FC2ブログ

キャロル&チューズディ フジ(7/17)#14

第14話 The Kids are Alright
 
スラムで伝説のプロデューサーのトビーと出会う。
曲も歌も駄目だ。
D_sHYk9U0AAGb3m.jpgD_sHclQU0AAT38y.jpg
口の悪さで本人だと分かるとガスはプロデュースを交渉する。
テキサス生まれで意気投合してプロデュースを承諾する。
14=2.jpg
毎日、朝から晩まで練習することが条件。
でもお金がないのでバンドもスタジオも借りられない。
彼の部屋でマイク一本で録音する一発録り。
14=3_201907181035001a0.jpg
IT界の風雲児アーロンもアンジェラのファン。
彼女の行動にやけに詳しいBlack Knightなる投稿者が居た。
D_sJwtqU0AAHj66.jpg
AI警備ロボに守らせる。
タオは新曲を準備中、新曲を歌うのは不完全ながらシミュレーションAI。
D_sJ_TNUcAAQQ1H.jpgD_sJ_MRU8AAvZ4V.jpg
アンジェラは自身の存在を危ういと感じる。
D_sIe1aUwAAEF5U.jpgD_sIe8UVUAAAa7O.jpg
コインランドリーでキャロルの両親が現れた。
お金目当てと分かっているので賞金もなく、デビューも決まっていないと告げる。
D_sIfEsUcAEmUdM.jpg
それでも腕を取って引っ張り合うのでダンが助けてくれる。
仮に本当の親でも今まで音沙汰もないのに無責任過ぎる。
地球の教会で雪の日に捨てられたとシスターから聞いた。
キャロルの地球での思い出だった。
D_sJL7wUcAEgCEK.jpg14=5.jpg
カイル記者がチューズディの屋台を訪れる。
母親の取材は拒否、でもいつかは向き合う必要があるのでは?

チューズディの母、ヴァレリーは大統領選でライバル候補者に苦戦。
地球との交易を禁止する、それほどの強烈なメッセージが必要。
実現不可能な公約は危険。
でも当選しなければただの一般人。
D_sKy8VU0AAqz80.jpgD_sKyuxUcAEJ-7H.jpg
スキップがバックバンドとして合流、昔からの知り合いらしい。
何度も演奏を繰り返し、52回目で合格。
D_sK8bOU0AAVUoX.jpgD_sLF9qUYAEnXBr.jpg
トビー相手だとそれでも凄いらしい。
新曲が完成して次はアルバムだ。
今どきは売れないアルバムだが、敢えて挑戦する。
D_sMDXNUYAAbagG.jpgD_sMDemVUAMp-xp.jpg
ダンが地球に帰る日もコインランドリーでキャロルを待っていた。
道すがら彼が話した過去。
妻は出産後も体が弱く、教会に子供を預けた。
夫は無実の罪で服役中だった。
妻は病弱で亡くなった。
夫は17年後に仮釈放され、子供の行方を追った。
養護施設、難民キャンプ、そして火星へ。
親らしいことは何も出来なかったので父とは名乗れない。
ただ子供を一目見たいだけ。
D_sMM1OUwAAb14G.jpgD_sMM8TUIAEhKw0.jpg
また火星へ来る?
刑期を努め終えたなら。
その時は訪ねて来て。

---次回 「God Only Knows」---
 
キャロチューの新曲作成エピソード。
それを手土産に大手レーベルとの契約を勝ち取る作戦。
でもガスの昔なじみのレーベルは契約してくれないのだろうか?
大手過ぎて、自由には契約できないのだろうか?
あのコンサートの主催者に泣きつくと思っていたのに。
アンジェラのストーカーのBlack Knightは元マネージャーでしょうね。
でもアーロンの可能性もあるかも。

AIと人間との対立が構図のようだが、前半での描き方が弱い。
それを曲として表現するのが難しいのは分かるがここまで
 上手く見せて聞かせたとは思えない。
セリフだけの演出が弱い。

大統領選の公約にも関わってきそうな構図かもしれないが
 演出が難しすぎると思う。
AIの曲が全て電波ソングにでもすれば分かりやすいかもしれない。
でもあまりに突飛すぎて実現的でもなく作品の方向性を誤ってしまう。
色々と難しいですね。
スポンサーサイト
テーマ : 2019年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:キャロル&チューズデイ  Trackback:0 comment:0 

キャロル&チューズディ フジ(7/10)#13

第13話 Walk This Way
 
マーズブライテスト・コンテストの影響は大きい。
キャロル&チューズディはTVのトーク番組に出演。
13=1_201907110956516cd.jpg9f294159-s.jpg
他にも雑誌などの取材が多数舞い込んできた。
050745da-s.jpg13=3_20190711095654abe.jpg
アンジェラはブライテスト・レコーズと契約してデビュー曲を披露する。
一歩先を進む。
13=6_20190711095656e00.jpg
コインランドリーで洗濯中にダンと名乗る男を助ける。
b0108869-s.jpg79777758-s.jpg
チューズディが絡まれているところを助けてくれる。
2b2bc18c-s.jpga61d9102-s.jpg
キャロル&チューズディにも契約の交渉が訪れる。
ブライテスト・レコーズでアンジェラと遭遇する。
ガスとダリアは丁々発止の嫌味の言い合いになる。
マーズグラミー新人賞を狙っているので早くデビューしなさい。
アンジェラは二人をライバルと認めた。
270db7f3-s.jpg822a97c9-s.jpg
金と自由度のどちらを取るか?
ガスの契約の条件に両方だと告げる二人。
キャロルには親族の名乗りが多数届いているらしい。
ブライテスト・レコーズでドラフトを読むガス。
自由度が少なく拘束が多いので断る。
もう一曲ネットに公表して価値を高めて有利な条件で契約することも出来る。
ffbf93fd-s.jpg4e710693-s.jpg
キャロルの母ヴァレリーの大統領候補演説に兄も登場。
しかし支持率は伸びない。
041cf111-s.jpg
彼女の政策は不法滞在者の退去だった。
選挙参謀はジャーナリストも利用して支持率アップを画策する。
88a89ae3-s.jpgba4d3c07-s.jpg
プロデューサーが必要なので伝説の男を探す。
スラムで住居は不明なので誘き出すしかない。
bf531eb8-s.jpg
二人が演奏を開始するとまさかりを振り回しながら男が現れる。
彼こそトビーだった。

---次回 「The Kids are Alright」---
 
マーズブライテストコンテストで一躍有名人になった二人。
マスコミへの露出が増える。
しかしデビューがすんなりとは決まらない。
更なる条件アップのために画策する。
先ず必要なのはプロデューサー。
伝説の男を探すためには歌うこと。
危ないおじさんが登場してきました。

コンテストが終わって日常の様々な事件が発生。
チューズディの母の政策がキャロルをピンポイントでヒットしてますね。
これは負けフラグでしょうか。
コインランドリーで出会ったオジサンのダンがキャロルの父?
なにかフラグに思える。

この作品の楽曲は同じフレーズを執拗に繰り返す曲が多いと思う。
なんだか気になってしまう。
テーマ : 2019年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:キャロル&チューズデイ  Trackback:2 comment:0 

キャロル&チューズディ フジ(6/26)#12

第12話 We've only just begun
 
チューズディが実家に連れ帰された。
ガス、ロディに彼女の実家を打ち明けるキャロル。
チューズディは1週間外出禁止。
12=2_201906271215572aa.jpg
チューズディが思い出すのはキャロルと歌ったことばかり。
大事なものをようやく分かった。
12=4.jpg
ガスは過去の後悔を打ち明ける。
離れ離れになった相棒を呼び戻しに行かなかったこと。
キャロルに少女を連れ戻しに行くことに参加するか尋ねる。
ロディも無理やり巻き込まれる。
12=3_201906271215586fc.jpg
兄はチューズディにライブを見て感動したことを話す。
家族のことを何も知らなかった。
夢を大事にして欲しい、そこで今、何がしたい?
12=5_20190627121600846.jpg
アンジェラはタオにAI作詞の変更を伝える。
AIがアンジェラの全てをモニターしているので自分以上に詳しく分析している。
彼女が歌うのは母のため、でも決勝だけは私のための詩を書いて。
今回だけの特別を了承するタオ。
D-AAYQzUEAA3UPr.jpgD-AATjCUwAE46Iq.jpg
アンジェラを外に連れ出そうとする兄、しかし警備ロボに禁止される。
ロディが正面で騒いで陽動、その隙に壁を乗り越える作戦。
走るチューズディを発見、キャロルは一緒に脱走する。
ガスは警備を1人で引き受ける。
二人のファンと名乗る男が駅まで送ってくれる。
電車の中で勝つことに拘り過ぎたと反省して謝罪するキャロル。
誕生日プレゼントのブローチを手渡す。
D-ABUuDUwAAqqfy.jpgD-AAvzhU0AE9h6U.jpg
コンテストが始まり、アンジェラだけが登場、歌い始める。
歌唱力とパフォーマンスで観客も審査員も魅了する。
ようやく到着したキャロル&チューズディだが大会規定にスタート時に
 不在者は失格と記述されていた。
失格でも良いので歌いたいとお願いする。
アンジェラも賛同して、失格は覆らないが歌うことを許される。
初めて二人で作った曲を披露する。
観客の声援は鳴り止まない。
D-ACzjaU4AEDy6c.jpg
審査員は大会規定は変えられないが例外もある。
コンテストの優勝者はアンジェラ、キャロル&チューズディにもデビューする機会を与えてくれた。

---次回 「」---
 
次回は特番で総集編かな?
今回の結果が予想されているだけに良かったねだった。
ただ、そこまでのドタバタが必要だったかは不明。
色々と突っ込みどころは多い。
それに都合良すぎなストーリーですよね。
正直、歌の良し悪し、パフォーマンスの良し悪しをアニメで描くのは難しいと思う。
フルで楽曲を描いても買った負けたは個人の趣味にしか思えない。
この辺りのコンテストをフルに描く必要があったのかは謎。

AIと人間の作詞作曲の違いも不明。
結果だけでは伝わらない。
作画や世界観、テーマは良いのだが見せ方が下手だと思う。
テーマ : 2019年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:キャロル&チューズデイ  Trackback:2 comment:0 

キャロル&チューズディ フジ(6/19)#11

第11話 With or Without You
 
キャロルが誕生日プレゼントを開けて火傷してしまう。
誰の仕業かも不明でギターを弾けないチューズディ。
D9b9SkGUcAAbJ6D.jpg11=1_201906201314251e4.jpg
急遽、曲を変更する。
D9b9WJeUIAAhepp.jpg
チューズディの負傷でMCは引き伸ばしを余儀なくされる。
アーティガンに話題を振って時間稼ぎをする。
D9b92iXUcAARTAT.jpg
新曲でギターパートを決められていない曲ならピアノだけで歌える。
二人の出番まで時間稼ぎを再度アーティガンに頼るMC。
11=5_20190620131426484.jpg
アンジェラのマネージャーが二人の事故を目撃して告げる。
アンジェラは真っ先父を疑うが無実だったので安心する。
二人が演奏を開始する、ギターを演奏しないのは新境地。
キャロルの過去を審査員が尋ねると両親の生死さえも不明。
もし生きていたら言いたいこと、私は今ここに居る。
D9b-831U8AAmPNR.jpgD9b-8w3VAAIJvNq.jpg
ピョートルとキャロル&チューズディの演奏が終わり審査。
D9b_MCwUEAAmjm7.jpgD9b-yMUUIAIXqk9.jpg
アーティガンはその前に厳しい忠告をする。
コンテストの直前で演奏できない負傷をすることは心構えが出来ていない。
ピョートルは軽いノリでちゃらんぽらんに見えて努力している。
審査員も彼の実力を高く評価する。
D9b-QdLVUAAWAMP.jpgD9cAOarUcAEKmIN.jpg
でも不安さと不安定さが魅力として伝わった二人の楽曲を再度聞きたい。
キャロル&チューズディが勝ち上がる。
D9cAt3QVUAEw2p2.jpg
ガスはアンジェラを疑うがロディがピョートルの映像に犯人らしき人物を見つける。
小柄の女性に見える。
D9cA7a5UcAErWNv.jpgD9cA7ksUEAAxRpr.jpg
アンジェラはマネージャーを疑うが無実だった。
D9cBL5qU0AEKWMo.jpgD9cBMErU8AAY-_L.jpg
シベールが任意同行を求められる。
犯人確保の知らせで向かう二人、チューズディが僕を傷つけた。
一緒にユニットを組もうと言ったのに。
D9cBmQAU4AECXah.jpg
未だプレゼントを渡せないキャロル。
ハッキリしない態度が良くなかった。
集中力も欠いていた。
これでは来週の決勝戦では勝てない。
チューズディは帰る家があるから良いけれど、私は元の生活に逆戻り。
D9cBvEQU4AAxfre.jpgD9cBvXAU0AE_xb8.jpg
チューズディだって捜索されていないし、帰っても居場所はない。
母親の命令でチューズディを連れ戻す男たち。
汚れ仕事なので不愉快で手荒な行動をする。
D9cB6gRU8AA3Kj9.jpgD9cB6pkU0AEirxC.jpg
追いかけるキャロルだが奪還はならず。
プレゼントの箱が潰れてしまった。

---次回 「」---
 
うーーん、勝利する?デビューする?のが決まっているので
 そのためのピンチが少し嘘くさく感じるのと乱暴すぎる。
一番の問題はアバンのナレーションが悪い。
そこで二人の到達点を明かしているのが失敗だと思う。
それ故にどんな問題が、不幸が訪れてピンチを演出するかになっている。
そんな事を無理矢理描かずとも、2回程度でスカウトされれば良いのに。
このコンテストの詳細で丁寧な描き方が逆につまらなくなっている。
全ては結果を予想させるナレーションのせいだと思う。

後半戦はピョートルやGGKの再登場があるのだろうか?
そのためでしか無いコンテストに思える。
テーマ : 2019年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:キャロル&チューズデイ  Trackback:2 comment:0 

キャロル&チューズディ フジ(6/12)#10

第10話 River Deep, Mountain High
 
マーズ・ブライテスト・コンテストも準決勝。
4人を審査するマンスリーゲストがDJアーティガンだった。
D834S6lUYAAQIk1.jpg10=1_201906131137459c3.jpg
先ずはGGKとアンジェラ、続いてピョートルとキャロル&チューズデイ。
アーティガンは二人を覚えて叫ぶ。
D834xyKUIAM-5KC.jpg10=2_20190613113746b3f.jpg
楽屋にシベールが待っていた、チューズデイは唯一の希望で拠り所だった。
でもサヨウナラと去っていく。
気になって追いかけるチューズディ。
D835L65UIAAP8d0.jpg10=4_20190613113750c00.jpg
GGKのステージが始まる。
それを聞いてアンジェラの曲を突然変更するタオ。
確実に勝つためにカンで決めた。
10=3_20190613113748cf2.jpg
結果はアンジェラの勝利、1曲目と2曲目で同じだったGGK。
D8369ZXVUAAWOk9.jpg10=5_20190613113751046.jpg
アンジェラは曲調が変わって新たな魅力を見せることに成功した。
D837d5GVUAAwd9y.jpg
ピョートルのパフォーマンスが始まる。
10=6_20190613113753896.jpg
チューズディは戻ろうとするが誕生日のプレゼントを発見する。
触ったチューズディは右手を抑えていた。

---次回 「」---
 
今回は準決勝。
同じような曲は不利で2曲目は異なる曲調が有利らしい。
そしてチューズディの負傷でピンチ。
これで負けたら意外性は大きいが勝つためのピンチの演出は必要だろうか?
なんと言うか小賢しい演出が見苦しく感じる。

GGKやピョートルも動かしているのが凄い。
今後も登場するキャラなのだろうか?
そうでないなら予算の豊富さを感じる。
テーマ : 2019年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:キャロル&チューズデイ  Trackback:1 comment:0 

キャロル&チューズディ フジ(6/05)#09

第9話 Dancing Queen
 
キャロルの母は火星の大統領に立候補。
その演説が流れているのを聞いてキャロルは確認する。
D8T7pbtUEAApWO5.jpgD8T7prdU0AE1-qr.jpg
大変だねぇと軽く同情。
D8T72IKU0AA3U9M.jpg
翌日もオーディションを見学したい。
出演者はフリーパスらしく楽屋に向かう二人。
出演するシベールは少し不安だった。
チューズデイを見つけて大喜び、髪をとかしながらも
 名前の由来を聞く、誕生日は来週の6月10日と知る。
シベール&チューズデイのユニットを持ちかける。
9=2_20190606094043c8b.jpg
キャロルは言いなりで流されているように見えて心配。
嫌ならNOを言わないといけないとキャロルが忠告する。
初めての経験で戸惑っているだけ。
アンジェラは後半で出演するがタオは不在でイライラ。
D8T8gLEVsAAOrXc.jpg
ステージではGGKとマーメイドシスターズの対決が始まる。
GGKは電波系少女だった。
曲は意外にもウイスパーボイス。
D8T8xfzU0AEaOLO.jpg
続くマーメイドシスターズはツッコミどころ満載の男性ユニット。
性別を超越した存在らしい。
D8T9U6kUwAEwyKS.jpgD8T9i0LUYAAElKF.jpg
5人のボイスパーカッショングループだった。
歌詞がファッキンとブルシットばかりの放送禁止用語で聞くに堪えない。
審査員のカトリーヌが途中で止めてGGKを勝者に決める。
判定を不服としてマーメイドシスターズが大暴れでCMへ。
9=3_20190606094057a25.jpg
タオは密かに壁際で視聴、アンジェラと会うがキャロル&チューズデイが会場に
 居ると聞いて彼女たちのもとへ向かう。
二人に質問する、誰が作曲しているの?
AIを使っていないのは本当か?
答えを聞いて帰ってしまうタオ。
D8T-QzIVUAAmVCX.jpgD8T-RLiUcAA4GEE.jpg
シベールは控室で不安そう、チューズデイが抱きしめてあげる。
D8T-XH1UwAARUyS.jpg
所有を表す噛みつきを残す。
D8T8gTEUIAI18uK.jpg
シベールとアンジェラの対決になる。
シベールは若いときだけが美しい、美しいものを求めている。
歌詞もフランス語が美しいから。
D8T--zAUIAA9MXZ.jpgD8T--7EV4AAD6cO.jpg
次はアンジェラのステージ。
D8T_qjEV4AEEfxv.jpgD8T_qR-U8AAiJ1c.jpg
彼女の歌唱力は本物だった。
D8UAG0UUcAA3Jrc.jpg
アンジェラの勝利。
シベールが負けちゃったとチューズデイに抱きついて甘えるが
 同時に二つのユニットに参加するのは無理と断る。

---次回 「」---
 
今回のサブタイはDancing QueenABBAの大ヒット曲。
ここまで見ているとオーディション参加者の歌唱力が結構残念。
これはアンジェラの歌唱力を際だたせるため?
ウイスパーボイスとかで被らないようにしている気がする。
キャロルとチューズデイがオーディションを観戦するよりも新曲を作るほうが
 理に適っていると思うが、タオとの邂逅を描きたかったので会場で
 オーディションを眺めることにしたのでしょうね。
でも、そのせいで各参加者を描くことになるのが辛そう。
GGKやシベールを動かすのも大変ですから。
テーマ : 2019年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:キャロル&チューズデイ  Trackback:2 comment:0 

キャロル&チューズディ フジ(5/29)#08

第8話 All The Young Dudes
 
マーズ・ブライテストの8人に選ばれたキャロルとチューズディ。
スタジオに入るが緊張気味。
インタビューされるが、アンジェラが一番注目されていた。
子役から本格的に歌手への転向で話題、注目の的だった。
D7vx2E2U0AcQWJE.jpgD7vx2M6VUAEwCIO.jpg
アンジェラには新たにマネージャが付くが横柄な態度。
控室もアンジェラだけ特別室だった。
D7vyBHrVUAADYMP.jpgD7vyBbhUwAA07t5.jpg
ピョートルも通過、チューズディファンだとシベールが駆けつける。
最初のフォロワーでキャロルには興味なし。
熱烈なファンでアドレスを交換する。
D7vyawFUYAAAvZC.jpgD7vybRuV4AINFxm.jpg
生本番が始まりトーナメントバトルで優勝者が決まる。
キャロルチューズデイは2番目のバトルで相手は怖そうなOGブルドッグに決まる。
8=7.jpgD7vyl9SV4AEl5Zx.jpg
最初はファイヤー兄弟とピョートルの対戦。
D7vyUe4U0AAhZGJ.jpg8=4.jpg
99歳で双子のファイヤー兄弟は意外にもロック。
対するピョートルも本気のダンスソング。
その場で採点、勝者はピョートル。
D7vyU5SV4AAIFy3.jpg8=1_201905301132086b8.jpg
続く2戦目、OGブルドッグは元ギャング。
唄うのはオペラのラップでラテン語で好印象。
D7v1PrrUwAAETXM.jpgD7v1XFKUcAEF92A.jpg
キャロル&チューズデイも唄う。
D7v1P1FV4AA6Pzd.jpgD7v1yh7VUAAj-XN.jpg
OGブルドッグの過去は嘘でバレてしまう、そうなると音楽も信じられなくなる。
キャロル&チューズデイは今回で最も地味で目立たない。
しかもAIを使わない曲なんて聞いたのは、何年ぶりかしら。
歌で勝負の二人が勝利する。

今週の放送はここまで。
タオが居なくてピリピリしているアンジェラ。
キャロル&チューズデイには曲が嫌い、イラつくと真っ向否定。
ガス曰く、ライバルとして認められた証拠だ。

---次回 「」---
 
ストーリーはサクサク進みますね。
彼女たちが成功するところを先ずは描きたいようですね。
そこで前半が終わって、後半は上り詰めるのか。
トラブルが発生するのか、彼女たちの成功では終わらなそう。

チューズデイファンのシベールが怪しいですね。
メッセージが大量に送信されてましたが、何かが発生しそう。
AIの曲と人間が作る曲って分かるのだろうか?
アニメでどの様に演出するのか期待。

今回も声優と歌手は別々で異なる人でした。
全米ではこのタイプのアニメは受け入れられるのだろうか?
ある意味では新しいアニメだと思うので西海岸と東海岸では
 それなりに指示されるだろうけれど、それ以外で評価されるのだろうか。

テーマ : 2019年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:キャロル&チューズデイ  Trackback:3 comment:0 

キャロル&チューズディ フジ(5/22)#07

第7話 Show Me The Way
 
次の売出し作戦を考えて実は手っ取り早い良い方法を発見した。
オーディションに参加しよう、マーズブ・ライテスト・オーディション。
昨年は20万人が応募して最終審査の本戦に残るのは8人。
D7LxIklUEAAgcEk.jpg
サイドニアフェスのギャラが980ウーロン振り込まれた。
ガスが管理する、安定した生活のために。
7=2.jpgD7Lzte9V4AEQ1V3.jpg
タオはアンジェラをマーズ・ブライテスト・オーディションに参加させる。
特別枠を確保したので予選は免除。
ダリアはアンジェラのパパ、幼い頃に母と離婚した。
母の思い出が強い実家には帰りたくないアンジェラ。
D7LxotwUcAEwZU3.jpgD7Lxo6jVsAI3Td6.jpg
アルバシティの予選オーディションが始まる。
7=3.jpgD7LxxC7V4AAHXOn.jpg
インスタの有名人のピョートルが楽屋を実況。
D7Lx2WFVUAARRxY.jpg7=4_201905231204500f7.jpg
チューズディは顔バレが拙い。
D7LySKvUIAAVlUN.jpgD7LybRBUwAAV1Rs.jpg
オーディション参加者は色んなパフォーマンスと曲。
チューズディは顔も名前も隠したい。
D7LytQrV4AAXHQM.jpg7=5.jpg
キャロルは地球生まれで両親不在の難民キャンプから孤児施設育ち。
ハードな生い立ちだったことを知るチューズディ。
D7L0HFvUEAM_Raz.jpgD7L0NJBVUAECPMY.jpg
今までは自分のことで精一杯だった。
D7L0doMUwAA4f82.jpgD7L0oogV4AEQ1GZ.jpg
家出なので顔バレ拙いと隠してばかりでキャロルに甘えていた。
母は政治家で父とは早々に離婚したので顔も覚えていない。
兄はハーバード大学で自分は学校に行けずに引きこもりだった。
D7L0x_OUEAAt2xK.jpg
何も悪いことをしているわけじゃないからと顔バレも気にしない。
予選通過のインタビューを想定してふざけるふたり。
D7L1L2oUwAEI8rq.jpg
ガスは良いニュースと悪いニュースがある。
ギャラをドッグレースに注ぎ込んで全てを失った。
ロディが駆け込んできた予選通過を伝える、8人に入った。
D7L1c4aUYAA58-k.jpg
早速TVの取材が訪れる、二人は事前に打ち合わせしたハイタッチで喜びを表現。

---次回 「」---
 
案外と簡単に予選通過でしたね。
普通は2次、3次予選がありそうですよね。
もっと地元のコンテストやライブ活動を地道に繰り返すほうが面白そうなのに。
偽名なのでコンテスト優勝取り消しとかトラブルが多いほうが良いのにね。
次はライバル?になりそうなアンジェラとの競合かな。
彼女のステージママがパパだったのがドッキリ設定?
今回は歌唱シーンが無かったのが残念。

テーマ : 2019年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:キャロル&チューズデイ  Trackback:1 comment:0 

キャロル&チューズディ フジ(5/15)#06

第6話 Life is a Carnival
 
ライブ後にガスに仕事の連絡。
サイドニア・フェスの補欠アーティストのオファーがあった。
6=1.jpg
ロディもアーティガンのAIオペレーターとして参加する。
キャロルとチューズディはオメガのヨシュアが変人として有名で
 数々の奇行を繰り返してきた。
D6nt6kXVUAE-fvQ.jpg
当日のドタキャンの可能性もあるのでリザーブ要員が準備される。
それなので絶対に歌えると決まったわけではなかった。
D6ntwpqV4AErR9_.jpgD6nuPbEU0AAW_bV.jpg
それでも10万人が集まるステージで歌えると聞いてチューズディは失神。
しかもフェスは明日、眠れない二人は作曲とリハーサルを敢行。
D6nuVmsU8AIkYFb.jpgD6nuhMbV4AAFk8r.jpg
しかし途中で眠ってしまっていた。
移動の列車内でも作曲とリハーサルを実行。
D6nuox1U8AAuaMl.jpg6=3.jpg
二人の憧れ、クリスタルも出演するフェス。
アーティガンも直前では気持ちを高めて乗り込む、大人気アーティスト。
ヨシュアが到着するが精神状態はあまり良くない。
D6nv4HWV4AAuIpJ.jpg
しかしキャロルとチューズディも緊張してガチガチ。
ロディを発見、声を掛けるがアーティガンに見つかるとヤバイと逃走。
知らずにスキップの楽屋のトレーラーに逃げ込んだ。
6=4.jpg
お前たちは誰もが初めは持っていた出したい音を忘れていない。
それは大事にしろとアドバイスしてくれる。
スキップに声を掛けるクリスタル、1曲めはお前の歌だから聞いて欲しい。
D6nxFP6VUAAXWrg.jpgD6nxFdqUIAAgR5H.jpg
ヨシュアは駄目と判断されて、キャロルとチューズディが出演。
ガチガチのチューズディに水を飲ませたつもりがヨシュア専用ドリンク。
D6nxKdxUYAAT_He.jpg
アルコールだったようで目が座ったチューズディがステージに駆け出して演奏を始める。
オメガファンには当然ブーイングで物が投げ込まれる最悪のステージ。
それでも、物ともせずに唄う二人、突然の停電?
ヨシュアが復活してオメガの演奏に割り込まれて中止される。
悔しくて泣き濡れる二人。
D6nxp5vUEAInmN6.jpgD6nx3TqU0AArV-G.jpg
クリスタルは素晴らしいステージだったと声を掛ける。
憎しみに溢れたステージで一歩も怯まなかった歌声は確実に誰かの心に届いている。
私もその1人よ。
クリスタルの賛辞に大喜びの二人。
6=6.jpg
クリスタルのステージが始まり、酔いしれる観客。

---次回 「Show Me The Way」---
 
今回は突然のフェスのオファー。
補欠なので歌えるかも不明ながら新曲を準備する二人。
この作品の歌唱は全員が声優とは別の人。
クリスタルは真綾さんに歌って欲しかったが決まりなのでしょう。
米国で放送されるので全曲が英語歌詞で米国人のようですね。
この辺りは残念ですよね。

突然のシンデレラ・ガールのような棚ぼたは有り得ず、二人のステージは途中まで。
アウェーのステージでよく頑張りましたとクリスタルからお褒めの言葉。
それよりもスキップが二人の動画を見ていたのが強運かもしれない。
そして彼女たちは地道にライブハウスで活動するのも良いと思う。
先ずは地元から有名になっていくのも良いかも。
今回のステージはロディが録画しているのかも気になる。

最後のクリスタルのステージは、シェリル・ノームとどちらが凄い的な映像。
歌に演出を加えるとどうしてもマクロスになってしまうのが残念。

テーマ : 2019年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:キャロル&チューズデイ  Trackback:2 comment:0 

キャロル&チューズディ フジ(5/08)#05

第5話 Every Breath You Take
 
第3回売り出し会議を行う4人。
過去の失敗でガスの名誉は地に落ちた。
5=1_201905091452441bc.jpg 
今回は策のあるガス、どぶ板作戦だ。
ライブを行って、地道に売り込む、しかし会場の宛はない。
ロディはライブハウスならツテがある。
ガスも今や有名な友人、ヘフナーなら手伝ってくれると自慢。
しかし部屋の電気が止められた。
急いでバイトを探そう。
今はAIで何でも可能、人間が行うバイトは少ない。
5=2_20190509145244124.jpg 
アンジェラのデビューにダリアがタオに文句を告げる、脳科学の専門家で実験材料に使おうとしていない?
タオもダリアに前科があることを調べていた。
5=3_20190509145246f1a.jpg 
ヘッジファンドの帝王、シュヴァルツを訪れるタオ。
1,200万の投資を求める、アンジェラがア・カペラで歌って証明する。
シュヴァルツはタオをかっているのでパートナーになって欲しい。
それ故に投資もOKする。
アンジェラの売出しには事前PRは一切行わない。
ステルス作戦で世間が耳に自然と入るような売出し。
5=4_201905091452487ce.jpg 
ヘフナーに会えたガス、二人のデビューを求めるが断られる。
社長になって大成功した、巨大な組織は個人の独断を許さない。
社長なのに独立採算が失われてしまっていた。
不自由なヘフナーにガスの友人の贔屓はあり得なかった。
お前、つまらなくなったな。

ロディはかつての知り合いでお世話になったライブハウスオーナーを訪ねる。
出世したと嫌みを言われるが二人の出演をお願いする。
昔のよしみで週末のバンド・ライブの前座に1曲だけ歌わせてもらえる。
5=5_20190509145249834.jpg 
二人は電気の止まった部屋を出て屋外でライブ用の新曲を作る。
ライブで女主人も念入りに鑑賞。
偶然にもチューズデイの兄が入ってきた。
二人の演奏を聞いて何も言わずに立ち去る。
10人程度の観客は喜んでくれる。
5=6.jpg 
ガスに電話、何だって?

---次回 「Life is A Carnival」---
 
スポ根のテンプレートですね、ラッキーなどあり得ない。
地道にファンを増やしてチャンスを獲得するしかない。
二人は初めてのライブを成功させる。
兄も妹の目的と実力を知って黙認してくれるようです。
まあ、母親の考えがちょっとおかしいことは見抜いているからでしょうね。

ガスの最後の電話はヘフナーからの朗報か? 残念な内容か?
ロディも実は心に響いていたとは初めて知った。
彼の能力よりも人間のコネが物を言うのも古臭くて良い感じ。

テーマ : 2019年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:キャロル&チューズデイ  Trackback:2 comment:0 

プロフィール

てぃわは

Author:てぃわは
Cocologが容量いっぱいで、こちらで継続します。
一時期Yaplogでも書いてましたが、検閲が酷いのでアニメ使用は辞めました。
もう一つ別のブログも利用してます
文責は放棄していませんが、リンクはフリーです。

検索フォーム
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
G-AF
楽天アフィリエイト
Amazon
Amazon IFrame
カテゴリ
ブログサークル更新用
日刊BLOGガイド
日刊BLOGガイド
カウンター エリア
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メモリーボード
Pingoo Memory Board
ブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
ブログ村カウント
ブログランキング
ブログランキング