FC2ブログ

この音とまれ! BS11(6/29)#13終

最終回 第13話 久遠
 
さとわと愛に怪我させてしまうところだったと落ち込む妃呂。
先輩の言葉だけれど、舞台はご褒美のようなものと考えると楽になる。
13= (4)
右手を負傷した愛の滝浪先生が連れ出す。
出場禁止で演者を変更する、お前の代わりは居る。
D-Pbi_eU8AIqn5F.jpg
あいつらと演奏するのが楽しいと指示を聞かない。
偶然にも聞いてしまった武蔵、どうして先生は逆なでするのですか?
僕らを試しているのですか? 不信感が募る武蔵。
部長としてどうするのが一番良いのだろうかと悩んでしまう。
13= (2)D-PcLq5VAAAZmcV.jpg
調弦して通し稽古をする時間だが欠席する愛。
何とか演奏の間だけ痛みが引いて欲しいと願うだけ。
D-PdAjcUIAA4Q90.jpg
直前に合流してメンバーの不安が解消する。
それでも初めての舞台は不安だらけ。
姫坂、明陵、千太朗が注目する。
13= (3)
演奏が始まり、出だしは好調、さとわの演奏が鳴り響く。
しかし愛が武蔵との掛け合いでミスをしてしまい次々に不協和音を生み出してしまう。
さとわが愛の負傷に気付いて責任を感じて、さとわまで動揺してしまう。
D-PfIB0UEAEpe0D.jpgD-PfC82VAAAP_YN.jpg
散々苦しんだ光太の演奏が浮足立ったメンバーの焦りを解消する。
D-PfDR_VAAAnMM-.jpg
落ち着いて練習通りの演奏を取り戻して掛け合いも見事に決まる。
さとわも実力を発揮して演奏がまとまる。
13= (5)13= (1)
部員の立ち直りに外野でシニカルに考えてきた滝浪先生にも気づく。
D-Pf1kkU4AU78yz.jpg
苦しんで演奏する姉の言葉を思い出す。
出会ったしまったら関わらずには居られない心揺さぶられる音がある。
立ち直って見事に演奏を終了する。

---最終回---
 
愛の負傷をどうするべきか悩む武蔵部長。
ご褒美なのだからと考えれば本人の意志を尊重する。
そこで治療を促して欲しかった。
それでも演出的には同じだけれど。
まあ負傷ではなく緊張でミスった結果と考えても良い演出でした。
浮足立つメンバーを立ち直らせたのが光太だったのは良い演出でした。
ここまでの彼のエピソードが効果的でした。

分割2クールなので後半も期待したい。
滝浪先生が覚醒するのかも期待。
王道のスポ根作品として描かれたストーリーは好印象。

スポンサーサイト
テーマ : 2019年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:この音とまれ!  Trackback:2 comment:0 

この音とまれ! BS11(6/21)#12

第12話 ライバル
 
明陵の演奏は圧倒的に凄かった。
審査員も認める全国2位の実力。
D9rYUw4UwAAXBk-.jpgD9rYXi3U8AEUGGF.jpg
桜介も体力を使うので昔はよく体調不良になっていた。
幼馴染の朝乃が心配するが彼女の視線の先は顧問の先生。
D9rYyk-UwAANBnr.jpgD9rYonCUIAAkl6M.jpg
明瞭の後はどの学校も霞んでしまう演奏だった。
全国大会1位の目標に不安を感じて落ち込む部員。
諦めるのかと部長の武蔵が尋ねる。
D9rYp1wUEAARQto.jpg
自分たちが下手なのは分かっている。
それでも頑張って全国に出ると誓ったからにはやるしかない。
3バカたちの扱いに慣れてきた武蔵。
D9rZTSqU0AU2FaP.jpgD9rZDM3UcAA4MlM.jpg
身長の低い茨城永大付属校の宮千太朗と揉める愛。
D9rZaHCUcAE-0sM.jpgD9rZbcuUIAENRqG.jpg
彼は男子校で廃部寸前だった箏曲部を立て直そうと頑張っていた。
D9rZcLHU0AAaJIz.jpg
圧倒的に女子の免疫が足りなかったので悶着は収まるが愛はデリカシーがなかった。
D9rZVaoUcAAde0S.jpgD9rZieNUYAAPmti.jpg
祖母が大好きな千太朗。
D9raTpCUcAACruJ.jpg
祖母が作った箏曲部をもう一度全国に出場させる。
D9raCHTVAAE8X6Y.jpgD9raZyHU4AUExLY.jpg
彼の演奏は「更紙風手箏」、聞いたことのないレベルの速いテンポで実力の片鱗を見せる。
二人の演奏なので実力差があるが、揃うと驚異になる。
D9ran6YUYAInAGT.jpgD9raqdfU0AYEBQc.jpg
姫坂も1位を目指して「二つの個性」が更にパワーアップしていた。
D9rYxLfVUAENAT3.jpg
神奈川トップは伊達じゃなかった。
D9rZeDEUEAAOIKI.jpg
哲生にナビさせて依咲が会場に到着する。
愛の勇姿を父にも見せたかった。
D9rY5Y-UcAAfbiH.jpg
神崎澪は空気の音を聞いていたのを発見された。
D9rbEb7UIAE1VwV.jpgD9rbGGeVAAE92X8.jpg
時瀬と同じ神奈川の珀音高校箏曲部員で時瀬の次の演奏。
澪は演奏の音は嫌いだった。
D9rbJagU4AApO5H.jpgD9rbm3OVUAApBS9.jpg
どの高校の演奏も詰まらないと眠っていた依咲。
時瀬の指導はさとわ以外に居ないの?
顧問に滝浪先生がいると聞いて思い出す先輩の名前と同じこと。
滝浪涼香なら、依咲の先輩だった。
指揮者、滝浪薫とピアニスト雪森司の音楽一家に生まれた。
彼は才能を放棄した天才と呼ばれていた。
D9rb3FVUYAACC4U.jpgD9rb4XsUEAIW-p_.jpg
幼くして自宅の音楽を全て聞いたので聞きたい音楽を作曲した。
それはオーケストラのフルスコアだった。
その才能を捨てるのは勿体無いと演奏されると次々に依頼が舞い込んだ。
しかし彼が望む曲を自由には作曲できなくなった。
そんな窮屈な環境を脱すべく日本へ単身引越したのだった。
D9rcJzCUcAABlOp.jpg
彼の姉もピアニストの滝浪九華、彼女のもがき苦しむ姿は見たくない。
凡人でも彼女は、それでもピアノが音楽が好きだった。
D9rbmrXU8AAKzY3.jpg
演奏も近いので、箏を運ぶ。
D9rceIEU0AAb5Mr.jpg
妃呂は初めての人前の演奏で緊張する。
D9rc4fzUIAA5b9j.jpgD9rc429VAAE9fYc.jpg
箏を運んで準備するが誤って倒してしまう。
愛は祖父の箏を使う、さとわが箏を守る。
D9rc5YtUwAANoi7.jpgD9rc71qU4AAMVUW.jpg
そのさとわを守って愛が手で受け止める。
D9rdGsjVAAEzczi.jpg
しかし手を負傷してしまった愛だった。

---最終回 「久遠」---
 
滝浪涼香が凄い経歴でした。
確かに楽器の演奏経験はなかった。
音楽一家で日常レベルで音楽が溢れていたのだった。
天賦の作曲の才能があり捨てた人だった。
登場人物の中で一番才能に恵まれた人でしたね。
それを捨てたのが何とも言えず、世捨て人風なのでした。

妃呂は確かに人前での演奏経験がないので緊張してしまう。
少し箏の経験があるだけに光太を指導した手前失敗は許されないと
 プレッシャーを感じてますね。
そして愛が負傷、これはハンデを課せられてしまいました。
宮千太朗、神崎澪のライバルも新たに登場。
来週で終わるが、分割2期なので2期を待ちましょう。

テーマ : 2019年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:この音とまれ!  Trackback:1 comment:0 

この音とまれ! BS11(6/14)#11

第11話 探してた音
 
さとわは演奏曲の曲想を考えていた。
滝浪先生が訪れ楽器経験者に違いないと問いかけるが愛が訪れる。
D9HUtNkUYAERMYb.jpg0d1bdeb9-s.jpg
武蔵部長との掛け合いの極意を尋ねる。
仲間を信じろ、愛は何かを理解して戻る。
さとわに下手な奴らと練習すると下手になるぞと忠告する。
私はここが良いんです、それに彼らをあんまり舐めないほうが良いですよ。
彼らは驚くべき速度で上達しています。
D9HVgcXU8AAivj-.jpg
愛は武蔵部長の音を聞かないと宣言する。
互いに相手の音を聞いて演奏していたので微妙にずれている。
相手を信じて演奏する、それが見事に嵌まる。
11= (5)
平坦な演奏を謡うように強弱とメリハリをつけてと指示するさとわ。
光太も皆と一緒に練習するのが楽しくてしかたない。
でも楽しい時間は早く過ぎてしまう。
さとわも曲想について皆に相談する。
D9HWG63U4AA4HEo.jpgD9HWvkbUwAUjgNh.jpg
合宿の最後は全員で演奏する。
光太の裏拍が苦手な部分も練習したので妃呂が安心させる。
見事に演奏が嵌まると気持ちいい。
全員で上達を感じる。
D9HWURTU0AAqsIQ.jpgD9HWVD4VAAA8-EX.jpg
妃呂が叔父さんの民宿を借りてくれたお陰だと武蔵。
じゃあ今度何か奢ってよ。
8934aef5-s.jpg
帰っても部室で練習する愛。
78c180a9-s.jpg652e78b6-s.jpg
合宿地で拾った石を備えて祖父の家があった売地で報告する愛。
合奏すると楽しいと言った言葉が身をもって感じられていた。
仁科楽器店でも練習させてもらう。
全国高校生箏曲大会は予選が12月で本選が8月で関東邦楽祭の直前。
邦楽祭の発表順位が決まり時瀬高校は33校中24番目。
cd50d04b-s.jpgD9HW3lzUIAAdN-7.jpg
愛はさとわが楽しそうだと告げると赤くなる。
D9HXLMoU8AA8Eet.jpg
躓いて抱きとめるが実たちに見られて勘違いされる。
D9HXZ0fU8AA9tmo.jpg
大会本番で初めて女子率の高さを知り、会場も大きいことを知る。
D9HXYMNU0AExQwW.jpgD9HXe9XVUAA_3M_.jpg
桐生桜介が少ない箏曲男子の好で愛たちを発見、駆けつける。
全国大会ではベスト4の明陵高校、1位はとんでもない学校らしい。
D9HXtWiUwAAsAgA.jpgD9HXidOVAAARAx6.jpg
姫坂女子のかずさも、さとわに抱きつきベスト4を報告。
さとわが入学してくれれば1位になれると諦めていない。
D9HXkm6UIAASCPy.jpgD9HXnbxUcAAPIxa.jpg
愛たちの実力を聞かせてもらうから。
今大会で明瞭はトップ演奏、採点の基準になるので他を霞ませてみせる。
桐生桜介は明瞭のエースだった。
D9HX0XhUIAAXw9b.jpgD9HX6dMUEAEV8_E.jpg
先輩の泉朝乃とは幼馴染だった。
15人の演奏が1人のように聞こえる見事な統一感だった。
D9HYJO0VAAAWnD6.jpgD9HYUkPU8AA3LMj.jpg
しかも抑揚もあり、無理して併せている感じがしない。
明瞭の実力を今更ながらに感じていた。
D9HYj7AVAAIUaTG.jpg
特に桐生桜介のリードで全員を自由に弾かせてまとめていた。
さとわには必要だが絶対的に足りない技量だった。
そして彼の独奏は突き刺さる感じの激しさがある。
D9HY5dXU8AAVIyJ.jpgD9HZdo4U4AEojmy.jpg
幼い頃は病弱でスポーツが出来なかった桜介。
隣に引っ越してきた朝乃が近所で見つけた一緒に遊べる場所。
それが、おこと教室だった。
D9HY96cUwAESJ2Q.jpgD9HZDuZU8AMHB7B.jpg
仲良く教室に通う二人を冷やかすクラスメイト。
無視されると朝乃に嫌がらせまでする。
桜介は離れようとするが朝乃が強く振る舞って離さない。
D9HZGjWUIAMFH-F.jpg
それなら他人を観察して相手の気持や考え距離感まで全てを熟知しよう。
朝乃を守るためにも必死で観察した桜介。
その技術が仲間の演奏を引き出す能力として開花していた。
しかし桜介の演奏は何処か激しく痛かった。
D9HZjxhVAAEAcjt.jpg
愛にはさとわと同じレベルの演奏に聞こえた。
強敵出現、全国ベスト4は伊達じゃなかった。

---次回 「ライバル」---
 
合宿が終わると大会本番ですね。
その前に強敵の明陵の演奏。
東京代表は伊達じゃないのでした。
ただ曲目というか演奏自体は普通でしたね。
なんだろうか?多人数での演奏感がなかった。
姫坂女子の演奏のほうがよく聞こえた演出だった。
そしてここで語られる全国1位の高校は別次元。
関東の高校なのだろうか?
理想的には京都の高校ですよね。

原作者は箏の家に生まれたらしく母も姉も師範らしい。
そんな幼い頃から箏に触れていたから描ける作品らしい。
問題は箏の上手さを視聴者に分かる演出ですよね。
アニメは音が利用できるが、それだけでは理解は出来にくい。
上手な人の演奏を分かるように魅せる演出が重要ですよね。

今作は分割2期で10月から2期が放送される、それなら安心ですね。
1クールで終わりは勿体無い。
しかし「ちはやふる」とがっぷりとぶつかるだけに辛そう。
テーマ : 2019年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:この音とまれ!  Trackback:1 comment:0 

この音とまれ! BS11(6/08)#10

第10話 近くて遠い音
 
全国出場の道は険しい、課題はたくさんある。
演奏が揃うのは当たり前。
10- (32)10- (15)
さとわは自分の練習が終われば皆を指導する。
さとわには絶対に皆に合わそうとするな、俺達が追いつくから。
武蔵と愛の掛け合いにはメトロノームが役立つ。
10- (14)10- (25)
光太は未だ苦しんでいた、リズム感が圧倒的に不足している。
妃呂との個別練習も光太のミスで進まない。
10- (23)
全体練習でもさとわは光太のミスを指摘する。
益々落ち込んでしまう。
10- (5)10- (6)
もっと練習したい時間が足りない。
合宿しよう、妃呂の叔父さんが経営する民宿を借りよう。
10- (29)10- (17)
瀧波先生はいつも武蔵を見透かして発言する。
的を得ているだけに言い返せないがネガティブな発言が多い。
合宿も乗り気ではなく嫌がるので顧問を降りて下さい。
全国を目指すので校長か教頭に直接話します。
もっとやる気のある先生に顧問を変わってもらいます。
部長の変わりように驚いて先生も了承する。
10- (18)10- (12)
民宿までの移動中に練習中の演奏を聞いて現実を知れ。
先生のアイデアだが、とても酷い演奏でさとわの演奏を全員で壊していると分かる。
これを知って前進できる、苦手、弱点を克服すれば優勝できると士気が上がる。
10- (28)
光太は自分のミスを実感して落ち込む。
10- (1)10= (3)
練習中に何かが掴めそうだがそれが分からないともどかしい愛。
さとわに難しいパートを演奏してもらう。
10= (2)10- (20)
背後から彼女の演奏を眺めて学ぶ。
さとわの音は綺麗で何かが違う。
10- (16)
ミツも音が悪いので箏が悪いと言い始めるが武蔵は演奏の問題かも知れないとアドバイス。
全員での合同練習で愛もミツも進歩していた。
10- (3)
益々落ち込む光太。
10- (7)
実康が夜中に起きて光太が不在だと知って騒ぎ始める。
10- (8)10- (21)
探しに行くことになる。
10- (30)
妃呂は自分のせいだと感じるが夜中に女子が外に出るのは反対だと武蔵。
男子だけで探す、メトロノームの音を聞いた愛。
10- (11)10- (24)
光太は1人で練習を続けていた。
実康も1人で逃げ帰るやつじゃないと駅には向かわず探していた。
10- (31)10- (22)
愛に見つけたら電話しろよ、光太には書き置きくらい残せよと注意。
10- (13)10- (10)
妃呂も駆けつけた、先生と一緒なので心配は要らない。
皆が心配したと知って涙ぐむ。
愛は光太が必要だと言われて喜ぶ。
その夜は光太の問題点を話し合った。
どうやら裏拍子のとり方が拙いとまでは分かったが練習法が分からない。
10- (19)10- (26)
それを聞いて先生が克服法を教える。
妃呂がその練習に付き合ってリズム感を養う。

---次回 「探してた音」---
 
今回は光太のエピソード、見た目は軽いので上手そうに見えたけれど
 一番リズム感が悪かった。
妃呂も教えるがついつい厳しくなってしまった。
愛もミツも進歩するのでどんどん遅れている、進歩していないと
 疎外感を感じて辞めるのか?
と思わせて頑張る光太でした。

今回は武蔵が滝浪先生を斬る。
この先生は経験者で辛い過去を背負っているよね。
あの捻くれ方は尋常じゃない。
愛が何気にスーパーマン振りを発揮し始めていますね。
本能というか天性の感で上達していますね。
集中力が半端ないだけじゃ説明のつかない能力。
やはり祖父の隔世遺伝だろうか?
叔母さんも何気に箏の関係者っぽいだけに箏に関わる一族なのだろうか。
テーマ : 2019年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:この音とまれ!  Trackback:1 comment:0 

この音とまれ! BS11(6/01)#09

第9話 突き刺さる言の音
 
明陵高校箏曲部を訪れた。
先ずは鳳かずさが、さとわに抱きつこうとする。
D7_OxlYUwAAuxBc.jpgD7_OsS0UIAA3d7J.jpg
明瞭の男子部員が愛たちを喜ぶ、男子生徒は少ないから。
D7_O0MEU0AEwuKa.jpgD7_O6_YVUAIDTwx.jpg
桐生桜介とは仲良く成れそうな気がする。
明陵の演奏は既に終わっていた、次は姫坂女学院の演奏。
姫坂は神奈川県代表どころか全国でもトップレベル。
姫坂の凄さは揃うこと。
D7_PU1bV4AA91gW.jpgD7_PlxfUcAAobVn.jpg
演目は二人で掛け合う曲を全員で演奏するまるで1人が演奏しているかのような見事さ。
D7_PGj7U0AIlnad.jpg
愛と武蔵は二人の掛け合いでも苦しんでいるので、彼女たちの凄さが分かる。
D7_PpkJUEAABHAX.jpgD7_PlrWUYAEIDl2.jpg
さとわを部員に紹介しようとするかずさからさとわを引き戻す。
D7_Pwj6U8AEsU8o.jpgD7_Pv2cVsAAnIXT.jpg
時瀬が良いと言ったから姫坂には入らない。
D7_P0EyUwAEaLXq.jpgD7_P5eKUIAAUEVG.jpg
お前たちの演奏がスゴくてさとわに俺たちが釣り合っていないのは分かっている。
D7_QE_vU8AABI3V.jpg
それぐらいは分かっているから、俺達が釣り合うように上手くなれば良い。
揃うだけでは足りない、その上の演奏があると桐生桜介。
D7_QM6xVUAAaTeU.jpgD7_QXPqUEAAq8ZF.jpg
帰りに武蔵は中学時代の友人に会う。
箏曲部で訪れたことを知って笑われる。
愛が本気だからと怒るが武蔵は卑屈になってしまう。
笑われるの成れているから。
D7_QldlVUAAO9Yw.jpgD7_RCpRVUAEw7GT.jpg
納得できない愛は気持ちのやり場に困る。
D7_QrUqU8AAuTgf.jpg
滝浪先生は武蔵に本当に全国を目指すのかと問いかける。
自信のない武蔵は答えられない。
それで部長として部員をリードできるのかと問いかける。
D7_Rg_AUwAEPLgf.jpg
弟の武流は明瞭に箏曲部で訪れたことを知って馬鹿にする。
武蔵には自信がないので何も言い返せない。
愛は哲生に甘えるが、先輩は後輩に相談できないものだと教える。
D7_RlTgVsAEH0Wr.jpgD7_RqqcUwAEZp6J.jpg
妃呂が武蔵の自宅を訪れる。
D7_R3y9UwAA6cgI.jpgD7_R7CpVsAAtkwF.jpg
副部長に就任したから1人で抱え込まないで。
武蔵が言ったように妃呂も相談に乗るから、受け止めるから。
箏曲部は全員で足りないところを補い合っている所が良いと思った。
D7_SIQqVsAESuzu.jpgD7_SUPLVUAINcG6.jpg
弟の嫌味に知らないのに勝手なことを言うなと怒る。
父からは箏曲部長だと知らなかった、立派なことだと褒められる。
自分で自分の価値を下げるな。
母も弟を叱ったことを褒めてくれる。
D7_RfWgU0AAhIT5.jpg
練習で武蔵と愛は上手く演奏できずにギクシャクする。
光太たちは愛が苦しんでいると告げる。
今までは会話が下手でケンカばかりしてきた。
でも部長や皆が仲良くしてくれるので会話したいがその言葉が分からない。
D7_TEUjUEAAev0Y.jpg
それを聞いて愛の下に駆けつけて自分の柵を告げる。
明陵受験に失敗して箏曲部だとバカにされて落ち込んでいた。
しかも姫坂の圧倒的な演奏にも打ちのめされた。
今の武蔵には何も自信がなかった。
愛は自分のことを分かっていないが祖父と部長が信じてくれた。
だから自信を持って生きようとしてきた。
自信なんて目に見えないものに振り回されるな。
妃呂の足りないものを補い合っている、その言葉が蘇る。
D7_TMgeU0AAUall.jpgD7_TiiwUcAEvm3c.jpg
今のままでは全国は無理だ。
でも全国を目指したい。
皆で一文字ずつ目標を書き直す。
目指せ、全国1位。

---次回 「近くて遠い距離」---
 
今回は武蔵のエピソード。
明瞭受験に失敗して弟は合格なのはキツイ。
弟も兄の失敗がショックで辛く当たっている感じがある。
桐生桜介と弟は友人かもしれない。

今回は妃呂や愛が部長を助けたエピソード。
妃呂が副部長として機能してますね。
今後も武蔵よりも大胆で男前に成長しそう。
愛はコミュニケーションが下手な分だけ感情に頼っている感じだが悪くない。
彼の成長が部活の未来を決めるのでしょうから。
さとわも姫坂の実力を知って少し焦り気味。
彼女が負けることはないが全体での統一感と演奏は個人のレベルに
 帰結するので全員のレベルアップが鍵でしょう。
滝浪先生も少し認めたようで、本気度を問いただしていただけだろうか?
彼にも辛い過去がありそう、でないと捻くれ過ぎている。
テーマ : 2019年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:この音とまれ!  Trackback:1 comment:0 

この音とまれ! BS11(5/25)#08

第8話 みちしるべ
 
さとわは未だ一人ランチ、愛が押してクラスの女子とぶつかる。
一緒にランチを食べようと声を掛けてもらう。
D7bK_W0UcAA4lwT.jpgD7bLUTQUwAAODPF.jpg
愛の配慮だと知る。
D7bLwEcU0AApssq.jpgD7bLwXdU8AA7bRd.jpg
妃呂が頬を腫らして部室を訪れた。
D7bL2zvUYAEIDuR.jpgD7bL55RUEAACjIe.jpg
過去の精算として壊したカップルに真実を告げて謝った結果だった。
愛は男らしいと気に入る、さとわだけが心配してくれた。
D7bMdmVUYAIaVAT.jpgD7bMA0nVsAA9kse.jpg
顧問の滝浪先生が部室を訪れる、涼香っちと呼ぶ妃呂。
愛は六段と向き合うことが分からない。
D7bMELvUYAAitDp.jpg
毎日眺めても結果は出なかった。
D7bMXCLV4AE7-pm.jpgD7bMXc8UYAAsWpa.jpg
そこで、さとわに本気の演奏を見せて欲しいと頼む。
D7bMiPXU8AAgAcY.jpgD7bMfZ9VUAAj5G2.jpg
母は彼女の演奏を凶器と告げた。
D7bMfaCV4AAiLP0.jpg
彼女の演奏は音を鳴らすだけのレベルとは遥かに異なる高レベルだった。
全員が感動する演奏だった。
しかし顧問は武蔵にかつてのコンクールで味わった思いを呼び覚ます。
さとわの言葉は素人には伝わらないだろうと涼香。
武蔵は六段も邦楽大会も考えると忙しい。
D7bMxexUEAEKA2E.jpg
妃呂は彼を揶揄するが、本気になれるものがないなら、箏曲部に本気になってよ。
僕たちは全国を目指しているから。
D7bM1nrUYAA8YCI.jpgD7bNBExUEAA3EG1.jpg
愛は未だ六段に向き合うことで悩んでいた。
昨夜も演奏したと聞いて、愛の住まいを初めて知る。
D7bNBjMVsAABkQg.jpgD7bNBxYU8AEV-3Y.jpg
叔母さんの家は高層マンション、父の妹で祖父から頼まれた。
未だ祖父の箏を演奏できない愛、仁科楽器から練習用の箏を借りていた。
仲間の3人は十分に資格があると涙ながらに力説する。
D7bNaqsVsAA-ZgC.jpgD7bNaqaUcAAB6BP.jpg
それならばと祖父に教わった曲を演奏したいが調弦が出来ない。
D7bNi9BV4AA3gF_.jpgD7bNwHHU8AEQS2k.jpg
叔母の衣咲が調弦してくれる、あれは父が作った曲。
音は心を響かせるもの、曲は作者の心そのものだ。
D7bNwHFUwAAI_Aw.jpgD7bN_MhUEAMoO2j.jpg
演奏を聞いて3人はまた涙。
D7bN3SDUEAEPup4.jpg
祖父は衣咲に愛を叱って育てられる人物として今後を託されていた。
最近笑えるようになった、もう少しで更生できる。
D7bOJcQUYAE1D5l.jpgD7bOIGCV4AA6bng.jpg
4人がやる気になって自分流の六段を考えて演奏する。
妃呂もネイルを辞めて箏に本気になった。
D7bOj5yUwAAOrAw.jpg
武蔵の弟、タケルは兄が箏曲部なのを嫌っていた。
D7bOOXGV4AAlQgc.jpg
姫坂女学院の鳳かずさ、邦楽大会に出場するがライバルなど居ない。
彼女が気にかけていた鳳月さとわの消息が判明した。
D7bOzKzUYAEgNH-.jpgD7bO4_gUIAAu68s.jpg
さっそく時瀬高校箏曲部に偵察に来る。
D7bO1TeUYAANwQq.jpgD7bOxJhUcAAJkcs.jpg
彼女は鳳月会と並ぶ箏の名門、華凰会の跡取り娘。
D7bO6fvUIAA6yL3.jpgD7bO66HU8AA--J0.jpg
実はさとわに演奏を聞いてファンになっていた。
彼女はさとわを姫坂女学院箏曲部にスカウトに訪れたのだった。
D7bPFMSVUAEoWLa.jpgD7bPJ1kV4AE6_DN.jpg
さとわの答えはNO、この箏曲部が好き。
ここでは実力を発揮できない、他の部員とは釣り合わない。
全国レベルの実力を知るためにも明陵との合同演奏回に来れば良い。
D7bPkDrV4AA98K4.jpgD7bPivhU0AAk5je.jpg
姫坂女学院の箏曲部は神奈川県代表の全国レベル。
明陵を受験した落ちた経験を持つ武蔵。
邦楽大会の演奏曲を決めないといけない。
D7bPtIvU0AAndK_.jpgD7bPxHqUcAEjIZz.jpg
久遠を見つけて愛は同じ名前に親しみを感じる。
1弦の掛け合い演奏が難しいが面白いと初めて見て評価するさとわ。
D7bP6Z0VsAAckJp.jpg
明陵での演奏会を鑑賞するなら顧問の滝浪も同行する必要がある。
全国を目指すなら現実を知るのにも丁度いい。
D7bQAtOU0AEHW1Z.jpgD7bQFYmUwAEjg2z.jpg
さとわと掛け合いのタイミングを口で練習する愛。
さとわがこの学校が良いと言ったので本気でプロを目指していると考える愛。
D7bQNkUUEAEqDB-.jpgD7bQNi1VUAAe4SK.jpg
でも皆と演奏したいからと本音を漏らすさとわ。
照れまくりのさとわに笑顔の愛。
明陵に到着した。

---次回 「突き刺さる言の音」---
 
愛が祖父の箏を演奏できて一歩前進するエピソード。
今回は部長の武蔵のエピソードのようですね。
落ちるはずのない明陵受験に失敗、弟の箏曲部非難と色々と問題が露呈しました。
滝浪顧問のシニカルな態度の原因も気になります。
箏の演奏が分かるので楽器経験者に思えるが本人は否定。
真実は何処に?

そして、さとわラブの鳳かずさの出現。
彼女も強敵になりそうですが、学校自体がトップですからね。
とんでもない実力の予感。

演奏が短めなのが持ったない、さとわの六段、愛の祖父の曲は
 もう少し眺めで演奏して欲しかった。
母がさとわの演奏を凶器と称したのは実力が高すぎて協調できなかったからでしょうね。
それで仲間との合奏の心地よさを時瀬高校箏曲部に感じたのでしょう。
彼女も合奏がしたいが上手く出来なかった、人間関係の構築が出来ていなかったからでしょう。

テーマ : 2019年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:この音とまれ!  Trackback:2 comment:0 

この音とまれ! BS11(5/18)#07

第7話 知られざる音の葉
 
さとわにプリントを届ける愛。
D63If1QUwAA99Cq.jpg
発熱したさとわが倒れたので看病する愛。
D63Ir4pUIAI6JQV.jpgFTuQahjqiHkFdSI.jpg
タオルを探して彼女が演奏したDVDを見つけて視聴する。
D63IwroUcAE-d1e.jpgD63I5xxVsAAE2Uy.jpg
鳳月会の家元である父親が突然亡くなった。
家元は才能のない母が引き継いだ。
D63JORhU0AEenVq.jpgD63JU7WUcAAcPnx.jpg
しかし実力不足で鳳月会から離散する者が多数。
さとわは苦しむ母親を助けようと大会に出場して結果を表す。
D63JOHZUEAAQXIl.jpg
しかし小学生とは離れてしまう。
D63JIKRVsAAkBSe.jpg
鳳月会の役員からは、将来の看板を背負う天才少女さとわの教育だけは頑張れと揶揄される。
それこそが生命線だと考えて勝つための演奏、家元になる道だけを考える。
家族で楽しく演奏したいさとわの思いとは掛け離れていく。
D63JwFZUIAAaKYU.jpgD63JbZGUIAYn_Kf.jpg
中学の部活も断って家元の演奏だけを強いる母親。
いつしか娘を見守る目を忘れてしまっていた。
高校も決めてコンクールで入賞して推薦を勝ち取ろうと勝手に決めていた。
D63J12jUcAABAl7.jpgD63KH6dV4AAW3TB.jpg
母の変貌ぶりを戻したいと考えて邪魔されないコンクールで演奏曲を偽って
自作曲を披露する、高難度の演奏に観客は感動する。
しかし母には娘の思いが届かなかった。
失格した演奏に怒るだけの母だった。
D63Jwk_UcAE9gsO.jpg
全てを諦めて練習も辞めるさとわ。
鳳月会からもクレームが上がり破門される。
天才の娘には実力もない母の思い、苦労など分からないでしょう。
ElPefHcCjTKSUQW.jpg
さとわの演奏に感動して涙を流した愛。
D63KjFmU0AEOZ3u.jpg
翌日は元気になったさとわ、愛は看病で泊まっていた。
D63KyplUEAAKQQ-.jpgD63LGvhU8AIsRZL.jpg
台所に彼の調理した卵粥があった、その優しさに涙が溢れる。
D63LNOVVsAEabVi.jpgD63LOd6U0AIs9nL.jpg
自分たちの下手さに迷惑をかけて部活に来なくなったと考えていた光太たち。
部活は楽しいからと説明するさとわに一安心。
D63LbWjVsAAh7bu.jpg
妃呂がさとわは部活しか演奏する場所がないからでしょうとからかう。
彼女の秘密をバラそうとするが、自分の口から話します。
私は鳳月会を破門されたの。
D63LtX6UwAE1plg.jpgD63Lvs0UEAA38LQ.jpg
正直話してくれてありがとうと武蔵。
他の4人は驚かないし気にしていなかった。
仲間として受け入れる5人に予想外の反応を感じて去る妃呂。
D63L1TnU0AAQLK5.jpg
計画が狂って毒づく妃呂。
追いかけた武蔵は悪態を着く妃呂に怒る、暇なんだねと蔑む。
D63MTKPUwAAUodo.jpg
畜生と悔しさを顕に泣き崩れる。
彼女は彼氏にも女友達にも酷い女と言われた。
それは彼氏を横取りしようとした女子の陰謀だった。
その結果に驚き他のカップルを八つ当たりの対象にしてきた。
D63MaPlU0AA7fbt.jpgD63MafSVsAAHxMG.jpg
そうして幸せそうな人を貶めて憂さ晴らしを続けてきたのだった。
そんな自分が惨めに思えてきた。
D63Mm_uVUAE5jB7.jpg
妃呂の悪態に怒ったが、泣いたことで話を聞いて相談に乗ると告げる武蔵。
それを聞いていたさとわが私と同じだと話しかける。
D63M-qXV4AAQOUH.jpgD63M_2iUIAAvS-0.jpg
破門されたさとわが偶然、高校生大会予選を視聴した。
下手だけど楽しそうな部の演奏に憧れた。
だから入部したのが真実だった。
妃呂も演奏に感動したのは事実だから。
D63NGhpUEAEYToC.jpgD63NQnIUEAAm2k1.jpg
部室の前で立ち止まっていた妃呂、愛が入室を促す。
光太は彼女が訪れて喜ぶ。
謝りたいことがあります。

---次回 「みちしるべ」---
 
今回は、さとわの過去と妃呂の過去が明らかに。
さとわの母が弱かったのが原因でしょうか。
歴史ある家元なら経営だけに専念して演奏の技術指導は他の人に頼めれば良かったのにね。
母親が弱くパニックを起こして娘に厳しく当たったのでした。
妃呂は八つ当たりですよね、そして二人に言えるのは理解者が居なかった。
親友が居れば乗り切れたかもしれない過去でした。
それが今回の箏曲部で得られそうですね。
良いエピソードでしたね。

でも顧問の問題もあるので山積みですね。
テーマ : 2019年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:この音とまれ!  Trackback:2 comment:0 

この音とまれ! BS11(5/11)#06

第6話 見えない境界線
 
箏曲部の演奏に全校生徒が大感激。
D6TFU2yV4AAKlXh.jpg D6TFVGXUUAAC05r.jpg
全員が興奮していたのは明白だった。
D6TGSa_UUAANeWr.jpg D6TF9osUUAAd2UO.jpg
そして、さとわが教頭先生の課した試練のお陰ですと挨拶。
D6TFnitVUAAfaWQ.jpg D6TFoUjU8AYUNA8.jpg
愛もお礼を述べると教頭先生も認めざるをえない状況を演出。
D6TFlAVUYAA_4w-.jpg D6TFurJUcAEjK3a.jpg
箏曲部の廃部は回避できた。
D6TGJl_UEAEz0mT.jpg D6TGkf4UcAE4Mo5.jpg
仁科楽器店主が愛に祖父が制作した箏を大事に保管してきた。
演奏を聞いて渡すことにしたと、竜頭に名前が彫られていた。
D6TFpd4UcAEO1Di.jpg 
部室で乾杯するメンバー、この勢いで全国を目指そう。
D6TGrZuVUAEViEb.jpg D6TG9j6UEAI9lHU.jpg
顧問の滝波先生は困るからやる気になるなと勢いを鎮める。
教頭先生も本気になって暇がなくなるから困るとクレーム。
さとわもこんな部に何故入ってきたとレベルが違うのにと迷惑そう。
昨年の全国を目指した先輩たちに全国に行ける音じゃないと追い打ちをかけた顧問だった。
D6THIR9UIAEh1tO.jpg 
愛も武蔵も怒るが程々に諦めろと頑張ることを否定する。
D6TGgosUYAAe2YC.jpg D6TGgwoUEAAJg4g.jpg
次の日から箏曲部は大人気で皆が戸惑っていた。
D6THRX6V4AAC0Qa.jpg D6THccbUYAAJkN-.jpg
仲良しクラブが気に入らない来栖妃呂、武蔵に入部届を提出。
さとわは彼女が本気でないことに爪で気づいていた。
入部が許可されて早速、部内で暗躍。
D6THq1cU8AA0NMl.jpg
レベルが違うから教えるのが大変らしい。
気疲れするとか嘘を撒き散らす。
箏が2本足りないので、愛が自分の箏を持参する告げる。
D6TIDK_UUAAWLm0.jpg
爺ちゃんが作ってくれていたと聞いて愛の過去を知るだけに部員は大喜び。
 D6TIP6TUEAI8bZC.jpgD6TIM5YUEAA7MZ7.jpg
それが逆に妃呂には妬ましい、壊したくなる。
 D6TIrASU8AER-zw.jpgD6TIqwBUwAAEdGn.jpg
愛の箏は柾目の立派で高価な品、100万円は越えるから持って帰りなさい。
本番や発表会のときだけ使いなさいと、さとわが教える。
素直に持って帰る愛。
D6THxIoUcAAUmlf.jpg D6THvNjUwAE7OIh.jpg
全国大会は12月だから夏の全国高校邦楽大会に出場しようと提案。
その前に一度古典を練習しようと提案するさとわ。
古典を練習すると音に深みが出るらしい。
D6TJByZV4AATvvP.jpg 
武蔵が新歓で演奏した曲だが、あのときと同じく眠ってしまう退屈さ。
D6TIsozUwAAsuvS.jpg D6TIkDaUYAA_VKG.jpg
全員で練習するが妃呂のレベルが違う発言にも素直に納得する3人。
俺たちが迷惑をかけているのは事実だから。
D6TJRJLUYAIYjKg.jpg D6TJQysUwAAy785.jpg
それを彼らに言われると、さとわは昔の孤立した時代を思い出してしまう。
D6TJptDUwAUCroR.jpg D6TJp8JVUAAvPr3.jpg
さとわが欠席したのでプリントを届ける愛。
今までなら頼まれなかったと褒める哲生。
休んだのは俺たちが下手だから疲れたのかもと気にする3人。
そのとおりだと追い打ちをかける妃呂。
本人の言った言葉しか信じないと威圧する愛、まるで嘘を見抜いた様子。
D6TJua7UwAABH0X.jpg 
宛が外れた妃呂、箏曲部の結束は硬いと撹乱を諦める。
D6TKDVhVUAAXzTK.jpg 
しかし母親からさとわの秘密を聞いて再び、部員を揺さぶろうと悪巧み。
D6TKRopV4AAhOSG.jpg D6TKLfHUcAAG-H4.jpg
愛がもらった住所は月元荘201号室。
家元の豪邸ではなかった。
風邪で休んでいたさとわが、その部屋に住んでいた。

---次回 「知られざる音の葉」---
 
取り敢えず教頭の試練は克服できた箏曲部。
逆に味方につけた様子。
しかし試練はまだ続く。
先ずは感動したのに仲良しクラブを壊したい来栖妃呂。
彼女はお子ちゃまで嫉妬深い様子。
自分が褒められる何かを持っていないので相手を壊したい。
そんな破壊衝動が強いようですが、感動したのも事実なので
 彼らとは分かり合えれば仲良くなれそう。
愛がさとわを信頼している様子がキズナの強さを描いていたので、
 彼女の企みの失敗には決定的でしたね。
わとわが過去の想いを正直に白状できれば和解できそう。

もう一人の問題が顧問。
彼はいつか、全国大会の出場を目指して力尽きた様子。
何か裏取引的な何かを知ってやる気を失った様子。
真面目に頑張ったぶんだけ裏返ってネジ曲がった様子。
もう一度再生すれば良いコーチになるのかも。

テーマ : 2019年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:この音とまれ!  Trackback:2 comment:0 

この音とまれ! BS11(5/04)#05

第5話 響き届け 僕らの音
 
光太から愛の過去を知らされて呆然とするさとわ。
彼女が聞いた愛の過去とは異なり、彼の行動に非はなかった。
D5vCKI9UYAI1Acg.jpg D5vCQ_iV4AE8BmJ.jpg
噂を信じて彼に酷い発言を繰り返したことを反省する。
D5vCaT3V4AAwVkB.jpg D5vCa_LUIAAJ5vc.jpg
部室を飛び出した彼女は愛にぶつかり泣き顔を見られてしまう。
今まで酷いこと言ってごめんなさい。
D5vCbHSU8AEPH_Q.jpg D5vClklUYAAYQ7j.jpg
音は嘘をつかないは真実だと考えるさとわ。
D5vCz_rU0AElbZO.jpg D5vC1EgVUAAYZVO.jpg
教頭は校長に演奏発表会の開催を伝える。
顧問の先生はやる気がなく教頭に同意する。
D5vDYrnUUAIUop2.jpg 
初めて最後まで演奏ができた、でも最低限の到達点でしかない。
仁科楽器店の店主は大事なのは誰にどんな思いを伝えるかだ。
音色は気持ちを伝えるもう一つの言葉だから。
D5vDg35UEAA7Dkq.jpg 
さとわは愛の独奏には、仁科楽器店で演奏した音色を求める。
本人には意識がなく、再演方法も分からない。
さとわの鬼コーチぶりは続いていた。
D5vDtbiU8AAsoZ5.jpg D5vD2wGUYAA7lkP.jpg
発表会当日、17弦を愛に運んでもらうさとわ。
傷つけたら弁償してもらうと少しづつ仲直り。
ステージ裏では緊張でガチガチだったが私が居るから大丈夫とさとわ。
頭が真っ白になっても体が覚えているから。
さとわにも演奏会には不安があった。
誰かのミスが全体の演奏を狂わせるから嫌いだった。
このメンバーには信頼感が芽生えていた。
D5vEiVCV4AAxM8C.jpg 
愛は仁科楽器店主を校長に頼んで特別に招いてもらっていた。
部の存続は校長が一声かければ可能なはず。
でも校長も演奏を聞いてみたかった。
D5vEH8wU8AAgsbh.jpg D5vEz0BUIAALg-a.jpg
教頭のアナウンスでやる気のない生徒は不満を口にする。
武蔵が冷やかされても部長として何も出来ていない思いから
 精一杯の演奏を聞いて欲しいと告げる。
D5vFIJqUcAY-d6r.jpg 
部員の本気の演奏に圧倒されて、生徒や教頭の顔が変わる。
さとわの独奏まではノーミスで順調だった。
愛には祖父との思い出が蘇る。
D5vF3qUUUAAOvvF.jpg D5vF3c3UcAEwl7S.jpg
荒れて喧嘩ばかりの毎日だったが哲生だけは見捨てなかった。
自分が他人より先に人生を諦めるな、周囲に心配してくれる人が居るなら。
哲生は真剣に愛を想ってくれていた。
D5vGKgbU8AUfn4l.jpg 
笑顔を見せられることに喜んだ祖父。
走馬灯のごとく思い出が蘇る。
仲間の居ない孤独な龍の鳴き声に聞こえると表現する店主。
D5vGcSwUUAEdgQb.jpg D5vGcA6UcAIrglD.jpg
タイミングのミスが続いて演奏が不協和音として伝わる。
さとわが小節の出々しを強めに弾いて出々しを分かりやすく演奏してくれる。
全員がさとわに合わせて演奏して持ち直す。
愛の独奏では優しい音色で観客を魅了する。
D5vG6CjUIAYqbMz.jpg
終盤の盛り上がりを無事に演奏して終了する。

---次回 「見えない境界線」---
 
音楽アニメはプロの演奏を聞かせるだけでも感動できる。
今回は前半の見せ場となった、龍星群の初演奏。
本気で1ヶ月練習した成果の集大成。
まだまだ未熟だけど想いは伝わった、そんな演奏でした。
セリフよりも演奏をメインで描いて盛り上がった。
これで教頭が反転して箏曲部を贔屓にするなら面白い。
それ以上に問題は顧問のやる気の無さ。
ここまで未登場だったのが既に問題を露呈させている。
彼の存在が意味を持つのかも気になるところ。

今回は音楽の力を存分に見せつけたエピソードを堪能した。
テーマ : 2019年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:この音とまれ!  Trackback:2 comment:0 

この音とまれ! BS11(4/27)#04

第4話 初めての響き!
 
部室で愛とさとわが言い争い。
qCylSVsWcyEruos.jpg D5K_MYMUwAAxA5z.jpg
手で演奏するパートの音色がボヤケている。
それをスッキリした音色にするにはどうすれば良いのか?
さとわは練習するしかない。
D5K_0NUUYAMRil3.jpg
武蔵は指に豆ができて固くならないといけないと教える。
さとわは圧倒的に教えるのが下手だった。
D5K_2VBUIAASmF2.jpg D5K_2cqUEAAOZTQ.jpg
手を固くするには練習するしかない。
D5K_2lVVUAInAm3.jpg D5K_xu3U4AA0Y-7.jpg
もっともっと練習したいと考えて仁科楽器店の老女に頼み込む。
PiMpuQNKNiCyEJp.jpg D5K_amWU0AEALYX.jpg
1ヶ月後に綺麗な演奏を聞かせるからと約束して了承してもらう。
D5K_Y8dU4AUVLJ6.jpg D5K_hByVUAAuORK.jpg
祖父が聞いたらどんな顔をするだろうか、親バカだったので大喜びだろうと思う店主。
4人は自分のパートを間違わずに演奏できるまでに上達した。
 D5LAMpnUUAUdwrV.jpgD5LAMw-U8AAe2tg.jpg
6人で合奏してみよう。
さとわのパートが始まると音色と音量に圧倒されて全員の手が止まる。
それ程に素人でも分かる天賦の才能を持っていた。
DRopRFxsHJSiUBg.jpg 
4人はバラバラでタイミング合わないのだった。
周りの音が聞こえない、合わせられない課題が露出する。
D5LAmSKU8AUH9oR.jpg D5LAmacUcAAQc5W.jpg
さとわには普通のことで教える以前の問題だった。
DERrGCCsJiVDtzP.jpg D5LAxCrUcAAZFO8.jpg
武蔵は部長として頑張りどころだと考える。
前の部長はこんな時どうしていたのかな?
全員で食事に行こうよ、帰ろうとするさとわも連れて行く。
D5LA4LlVUAAiSNZ.jpg D5LA7mxUUAI9lJ_.jpg
もんじゃは初めてのさとわ。
分からない時は分からないと素直に言え。
分からない、出来ないが許されていない家元の教えだった。
D5LAYqDUIAAJ45y.jpg D5LAYxPVUAAwThX.jpg
新鮮な要求に正直に分からない、自然にできるのでと告白する。
exTeNnbrVrWkUzg.jpg 
バンドならドラムに合わせればいい、手拍子で合わせてみよう。
全員でアイデアを出し合って考えることが出来る。
D5LB1CuU8AE0ZWd.jpg DwOdzYgJIGeOAiE.jpg
さとわの手拍子に合わせられるようになって良い感じになってきた。
初めて全員の出々しが一致して感動する。
着実に進歩していることを実感する。
D5LCn1cUIAEdQy-.jpg D5LCye9U4AAsaIA.jpg
仁科楽器店に6人で押しかけて練習する。
休憩も必要で武蔵の部長ぶりが板につき始める。
ただ演奏するだけでは駄目、曲を理解して思いを載せないといけない。
箏は龍に見立てた楽器、龍星群の龍には箏の意味があるのかな?
さとわの個人的な解釈だが、龍はあの世とこの世を繋ぐ生き物。
それから演者と聞き手を繋ぐ意味もあると思う。
心を繋いで思いを届ける。
それなら、俺達の曲に思える。
D5LC1GIUUAA0bSX.jpg 
初めてさとわが心から笑った。
D5LDKD1U0AM9I-0.jpg D5LDM7-UYAAqkYN.jpg
一人練習で演奏する愛の音色が強く優しい特別な音色を奏でる。
その音色にはさとわも武蔵も感動する。
しかし音色はその一度きりだった。
DBfcpCMFhzZNwme.jpg D5LD4TdUwAA-KUB.jpg
校内では武蔵が不良の一年にパシられていると思われていた。
先生に呼出される。
さとわが部室に着くと光太が先に来て自主練を始めるところだった。
俺だけ遅れているので足を引っ張りそうだから。
どうして君たちは頑張るの?
愛が頑張っているから、トラウマになっていると思ってた。
彼の過去を聞かされるさとわ。

---次回 「響き届け 僕らの音」---
 
さとわは家元を継ぐ使命のもと、厳しく教えられた。
一人で解決することを強いられてきた。
皆で仲良く楽しく演奏することは学ばなかった。
それが愛の行動で仲間ができて、相談する、全員で考えることを知る。
孤独だった天才少女が、仲間と演奏する楽しさを知る。
そんな流れと愛の想いを知って変わっていきそうですね。
もちろん愛も正直に正面から箏に向かっています。
一番素直で純粋な愛だけに音色も真っ直ぐなようですね。

さとわの圧倒的な天賦の才も演出が上手くて感動ですね。
次回は演奏会のようでフルに聞かせて欲しい。
音楽アニメは聞いているだけでも感動できるのが良い。

テーマ : 2019年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:この音とまれ!  Trackback:2 comment:0 

プロフィール

てぃわは

Author:てぃわは
Cocologが容量いっぱいで、こちらで継続します。
一時期Yaplogでも書いてましたが、検閲が酷いのでアニメ使用は辞めました。
もう一つ別のブログも利用してます
文責は放棄していませんが、リンクはフリーです。

検索フォーム
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
G-AF
楽天アフィリエイト
Amazon
Amazon IFrame
カテゴリ
ブログサークル更新用
日刊BLOGガイド
日刊BLOGガイド
カウンター エリア
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メモリーボード
Pingoo Memory Board
ブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
ブログ村カウント
ブログランキング
ブログランキング