
20= (5)
翌日、伊丹(川原和久)たち捜査一課は、桂川をスポンサーとして最新の映像技術を研究していた鬼石美奈代(坂井真紀)という大学の特任教授から話を聞いていた。
20= (4)
しかし、飄々とした彼女にはぐらかされるばかりで要領を得ない。そんな中、「週刊フォトス」が桂川と柾庸子のあるスクープ映像を入手。
20= (6)
監察官の大河内(神保悟志)の指示で特命係がその動画の押収をすることとなり…。

---最終回---
 
コメディタッチで2時間を費やした意欲作?
それでは退屈になるので、大河内監察官も登場させて政治的な圧力で
捜査を封じるエピソード。
初めは杜課長が情報提供者だったが、実は彼女も内閣官房長官からの指示で
 右京の捜査をコントロールする鍵の1人だった。
そして最後には小野田公顕の名前もだして内閣官房長官が今後も
 登場できる布石を打った内容。

ディープフェイク、真実なら怖い話。
AIの進歩で色んな映像が実現可能な今日の状況を的確に描いた内容で面白い。
でも編集ソフトが自作でないとタイムスタンプや付加情報や自社コードを埋めると思うので
 その辺りも含めての内容だったのでしょう。

そして3代目の花の里はこてまり、に決定。
推理力減退を言い始めたのが神戸なら彼の出演シーンも見たかった。
それがあれば完璧だったのに。

鬼石准教授は坂井真紀さんだったとクレジットで判明。
若い頃のイメージから想像できなかった。
何と懐かしいと思った。
スポンサーサイト



テーマ : 相棒
ジャンル : テレビ・ラジオ

Tag:相棒  Trackback:4 comment:0 

相棒18 テレ朝(3/11)#19

第19話 突破口

あらすじ
与党幹事長の口利き疑惑に関与したとされる大手ゼネコン社員が社屋から転落死する事件が発生。
警視庁上層部は、現場に争った形跡があったにも関わらず自殺での事件処理を図り、権力による“口封じ殺人”を疑った右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、独自の捜査を開始。
19= (1)
第一発見者である嘱託社員の山野(中本賢)から事情を聞く。
と、事件当夜、激しい雨の中会社に忘れ物を取りに戻った際、不審な男を目撃したことを思い出したと証言し、目撃者になったことで自分も狙われるのではないかと、ひどくおびえた様子を見せる。
19= (2)
そんな中、右京が問題の会社の経理部長に揺さぶりを掛けると、刑事部長の内村(片桐竜次)から捜査の打ち切りを命じられる。
19= (3)
権力者による圧力を感じながらも、それでもひるまない右京と亘は、わずかな手掛かりから事件の真相を追うが…!?
19= (4)
---最終回 「ディープフェイク・エクスペリメント」---
 
他殺に見せかけるための遺体に偽装した疑い。
弁護士にはスタンドプレイで名誉欲の高い連城を起用。
右京さんには珍しい結末でしたね。
今までは逆で自分の職務に忠実で上からの圧力に有耶無耶にされない
 手段を講じるはずが今回は真実を明らかにするために敢えて逮捕する。
こんな搦手もありだが、今までの右京さんとは異なる気がする。
でも結果としては視聴者的には良かったのかもしれない。

次回は最終回の2時間スペシャル。
課長も登場ですね。
今回のシリーズで大河内検察官を見なかったような気がする。
一度は登場して欲しかったが、次回は?
テーマ : 相棒
ジャンル : テレビ・ラジオ

Tag:相棒  Trackback:4 comment:0 

相棒18 テレ朝(3/04)#18

第18話 薔薇と髭の間に

あらすじ
リゾート開発会社・如月リゾートが、オーベルジュ(宿泊もできるレストラン)の契約のために用意した1億円を強奪される事件が発生。
契約金の運搬を担当した如月リゾートの社員・鶴橋光太郎(細田善彦)が背後から襲われ、入院を余儀なくされた。
18= (3)
光太郎と懇意にしているゲイバーのママ・ヒロコ(深沢敦)は、旧知の仲である右京(水谷豊)を頼って、特命係に捜査を依頼してくる。
18= (2)
右京と亘(反町隆史)はヒロコと共に光太郎に事情を聞くと、契約金の運搬は急遽決まったことだったとわかる。
しかし事件現場は人通りも防犯カメラもない場所で、右京は事前に練られた計画的犯行だったのではないかと推理する。
18= (4)
1億円運搬を指示した光太郎の上司から事情を聞いていると、そこに光太郎の兄・宗一郎(夙川アトム)が押し掛けてくる。
光太郎によると、兄弟の実家は元々、旅館を経営していたが、今は如月リゾートに運営を任せているという。
18= (1)
調べてみると、旅館委譲の背景には、宗一郎が起こしたある事件が関係しているらしい。
そんな中、事件関係者の撲殺遺体が発見されて…!?

---次回 「突破口」---
 
今回も配役で分かると言えば分かるが、懐かしさで喜ばしさもある。
まあ、このストーリーで早くに犯人が自首すれば身代わりなのは分かる。
それよりも角田課長の出番があったのが良かった。
今回、青木の出番が無かったのが珍しい。
便利屋さんだったのに。
ただ角田課長が如月リゾートに捜査に入って部長を逮捕するシーンも欲しかった。
そういう意味でも脇役が活躍するシーンを増やせば良かったのにと思う。
それなら事件が平凡でも許せる視聴者も多かったのではないだろうか。

飲食店や接客業はネットの発展で儲かることもあれば逆もあるのが
 怖い世の中ですね。
テーマ : 相棒
ジャンル : テレビ・ラジオ

Tag:相棒  Trackback:3 comment:0 

相棒18 テレ朝(2/26)#17

第17話 いびつな黒真珠の女

あらすじ
郊外の空地で両手の親指が切断された女性の絞殺体が発見された。
犯行の手口から捜査一課は、これまで2人を殺害している“指切り男”が、2年ぶりに現れたと警戒を強める。
その後、遺体の喉の奥に“バロックパール”と呼ばれるいびつな形の真珠が発見され、右京(水谷豊)は不審に思う。
17- (1)
そんな中、亘(反町隆史)は弁護士の連城建彦(松尾諭)から突然、「会いたがっている人がいる」との連絡を受ける。
指定された場所は、東京拘置所。待っていたのは、“平成の毒婦”と呼ばれた未決囚の連続殺人犯・遠峰小夜子(西田尚美)だった。
17- (2)
小夜子といえば、かつて刑務所にいながら人身を操り、右京さえ翻弄した危険な存在。
亘は最大限の警戒をしながら相対するが、彼女が口にしたのは、思ってもみないことだった。
相貌認識能力に長けている小夜子は、知人の中に、女性の指に異常な執着を持つ男がいたこと、さらに亘の大切な人が行方不明になる夢を見たと言い、ここで話したことは右京に内緒という条件をつける。
17- (3)
亘は、以前、事件を通じて知り合ったキッチンカーの店主・新崎芽依(朝倉あき)から久々にメールが来たものの、その後、連絡が途絶えてしまった件に、小夜子がかかわっているのではないかと嫌な予感を覚えたが、はぐらかされるばかり。
17- (4)
その頃、右京は指切り男の事件を調べ続け、周辺に真珠に繋がる話がいくつも出てくることに、何か理由があるのではないかと推理し…。

---次回 「薔薇と髭の間に」---
 
拘置所に居ながらにして人を操る魔性の女。
今回の事件が可能なのだろうか?
かなりの切れ者が手伝わないと無理な気がするが、可能だとしたら。
そこまですることの意味が単なる愉快犯にしては異常に思える。
他人を不幸にすることしか楽しみがない切れる人間。
そんな人物像なのでしょうが、面白いかと言われると微妙。
後半は彼女の残したヒントをたどっての監禁場所探し。
あの場所に監禁した人間くらいは見つけられそうですが…。
防犯カメラもない人通りのない場所だから見つからないのでしょうね。

右京さんの「はい」が気になった。
テーマ : 相棒
ジャンル : テレビ・ラジオ

Tag:相棒  Trackback:4 comment:0 

相棒18 テレ朝(2/19)#16

第16話 けむり~陣川警部補の有給休暇

あらすじ
ケアハウスの理事長が殺害され、現場の痕跡から“けむり”と呼ばれる連続窃盗犯の関与が浮上。
けむりは、たばこの吸い殻以外、現場に何の痕跡も残さず、煙のごとく姿を消す窃盗犯。
警察が20年以上追っても、いまだ捕まえることができない伝説的な存在として知られている。
16= (1)
経済事件を担当する捜査二課の刑事になった陣川(原田龍二)も、以前からけむりを調べていた。
ただ、今回の“強盗殺人”には違和感を覚えているらしく、右京(水谷豊)や亘(反町隆史)と一緒に捜査がしたいと、特命係に押し掛けてくる。
陣川いわく、けむりが狙うのは、あくどい稼ぎをしている闇金や反社の事務所だけで、殺人を犯したのには何か深い理由があるはずだという。
16= (2)
その夜、右京と亘は、決起集会という名目で陣川行きつけの“あおびょうたん”という居酒屋に連れて行かれる。
陣川の惚れっぽさは相変わらずなようで、理沙(飛鳥凛)という店の従業員を、運命の人と信じ込んでいるらしい。
16= (3)
そのはしゃぎぶりは、重蔵(小倉一郎)という店の常連客を、そそくさと引き揚げさせるほど。
そんな中、けむりの犯行と思われる、新たな窃盗事件が発生し…!?
16= (4)
---次回 「いびつな真珠の女」---
 
事件自体は派手さのないある種、地味でしたが、序盤に犯人が
 検挙されるので、ミスリードだと分かる。
そこで誰が真犯人かと捜査する右京さん。
各自が適切に出番があって良い感じのエピソードにまとまっていましたね。
最近、イマイチな内容が多かっただけに久しぶりのヒットな内容。
ちょっと推理が上手く進展しすぎだが内容的にはこれくらい盛り込まないと
 面白くならないのかもしれない。

最後の居酒屋のシーンが完全に花の里だったが、今までと間取りが変わったとも思ってしまう。
さて、あおびょうたんは花の里になるのだろうか?

テーマ : 相棒
ジャンル : テレビ・ラジオ

Tag:相棒  Trackback:4 comment:0 

相棒18 テレ朝(2/05)#15

第15話 善悪の彼岸~深淵
 
あらすじ
再来日した南井(伊武雅刀)の行動を注視していた右京(水谷豊)は、東京・山手線沿線で相次いで起きている殺人事件が、かつてロンドンの地下鉄で発生した“逆五芒星事件”と呼ばれる連続殺人と多くの類似点があることに気づく。
15= (1)
そんな中、品川で警邏中の巡査が射殺される事件が発生。
15= (2)
それもロンドンの事件の状況と酷似していたため、右京と亘(反町隆史)は、南井が逆五芒星事件をなぞっているのではないかと考える。
15= (3)
原宿の転落死、日暮里の絞殺、品川の射殺に続く“第四の事件”は、何としても防がなければならない。右京は、ロンドンの事件の場所と被害者を照らし合わせ、池袋近辺にある大学の女性学長が次のターゲットではないかと推理。
警察は、右京の進言に従って、女性学長の警護にあたるが…!?
15= (4)
 そして、南井の最終的なターゲットが右京の現相棒である亘ではないかと推測した右京はある行動に出て…?

---次回 「けむり」---
 
犯人は決まっているので、その動機だけが気がかりな内容。
最初は正義感の為せる業だったのかもしれないが、今回は病から。
それも老いの病。
それで殺人を重ねるられるのか納得はできない。

うーん、なんだかなぁ。
色々と感情豊かな右京さんでしたが空回り感がある。
そして正義は暴走する右京さんが老いの病なら仕方ない的な発言は残念。
どんな事があっても法は守る、嘘は許さない筈なのに。
相棒は長時間スペシャルに成れば脚本をこねくり回して色んな物を付け加える。
結果として残念になる場合が多い。
今回もこんなロンドンでの元相棒なんて設定なんて必要なかったのに。
日本から来たシャーロック・ホームズと言わせたかっただけでこそばゆい。
そんなセリフは言わせて欲しくなかった。

再来週は陣内くんの再登場。
犯罪起こして左遷されたはずですが、退職じゃないのが不思議。
テーマ : 相棒
ジャンル : テレビ・ラジオ

Tag:相棒  Trackback:3 comment:0 

相棒18 テレ朝(1/29)#14

第14話 絶膜の彼岸~ピエタ

あらすじ
原宿で身元不明の変死体が見つかり、伊丹(川原和久)たちが捜査に乗り出すが、その後、事故と断定される。
そんな中、スコットランドヤード時代の右京(水谷豊)の相棒で、犯罪者に私刑を下している疑惑がある南井(伊武雅刀)が、特命係に現れる。
14= (1)
この2年、南井が連続殺人や犯人の自殺に関与していることを疑いながら、証拠をつかめずにいた右京は、今度こそ逮捕しようと周辺を調べ始める。
すると南井は、自身のルーツともいうべき場所をめぐっていることが分かるが、目的は見当がつかない。
14= (3)
いっぽう亘(反町隆史)は、南井と共に来日したと思われるマリア(石田ニコル)という女性と接触。
14= (2)
今回は、彼女が南井に操られて罪を犯すのではないかと危機感を募らせる。そんな矢先、都内の下町で、女性の絞殺死体が発見される。
14= (4)
右京は、原宿の変死体とその絞殺死体には、ある共通点が存在することに気づくが…!?

---次回 「善悪の彼岸~深淵」---
 
なんだか過去の出来事を引っ張り出して壮大なる犯罪が行われる序章らしい。
そこまで人が時間をかけて行う必要がある事件なんてあり得るのだろうか?
それ程に思い詰めることがあるのだろうか?
そう思わせる事件ですね。

何と言うか趣味のような事件に思える。
犯人を逮捕できなかったことが悔しい?
執念を描くのだろうが、少し狂気さが足りない気もするが
 心に秘めた思いが強いのだろうか?

テーマ : 相棒
ジャンル : テレビ・ラジオ

Tag:相棒  Trackback:3 comment:0 

相棒18 テレ朝(1/22)#13

第13話 神の声

あらすじ
右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、遺留品の返却で奥多摩の山村を訪れる。
そこで出会った駐在の草野(粕谷吉洋)や移動スーパーを営む琴江(松居直美)によると、村にはいまだ山岳信仰が残っていて、その日も山は禁足地になっているらしい。
13= (2)
ところが、誰も立ち入っていないはずの山中で、変死体が発見される。
被害者は以前、役場に勤めていた初老の男性で、山中の地面に磔にされていた。
13= (3)
伊丹(川原和久)たちが捜査に乗り出す中、右京と亘は気になる噂を耳にする。
3年前、若い女性を狙った連続殺人事件の容疑者として世間の耳目を集めた“橋沼”という男が、村に戻ってきたのではないかというのだ。
13= (4)
草野によると、3年前の事件の真犯人は逮捕され、橋沼の無実は確定しているのだが、半年ほど前、村の若い女性が行方不明になった直後、橋沼も姿を消すという出来事があったという。
今回の被害者は、厄介者の橋沼を村から追い出そうとしていた一派の中心人物だったため、橋沼が復讐に戻ったのではないかと村民たちが恐れているらしい。
13= (1)
そんな中、山中で磔にされていた男性の死因が“溺死”であることが判明して…!?

---次回 「善悪の彼岸~ピエタ」---
 
横溝正史の世界でした。
村人が橋沼を殺害に及ぶ動機が薄いと思う。
そしてゲストで犯人が分かる作風は相変わらず。
まあ、それは良いとして女性が男性を縛って動けなくしたのは薬でも使ったのでしょうか?
その辺りのケアが無いのは残念。
沼で溺死させられたので同じ様に溺死させたかった。
それにドローンを使った殺人ですか。
面白いがだからどうした的な演出でしたね。
最後は力づくの溺死とか凄い怪力な女性でした。
その殺人方法の拘りは捨てて描くほうが良かったと思う。

テーマ : 相棒
ジャンル : テレビ・ラジオ

Tag:相棒  Trackback:3 comment:0 

相棒18 テレ朝(1/15)#12

第12話 青木年男の受難
 
あらすじ
サイバーセキュリティ対策本部の土師太(松嶋亮太)が、青木(浅利陽介)に頼まれたと言って、右京(水谷豊)に本を返しに来た。
12= (3)
貸した覚えのない右京は事情を探ると、青木が無断欠勤している上、外部から警視庁のデータベースにアクセスしていることが判明。
12= (1)
昨年、神田北署の管轄で起きた事件を調べていることが分かる。不穏な空気を感じ取った右京と亘(反町隆史)は、刑事部長の内村(片桐竜次)に青木が拉致された可能性を報告。
12= (2)
捜査一課の伊丹(川原和久)、芹沢(山中崇史)も加わり、内密な青木の捜索が開始される。
捜していることが犯人に漏れないようにしつつ、まずは犯人の目的を知るべく神田北署を訪れる右京と亘。
12= (4)
目的を告げずに昨年の「なにか」の資料を探す特命係を不審に思った刑事課の係長・後藤(津村知与支)は、赴任したばかりの若手刑事・木村(中村優一)に、右京たちを見張るよう指示を出す。
そんな中、青木がアクセスを試みているのが、暴力団幹部が刺傷を負った事件だと判明し…。
 
---次回 「神の声」---
 
気になったのは青木を誘拐できたこと。
警察関係のサイバーセキュリティ防犯化なのにリモートで
 内部サーバーにログインできること。
それが一番危ないと思うのだが、色んな場合を想定して外部からログイン可能なのだろうか?
一番安全なセキュリティは外部からログインできなくすることだと思うけれど。

生真面目な若手刑事の暴走。
しかし若者を誘拐犯に仕立て上げてしまった。
それは大きな問題ですよね。
冤罪かもしれない事件の加害者の家族。
就職できなくなるなど、悲しい現実ですね。
それならいっそ、冤罪の可能性を追求しようと思ったのかもしれない。
そしてキャリアに頭の上がらない現場の係長。
それでも声を大きく真実を追求していれば若手刑事も別の頑張り方を行った。
悲しい結末でした。
ただ青木を誘拐するのではなくて他の描き方は出来なかったのだろうか?

テーマ : 相棒
ジャンル : テレビ・ラジオ

Tag:相棒  Trackback:3 comment:0 

相棒18 テレ朝(1/01)#11

元日スペシャル 第11話 ブラックアウト
 
あらすじ
年の瀬。右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、山奥のゴルフコースで開かれる警視庁主催の親睦ゴルフコンペに、“準備係”として駆り出される。
11= (1)11= (2)
コンペには、副総監の衣笠(杉本哲太)をはじめとする警視庁上層部のほか、警察庁OBの蓮見恭一郎(長谷川初範)や、その息子で組織犯罪対策3課の係長・蓮見誠司(浅香航大)らが参加していた。
11= (3)11= (4)
コンペ終了後、参加者たちがそれぞれ帰路につこうとした矢先、ゴルフ場の地下駐車場で大爆発が発生!
出入り口が完全に塞がり、居合わせた人間が、地下空間に閉じ込められてしまう。
さらに、爆発に巻き込まれたと思われた“被害者”の一人が突如、持っていた拳銃を発砲!!
男は、暴力団の構成員で、その場にいた人々を人質に、「収監されている会長と7人の組員を釈放しろ!」という要求を突きつけてくる。
11= (5)
人質になったのは、右京と恭一郎のほか、恭一郎の秘書を務める雨宮紗耶香(瀧本美織)ら計8人。
男は、この時点ですでに、指示に従わなかった人質の一人を射殺しており、状況は切迫していた。
いっぽう、地上では、亘をはじめ警視庁の面々が、人質救出に向けて動き始めていた。
そんな中、地下に閉じ込められている人数と人質の人数が合わないという、不可解な状況が判明。
人質の中に犯人の仲間がいるのではないかという疑惑が浮上してくる。
11= (6)
そうこうするうち、右京は今回の一件と、5年前に起きたある事故の符合に気づき…!?

---次回 「青木年男の受難」---
 
入江の逃亡を助けたのは秘書の雨宮?
息子に入江の居場所を教えた雨宮、警備会社のカメラをオフにした。
その辺りの知識があるということ?
それよりも、父親の会社の人間と息子を鉢合わせにする程度にすれば良かった。
彼氏の死の真実を知るために父親の会社に入社も少し間接的過ぎる。
要は彼女の存在は良いけれど、行動し過ぎで、入江や息子に情報を流す程度で良かった。
銃を持たす必要もなかった

息子も正当防衛に偽装されて罪の意識がないのが不思議。
それでも父の会社の重役に強い口調で責めるのは納得しづらい。
その正義感があるなら偽装で苦しんだ様子が合っても良い気がする。
それよりもクズ描写で当たり散らしていただけとかも良いのに。

配役でどうして入江が最初に亡くなるのかと思ったら嘘でした。
ヤクザと示し合わせていたのでしょうが右京さんの目を誤魔化せたの?
彼の存在は悪くないが、色々と不思議演出が気になった。

地下駐車場から開放された人には各自のペアが存在したのは面白い。
刑事部長には中園参事官、右京さんには冠城でしたね。
テーマ : 相棒
ジャンル : テレビ・ラジオ

Tag:相棒  Trackback:4 comment:0 

プロフィール

てぃわは

Author:てぃわは
Cocologが容量いっぱいで、こちらで継続します。
一時期Yaplogでも書いてましたが、検閲が酷いのでアニメ使用は辞めました。
もう一つ別のブログも利用してます
文責は放棄していませんが、リンクはフリーです。

検索フォーム
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
G-AF
Amazon
Amazon IFrame
カテゴリ
楽天アフィリエイト
VISA
VISA Invitation
https://www.smbc-card.com/olentry/affiliate/online_entry.do?bno=03400398911
ブログサークル更新用
日刊BLOGガイド
日刊BLOGガイド
最新トラックバック
カウンター エリア
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メモリーボード
Pingoo Memory Board
ブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
ブログ村カウント
ブログランキング
ブログランキング