fc2ブログ

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかIV BS11(3/17)#22終

最終回 第22話 星華
 
リュウはかつてのファミリアのメンバーのもとに行ける。
そこで皆に謝ろう。
しかし、ここに来てはいけない。
お前の正義を穿けと言われる。
自分で自分が許せないだけだ。
あの時、メンバーを見殺しにしたわけじゃない。
正義は調和と秩序、お前の行動は、自身の正義に従っている。
今の正義は何だ?
帰って豊穣の女神亭で食事したい。
今の正義を行うためには後悔しない選択をするんだ。
Frbx6G3acAIWbY5.jpg
リュウはかつての仲間に背中を押されて立ち上がる。
ベルがジャガーノートと戦っていた。
共に戦う二人。
リュウには魔法がある。
それを有効にするには装甲を剥がす必要がある。
傷ついても立ち上がるベル。
スカルシープの能力をアルゴウエスタで破壊。
装甲の隙間に右腕を差し込んで、ファイヤーボルトを放つ。
そこにリュウの魔法が炸裂する。
急遽、避難するがリュウは先を読んでいた。
お前の速さは分かっている。
かつてのメンバーが力を貸してくれる。
それが幻であることは分かっている。
それでも、かつての仲間の名を呼ばずには居られない。
皆がリュウに力を貸してくれている。
そして、遂にジャガーノートを倒した。
力尽きて倒れる二人。
Frbzl-dacAAY62H.jpg
異端児のリドはベルを探していた。
37階層は広すぎる。
ウィーネが声を聞いたと道を案内する。
倒れたベルとリュウを発見。
回復ポーションを与える、リリに連絡する。
フェルズに報告しないといけない、ベルにはまた会える。
去り難いウィーネを連れて、その場を離れる。
リリたちが駆けつけて二人を発見、喜び合う。
Frb1H2taMAAFwKt.jpg
リュウは3日間眠り続けていた。
でも無事に回復、ベルの元に駆けつける。
疾風は死亡扱いとなった。
ルドラ・ファミリアの残党が悪い。
疾風には助けられた。
唯一の生存者、ボーゼスがギルドに証言する。
リュウの知識と経験がベルを助けた。
ベルの行動が死を覚悟したリュウを助けた。
Frb20HCaEAAsTo7.jpg
ようやく退院できた二人は待ち合わせ。
女神アストレアは正義を捨てなさいと告げた。
それはリュウの生きる道は復讐しか無かったから。
それを止めると心が壊れてしまうことを理解していたから。
シルの衣装を借りたリュウは少女。
綺麗で似合ってます。
ベルの言葉に顔を見られないと走り去る。
逃しちゃダメよ。

ーーー最終回ーーー
 
最後はベルとリュウの共闘。
リュウは仲間の敵討ちが出来ました。
同じ個体ではないですが、想いを果たすことが出来ました。
そして二人は救出され回復。
完全に恋する乙女のリュウでした。
小説ではありでしょうが、アニメでは辛く苦しい戦闘が続きました。
視聴するのは辛くて楽しめなかった。
もう少しなんとか出来なかったのでしょうか?
リュウに教わり成長したベルでした。
スポンサーサイト



テーマ : ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか  Trackback:2 comment:0 

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかIV BS11(3/10)#21

第21話 優しい嘘
 
37階層の闘技場の下には泉があった。
そこに落下した二人。
濡れた衣服を乾かして、体を温めないといけない。
まず戻ってきた真意を問い質す。
ベルは、もう誰も死んで欲しくない。
アストレア・ファミリアの過去を話し始める。
ファミリアの皆の力で生き延びてこられた。
それなら、こんなところで諦めてはいけない。
絶対に生きて帰らないと皆に申し訳ない。
Fq3vpChaEAA1apc.jpg
生きるためにも体を寄せ合って抱きしめ合うべき。
リュウはエルフなので清廉潔白だが生き延びるためならドワーフとだって抱きしめ合う。
そんな非常事態だった。
でも二人共に裸同然。
いつになく恥ずかしいリュウ。
完全にベルを意識していた。
ベルはリュウの体が細くて柔らかいことに気づく。
男性と女性では体の作りが異なる。
Fq31WWOaQAAPetx.jpg
一晩抱き合って眠った。
翌日は出発、泉のほとりにはモンスターが居なかった。
でも留まることはいずれ衰弱死する。
なにせ食料が確保できないから。
上層階の37階層に戻る。
モンスターの気配は感じるが襲ってこない。
第四影壁の到着、その先は第五に繋がる。
モンスターは襲ってこないのが不思議だが、先を急ぐ。
そこにはジャガーノートが待っていた。
Fq3w5AvaUAAvF0B.jpg
欠損した肉体をモンスターを食べて再生していた。
スカルシープ、バーバリアン、スパルタンなど様々なモンスターの部位を融合させていた。
その姿はさながらキメラのようだった。
そのせいか、動きは鈍い。
しかし融合したモンスターの能力を取り込んでいた。
リュウはトラウマで戦えない。
彼女を助けるべく回避行動を取るベルだが、負傷してしまう。
リュウが抱えて割れ目の通路に逃げ込む。
その先にモンスターは隠れていた。
ジャガーノートを恐れている様子。
奥に逃げ込むとジャガーノートは入ってこれない。
そこは安全地帯、抱き合って眠るリュウ。
Fq1Sp6UacAAeICB.jpg
ベルは肉体が痛むが立ち上がる。
生きて地上に戻るためにもジャガーノートとの戦闘に赴く。

ーーー次回 「星華」ーーー
 
今回も一歩前進二歩後退でした。
リュウがヒロインとしてベルを意識する。
そのためのエピソードでしょうか。
最後はジャガーノートを倒して、リュウをヒロインとして生還する。
そんなエピソードなのでしょう。
次で戦闘は終わるかな?終わって欲しい。
戦闘中に、異端児たちが駆けつけて援助しくれる?
それとも、終わらずに延々とバトル?
もうアストレア・ファミリアの過去回想は無いはずだけれど。
もしかしたら輝夜たちが夢に現れて生きろと叱咤激励する?
最終話まではバトルと回復の繰り返しかな?

テーマ : ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか  Trackback:1 comment:0 

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかIV BS11(3/03)#20

第20話 散華 アストレア・ファミリア
 
ルドラ・ファミリアのジュラたちはアストレア・ファミリアに追い詰められた。
しかし大量の火炎石をダンジョン内に持ち込んで罠を仕掛けた。
それでもアストレア・ファミリアは健在だった。
あまりの大量破壊にダンジョンの修復が追いつかなくなった。
そこで原因となった者たちを排除する自動機構が働いた。
ジャガーノートが出現、その場の冒険者を次々に屠っていく。
魔法も自動反射で効果がない。
FqTsY9OaUAAaU7f.jpg
次々に屠られて団長アリーゼ、輝夜、ライラが生き延びた。
しかし彼女たちも深手を負って脱出は難しい。
攻めてリュウだけでも助けたいと命を投げ出す。
あいつの装甲を剥ぎ取るから、リュウの魔法が必要。
リュウには正しいことを選択して欲しい。

ジャガーノートはアストレア・ファミリアだけではなくルドラ・ファミリアも屠る。
生存者を許さない。
アリーゼたちが命を掛けて一矢報いる。
リュウの魔法が炸裂するが逃げられてしまう。
自分だけが生き延びた虚しさも忘れて脱出する。
全ては敵討ちのために。
そうして肉体が回復した後に、再度、ダンジョンを訪れたが何も残っていなかった。
彼女たちが使用した武器だけを発見。
何をどうしたら良いのか分からなかった。
ただ黒い炎だけが宿っていた。
FqT0H5AaUAAIgQo.jpg
アストレアには何も話さなかった。
ただオラリオを去って欲しいとだけ告げた。
彼女はリュウの気持ちを理解したのか何も問わなかった。
自身の正義を捨てなさいとだけ告げた。
FqT0bJEaAAACtgS.jpg
復讐の鬼と化したリュウはルドラ・ファミリアとイビルスに関連した者を狩った。
有無をも言わさず狩り尽くした。
ジュラも殺めたつもりだった。
そしてようやく黒い炎は鎮火したが、再び生き残ってしまった。
倒れたリュウはシルに拾われた。
FqT01ynaQAEzEnS.jpg
コロシアムの地下に通路が存在した。
ベルと二人で落下していた。
ベルは先を急ごうと彼女を背負って歩く。
私を置いていきなさい、生き延びるために。
私はたくさんの人を殺めた、助けられる価値などない。
でもリュウさんには、たくさんの冒険者が助けられた。
それはまるで英雄のようだった。
今もリュウの心には正義がある。
アリーゼの言葉は捨てたはずだが、正しいことを選択していた。
ベルにとっての正義は二人で生還すること。
モンスターが出現する。
気絶したベルを目覚めさせようと叫ぶリュウ。
クラネルさんから、ベルと必死に叫ぶ名称が変わった。
モンスターを誘き寄せるための偽装だった。
真っ赤な顔のリュウ、ベル呼びは恥ずかしかった。
FqTzxqVagAEnSW8.jpg
ベルが歩む先に青い光に満ちた空間が広がる。
そこは誰も知らない泉だった。
深層37階層には水源は無いはず。
そこの水は飲める、回復魔法を施す。
ベルに水を飲ませるリュウ。

ーーー次回 「優しい嘘」ーーー
 
アストレア・ファミリアの正義が悪意に満ちたルドラ・ファミリアを追い詰めた。
窮鼠猫を噛む、ダンジョンの修復不能な破壊に自動機構が起動。
ジャガーノートが出現。
そして殺戮が始まった。
リュウだけが助けられた。
その殺戮のシーンでした。
ここを描くよりも発端となったルドラ・ファミリアの悪事。
イビルス関連者の説明が欲しかった。
彼らの説明を軽く描いてほしかった。
真剣に描くと気分が悪くなるかもしれないので軽く描いて欲しかった。
アストレア・ファミリア、ルドラ・ファミリアの壊滅でした。
正義は時として厄介なもの。
でも正しいと思う方を選択する。
それは正義というほどの大層な大義ではない。
そんなレベルで良かったのかもしれない。
アストレア・ファミリアは警察のような存在だったようですね。
もう、合流して救出でも良いのに、まだ終わらない様子。
テーマ : ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか  Trackback:1 comment:0 

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかIV BS11(2/24)#19

第19話 闘技場
 
リュウは真面目過ぎる。
アストレアファミリアでは新入りのリュウに色々と教えてくれる団員も居る。
何でも知って知識を知恵にすれば良い。
FpzMPdhacAA83hu.jpg
正規ルートへの道が判明した。
しかし闘技場と呼ばれる場所に到達した。
そこはモンスターが大量に潜む場所。
倒しても数は尽きない。
ロキ・ファミリアでさえも避けて通る場所。
他に道はない、そこを通過するのが最短ルート。
モンスターの毛皮と心臓の血で正体を隠すことが出来る。
リュウは何でも詳しい。

モンスターは襲ってこない。
ゆっくりと確実に歩を進める。
しかしベルが見つかってしまう。
戦うしか術が無い。
次々にモンスターが襲ってくる。
倒しても倒してもキリがない。
それでも、橋に到着。
そこを通れば正規ルートに到着する。
ベルを先に進ませて、リュウは魔法で橋を壊す。
これでベルだけを先に進ませることが出来る。
自分は足手まとい、居ないほうが助かる可能性は高い。
教えられることは全て教えた。
4e4efa54.jpg
これでようやく、仲間のもとに行くことが出来る。
死を覚悟した時、ベルが戻ってきた。
そしてリュウを助ける。
ベルの持つ火炎石が光を放つ。
これは英雄の光。

ーーー次回 「」ーーー
 
リュウは教えられることを全て教えて自分は犠牲になる。
そうしてベルを助ける、かつて自分がされたように。
これで、ようやく仲間の元に行くことが出来る。
でもベルは戻ってきた。
必死で戦う彼は理想を追い求め実現する英雄。
テーマ : ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか  Trackback:2 comment:0 

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかIV BS11(2/17)#18

第18話 迷宮決死行
 
リュウは理想を追い求める。
輝夜は現実主義者で意見が食い違う。
アストレアはリュウが正しいと考えるが実現は難しい。
理想を叶えられる人は英雄と呼ばれる。
4e1e1b62.jpg
ウィーネが春姫に助けに来たよ。
会いたかった、分かれるときは泣かなかった。
頑張ったんだよ、でも今は泣いちゃった。
502ec7fa.jpg
リドたちが助けてくれるが他のファミリアメンバーには事実を言えない。
椿たちが合流、武装したモンスター以外を倒して欲しい。
詳細不明だが手伝ってくれる。
ヴェルフの魔剣を見て遂に成し遂げたことを理解する椿。
ようこそ、こちら側へ。
5377991d.jpg
マリィがビドーにベルが深層に落ちたことを知らされる。
ビドーがベル救出のために深層に移動を開始する。
リリにベルが深層に居ることを告げる異端児。
リドは一緒に行くなら止めはしない。
ビドーたちのことは説明できないので、リリはアーニャに尋ねる。
クロエ、ルノアも全員がレベル4でリュウと同じ。
ベルを助けるために深層に向かいます。
そのために班を再編します。
可能か不可能かじゃなくて、成し遂げるんです。
生存者のボールスは行きたくないがアイシャが許さない。
38e620d2.jpg
ベルはモンスターと戦っていた。
地形を利用して右手が上がらないようにと忠告に従う。
ベルは生き残るために必死で戦っている、成長している。
別方向からもモンスターが出現。
リュウはベルが前方のモンスターを倒すまで時間稼ぎ。
しかしバーバリアン、更なるモンスターも出現。
こちらは強くてリュウも苦戦。
ベルが駆けつけて倒す。
少し休憩、ジャガーノート、ベルを倒したモンスターの名前を教えられる。
全てが終わった後で黒衣の人から聞かされた。
フィルズさんのことかなと考えるベル。
ジャガーノートのことは秘密、誰にも話さなければ罪は問わない。
edb0a898.jpg
更にモンスターが接近、囲まれる。
ベルーダの針は毒を含んでいる。
多種なモンスターが同士討ち覚悟の攻撃。
終わったと思ったらベルに針が刺さる。
ヴェルフが作ったユニコーンの角の剣で解毒する。
ベルの手当を行ってリュウは考える。
マップ作成者は正規ルートには向かわずに引き返してきた。
それはなぜ? 行けない何かがあった?

ようやく正規ルートに辿り着いた。
そこは、コロシアム。

ーーー次回 「コロシアム」ーーー
 
今回も命ギリギリの戦いのベル。
成長してるらしく、負傷から回復している?
まあリリたちと合流するまで、こんな感じでバトルの繰り返しなのでしょうね。
SAOのアリシゼーション編と同じですね。
最大のピンチを描いて執拗に繰り返すピンチのバトル。
小説なら1,2日で読み終えるけれど、アニメではそうは行かない。
何度もアストレアファミリアの回想とバトルを見せられる。
いつ、リリとベルは再会するのでしょうね。
テーマ : ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか  Trackback:2 comment:0 

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかIV BS11(2/10)#17

第17話 白の迷宮
 
輝夜は大局のためには少数を切り捨てることも大事と告げる。
理想論を貫くリュウは異を唱える。
イビルスとの戦いで分かったはず、力ある者でさえも命を失った。
アストレアファミリアだけでは出来ないこともある。
FonuQ6MaUAARhNj.jpg
モンスターとの遭遇率が高まってきた。
早く倒さないとドンドン集まってくる。
火炎石で一気に倒すリュウ。
マッピングを始めるリュウは、ベルの戦闘には無駄が多いと助言。
早く倒さないといけないと焦ってしまうベルだった。
相手をよく見て地形を利用する。
深層のモンスターは知性も高いので駆け引きが通じる。
もっと後衛を頼りなさい。
リュウは生き延びるための術をベルに教える。
それは、まるで師匠のようだった。
FocbhDuaYAEmThr.jpg
リリたちはモンスターを倒して進むと討伐隊の遺体が散乱していた。
その先へ進む。
ヴェルフが打った魔剣は異常、砕けない魔剣。
アイシャに行くなとマリィの声。
椿たちもモンスターを倒す、異常な数にイレギュラーを感じる。
c0ba3bd3.jpg
37階層は5ブロックに分かれている。
中心に白い積層が存在する。
36階層への道はそこから離れた外側。
FonuvH1agAACRP5.jpg
リリたちが到着した広場に討伐隊の遺体がない。
おかしいと討伐隊の生き残り。
それでもベルの痕跡を探す。
大穴が下に開いていた。
モンスターが出現する、耐久力に優れた個体。
数が多く、アイシャやヴェルフたちにも疲労の色が濃い。
5b4b857a.jpg
ベルとリュウはモンスターに遭遇、倒す。
スライムに出会う、青いタイプは飲める。
しかし不味い、リュウは飲まずに保存する。
37階層には水源がない。
そして白の迷宮、ホワイトパレスに到着する。
ブロックに依って微かに色が異なる。
白いので第3壁の内側だと判明する。
リュウは既に覚悟していた。
自分の身を犠牲にしてでもベルだけは助ける。
もう輝夜と同じ立場だと理解していた。
361a7130.jpg
限界が近いリリたちだったが異端児が助けに訪れた。
依頼されたが、ベルとの約束を果たす時。

ーーー次回 「迷宮決死行」ーーー
 
ようやく光明が見え始めた展開ですね。
ここでリリたちと合流でも良いと思うけれど、そうはならないよね。
まだまだ苦しい進軍が続くのでしょうね。
ヴァレン某は出番なし。
今回はリュウが主役で師匠。
そんなエピソードなのでしょうがインフレが過ぎてピンチの連続が過ぎる。
当分はこんな感じでしょうね。
テーマ : ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか  Trackback:2 comment:1 

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかIV BS11(2/03)#16

第16話 始高(ヴェルフ・クロッゾ)
 
アストレアはファミリアのメンバーに正義を尋ねる。
定義は?
イビルスとの抗争も始まった。
簡単には定まらない。
それなら偽物の正義を消そう。
正義とは秘めたるもの。
FoDcXH8aUAAQ5jd.jpg
リュウは回復魔法を自身の負傷した左足に施す。
散々、二人で話し合った結果。
リュウが移動できる方が生存確率が上昇する。
現在地は37階層のホワイトパレス。
動くべきか、待つべきか?
リュウは37階層の正規ルートは覚えている。
ここは、恐らく外れている、とても広い37階層。
留まっても発見されず、時間の無駄になる。
FoDhmLuaIAASmP0.jpg
ヴェルフが魔剣を打つ間、全員で守る。
それが唯一の現状打破の可能性だと信じる。
しかしアダマンタイトは硬い。
全員で魔物と戦う。
FoDijN3aIAEn_Bw.jpg
36階層に向かうことにする。
39階層にはセーフティポイントが有る。
そのために、死体から使えるものを剥がす。
そんな、ことはやってはいけない冒涜行為。
それを分かった上で生存のために利用できるものを探す。
装備も水も何もかもが足りないから。
地図を発見するが、見覚えのない地図。
ファミリアの旗を発見、持ち帰ろう。

ヴェルフは焦り始める。
無謀だったのかと不安になる。
お前は誰のために魔剣を打つ?
友のため、そんなことも忘れていた。
ヴェルフの槌音が変化する、それに連れてアダマンタイトも変形する。
神の領域に達する技で打つ、壊れない魔剣を。
ヘスティアはヘファイストスにナイフの代金の支払いを延期するよう交渉する。
ベルの命の代償だから駄目だと断られる。
FoDjmj8agAAChPk.jpg
守りが破られた時、魔剣が完成する。
壊れない始高の魔剣。
夢で見た最後のピース、日輪の灯火とカサンドラ。
ベルを探しに行こう。

ーーー次回 「白の迷宮」ーーー
 
少しストーリーが前進しましたね。
ベルとリュウが動き始める。
ヴェルフが魔剣を完成して動き始める。
椿たちも降下したので、先にヴェルフたちに追いつくのかな?
こんな状況が数話は続くのでしょうね…?
テーマ : ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか  Trackback:2 comment:0 

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかIV BS11(1/27)#15

第15話 不冷(イグニス)
 
リュウは夢を見ていた。
まだアストレア・ファミリアが健在していた頃の夢。
27階層の悪夢を繰り返さないためにも、調査を行う。
ルドラの企みかもしれない。
リュウは分かっているから皆を止めたい。
FnfcgH9acAA3Nzm.jpg
可能な限りリュウを休ませたいベル。
スカルシープが登場する、格闘すると物音を聞きつけて集まってくるかもしれない。
深層のモンスターには知性があるらしい。
ファイヤーボルトの発動を構えて相手に教える。
接近してきたら攻撃すると。
それで引き下がる。
FnfdkhUXwAEmdpX.jpg
リリたちは27階層に向って下っていた。
しかし前から後ろからモンスターが襲ってくる。
立ち止まることも出来ず、前進あるのみ。
途中で悲鳴を聞きつけて助けたのは討伐隊の生存者ボールズ。
討伐隊は全滅、ベルも死んだ。
嘘だと叫ぶリリ、でも信じられない、混乱して指揮が出来ない。
アイシャがボールズに見たことだけを話せ。
ベルは腕を切断され首の骨が折れた。
疾風が回復魔法を施していた。
FnfdhPYaYAENIIl.jpg
それでも治るレベルの負傷ではなかった。
それでも生命を繋いでいる可能性はある。
それならベルを回収するとリリは再び復活する。
アイシャのリーダーシップは素晴らしい。
本来ならリリがやるべき立場なのに。
Fnfcz4bakAA-dsU.jpg
ヘファイストス・ファミリアの椿たちがリュウ救出のため24階層に到着。
どうやら階層主アンフィス・バエナが暴れた様子。
下に降りる通路も何も無い。
水が流れる滝を降りるしか無い。
行き止まりは広い空間で一息つく。
アイシャとボールズが見張りをしてくれるので休憩する。
ヴェルフはこのままではジリ貧、魔剣も1回だけの使用。
なにか出来ることはないのかと考える。
Fnfgba5agAAgKeP.jpg
鍛冶師は槌と火さえあれば何処でも打てる。
師匠の教えを思い出す。
お前たち、俺に命を賭けてくれ。
ここで魔剣を打つ。

ーーー次回 「始高」ーーー
 
ベルとリュウは体力回復中。
リリたちは討伐隊のボールズを救出。
それでも27階層に向かう。
モンスターが彼らを先には進ませないと襲ってくる。
この深層で魔剣を打つヴェルフでした。
この先もアストレア・ファミリアの全滅を描きながら合流を描くのでしょうね。
椿たちはリリたちと出会うのでしょうか?
長く続くピンチの連続に飽きてきた。

テーマ : ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか  Trackback:1 comment:0 

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかIV BS11(1/20)#14

第14話 友(ダフネ)
 
リュウ・リオンはアストレア・ファミリアの団長アリーゼに
リオンと呼ばれていた。
ベルを休ませるため5分間の見張りをするリュウ。
今の彼女にとっては厳しい。
Fm7ZAhfacAAfF9L.jpg
壁の修復が始まっているので襲ってこないはず?
なんとしてもベルを36階層の連絡路へ送り届けたい。
しかしスカルシープが出現、戦うが最後の一匹を失敗。
ベルが目覚めて倒す。
今度は交代でリュウが眠る。
5年前のアストレア・ファミリアの夢を見る。
Fm7Y7YfaUAEtqWE2.jpg
春姫が攻撃されて激怒のアイシャ。
桜花とともに階層主に突撃するが跳ね返される。
逆に魔剣で作った氷を溶かして水中に潜られる。
水中からの攻撃で桜花が狙われる。
Fm7asXfagAAK4w_.jpg
水中から命は重力魔法を唱えていた。
それを見て桜花が突撃。
ヴェルフに魔剣で氷の道を作らせる、最後の魔剣。
その道を走って階層主の上に到達。
命の重力魔法で階層主を固定。
桜花が斧を懇親の力で振り下ろす、赤霧を吐く首を切断する。
Fm7bIJJaMAAFSUR.jpg
春姫は無事だった。
打ち出の小槌を発動、アイシャが自身に要求する。
アイシャもブーストされて青い首を破壊。
全員の力で階層主を倒した。
リリはちゃっかりとドロップアイテム、龍の肝をゲット。
しかしダンジョンが壊れ始める。
ジュラを呪って走るターク。
Fm7csL6aUAAaRLq.jpg
カサンドラは、お告げの意味の解読に悩んでいた。
蘇りし太陽とは?
安全を考えると上の階層に避難すべき。
しかしリリはベルを助けるために26階層への道を示す。
東、26階層に向かう通路だと告げるカサンドラ。
ダフネはカサンドラの夢を信じない。
絶対に24階層に向かうのが正解。
今まで一度も夢を信じなかった、でも今回は生き延びるためにも東。
一歩も引かないカサンドラの覚悟を信じるダフネ。
春姫も命もベルを助けたい。
全員が26階層への通路に向かう。
24階層に向ったタークたちはダンジョンが壊れて落下。
カサンドラのお告げは正解だった。

ーーー次回 「不冷」ーーー
 
ようやくアイシャたちは階層主を倒す。
しかしダンジョンも壊れて下に向かう、26階層へ。
カサンドラの夢のお告げは常に正しかった。
でもダフネは信じない。
不確かだから強くは言えなかった。
今まで、カサンドラのお告げを信じていればもう少し良いこともあった?
それ程に彼女の夢のお告げは精度が高い。
でも抽象的な言葉なので解読が必要なのが難点。
ノストラダムスの予言みたいですね、ネタ元でしょうね。
この分では、リュウがかつて在籍していたアストレア・ファミリアの
 エピソードが数話続きそうですね。
そして彼女たちの最後も描かれそう。

テーマ : ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか  Trackback:2 comment:0 

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかIV BS11(1/13)#13

深章 厄災篇
第13話 犠牲
 
ヴェルフの留守に工房を借りるツバキ。
彼女のもとに豊穣の女神亭の仲間が訪れ、リュウの救出を依頼する。
ジャガーノートから逃げないといけない。
瀕死状態のリュウを背負って細い道に向かうベル。
しかし追いつかれてしまった、咄嗟にファイヤーボルトで天井を破壊して道を塞ぐ。
リュウが最後の力でベルの回復を行ってくれる。
奥に向かうがスカルシープが出現。
ギリギリの状況でなんとか倒せたが、この状況下では次に襲われたら危ない。
リュウがモンスターの位置情報を教えてくれたので倒せた。
FmXWh-0aUAIZPxG.jpg
ルヴィスとドルムルはベルのパーティに救出された。
今も彼らが深層に居ることを知る。
やばい相手から逃げるだけでも必死だった。
逃げた冒険者からの情報で応援に向かいたい二人。
そこにヘファイストス・ファミリアのツバキが仲間を連れて訪れた。
ベル、リュウの状況を知るために情報を集めて25階層に向かう。

リュウは自分自身を置いていけ、足手まといだと告げる。
でもベルは諦めない、それに彼女の知識が必要。
ルームを探して回復に努めて、救援を待つ。
リュウは深層を訪れた経験があるので道案内が出来る。
FmXYqk7aEAAYdio.jpg
アイシャたちは階層主の双頭のドラゴンと交戦中。
次第にパーティの連携が可能になり、攻撃が功を奏してきた。
これなら何とかなるかもしれない。
そう考えた時、水面下に潜って滝を遡る。
そこから一気に落下して大きな波を発生させる。
重力制御魔法を施す命が水面下に落下、モンスターに齧られてピンチ。
彼女以外は全員が無事だった。
ドラゴンの攻撃からリリ、カサンドラを救った春姫。
彼女が攻撃を受けてしまう。
FmXaTgqaYAA4SDS.jpg
彼女が一番大事なアイシャ、我を忘れるような悲嘆と怒りで階層主に向かう。
桜花と共に突撃する。
FmXaat5aAAIT4Ud.jpg
ルームに到着するが、再びスカルシープに襲われる。
ファイヤーボルトの乱れ打ちで倒す。
しかし絶望感に囚われてマインドダウン。
FmXZYoOagAENsCr.jpg
リュウがベルをビンタで正気づかせる。
ようやく通常意識を取り戻して落ち着く。
5分だけ仮眠して回復させろ。
その間は私が周囲を警戒するとリュウ。

ーーー次回 「友」ーーー
 
アイシャが鼓舞しながらも階層主と戦うパーティ。
一方、ベルは瀕死状態でリュウも酷い状況。
そんな、双方のいつ誰が亡くなってもおかしくない極限状態。
そんなバトルが続くと疲れてしまう。
ストーリーもピンチの連続で、起伏も乏しい。
描きたいことは分かるが、凡庸な展開が続くのは辛い。
正直、一気に片方を描いて終わらせるのが良いと思う。
時系列に従って色々とメンバーを描くのは得策ではないと思う。
演出上で、もう少し工夫が必要だと思う。

テーマ : ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか  Trackback:1 comment:0 

プロフィール

てぃわは

Author:てぃわは
Cocologが容量いっぱいで、こちらで継続します。
アニメやドラマの感想がメインです。
もう一つ別のブログも利用してます
文責は放棄していませんが、リンクはフリーです。

検索フォーム
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
G-AF
Amazon
Amazon IFrame
カテゴリ
月別アーカイブ
楽天アフィリエイト
ブログサークル更新用
カウンター エリア
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メモリーボード
Pingoo Memory Board
ブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
ブログ村カウント
ブログランキング
ブログランキング