FC2ブログ
2017-12-31(Sun)

ラブライブ!サンシャイン!! BS11(12/30)#13終

最終回 第13話 私たちの輝き
DSTEUoRVAAAZ9pi.jpg 
ラブライブ!優勝して東京から戻ってきた。
梨子はパグのプレリュードを飼ってすっかり犬好きにチェンジ。
しいたけも2匹も子供を産んでいた。
浦の星女学院、卒業式・閉校式。
DSTE2wYUEAEecVg.jpg 
善子は気合い入れすぎて変な髪型になった、花丸が直してくれる。
中庭を解放、校舎に寄せ書き。
DSTFSC5VoAAJw_D.jpg
閉校式の壇上で鞠理がラブライブ!の優勝報告。
DSTFbYBUIAE651V.jpg 
ここで1期OPから最後にWINNER挿入。
楽曲はBGMとして2-A教室ではAqoursのチョーク絵、応援者も全員が輝いていた。
最後に教室を閉める、1年生トリオは図書室を閉める。
曜と梨子は音楽室を閉める、大好き発言の曜。
果南とダイヤは鞠理に卒業証書と感謝状を手渡して理事長室を閉める。
千歌が部室を閉めてスクールアイドル部のネームプレートを外す。
最後に全員で校門を閉める、浦の星女学院の思い出は笑顔でと決めたのに泣いてしまう。
DSTJXUeV4AE_B3E.jpg 
優勝旗は皆が見える海岸が良い、腑抜けな状態の千歌。
千歌は昔から諦めて知らないふりをすると母親と姉たちが励ます。
諦めなければ何かが待っている。
学校に向かうと校門が開いていた。
各教室を巡ると思い出が蘇り涙が溢れる。
DSTJyOrU8AIT_KM.jpg 
体育館に全員が集合していた。
最後にAqours9人でステージを披露、生徒も一緒に全員で歌おう。
足掻いてきた時間の全てが輝きだった。
DSTKE9TVAAAr7c7.jpg 
 
---最終回---
 
遂に最終回、ラブライブ!の会場は殆ど描かずに浦の星女学院をメインに
 各部屋の思い出、全てが運び出されて何もない教室を各自で閉めて別れを告げる。
閉校式が執り行われて各メンバーも縁のある部屋とも別れました。
それが最後の区切りでした。
そして最後に気付く輝き、それは目的に向かって頑張ってきた日々だった。
ラブライブ!のステージに立った時、優勝した時だけじゃなかった。
そんなきれいなまとめ方でした。

1期OPの挿入タイミングや終わりでの優勝報告もおしゃれでしたね。
最後にまた新曲を披露、ここまでの楽曲の衣装と背景を利用した
 集大成的なステージで手が込んでました。
毎回と思えるほどのライブシーンを見せるのは費用的にも期間的にも凄い。
ここまでされると、他作品は追随できない。
それ程に圧倒的な作りでしたね。
ストーリー的には、微妙なエピソードもあり、μ'sや1期と重ならないエピソードに
 苦慮した感じがしますね。
逆に浦の星女学院を閉校にしたことでエピソードが増えた感じはするので
 良い選択だったと思う。
最後は予定通りの新作劇場版発表、儲かるからには制作しないわけがない。

スポンサーサイト
2017-12-24(Sun)

ラブライブ!サンシャイン!! BS11(12/23)#12

第12話 光の海
DRvBkbRVoAAMXyA.jpg 
やれることは全てやった。
浦の星女学院から出発する9人。
DRvCRKcU8AEye4I.jpg 
本番は明日、リリィはブクロに行きたいはずと善子。
先ずは挨拶にと神田明神へ。
DRvCmkkUEAUDQhw.jpg 
学校の仲間が毎月Aqoursの優勝を祈願して絵馬を奉納してくれていた。
他のチームも優勝祈願の絵馬を奉納していた。
DRvCsK5VwAA7oub.jpg 
Saint Snowも訪れていた、聖良に質問される、勝ちたいですか?
誰のためのラブライブですか?
かつて同じ質問を千歌が聖良に尋ねていた。
DRvDyDpUIAAPcO_.jpg 
宿舎に到着、優勝して名を残す、それで良いんだよね。
悩む千歌に曜が枕投げを始めると3年生は乗り気でバトル勃発。
かつて誰が一番かと争った経緯があるらしい。
千歌の迷いは晴れた様子。
梨子は音ノ木坂を訪れて確認したかったが、もう大丈夫。
それなら明日は自由行動で会場に現地集合しよう。
DRvEomSVQAA_bUK.jpg 
浦の星女学院の生徒だけではなく、母親会が中心で内浦一行のバスで応援に駆けつけた。
梨子は音ノ木坂学院を訪れてピアノを演奏していた。
千歌は宿舎で全員に質問していた。
花丸は皆で勝ちたいズラ、当日は図書館で読書していた。
ルビイは皆で歌えるのが嬉しい、勝ちたい、当日はアイドルショップを訪れていた。
善子も勝ちたい、今更何を言っているのですかと当然の如く返される。
果南は2人とも最後だから楽しんで勝ちたい。
鞠理は理事長としては勝たないといけない、個人的には皆と勝ちたい。
ダイヤは勝ちたい、全校生徒の思いを背負っているのだから、誠心誠意、心を込めて歌いたい。
 神田明神で一人でお参り、優勝祈願の絵馬を奉納していた。
ダイヤの願いは叶ってきた、鞠理が転校するときも一緒にと願った。
DRvF-wjU8AI7SX8.jpg 
曜と電気街で出会う千歌、かつてと同じコースをたどる。
もう独りじゃないから、臆病にならなくても良いよ。
あの時に願った輝きを見つけたい、勝ちたい。
DRvFjiXUIAAoRpz.jpg 
梨子も演奏を終わって合流。
勝ちたい、選択は正しかったと証明したい。
今は心からスクールアイドルを選んで良かった。
ドーム向かう3人。
3年生は進路が離れ離れになるが、心は繋がっている。
善子は2人と契約をしたい、学校が統合になるから。
感謝すルビィ、花丸もルビィも一緒で良かったと思っている。
DRvHjhWUQAAsZUv.jpg 
アキバドームでAqoursのステージが始まる。
新曲を新衣装で披露する。
DRvG8nNUQAA9LyR.jpg 
 
---最終回 「私たちの輝き」---
 
いよいよ全国大会に出発する9人。
先ずは学校で集合して決意も新たに出発。
神田明神で挨拶、そしてSaint Snowと遭遇。
かつて千歌が尋ねた質問を逆に問われる。
千歌がメンバー全員に問いかける、勝ちたい?
全員の決意表明でもあるので、良いエピソードになってますね。
不安になる千歌の描写は余計で、励ます的な千歌が質問するのでも良かったと思う。
メンバー全員が勝ちたい、ここまで来たらそれ以外にないですよね。
それよりも、終わった後の感謝の言葉が大変そうと今から考えてしまう。

そして次回がステージでの熱唱かと思ったら、最後にスタッフ字幕を避けてのステージでした。
今期は多い、最後にライブを見せる展開。
応援団も大挙して駆けつけているので、一緒になって描くのかと思ったらステージだけを見せる演出でした。
流石に費用豊富なところを見せつけてくれます。
衣装が3パターンで各自が微妙に違って、途中で上着を脱ぐなど大変な演出を敢えて行ってます。

ただスタート前の緊張と興奮、会場との一体感などの演出が無いのが残念には思える。
最高の盛り上げを敢えて捨てた演出でした。
次回に応援団目線で描いても面白いけれど。
2017-12-17(Sun)

ラブライブ!サンシャイン!! BS11(12/16)#11

第11話 浦の星女学院
DRK-QBxUEAEN6zi.jpg 
閉校祭をしたいと理事長の鞠莉に生徒たちから提案されて了承する。
卒業式は真面目に行いたいから3学期の忙しい時期だが、実行しよう。
DRK_Og2UMAArACy.jpg 
鞠理もシャイ煮を調理する。
ダイヤもこの学校で自分がやりたいことを行う。
準備が遅れて泊まり込み。
DRK_oqCUMAESw8h.jpg 
これからも、こんなに楽しければ良いのに。
曜は千歌に憧れていた、お婆ちゃんになってもアイドルを続けたい。
DRLBSjyV4Ac3PRr.jpg 
千歌、梨子はクラスでメイドカフェ。
衣装はルビィが手伝ってくれた。
DRLCsN4V4AAsqiE.jpg 
ダイヤはルビィとラブライブ!クイズ大会。
花丸が千歌を善子の占いに勧誘、梨子が演奏を手伝っていた。
果南は曜と着ぐるみでアクアリウム。
DRLCcxTVAAYvvBb.jpg 
鞠莉もシャイ煮屋台、美渡姉、志満姉は焼きみかん屋台。
よしみ、いつき、むつがサプライズのバルーンアーチを披露。
空に向かって解き放つ。
DRLCQy7VwAAN788.jpg 
楽しい時間はあっという間に終わる。
キャンプファイアーで鞠莉の挨拶、町にとっても家族にとってもかけがえのない
 浦の星女学院だったと分かった。
ごめんなさい、もう少し頑張っていれば…。
DRLEbb8V4AMrwQY.jpg 
アクアコールでED曲を全員で歌う。
 
---次回 「光の海」---
 
最後に生徒たちが学校に別れを告げるためにも閉校祭を行う。
サクラクエストでも語られたイベントで閉校を確認する儀式が必要。
それで生徒たちも区切りをつけられる。
内容的には文化祭もどきになってしまってます。
前半は梨子と一緒の千歌、曜は出番が少なかったが、やはり
 最後は曜と千歌の幼馴染コンビがクローズアップ。
梨子はリリィとしてヨハネとコンビになりました。
でもズラ丸、ヨハネコンビもいい感じではありました。
千歌のミカン着ぐるみは、みかんが好きな設定で、焼きみかん、みかん鍋まで
 披露されました。

最後はアクアのライブステージも開催されると思ってましたが、
 全員で合唱でしたね。
バルーンが飛翔するCGが地味に力が入ってました。
ED曲からの全員合唱も良い演出でしたね。
参加者全員が総動員で歌ってましたね、しいたけの中の人も。
次回が日程的には最終回だと思うけれど、タイトル的には12/30の放送もあり得る。

2017-12-10(Sun)

ラブライブ!サンシャイン!! BS11(12/09)#10

第10話 シャイニーを探して
DQm7MjGVQAA7CvM.jpg 
鞠理は流れ星にお願いしたいと自宅を抜け出してダイヤ、果南と
 ロープウェイで山頂を目指す。
でも雨で星が見えない、果南が星座早見盤に星を描く。
3人がずっと一緒に入られますように。
DQnlwPqVQAAyo0G.jpg
正月はお年玉が欲しい千歌。
全員が晴れ着で集まるとSaint Snowも訪れた。
ラブライブ!の決勝戦で実力を発揮するには練習です。
正月で鈍った体を鍛えなおしましょう。
初めて浦の星女学院の統合を知ったSaint Snowだった。
2人は遊園地に向かうのが目的で、特訓メニューをプレゼント。
DQnmO-gVwAAJ4MG.jpg
3年生が卒業したらAqoursはどうするの?
千歌は決勝戦を全力で歌いたいので、今は専念する。
その後のことは決勝戦が終わってから考える。
DQnoDRGUEAEADiA.jpg 
鞠理は新しい学校の理事を打診されたが断った。
父の勧めるイタリアの大学に留学するから。
ダイヤは東京の大学に推薦で進学する。
果南は海外でダイビングインストラクターの資格を取得する。
DQm-a3IVQAA5s68.jpg 
3人の進む先はバラバラだったが、またいつか一緒に居られますように。
ハグしよう。
鞠理は果南、ダイヤと遊びたくて自宅を良く抜け出した。
両親は2人と遊ぶのを禁じても抜け出した。
また会えると星に願おうとすると雨。
今は9人でお願いしよう。
DQnkb16UQAAOqOr.jpg 
鞠理の運転するワゴン車で西伊豆スカイラインの駐車場へ。
雨でも願えば叶う、晴れた夜空で流れ星に願う9人。
 
---次回 「浦の星女学院」---
 
今回は鞠理のお当番エピソード。
幼い頃から仲良しだったダイヤ、果南。
自宅を抜け出して遊んだ鞠理は2人から色んなことを教わった。
ずっと一緒に居たい。
でも高校卒業で進路はバラバラ、でもいつかの再会を誓うのでした。
千歌は3年生の卒業後のことは考えずに決勝戦に専念する。
内容的には少ないので、遊びで補完したエピソードでしたね。
本気で願えば叶うがテーマかな?

イタリアの大学留学って、何が目的でしょう。
イタリアってパスタなどの料理しか思いつかない。
VWらしいピンクのワゴン車、四葉財団を思い出させるがロゴはOHで
 ナンバーは鞠理の誕生日らしい。
クリスマスも現実では、まだなのに正月エピソードは季節外れ感がある。
まあ決勝戦まで描くなら仕方ないとは思うけれど。

2017-12-03(Sun)

ラブライブ!サンシャイン!! BS11(12/02)#09

第9話 Awaken the power
DQC9Xz5VAAAwOgT.jpg 
ルビィは理亞と曲を作りたいと花丸、善子の1年生に説明する。
協力してくれるので理亞と会う。
実は花丸も善子も理亞もコミュニケーションが下手で少し親近感。
姉に守られてきた2人だからこそ、安心させたい。
妹も成長しているところを見せたい。
函館に残ってやることがあると1年生チームは理亞の部屋に泊まる。
千歌は何かに気づいている様子、ダイヤは心配で仕方ない。
DQC7reIU8AIQNuW.jpg 
曲を作る4人、理亞も初めてなので協力し合う。
地元のクリスマス・イベントに出場しよう。
それには審査で参加資格を得なければいけない。
理亞もルビィも一歩前進して説明出来た。
出場が許可されたので、地元のFM局で宣伝する、Saint Aqours Snowとして。
理亞のクラスメイト2人も気になっていた、Saint Snowを応援してくれていた。
今回も応援したいので、クラスメイトを呼んでくれる。
果南と鞠理はダイヤに帰りが遅いので迎えに行って欲しい。
理亞とルビィは姉に招待状をプレゼント。
二人の成長を実感する姉たち。
千歌たちも全員揃って密かに衣装を準備していた。
DQC8iUPUIAU2xSB.jpg 
Awaken the Powerが披露される。
DQC83CGV4AAk6-B.jpg 
DQC9T5fUMAAc7IJ.jpg 
全員参加でSaint Aqours Snowとして2人を応援する。
DQC9UPoVoAAx4rP.jpg 
理亞はスクールアイドルを続ける決意をする。
でもSaint Snowは名乗らない、姉の聖良と自分だけの名称だから。
 
---次回 「シャイニーを探して」---
 
今回は妹が姉から巣立つエピソード。
いつまでも守られるばかりの存在じゃなく一歩成長を見せる妹たち。
姉は、それをただ見守るだけ。
そして初めてのチームが合体しての楽曲披露でした。
スタッフクレジットを前後に分けて、ライブには重ならない配慮が素晴らしい。
本戦までの、ここでもライブを披露するなんて、どれだけ費用が豊富かが分かる。
ここまでライブを見せられると、同業他社は恐れ慄きそう。
最後の衣装が光る設定はアニサマのステージと重なった。
そして、この最後のフォーメーションが五稜郭と重なる五つ星でした。

最後にはCD発売告知とSaint Snowの函館アリーナライブの告知。
A-RISEでさえCDは発売されていないがSaint Snowは発売されるのだろうか?
3DCGモデルも、主役以外で初めて作られたSaint Snowでした。
花丸よりも善子の体系が危険とは笑ってしまった。
花丸は燃焼効率が高いというか、吸収効率が悪いのでしょう。
イベントの審査員も女性ばかりで男性の居ない世界でした。

2017-11-26(Sun)

ラブライブ!サンシャイン!! BS11(11/25)#08

第8話 HAKODATE
DPe0uvoVoAI3Yqh.jpg 
函館の地区大会にゲストとして招待されたAqours。
DPe70-EU8AATggu.jpg 
ここはSaint Snowの出場地区、楽屋に応援に訪れる。
姉の聖良は決勝で会いましょうとAqoursの出場を喜び、自身も頑張ると話す。
妹の理亞は終始無言。
前回は北海道地区トップ出場だったSaint Snowがまさかの地区予選敗退。
ダンスを失敗して2人が転んで歌唱停止、そこからのリカバリーは難しかった。
楽屋を訪れるが先に帰ってしまっていた。
DPe2sQhVoAETlMZ.jpg 
宿泊なので、夜までは自由時間、函館観光を楽しむ。
五稜郭タワーなどの名所を訪れる。
函館の町は内浦と似た港町で景色も雰囲気が似ている。
とあるお店で休憩、そこが偶然にもSaint Snowの実家だった。
泣きじゃくる妹を見たルビィ、言ったら殺す。
姉はスッキリした様子で妹に後を託したい。
でも理亞はスクールアイドルを辞めると公言する。
DPe4SpbVwAAH2Ql.jpg 
ルビィは理亞の気持ちが少し理解できた。
姉を慕って追いかけてきたルビィと理亞、一緒じゃなきゃ意味がない。
そんな思いが理解できる、姉のダイヤも聖良も最後の年。
一緒にスクールアイドルが出来て嬉しかった、満足している。
妹がスクールアイドルになりたいと自ら決意した、成長が嬉しい。
今はラブライブ全国大会が当面の目標で集中しているが終了後のことは
 お互いに考えていない。
DPe5GtyV4AA9uPU.jpg 
千歌にも姉がいるが既に社会人、同じステージに立っていないので
 頼りになる家族で、ルビィ、理亞の気持ちは少し分からない。
DPe5wLMUMAAtgxL.jpg 
理亞に一人で会いに行くルビィ。
先ずはお互いにお姉ちゃん自慢、姉が大好きな2人。
ルビィの成長がダイヤは嬉しかったと伝えると理亞も分かっている。
大きなクリスマスツリーが飾られていた。
これを最後にしなければ良いんだよ。
お姉ちゃんに届ける曲を作って歌おう。
 
---次回 「Awaken the Power」---
 
今回はライバルと目されたSaint Snowエピソード。
そして姉と妹のエピソードでした。
つまりはルビィの注目回になって続くのでした。
Saint Snowのエピソードなので函館観光も満喫してましたね。
ギャグ中心の観光案内編でもありました。
 
千歌はアバンでフルフェイスのニット帽被ってましたがミカンですね。
フリマでもミカンの着ぐるみきてましたが、地元のミカン推しなのでしょうか。
花丸は今回も食べてましたが、着ぶくれ姿でも笑いを演出。
ヨハネ以上に目立ってましたね。
梨子をリトルデーモンに進化させて?千歌は曜とのペアが増えてきた。
ここにきて曜推しのような演出ですね。

さて次回はSaint Snow後編の完結編。
今回はダンスをフルに見られてCDも発売かと思われただけに残念。
聖良の中の人は声優でもトップクラスの歌唱力だけにステージカットは残念でした。

2017-11-19(Sun)

ラブライブ!サンシャイン!! BS11(11/18)#07

第7話 残された時間
DO640b_V4AEZbWt.jpg 
ラブライブ東海地区予選、全国大会に出場できるのは上位3組。
決勝戦の全国大会はアキバドームで開催。
Aqoursは見事にトップで予選突破。
気になるのは浦の星女学院の入学希望者数。
携帯電話で調べると80人、学校のPCで調べようと早速帰る。
DO63b5xVQAAzko1.jpg 
やはり携帯電話がフリーズしたわけでもない。
9時になり鞠莉は父親に再度電話して翌朝の5時まで時間を延長してもらう。
誰も帰りたくないので学校に残って状況を確認する。
千歌は足掻きたい、じっとなんてしていられない。
駅前でチラシ配る、ライブすると言い始めるが、どれも無理。
今は皆を信じて待ち続けよう、地区予選の映像は再生回数が急上昇なのだから。
翌朝に、それでも千歌は朝焼けの町に向かって叫び出す。
果南も曜も梨子までもが叫び出す。
DO63hFFUEAUsGym.jpg 
戻ると97人まで増えていた、98人でタイムアップ。
募集終了のメッセージが表示される。
鞠莉は全校集会で来春からの統廃合を伝える。
切り替えて決勝戦に向けて練習しよう。
千歌の頬に涙が伝う。
頭では切り替えようと思っているが心が切り替わっていなかった。
それは全員が同じ気持ちだった。
練習を中止して各自で再度考えよう。
DO63-oWUQAAvjBu.jpg 
千歌は輝きを見つけるためにスクールアイドルを始めた。
学校を存続させるために始めたわけじゃない。
でも学校が統廃合になって輝ける訳がない。
もうライブライブ決勝戦に出場しても意味がない。
全校生徒が集まって相談した、千歌たちがラブライブで優勝すれば
 歴史に浦の星女学院の名前が残せる。
だから優勝して欲しい。
再び新たな目標が定まり立ち上がるAqoursだった。

 
---次回 「HAKODATE」---


今回は地方地区予選でトップ通過で上がって、学校が統廃合で
 下がる演出でした。
ここまで学校存続があまり描かれていなかったのが惜しい。
それが一番大事とも思えない演出だった。
羽が飛翔する演出はμ'sでも見られたが、カクカクした動きでCG演出の未熟さを感じた。
予算豊富なのだから、もっと丁寧に動かして欲しかった。
モチベーションを失った千歌が結論を出せず悶々とするシーンから
 再度立ち上がるまでの演出は良かった。
歴史に名を残す、結論はこれしかないですよね。
今回は曜の出番が多めで、ここまでの不憫さを解消した感じ。
その代わり梨子の出番が少なめ、この2人のバランスが良くないのが気になる。
今回のルビィは、頑張るポーズばかりが目立った、他には無いのと思ってしまった。
もう一つ、気になるのは、ラブライブ決勝戦の開催時期は春休みと夏休み。
高校野球と同じ時期。
それなのに予選大会が12月初旬なのはおかしいと思う。
例えば地方予選が2ヶ月掛かるなら理解できるが1日で終わっているように思える。
春に合わせた予選なら1月下旬から2月初めで良いはず。
それとも冬休みにもラブライブ決勝戦は開催されているのだろうか?
2017-11-12(Sun)

ラブライブ!サンシャイン!! BS11(11/11)#06

第6話 Aqours WAVE

入学希望者は57人、10人も増えていないが残りは1ヶ月。
ラブライブ!地区予選に賭けるしか無い。
千歌はSaintSnowの聖羅とは相談できる仲。
技術は毎年向上しているが未だ過去の輝きを追い越せたグループは居ない。
聖羅との会話でAqoursらしさとはなんだろうかと考え始める。

各地区予選が近くなり、ラブライブ!に出場する注目グループを掲載するサイトもあった。
SaintSnowも掲載され、Aqoursも掲載されていた。
梨子はヨハネと仲良くなって堕天使リリーとして降臨する仲にまでなっていた。
予選は会場とネットの得票で決まる。
会場に来る応援者の数、つまりは生徒数の得票が大きくなる。
浦の星女学院が生徒数では、一番不利だった。

果南は2年前に考案したダンスフォーメーション・アイデアをノートに書いていた。
その練習中に鞠理が負傷した。
出来ることなら使いたいがセンターの負荷が大きすぎると自ら封印。
千歌たちもAqoursらしさで悩んでいた、鞠理とダイヤが封印を解く。
2年前は果南がセンターだったから踊れたダンスを千歌が踊ることになる。

残り2週間、毎日頑張るが出来ない千歌、梨子と曜は応援。
果南が期限を決める、翌朝出来なかったら終わり。
曜と梨子だけでなくメンバー全員が応援する。
千歌は普通だと悩んでいるけれど、Aqoursが結成できたのは千歌の頑張り。
千歌は既に普通なんかじゃない。

新しいダンスフォーメーションで歌い踊る新曲。

---次回 「残された時間」---


丸秘で封印しようとしていた果南ノート。
その実態はロンダートからのバク転でした。
メンバーに元体操部が居ればできそうではある技。
調べたらロンダートからバク転は出来るアイドルもいるようだった。
でも曲に組み込むと足元が不安なステージでは出来ないと思われる。
色々と危ないダンスですね。
でもμ'sの星空凛が雨上がりの屋上で披露してましたよね。
演出するなら果南とのダブル宙返りがもっと映えると思うけれど。

実際の中の人ライブでは、この曲はどうするのでしょうね。
今回もライブ映像が挿入される、予算の多さで勝負しているようにも思えるが
 純粋にライブシーンが多いのは嬉しい。
アイドルアニメとして視聴していてもストレスを感じない。
プロフィール

てぃわは

Author:てぃわは
Cocologが容量いっぱいで、こちらで継続します。
一時期Yaplogでも書いてましたが、検閲が酷いのでアニメ使用は辞めました。
もう一つ別のブログも利用してます
文責は放棄していませんが、リンクはフリーです。

最新記事
最新コメント
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
楽天アフィリエイト
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
楽天2
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
81位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アニメ
37位
アクセスランキングを見る>>
Analyzer
Visitor counting
ブログサークル更新用
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
天気予報娘
カウンター エリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メモリーボード
G-AF
ブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
ブログランキング
BlogPeaple
ブログピープル
Pingoo-Each
Pingoo相互Pingサーバー