FC2ブログ

アクエリオンロゴス TokyoMX(12/24)#26終

最終回 第26話 終わらない!アクエリオンロゴス

陽と総の戦いは終わらない。
ベクター機に搭乗して戦い始める。

その戦闘を応援するが外部音声遮断する陽、要らない。
舞亜が戻って二人の説明をする、バカなんじゃないの。

二人の戦いを世界中の人が眺めていた。
文字に依る実体化の影響は止められる。
そして人々はこの状況を伝える、文字が必要だった。
これこそが剣崎荘厳が求めた世界。

お互いにロゴスワールドの礎となることに執着する。
ベクター機が破損しても終わらない。

再び殴りあう二人。
遂に陽が立ち上がってアクエリオンを合体させる。
陽は私の救世主になって救ってくれるんじゃなかったのか。

怯んだ隙に総がアクエリオンを合体させてロゴスワールドを構築する。
世界も舞亜も俺が救った、俺の勝ちだ。
そうだ、お前は救世主だ。

桜子がネスタの新社長となりケントが秘書を務める。
文字が人を幸せにすることを証明したいから。

心音は留学を決めた。

翼人は小早川議員の秘書に誘われていた。

花嵐は劇場アニメの主役の座を射止めた。

林は東京留置所で手記を認めていた、神話かな。

ひったくり犯を捕まえる陽、でも俺には何もない、空っぽだ。
救世主になろうとしてなれなかったから
お前のことを変人だと言ってた人がいる、私が心をあげるから
 二人は恋人となってキスをする。

---最終回---


ロゴスワールドの構築に争う陽と総。
結局は総が勝ちました。
そしてメンバーは新たな一歩を生み出す。

後日談も良いですが、ちょっと丁寧すぎな気がする。
それ以上に謎の展開も多かった本作品。
謎を少しずつ明かして最後に明かす、ネタの仕込みがなく、
 いきなりの超展開が多かった気がする。
それ故にストーリー的には楽しめなかった。
映像を見て楽しむだけの作品となってしまった。

心音がED曲なので、メインヒロインだと思ったら
 そうでもないのが意外だった。
作画的には舞亜よりも大変そうで、気合も入っていたと思う。

文字の文化を持つ人々が言葉で事象を実現する力を失ったのが良く分からない。
異文明の人々でないと辻褄があわない気がする。
それとも文字は具現化能力の代償なのだろうか。
総や陽は何の基準で選ばれたのかとか、
細部に疑問が数々残っている気がする。
スポンサーサイト



Tag:アクエリオン  Trackback:0 comment:0 

アクエリオンロゴス TokyoMX(12/17)#25

第25話 集え!明日を望む声

陽のアクエリオン天と総のアクエリオン語霊が対戦する。
7年前に総がロゴスワールドからネスタの肉体を抜き出した。
舞亜が誕生したが、アクエリオンロゴスとネスタで作り上げたロゴスワールドに
 歪みが生じた。
そして文字と概念を食べるMJBKが出現するようになった。

陽の舞亜救出の思いが総を圧倒し始める。
総の肉体からキリュウの肉体が変化した創声の書を抜き取るネスタ。
創声の書を利用したネスタの攻撃は文字を全て概念ごと吸収する。

もう総には何も残っていなかった。
俺は舞亜を愛している。
ロゴスワールドはネスタの生み出した憎しみの世界。
それと対をなす愛で対消滅させる。
この世を滅亡させることがネスタの望みだった。

文字が失われ概念も消失した現代社会。
意識を統一しよう、しかし真理の世界へのアクセスを知らない。
舞亜は忘れていた陽の文字を見て読めなくとも、大事なものだと理解できた。
陽と名前を思い出す、舞亜の叫びに呼び戻された陽が出現する。
総も同じ世界に両親から送り出される、愛する人を守るために。

3人の究極合体、アクエリオンロゴス・ジェネシス。
現実世界に出現する、ネスタの創声力は3人よりも上だった。
でも皆の声が陽たちを後押しする。

無総陽月剣、ユニバースブレイドで倒す。

キリュウがネスタに残した手紙には愛が綴られていた。
看守の言葉は嘘ででたらめだった。
キリュウを信じられなかったと涙を流す。

ロゴスワールドが消滅して町には文字が溢れていた。
誰もが創声力を使用できる危険な状態だった。
アクエリオンと舞亜がロゴスワールドを作ると宣言する。
陽がアクエリオンで行くと言うと総が行くと喧嘩になる。
二人共辞めろと止めるが、お前のためじゃないと言う二人。
決着は拳で。

---最終回 「終わらない!アクエリオンロゴス」---


全ては看守の適当な中傷から始まったロゴスワールド。
そして文字も持たない人に手紙を書いた男の問題も大きい。
ネスタ自信は愛する彼を信じられなかったことも一因でした。
彼女を倒すための3人合体からの過去作のOP曲は熱いですが、
そこで終わっても良かったのにと思う。

敢えてギャグに走ったスタッフでした。
これは3人でロゴスワールドで暮らすのもありかもしれない。

Tag:アクエリオン  Trackback:0 comment:0 

アクエリオンロゴス TokyoMX(12/10)#24

第24話 出撃!我が存在を賭けて

創声部の朗読劇、神話になれなかった神話。
1万2千年前、真理の種族が存在していた。
彼らは文字を持たなかった。
文字を持つ種族が現れ文字を持たない真理の種族との戦いが始まった。

文字の種族の男性キリュウと真理の種族の女性ネスタが出会った。
お互いに惹かれ合い、愛しあうようになる。
しかし敵対する種族故に結ばれることはない。
戦いを止めれば良いとアクエリオンロゴスを生み出した。
文字概念を食べる餓号機を制作して対抗する。
ネスタは捕まり、キリュウは処刑される。

キリュウのネスタへの手紙が届くが文字が読めないネスタ。
キリュウはネスタに出会わなければ良かったと恨み辛みを述べたと聞く。
ネスタはアクエリオンロゴスの中で火炙りにされる。
彼女の思いは昇天せず、ロゴスワールドを生み出した。
文字の種族が勝ち、人類は文字を使用しているのだった。

陽の下へ帰ろうとする舞亜だが陽のことは克明には思い出せない。
陽の存在はDEAVAでも消失しつつあった。
陽は救世主になると口に出して続けたことで創声力が高まった。
舞亜を助けるために餓号機に乗り続ける。

総は最後にと総の文字をMJBK化する。
ロゴスワールドの全ての文字が取り込まれていく。
ベクター機で出撃してもパイロットの文字が取り込まれれば
 パイロットもベクター機もMJBKに取り込まれてしまう。
存在が不安定な陽なら大丈夫と一人で全機を引き連れて出撃する。
創声部の全員が陽を見送る。

合体して戦う総の機体は、語霊(ロゴス)、陽は天(DEAVA)。

---次回 「集え!明日を望む声」---


1万2千年前の文字の種族と真理の種族のお話でした。
DEAVAの朗読劇で過去に演じられていたのでした。

過去の因縁が明らかになり、現実では総と陽の対決となりました。
次回が最終回ではないだけに、まだ何か隠し玉がありそうです。
破れて消失する陽を舞亜が救いだすといった何かがありそう。

Tag:アクエリオン  Trackback:0 comment:0 

アクエリオンロゴス TokyoMX(12/03)#23

第23話 蘇れ!月夜の誓い

父親の岩上内閣官房長官、に会うショーコ。
坂本は元は官房長官のSPだったので便宜を図ってくれた。
操られていた文字の力を奪うショーコ、創声力0の能力だった。
ようやく正気に戻った父親だった。

翼人は街頭で演説をする。
今までDEAVAはMJBKと戦ってきたことを隠していた。
密かに行ってきたのは説明が面倒だったから。
でも仲間を失って力が足りない、心の中に生きているなんて嘘だ。
皆に力を貸して欲しい、共に戦って欲しい。
DEAVAの射出口を人力で開ける。
ベクター機を出撃させる、肆号機にはショーコが乗る。

総の記憶も操作された形跡がある。
真実を知るためにも舞亜の記憶を蘇らせる。
総がロゴスワールドから創りだしたのが舞亜。

そんな舞亜を育てるネスタ社員、ある日荘厳の目的が現代文明の
 破壊、文字文明を滅ぼす存在が舞亜だと知る。
そんな泣いている舞亜に手を差し伸ばしたのは総ではなく陽だった。

陽は総のスペアだった。
舞亜は自分が世界滅ぼす存在だと泣いていた。
俺が滅亡を止める救世主になるからと舞亜に告げた。
3人の記憶を改ざんした荘厳。
そして灰吹家に養子として引き取られたのだった。

電のMJBKと戦うが敵わない、MJBKのお陰で陽の記憶と舞亜の記憶がリンクする。
ようやく過去を思い出した二人だった。
5体で合体する陽、天(DEAVA)となってMJBKを倒す。

---次回 「出撃!我が存在を賭けて」---


ようやく明かされた陽の生い立ち。
彼は総のスペアとして考えられていた特殊な存在。
そして舞亜との仲の良い記憶は陽のものだった。
その記憶を総に移し替えたのだった。

と言うことで3人の関係が明らかになりました。
出自は良く分かりませんが特別な存在の陽と総でした。
そして5体合体、最後は舞亜の弐号機とも合体して
 アクエリオンロゴスとなるのでしょうね。

ショーコがベクター機に乗れました。
でも強い思いを残しているなら誰でも乗れそうですよね。
努虫の思いはショーコのためだからという設定なのでしょう。

Tag:アクエリオン  Trackback:0 comment:0 

アクエリオンロゴス TokyoMX(11/26)#22

第22話 聞け!キミを呼ぶ声

岩上官房長官は旋律の天使も全てDEAVAの仕業だと公式発表する。
かつてはDEAVAを支援してくれていた、操られているとしか言えない。
世間はDEAVAが悪だと思ってやりたい放題、パイロットのプロフィールも
 突き止められ、晒される。
ショーコは努虫の死を受け入れられずに茫然自失状態だった。
陽は、もう救世主じゃないと塞ぎこんでいた。

DEAVAの防壁は創声力を利用したもの、簡単には突破できない。
備蓄食料は1週間分しかなかった。
舞亜は陽を苦しめただけだと反省するが、名前を思い出せなくなってきた。
総には陽が必要だった、誰かが居て初めて存在価値を見出す総だった。
皆が陽を認識しなくなっても、俺は忘れない、電をMJBK化する。

MJBKのせいで町の電力がカットされる。
陽が餓号機に搭乗して操られている政府要人の目を覚まさないといけない。
しかし存在の概念そのものが消失し始める陽。
SHIROBACOに政府の特殊部隊が進入する。
対抗する術はなく、せめてパイロットだけは脱出させる。
しかし心音が逸れてしまう、道路の陥没から子どもたちを守るが取り残されてしまう。

翼人と花嵐が警官に捕まって連行される。
市民に悪者扱いされるが、自分で考えろ、人間個人が出来るレベルじゃないと
 理不尽さを訴える。
その創声力が籠った発言が心音にも届く。
今自分が伝えたい事を言葉にすれば届く、助けを求めて歌い始める。
その声は陽に届く、町を彷徨って祖父に回収されていた。
7年前に引き取って育てた陽は初めから救世主だと言っていた。

心音の声が届き救出に向かう。
翼人たちを小早川議員が助けてくれる。
子どもたちも合わせて助けた陽にキスする心音。
舞亜が居なくなってチャンスだと思った自分が嫌いだった。

陽くんが本当に助けたいのは誰?
俺は舞亜を助けたい。

ショーコは努虫のベクター機に立て篭もり自爆を訴える。
努虫を思い出して声が聞こえた気がする。
突入隊に父の部下、坂本さんを見つけて案内を求める。
私を父の内閣官房長官の元に連れて行ってください。

---次回 「蘇れ!月夜の誓い」---


一度、どん底まで落ちたDEAVA。
政府の発表は悪の組織扱いです。
それを無条件で信じる市民に考えろと解く翼人。
でも、政府発表を信じるなは難しいですね。
ネットの流言飛語とは異なりますからね。
でも翼人と心音が頑張って陽も再び立ち上がった感じです。

でも7年前に引き取ったと言ってますから、実の子供でもなさそう。
実は総と陽は異なる世界の人物の生まれ変わり?
出自は似たような気がしますね。
ショーコは努虫が乗り移って創声力が宿るのかと思ってしまった。

総、陽、舞亜は異なる世界、異なる次元の人間として生存するような気がする。

Tag:アクエリオン  Trackback:0 comment:0 

アクエリオンロゴス TokyoMX(11/19)#21

第21話 悲壮!背徳の合体

ケントの手引で特殊部隊がSHIROBACOを制圧する。
本気か否かは目を見てもらえば分かるはず。
従の文字で操られていた。

総が創声の書の力で日本政府と交渉、操っていた。
日本政府はDEAVAを解体してネスタと手を組む。
ショーコに2号機をリモートで出撃させる。
反撃して陽を餓号機の元に向かわせる。
しかし努虫が撃たれてしまう。
餓号機を起動させて創声の書の力を無効化する。

総はアクエリオンロゴスとなるため舞亜に合体を迫るが断られる。
舞亜の元に到着した2号機に搭乗して去る。
MJBK笑を出現させる総。
陽に続き、翼人、花嵐もベクター機で出撃する。
陽と舞亜、翼人と花嵐が合体する。
総もアクエリオン傷となって戦う。

ネスタも参加したいと殺戮の天使を新宿に出現させる。
心音が出撃、時間稼ぎ位にはなる。

陽が消えそうになる、お前は分かっているのか?
このままでは陽が消えてしまうと考えて総と合体する。

アクエリオン裂傷となる、ネスタが舞亜の肉体を支配しようとする。
陽に私を撃てと伝える舞亜。
ネスタも肉体に乗り移った祭に攻撃されると消滅の可能性がある様子。
お前を忘れるくらいなら、撃たれて死んだほうが良い。
お前は救世主だろう。
しかし救世主ではないと舞亜を失うことは出来なかった。

努虫が傷を押して出撃する、翼人、陽と合体して鳳凰となる。
努虫の笑照の文字の力でMJBKを倒す。
舞亜も力を得て殺戮の天使を倒す。

しかし戻った努虫は息絶えていた。

---次回 「聞け!キミを呼ぶ声」---



まさかの急展開ですね。
努虫が急にハッピーになったので危ないなとは思ってましたが・・・。

陽を思う舞亜がネスタを道連れに撃たれようとする。
乗っ取られて終わりかと思ったら抵抗しましたね。
今まで根拠もなく救世主と叫んで強気だった陽が惚れた弱みで救世主に成れなかった。
そして案外に弱かったネスタにはガッカリさせられました。

そして未だに出番らしきバトルも描かれない心音が不憫だ。
最後は6機の合体かと思ってましたが、まだその時期じゃない様子。
まだ3,4話残ってますからね。
でも舞亜は総に連れ去られましたからネスタとの因縁絡みがまだ続きそうですね。

最後は文字文明を取り戻す、それにはどうするのだろうか。
創声の書を破壊して石碑も壊す、ネスタを封印する事になるのだろうか。

Tag:アクエリオン  Trackback:0 comment:0 

アクエリオンロゴス TokyoMX(11/12)#20

第20話 知れ!生まれた意味

SHIROBACO創立3周年記念公演で新しいことをしたい。
ネスタに陽が消えると言われて守りたい舞亜。
個人的に調べるが限界、桜子に相談する。
吉打ケントが管理する政府の施設で調べ物。
そこは発掘した遺跡からの出土品も管理されていた。
大半はネスタが保有している。

舞亜は一枚の絵が気になった。
それは文字を持つ民族と持たないことを良しとする民族の戦争、
 文字戦争を描いたものだった。
文字を持たない頃の人間は思いを具現化出来た。
その文字戦争を集結させたのはアクエリオンロゴス。
その絵に何かを感じる舞亜だった。
陽が消えそうになっていることは暫くは伏せておく。

3周年記念のメニューを考えよう。
テーマはヘルシー、ハンバーグを作ってみよう。

男性陣も挑戦、翼人は豆腐ハンバーグ。
努虫と陽は戦力にはなりそうにもなかった。

女性陣も挑戦、舞亜は調理経験がない、それでも頑張る。
舞亜が頑張るので、心音は完成したハンバーグを捨てる。

舞亜と買い出しに向かった陽は総の事が気になって尋ねる。
舞亜は総のとの関係かと思うが、総を倒すための質問だった。
今の舞亜は陽を失いたくなかった。
文字戦争を調べるにはネスタに進入するしかない。

しかし警備も居ない、すんなりと総と遭遇する。
しかしネスタが舞亜の考えを理解していた罠だった。
あなたは私なのだから考えることは全て分かる。
灰吹陽は餓号機に食われて概念を失う。
でも本当に餓号機が消したいのは舞亜だった。
アクエリオンロゴスを倒すための兵器が餓号機、パイロットはネスタとキリョウだった。
総がキリョウを継承する者だった。

幼い総がロゴスワールドからネスタを参考に創声力で作りだしたのが舞亜だった。
一瞬にして雨を降らす舞亜。
もう終わりにしよう。

そしてSHIROBACOにも武装した兵士が雪崩れ込んでくる。

---次回 「悲壮!背徳の合体」---


ようやく明かされた舞亜の秘密。
彼女だけ、過去が描かれなかったし、家族の描写もなかったから
 人でない何かの予想は出来ますよね。
それにネスタに顔が似ているから。

最後のSIROBACO選挙のシーンはエヴァの戦略自衛隊の突入を思い出させる。
しかし警備はどうしたのでしょうね。
ケントが政府のスパイで手引させられたのでしょうね。
でも裏切り者でもなさそうな感じ、店長に気がありそうだし。

1期のED曲が心音だったのに出番は少ないし、メインヒロインでもない。
最後には陽を諦める決心までさせておいて舞亜がいなくなるので
 結果としてのメインヒロイン扱いなのだろうか。
餓号機が舞亜を吸収して陽は助かって全員で合体とかなら熱いかも。

Tag:アクエリオン  Trackback:0 comment:0 

アクエリオンロゴス TokyoMX(11/05)#19

第19話 恋せよ!阿佐ヶ谷

ディスティニー・オン・ジ・阿佐ヶ谷が開催される。
司会は花嵐、カップルイベント。

陽は3位の王冠が欲しくて舞亜を誘って参加する。
努虫もショウコを誘うと了承される、交際も了承するが、
 付き合って確認してからと念を押される。

交際の意味も分からない舞亜にキスやハグ、Hなことも教える。
心音はショックがあった、イベントにはお前が参加しろ。
恋愛DVDを多数持っている心音の方が適任だ。
陽は何も考えていない。
舞亜には陽は面倒くさい、危なっかしいから見張っていないといけない。
頭のなかがいつも彼でいっぱいだ。
それは好きだということだと思う心音。

恋人のふりで参加する創声部メンバー、翼人は心音と参加。
各ポイントで支持に従ってポイントをもらうイベント。
得点の低い舞亜と陽、今日は救世主として救うな。
陽は誰でも助けることが気に入らない様子。
陽も普段は相手を気にせず我道を行く対応だが珍しく舞亜を気遣う。

最後はマスコットのラミーの本物を探せ。
実は苦手だった舞亜、怯えている様子の舞亜を助ける陽。

優勝は、不本意ながら努虫&ショウコだった。
舞亜と陽を見ていたくて参加した心音。
諦められるかなと思った、でもまだ心は痛い。
心音は前に進んでいると褒める翼人。

陽が舞亜を助けたいと思ったから助けた、誰でも良かったわけではなかった。
帰りに体調が不良となりベクター餓号の幻を見る陽。
陽の写メまで揺らいで消えようとしていた。
間もなく彼は消える、あなたのせいよ。
舞亜に囁くネスタだった。

---次回 「知れ!生まれた意味」---


心音が失恋、陽と舞亜がお互いに意識しあうエピソードでした。
それにしても舞亜は本当に何も知らない。
育った環境以外にも何か秘密がありそう。
最後にはネスタが出現してましたが、彼女と関係がありそう。

そして存在が揺らぎ始めた陽。
ベクター餓号機に飲み込まれてしまうのか。

舞亜のお友達は掃除のおばちゃんたちでしたね。
彼女的にはDEVAの最後の砦らしい。
努虫が他の女子のアドレスを消去していたのは抜け目なかったですね。
これは本当にカップル成立しそうですね。
この話数でこんなエピソードで良いのだろうかと心配になる。
残り7話ですが、ここからフルスロットル?

Tag:アクエリオン  Trackback:0 comment:0 

アクエリオンロゴス TokyoMX(10/29)#18

第18話 吠えろ!正直な負け犬

翼人の大学で創声部が朗読劇を公演できることとなった。
男性3人は合コンへ行ったが嘘の付けない翼人、女性を怒らせてしまう。
クラスメートののティノアが気になる花嵐、朗読劇に誘う。

翼人の通う大学はディベートコンテストが有名で翼人も出場する。
しかし嘘の付けない彼は景気対策をテーマに正論で勝負する。
しかし一般聴衆には受けず、消費税を0%にすると話す生徒に負けてしまう。
ディベートで必要なのは聴衆の心を掴むこと。
それには嘘も必要。

MJBKが出現、陽と舞亜が出撃する、嘘のMJBKだった。
街への侵蝕率は上昇するが人間関係はむしろ良くなっている。
校内で嘘をつけずに馬鹿正直に話すティノアを発見する。
彼女の行為に感化されて小早川議員のディベートに戦いを挑む翼人。
彼の心地良い嘘には惑わされずに正論を述べる。
不器用な正直者よ、君は一人じゃない。

小早川の議員の演説に乗じてMJBKも侵蝕率を上げていたが
 翼人の演説で少し侵蝕率が下がる。

ようやくMJBKの周囲の霞も晴れて攻撃が通じるようになる。
MJBKを倒す陽と舞亜、総のベクター機は修理中で出撃できなかった。
花嵐が目指す芸能界は嘘が通常に存在する世界。
それ故に嘘をつけないティノアに惹かれたのだった。

MJBKを倒して戻ろうと言う陽の存在が揺らいでいた。

---次回 「恋せよ!阿佐ヶ谷」---


今回は翼人エピソード。
嘘が言えない翼人、政治家を目指すなら不利な性格。
決して悪いことではないけれど、社会生活では損をする。
そんな彼をフォローする花嵐、彼女の目指す芸能界は
 虚構の世界、嘘が通常に存在する世界。
それ故に嘘が言えないクラスメートが気になった。
そのクラスメートが花嵐には嘘で応えられるようになった。
まさしく嘘も方便でした。

小早川議員の話す心地良い嘘は所詮は綺麗事。
翼人の話す自分で考えようは、ガッチャマンクラウズ インサイトでも
 扱ったテーマでした。
最後は陽が消えるような揺らいでぼやける映像。
あれは何を意味しているのでしょうね。
そして舞亜は未だギャグ担当です。
彼女とネスタが似ているのは実は生まれ変わりとか?

Tag:アクエリオン  Trackback:0 comment:0 

アクエリオンロゴス TokyoMX(10/22)#17

第17話 砕け!討つべきモノ

総の操縦するアクエリオン傷の攻撃で破壊されたアクエリオン煌。
陽も負傷したので強制的にベクター機を回収する。
陽が総向けて放った想い、お前は俺の敵だ。
その敵意の文字をMJBK化して世界に開放した総。

現実世界にも敵意が侵食を始める。
努虫と翼人はベクター機で出撃するがコックピット内で
 MJBKに侵食されてしまう。
お互いに口論となり、桜子さえも罵る状態でまともに戦えない。

目覚めた陽は敵を倒すと花嵐の陸号機で勝手に出撃してしまう。
翼人のベクター機と合体するが敵対して分離する。
努虫と翼人の機体はMJBKに吸収され捉えられてしまう。

ベトナムにある最後のベクター機をサイゴン経由で取り寄せるしかない。
神話を破壊するベクター餓号機は使えないと桜子。
遺跡の奥の祭壇に封印されるように配置されていたベクター機だった。
復元、調整したが誰もまともに扱えない。
関与した者が次々に行方不明になったらしい曰くつきの機体。

総は取締役会議でジョルジュに変わりネスタの取締役になる。
総には創声の書が体内にある、ネスタが使い方を教えた。

ベクター機を強制回収して陽を拘束しようとする。
しかし警備員を倒した陽の想いにロゴスの石碑が応えて出現する。
互いの思いが共鳴した、総を喰らい尽くす力を与えよう。
石碑に応じて中に進む陽。
MJBKの侵食に影響されて心音と花嵐が勝手にベクター機を
 出撃させる、灰吹陽は敵だ。

ロゴスワールドに存在する陽、ベトナムにある餓号機が時空を超越して出現する。
陽を乗せたベクター機は舞亜の乗るベクター機と合体する。
アクエリオン燦となるが陽の様子がおかしい、MJBKを逆に侵食、吸収する。
アクエリオン燦とMJBKが同じ存在になりつつあった。

このままでは拙いと舞亜が、敵を倒すことだけに必死の陽を止める。
あのMJBKには皆が捉えられている。
メンバーの助けての声が届き、正気を取り戻す。
舞亜と協力してMJBKを倒す。

行くぞ、ネスタ、あいつの求める世界を壊すためにロゴスを目覚めさせる。

---次回 「吠えろ!正直な負け犬」---


ようやくOP,EDが変わりました。
OP映像は完全新規ではないのが残念ですね。
ストーリーはあまり詳しくは語らずにドンドン進んでいきますね。
ようやく謎の女がネスタと呼ばれ姿が公開された感じです。
そしてネスタ社長ジョルジュは出番もなく職を失う当て馬でした。

新しいベクター機の餓号機は神話を壊す。
壊された神話の世界の住人が機械天使だと思ったけれど、
 霊体のような存在のネスタでしょう。
ネスタの顔は舞亜にそっくりですね。
舞亜も陽と同様に特別な存在なのだろうか。
この二人の過去や因縁は語られていないのですよね。
今回だけ見ると完全に悪役の陽でしたね。

ストーリーは陽対総の様相を呈してますね。
未だサブで主たる出番のない心音が不憫。
メインヒロインポジションだと思われたのにねぇ。

Tag:アクエリオン  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

てぃわは

Author:てぃわは
Cocologが容量いっぱいで、こちらで継続します。
一時期Yaplogでも書いてましたが、検閲が酷いのでアニメ使用は辞めました。
もう一つ別のブログも利用してます
文責は放棄していませんが、リンクはフリーです。

検索フォーム
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
G-AF
楽天アフィリエイト
Amazon
Amazon IFrame
カテゴリ
ブログサークル更新用
日刊BLOGガイド
日刊BLOGガイド
カウンター エリア
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メモリーボード
Pingoo Memory Board
ブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
ブログ村カウント
ブログランキング
ブログランキング