fc2ブログ

相棒22 テレ朝(2/14)#16

第16話 子ほめ
 
あらすじ
右京(水谷豊)は、薫(寺脇康文)と連れ立って、橘亭青楽(小宮孝泰)の落語会を訪れる。
青楽は、薫が特命係に配属された当初、元アイドルの妻・美奈子(大西結花)を脅迫していた男を殺害した罪で服役していた人物。
16= (3)2
出所後、落語界に戻り、世話になった右京たちを復帰公演に招いたのだった。
ところが、その舞台の直前、青楽がどういうわけか姿を消し、そのまま行方不明になってしまう。
そんな中、都内のバーでマスターが刺殺される事件が発生。現場には、青楽の物と思われる手ぬぐいが落ちていた。
16= (4)4
調べると、被害者は元受刑者で、刑務所で青楽から落語を教わっていたという事実が判明する。
青楽が何かしらの事件に巻き込まれていると察した右京と薫は、独自の捜査を開始。
青楽から特に熱心に稽古をつけてもらっていたという受刑者・根津(菅田俊)から事情を聞く。
しかし、根津は何かを隠しているようで、多くを語ろうとしなかった。

ーーー次回 「インビジブル」ーーー
 
落語家・青楽を隠していた場所が控室の奥とか有り得ない。
もう少し、別の工事現場とか、ポンプ室でも良かったのに。
一時的に、あそこに隠してから運んだことにすればOKなのに。
今回はゲストのスケバン刑事・風間三姉妹、仮面ライダーZXの演者が懐かしい。
内容としては、色々と事件を点で繋いだ感じで必然性があるようには思えない。

スポンサーサイト



テーマ : 相棒
ジャンル : テレビ・ラジオ

Tag:相棒  Trackback:2 comment:0 

相棒22 テレ朝(2/07)#15

第15話 マッターホルンの殺人
 
あらすじ
サイバーセキュリティ対策本部の土師(松嶋亮太)が、特命係に奇妙な動画を持ち込んでくる。
土師いわく、スイスの高山・マッターホルンの山中で“完全犯罪”が行われた証拠映像だという。
動画には、「善ちゃん」と名乗る配信者が何者かに襲われ、テント内で息絶える姿が映し出されていた。
15= (4)2
現場がスイスでは完全に管轄外だが、興味を持った右京(水谷豊)は、薫(寺脇康文)とともに独自の捜査を開始する。
さっそく、映像から「善ちゃん」が何者かつきとめた右京は、勤め先の芸能プロを訪問。
善ちゃんこと善家光明(加治将樹)は、「夢を追う若者を支える仕事に就きたい」と社長に直談判し、6年前から同社で働いていたと分かる。
その事務所では現在、ジュニアアイドルグループを売り出し中で、善家はメンバーからも同僚からも慕われていたという。
15= (2)2
ただ、なぜ急に登山に熱を入れ始めたのかは判然としなかった。
そんな中、善家には意外な過去があり、その過去をめぐって一人の少年と深い繋がりがあることが明らかになってくる。
 
ーーー次回 「子ほめ」ーーー
 
発端は今どきのネット配信から。
事件なのかは不明ですが、特命には丁度良い謎。
二人の子供の将来を憂いた不器用な大人の奮闘記?
それにしてもマッターホルンを再現?
殺人ではない事件も良いものだと思う。
右京さんが将棋も強かったらどうかと思ったがチェスでやり返したのは安心。
なんでも出来てスーパーマンだと面白くない。
テーマ : 相棒
ジャンル : テレビ・ラジオ

Tag:相棒  Trackback:3 comment:0 

相棒22 テレ朝(1/31)#14

第14話 亀裂
 
あらすじ
ある休日。右京(水谷豊)は、著名な美術コレクター・道明寺(小林隆)とチェス喫茶で一局交え、その策士ぶりに舌を巻く。
14= (2)2
いっぽう、薫(寺脇康文)は美和子(鈴木砂羽)と共に、陶芸教室に参加。
講師は“アート界の若きエース”と評される女性芸術家で、図らずも道明寺がかつて支援した人物だった。
032_20240202112547ad7.jpg
そんな中、道明寺のコレクションルームで男性の遺体が発見され、美術品がすべて持ち去られる事件が発生。
警察は、ここ1か月で2件発生している、美術品強盗グループの仕業とみていたが、右京はこれまでの手口と違う点があることを指摘する。
しかし、その後すぐ、遺体の男性が、マークしていた強盗グループの一員であることが判明。
それでも独自の捜査を続行。
すると、道明寺に強い恨みを持つ人物が浮上し、意外な事実が明らかになっていく。
 
ーーー次回 「マッターホルンの殺人」ーーー
 
今回は趣味のお話。
それにしても右京さんは多趣味。
チェスから始まって、絵画などの芸術にも詳しい。
事件は登場人物も少なく、早々に犯人を提示。
動機や目的に焦点を当てさせる。
お気に入りの水墨画を事前に移動させていたから犯人がとリードする。
それで芸術家のパトロンは手許に置いておきたい。
そこを描くのが分かりづらいし、納得もし辛い。
だからこその自供だったのでしょうが、犯罪の枠組みは面白い。
でも若い芸術家を手元に置きたいからとか、無理筋な気がする。
テーマ : 相棒
ジャンル : テレビ・ラジオ

Tag:相棒  Trackback:1 comment:0 

相棒22 テレ朝(1/24)#13

第13話 恋文
 
あらすじ
匿名で5通もの“ラブレター”を受け取った美和子(鈴木砂羽)は、色めき立って、右京(水谷豊)に差出人の割り出しを依頼する。
その様子を横目で見ていた薫(寺脇康文)は、不機嫌モード。
そんな中、伊丹(川原和久)と偶然、路地裏で出くわした薫は、喉を切られて死んでいる男性を発見。
044_202401261828599bd.jpg
その手には、“亀山美和子様”と書かれた封筒が握られていた。
被害者は、美和子が行きつけにしているカフェの店員で、封筒の中身は持ち去られていた。
捜査に乗り出した右京は、被害者が戸倉充(モト冬樹)という画家の絵画展のチケットを所持していたことに着目。
戸倉は12年前に失踪した妻の捜索を求め、地元警察署の前で座り込みを続けているいわく付きの人物だった。
023.jpg
所轄の刑事によると、戸倉の妻は失踪直前、「男に襲われていた」との目撃証言があり、戸倉のパトロンが容疑者として浮上したものの、問題の男は暴力団同士の抗争に巻き込まれて死亡したという。
いきさつを知った右京と薫は、戸倉のもとを訪れ、直接事情を訊ねるが…!?
 
ーーー次回 「亀裂」ーーー
 
戸倉祥子が絵画にメッセージを残したことは理解し難い。
それに気づいた被害者の行動までが、無理を感じる。
散々、手首に躊躇い傷を残した妻が最後に自死を成功させたのも納得できない。
そこは夫が手伝ったとかがあれば良かった。
全体的には上手い流れだが、なにか絵画を扱いたい演出に違和感。
なんか勿体ない気がする。
テーマ : 相棒
ジャンル : テレビ・ラジオ

Tag:相棒  Trackback:3 comment:0 

相棒22 テレ朝(1/17)#12

第12話 惡の華
 
あらすじ
都内のうらぶれた地下道で、頭部を負傷した男性の遺体が発見された。
警察は、何者かと揉み合って階段から転落したと見て捜査を始める。
被害者は、フランチャイズ弁当店の店長。残されていた手帳には、本社の社員から受けていたと思われるパワハラの実態が生々しく書き記されていた。
12= (1)2
捜査一課は、その店を担当していた内田(前原滉)という本社の社員から話を聞くが、実際に指導していたのはチーフ社員だとかわされる。
いっぽう、独自の捜査に乗り出した右京(水谷豊)は、被害者が磨かれたようにキレイな硬貨ばかりを所持していたことに注目し、薫(寺脇康文)と共に被害者宅を訪れる。
妻や近隣住民に聞き込むと、1年前に近所でホームレス殺害事件が起こり、今も未解決であることが判明。
ホームレス同士が金で揉め、周囲に小銭が散らばっていたという状況から、右京はある推論を立てる。
12= (2)2
さらに、事件を調べるうち、『ワイアット』『非凡人』『食物連鎖』といった謎の言葉が浮上し…!?
 
ーーー次回 「恋文」ーーー
 
人心掌握の天才が犯罪者を生み出してコントロールした。
そんな犯人を描くためには尺が足りない気がする。
最初の事件からの流れは全て右京さんの推論。
そこに事実の裏付けが欲しい。
色々と無理のある展開に思えた。

テーマ : 相棒
ジャンル : テレビ・ラジオ

Tag:相棒  Trackback:3 comment:0 

相棒22 テレ朝(1/10)#11

第11話 その頬に触れるな
 
あらすじ
化学メーカーの研究員が、猛毒の神経ガスで殺害される事件が発生。
右京(水谷豊)と薫(寺脇康文)は、下足痕の捜査に駆り出される。
そのさなか、道端に人気キャラクター“ほっぺ丸”のぬいぐるみが、不自然に落ちているのを発見した2人は、事件性の有無を確認するため、持ち主を捜索することに。
結果、小学生の男の子を持つ丹生初音(映美くらら)というシングルマザーに行き着くが、様子がおかしい。
052_20240113121406cdd.jpg
何者かに脅されていることを察知した右京と薫は、誘拐事件を疑い、手分けして捜査を開始。
初音の勤務先である玩具メーカーを訪れた右京は、ほっぺ丸をめぐる意外な裏事情を知る。
いっぽう薫は、何者かの指示を受けていると思われる初音を尾行。
動向を注視するが、やがて、ほっぺ丸のぬいぐるみを使って、神経ガスがバラまかれる危険性が浮上し、体を張ってテロを阻止しようとするが…!? 
022_20240113121410624.jpg
そのころ右京は、初音が務める玩具メーカーと深い因縁がある持永登紀子(山下容莉枝)という女性の、不穏な動きを捉えていた。
 
ーーー次回 「惡の種」ーーー
 
上手く内容を詰め込んだ感じですね。
初見で相手が脅されているかも?
そんなことに気付く右京さんが凄い。
逆恨みで犯行の実行だとは分かるが、原因となる犯人は別に居た。
と言うか、会社の対応がおかしいので、変だとは気づきますね。
内容的に気づかせないためのブーツ男?
色んな要素で煙に巻いた感じです。

今回は右京さんが捜査一課を指示する理想的な展開。
人海戦術や、ピンポイントの出没などはお約束。
ただ犯人の目的となったキャラの貶めがちょっと厳しいかな?
それが無い方が現実的で楽しめたが、捜査の時間が必要なので
 無理やり変な行動をさせたのかな?
テーマ : 相棒
ジャンル : テレビ・ラジオ

Tag:相棒  Trackback:2 comment:0 

相棒22 テレ朝(1/01)#10

第10話 サイレント・タトゥ
 
あらすじ
甲斐享(成宮寛貴)と笛吹悦子(真飛聖)の息子・結平(森優理斗)が、学芸会の演劇で主演を務めることになり、祖父の甲斐峯秋(石坂浩二)は早々に会場入りし、開幕を待っていた。
学芸会といっても立派なホールを借り切っての催しで、峯秋は孫の晴れ舞台に、社美彌子(仲間由紀恵)とその娘・マリア(土方エミリ)も招いていた。
10= (4)2
同じ会場に、右京(水谷豊)、薫(寺脇康文)、美和子(鈴木砂羽)の姿もあった。
右京は、享の逮捕後も悦子とその息子を気に掛け、交流を続けていたのだった。
また、峯秋の長男で享の兄の甲斐秋徳(新納慎也)は、結平の父親代わりを務めており、この日も保護者として、悦子とともに舞台袖で結平を見守っていた。
10= (2)2
そんな中、結平の担任・姉小路(福澤重文)が、悦子に声を掛けてくる。
その言動には、単なる“担任教師”にそぐわない不穏な空気をはらんでいた。そうこうするうち幕が開くが、その最中、なぜか出演予定のない姉小路が、フラフラとステージに現れ、舞台上で卒倒する。
背中には、深々と刃物が突き刺さっていた。騒然となる会場。右京と薫は、緊急事態を察し、即座に動き出す。
10= (3)4
と、意外なほどあっさり、容疑者が浮上した。
姉小路は異性にだらしなく、同僚教師だった栗原志津子(美村里江)との婚約を一方的に破棄した過去があった。
そのいきさつは非道なもので、志津子が姉小路に強い恨みを持つのも無理からぬことだった。
いっぽう、志津子のかたわらには、黒須(阿佐辰美)という若者がいて、彼女から何らかの指示を受けている様子が垣間見られた。
この時点で、事件のあらましは判明したかに思われたが、やがて志津子が、姉小路からアプローチを受けていた悦子に対して、異常な執着を持っていることが分かってくる。

ーーー次回 「」ーーー
 
途中までは面白かった。
スパイ容疑で拘束されるまでは。
そこからは、裏手段的な強奪じゃなくて、国家権力で救出で良かったのに。
なんだろう、政治取引で解決するほうが現実的だし納得できる。
相手が軍隊ならば、警官でも脱出は厳しいと思う。
ハイテク機器で監視カメラを全てダウンさせる兵器でも使わないと現実味がない。

内村刑事部長を利用して衣笠副総監に取り入ろうとする三田園惨事官の悪い顔が素晴らしかった。
それに今回の犯人、栗原志津子役の役者さんも魅力的だった。
日本領事館長の声が津田社長でした。
声だけじゃなくて役者として登場して欲しかった。

テーマ : 相棒
ジャンル : テレビ・ラジオ

Tag:相棒  Trackback:3 comment:0 

相棒22 テレ朝(12/20)#09

第9話 男の花道
 
あらすじ
弓生(赤ペン瀧川)という青年実業家が、闇金トラブルでヤクザと揉め、組の№2を絞め殺す事件が発生。
022_2023122118112014f.jpg
問題の組は、武闘派として知られる広域指定暴力団『扶桑武蔵桜』。
その組長である桑田圓丈(大石吾朗)は、正義に目覚める前の内村(片桐竜次)と昵懇の仲にあり、特命係とも浅からぬ因縁を持つ人物。
警察は弓生への報復を警戒し、実際、組の若い衆は暴発寸前だったが、トップである桑田はなぜか静観を決め込んでいた。
そんな中、検察は弓生の正当防衛を認め、無罪放免を申し渡す。
結果、弓生は警察の保護下から離れることに。それを知った内村は、右京(水谷豊)と薫(寺脇康文)に、弓生の身辺警護を指示。
042_20231221181124448.jpg
ボディーガードとして弓生に張り付くことになった右京と薫だったが、その矢先、桑田の子分から思い掛けない提案がもたらされる。

ーーー次回 「サイレント・タトゥ」ーーー
 
内村部長は頭を痛打して良い人から昔の頑固おやじに戻った?
やりたいことやろう、と走馬灯を見た?
やはり、良い人では存在感がない?
色々と気になったのは内村部長でした。
事件は、まあ、こんなものでしょう。
組対2課?の部長、応援?は今後も出番あるのだろうか?
武蔵桜組長役の大石吾朗さん、といえばコッキーポップを思い出します。
テーマ : 相棒
ジャンル : テレビ・ラジオ

Tag:相棒  Trackback:3 comment:0 

相棒22 テレ朝(12/13)#08

第8話 センチメンタル・ジャーニー
 
あらすじ
角田(山西惇)が、旅行の日程をめぐって妻とぶつかり、離婚騒動にまで発展しているらしい。
右京(水谷豊)と薫(寺脇康文)は愚痴に付き合うが、当の角田は「一人旅にでも出ようか」などと言って、すっかり頑なになっていた。
8= (3)2
ところが数日後、“一人旅”に出たのは、なぜか右京だった。
北に向かう高速バスに乗り込み、隣席の老婦人からそれとなく情報を引き出していく。
やがて右京は、尾上絹(中尾ミエ)と名乗ったその老婦人について、犯歴の照会を角田に依頼。
右京の単独捜査には、何やらのっぴきならない理由があるようだ。
8= (2)3
いっぽう、別行動の薫(寺脇康文)は、都内の工場街で不審車両を追跡していた。
どうやら、犯罪者グループに拉致された女性を救出するべく、動いているようだが……!?

ーーー次回「男の花道」ーーー
 
不思議なバス旅から始まる。
二人が事件捜査で外出。
留守を守る組対2課長が連絡役と調査。
このファミリー感が良いですね。
落ちは孫ではなく振り込め詐欺犯で、身内に化けて演技するのはお手の物。
なんとも悲しい犯人だが、詐欺師を騙す詐欺師。
そんな皮肉なストーリー。
でも、亀山刑事があの誘拐犯を直ぐに追い詰めたのはどうしてでしょうね。
地道な聴き込み捜査のお陰?
テーマ : 相棒
ジャンル : テレビ・ラジオ

Tag:相棒  Trackback:3 comment:0 

相棒22 テレ朝(11/29)#07

第7話 青春の光と影
 
あらすじ
再結成が決まった4人組ロックバンド『ディープクルー』のボーカル・矢崎(金子昇)が、路地裏で亡くなっているのが発見された。
警察は、酔っぱらい同士のケンカによる傷害致死とみて、捜査を始める。
と、矢崎の妻は元アイドルで、今も時々テレビに出ているタレントだが、別居して2年になり、離婚話が進んでいたと分かる。
025.jpg
事件に興味を持った右京(水谷豊)と薫(寺脇康文)は、所属事務所を訪問。
バンドメンバーや事務所の社長、マネージャーたちから話を聞く。
すると、全員に確かなアリバイが無い上、気になる話も聞こえてくる。
矢崎は唯我独尊の人物で、22年前の解散も、今回の再結成も、一人で勝手に決めたらしい。
最近も練習をめぐってメンバーと衝突。また、女性メンバーの一人は当時、矢崎と交際していたが、一方的に捨てられらしく、顔には最近できたと思われる痣が。
さらに、メンバーが昔作った曲を矢崎が盗用したという話や、事務所の社長から多額の借金をしていたという噂も。
044.jpg
すなわち、殺害の動機は、すべての関係者にあった。

ーーー次回 「センチメンタル・ジャーニー」ーーー
 
相棒では珍しい、被害者が良い人。
サブタイトルが結構、言い得て妙。
内容的には、目新しさは何もない。
でもストーリーとしては甘酸っぱい。
喧嘩も多いけれど、仲間だから。
そんなエピソードでした。
いつも、斬新で画期的な内容ばかりは難しい。
なので、目新しさを追いかけた無理やりなストーリーよりも、
 古臭くてもオーソドックスな内容も良いものかも。

テーマ : 相棒
ジャンル : テレビ・ラジオ

Tag:相棒  Trackback:2 comment:0 

プロフィール

てぃわは

Author:てぃわは
Cocologが容量いっぱいで、こちらで継続します。
アニメやドラマの感想がメインです。
もう一つ別のブログも利用してます
文責は放棄していませんが、リンクはフリーです。

検索フォーム
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
G-AF
Amazon
Amazon IFrame
カテゴリ
月別アーカイブ
楽天アフィリエイト
最新トラックバック
ブログサークル更新用
カウンター エリア
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メモリーボード
Pingoo Memory Board
ブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
ブログ村カウント
ブログランキング
ブログランキング