FC2ブログ

はたらく細胞BLACK BS11(3/06)#11

第11話 自暴自棄、痛風、反乱。
 
友人が亡くなって引き篭もりになった赤血球。
運動不足、高カロリーで脂肪細胞も太っている。
HkTYelpejgzZyOM.jpg
睡眠不足で脳の老廃物が処理できない。
左足の親指の付け根に細菌侵入。
JDszRyXXahlVgaK.jpg
大きくてイガイガな細菌。
DYJcQNaWefQivqL.jpg
正体不明なので貪食で明らかにしたい。
IStmUZfepTWVEkS.jpg
しかし固くて噛み砕くことが出来ない。
記憶細胞のデータにも存在しない未知の細菌。
第一種戦闘配備が命じられる。
ZzyhaKbVbAfOlzt.jpg
重火器による総攻撃が始まる。
LsJMADIVTtZRPxb.jpg
細胞は避難を始める、友人が話し相手になってもらっていた細胞と出会う。
最近、彼が来ない、優秀な友人として彼をよく話していた。
oNismzVNNRZEVYI.jpg
脾臓で赤血球を振り分ける。
負傷したり年老いて働けない赤血球は排除される。
友人を死なせたのは僕のせいだと考えていた。
JVzfThcIFwQaQDV.jpg
僕も処分してください。
ここは働いた者を労う場所、働けるなら働け。
OwSfhGJqowdrhio.jpg
尿酸値の値が高い事が分かる。
細菌だと考えていたのは間違いかもしれない。
侵入経路のない場所で突然現れたことから内部から発生した異物。
尿酸値が高いことから尿酸結晶だ。
この肉体は痛風を患っている。
ytUfBwKiSiHCZZT.jpg
重火器での攻撃が通じず逆に付近の細胞に反射して痛みを感じている。
攻撃を即時停止する。
CHOwlnuVXYmgvBs.jpg
絶望した赤血球が訪れた。
この肉体は病んでいる、早く気づかせてブラックな職場を改善しなければいけない。
赤血球が暴れ始めると周囲の細胞も同調する。
もっと自分の体を大事にしろ。
kLygytSUoUTVYgP.jpg
白血球が抱きしめる、私も初めは同じだった。
だが何も変えられなかった。
肉体のためには自分のすべきことをやるしか術はない。
自分を責めるな、一人で背負い込むな。
それは友人からも言われた言葉だった。
vyfEMPewpfoKFhy2.jpg
痛風の改善にコルヒチンが投与される。
白血球の攻撃を止める薬で眠りにつく。
プリン体を減らす食生活に改善する。
魚卵やレバーを辞める。
女性ホルモンは尿酸の排出機能があるので痛風になりにくい。
なので痛風患者の9割が男性。

ーーー次回 「復帰、心臓、終焉。」ーーー
 
友人を失って絶望した赤血球。
職場放棄で何も出来ない。
そんな病んでしまった赤血球。
だが肉体は更なる病に冒される。
正体不明の細菌と思って攻撃したら体内で発生した尿酸結晶でした。
免疫系の攻撃が周囲を痛めてしまう痛風になりました。
肉体は色々と連動しているので何かで不具合が起きると次々に影響が生じる。
そして痛風は免疫システムが誤解して攻撃してしまう。
その結果、多大な痛みを伴う。
風が当たっても痛いと言う意味で痛風と名付けられたらしい。

飲酒、喫煙、ストレス、暴飲暴食、運動不足。
これらが全ての大敵らしい。

スポンサーサイト



テーマ : 2021年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:はたらく細胞  Trackback:2 comment:0 

はたらく細胞BLACK BS11(2/27)#10

第10話 胃潰瘍、友情、喪失。

余裕が失くなって思いつめた赤血球を落ち着かせてくれたのは友人だった。
ようやく元どおり冷静に判断できるようになった。
fnbxAyuxErZWbGO.jpg
後輩にも謝ると先輩も悩むと分かった。
そんな時、赤血球に緊急招集がかかる。
tbAmmWLMhGQyPgk.jpg
胃で胃潰瘍が発生していた。
修復にも酸素が必要だった。
しかし胃酸の海に落ちたら溶かされる危険な場所。
始めからやる気のないやつは帰ってくれ。
HeIHZhKyObKlsxM.jpg
酸素を運ぶが目の前で赤血球が胃酸を浴びてしまう。
怖くなって毛細血管で怯える赤血球。
FgFGTNyQaOiInvL.jpg
副細胞が亀裂を修復して血小板が塞ぐ。
胃潰瘍の原因は暴飲暴食、アルコール、喫煙など。
nYpSUSkINWtFnqo.jpg
しかし、この肉体では別の原因があった。
白血球が訪れた。
YhFxllSYaWYQwGp2.jpg
友人も戻り一緒に劣悪な環境下でも酸素を運ぶ。
この胃潰瘍の原因はアンモニアで自身を守る細菌、ピロリ菌だった。
胃酸の中でも生きられて有毒な物質を生み出している。
sIZarCznUqucVIL.jpg
白血球がピロリ菌と戦う。
危ないところを助けるが負傷する。
XprpVsfJFwLRJyR.jpg
それでも酸素を運ぶ赤血球。
しかし亀裂が生じて足の負傷で遅れた赤血球を助ける友人。
tiAgJVrRZNsgaHI.jpg
逆に彼が胃酸の海に落ちてしまう。
UiPWBqjxqjycpWw.jpg
泣き叫んで助けようとするが既に手遅れ。
xegIqWzXARnppnq.jpg
血小板が亀裂を塞ぐ。
彼との過去が走馬灯のように蘇る。
gnJVFlTTXRSZcjv.jpg
白血球はピロリ菌の除去に手こずっていた。
DMegWhswbSliAit.jpg
抗生物質、クラリスロマイシンが投入される。
抗生物質アモキシシリンの2種類で投薬治療される。
取り敢えずピロリ菌は除去されたが、この肉体は安全ではない。
根本的な治療が必要だった。
AVwhNMShIvTgxvl.jpg
友人を失った赤血球は活力を失い、自宅に引き籠もっていた。
zDhfKtxDFNNgcwk.jpg
もう嫌だ、電話にも出ない。

ーーー次回 「自暴自棄、痛風、反乱。」ーーー
 
これは辛い。
一度は立ち直らせてくれた友人が自分を守って亡くなるなんて。
これは生きる気力も失う。
なんともはや、厳しい展開ですね。
この肉体の本人はどんな辛い仕事をしているのでしょうね。
ストレスも半端ない。
次回のサブタイもヤバい。

テーマ : 2021年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:はたらく細胞  Trackback:1 comment:0 

はたらく細胞 BS11(2/27)#08終

最終回 第8話 がん細胞II(後編)
 
がん細胞は増殖してメモリーT細胞もNK細胞も手が出せない。
gJzDNayUISavbvC.jpg
制御性T細胞が守っている。
WQUvflLhsupJsHz.jpg
こうなったらT細胞も秘奥義、パーフォリンキャノンパンチだ。
qLKcvNhDumLsbNd.jpg
それは胸腺、パーフォリンでT細胞として鍛錬の日々を繰り返していた頃の話。
究極秘奥義パーフォリンキャノンパンチを会得するんだ。
先輩たちの嘘を信じたのだった。
zxnLYkUQYuCMlpM.jpg
そんなメモリーT細胞が信じる究極秘奥義。
その一撃を制御性T細胞は守らない。
彼女も訓練時代に彼の必死に努力する姿を眺めていた。
その攻撃をまともに受けたがん細胞。
iLqbsrxgxkECviE.jpg
制御性T細胞は気づいたのだった、がん細胞を守るべきではない。
細胞ではなく細包だから。
RZbwMiBSGVkgXkM.jpg
制御性T細胞も攻撃に参加する。
SbfCteohjTloLiB.jpg
しかしがん細胞の分裂と増殖は驚異的に早い。
OWjhGPxYieepZKt.jpg
制御性T細胞が加勢しても倒せない。
eZnRgwtMRLudxrv.jpg
どんどん増殖して免疫細胞を追い詰めていく。
EDuemiPlNKpzwaw.jpg
捕まった細胞をどう料理するか考える悪玉菌。
iXKvHmhLEDyRCRh.jpg
日和見菌は優勢なものの味方。
OpNNvRTPXkHEbCs.jpg
いよいよ対処が決まった時、全身の50%を占める腸管免疫が到着。
悪玉菌との戦いが始まる。
vrxIfIybYaOlzMD.jpg
悪玉菌が優勢だと思われた時、大挙して押しかけたのは善玉菌。
WNpeiwOOakjFQuu.jpg
圧倒的な乳酸菌の善玉菌の数に日和見菌があっさりと寝返る。
vDdYghBbRfMnFrF.jpg
悪玉菌を一掃する善玉菌と腸管免疫。
JtRKajUfkChMRZw.jpg
腸内環境が好転した。
赤血球が血小板を連れて避難した。
dFNspmYSseMaAzi.jpg
ようやく毒素も薄れ毒ガスの流出もなくなっていた。
腸内環境の好転が原因だった。
がん細胞の増殖が収まっていく。
PMOLHiEJOybvQgp.jpg
腸内環境の好転により毒素を利用できなくなったのだった。
UZKytNbGpARpXgk.jpg
遂に白血球ががん細胞を仕留める。
がん細胞は白血球が好きで友達だと称していた。
彼の曖昧で矛盾した優しさが好きだった。
友人の手で最後を迎えられて良かったと息を引き取る。
JdDZohhCDQptOff.jpg
乳酸菌を助けた細胞、彼が頑張って善玉菌が腸内の悪玉菌をやっつけたのだった。
善玉菌には傷ついた腸管を補修する働きをするものも居るらしい。
善玉菌の働きで免疫力もアップした。
YJfdJFGVZGFktDi.jpg
善玉菌が増えた腸内はさながらお花畑のようだった。
腸内フローラと名付けられている。
XyGrXAGyBCDOPRA.jpg
今日も赤血球は働いている。

ーーー最終回ーーー
 
腸内環境を守るのも大事なことでした。
毒素を生み出す悪玉菌が増殖すれば影響を受けてがん細胞も増殖してしまう。
今回は免疫細胞のお陰でがん細胞が無事に仕留めることが出来ました。
でも色んな各所の不調で対処できないこともある。
勉強になりますね。
今回は腸内環境が問題で悪玉菌をやっつける善玉菌、乳酸菌の働きで
改善することが出来たのでした。
乳酸菌は大事でした。
今回はシリアス部分が多めでギャグ少なめでした。
続編も前期同様に楽しめたかな?
乳酸菌の種明かしは引っ張り過ぎかな。

がん細胞の増殖した巨人はアダム?リリス?エヴァでしたね。
天使は12枚の羽を持つ、聖書の記述かな?
デビルマンでも登場する、がん細胞も10枚の羽を持ってましたね。
パーフォリンキャノンパンチは北斗の拳でした。

テーマ : 2021年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:はたらく細胞  Trackback:1 comment:0 

はたらく細胞BLACK BS11(2/20)#09

第9話 異変、水虫、働く意味。
 
白血球が居ない、異変に気づく。
PAKNsYeNsFvYFit.jpg
睾丸に酸素を運ぶ赤血球。
UfxZvuBMiNAgIkS.jpg
以前は勃起するので頑張った。
最近は夜間陰茎勃起も生じない。
あれはメインテナンスだから。
EamigtICtCRrKRn.jpg
白癬菌が出現していた。
AYwTuSQnlIyGoMl.jpg
酸素を運ぶと精子が減少して元気もない。
この肉体は明らかに弱っている。
xvwapkvLzUGuYlo.jpg
白血球が足りない、気をつけろ、免疫力が低下するから。
cpRxoLichcweQen.jpg
配達途中で赤血球の新人研修に遭遇する。
でも数が少ない。
最優秀新人賞だと気づかれて握手を求められる。
それなら新人教育を手伝って欲しい。
二人を連れて配達に回ることになる。
ngxnjTmSPMFJkUP.jpg
しかし、新人に教えるのではなく代わりに配達してしまう。
早く届けたいから。
その思いが高じて、足底部にも代わりに届けに向かう。
NQHZJtOzHWXWuYK.jpg
途中で仲間と遭遇、異変を感じて同行してくれる。
足底部は白癬菌が蔓延っていた。
ZiOBIkOpWKrCeBw.jpg
白血球が助けてくれるが数が多すぎる。
至急、応援を送るがそれでも絶対的な数不足。
QySKSaaCySCUAaZ.jpg
そこに薬剤投入、殺菌で治療する。
XPSKHNVRSNngvNr.jpg
何とか退治できたが、同じ白癬菌が陰茎部、頭部にも増殖中。
UupizWEHLxdAdMY.jpg
無理を承知で休む間もなく指示が送られる。
そんな白血球を見て更に自分を追い込んでしまう。
頑張らなきゃ。
guuPkLHdZvzbAzF.jpg
それを見かねて仕事を辞めさせる。
俺がカフェインに溺れたときは放っておかずに面倒を見てくれた。
だからと言って連れ回す。
EvzniuNoviBPNfo.jpg
サボり方を指南する。
一人で抱えすぎるな、一人が頑張って出来ることはしれている。
2人がサボっても、この世界は変わらない。
KIdWNRpRLJHYvTZ.jpg
ようやく強迫観念にも似た症状から戻って落ち着くのだった。
働くって難しいな。

ーーー次回 「胃潰瘍、友情、喪失。」ーーー
 
白癬菌って幹部によって名称が変わるのですね。
水虫、インキン、タムシ。
なので同じ薬で効果があるんだね。
白血球が少ないのは、ウィルスなどとの戦いで消耗したから?
そんなことになるとは。
他のマクロファージやT細胞も減少してるのかな?
免疫力が下がると外敵の侵入に対して弱くなる。
益々白血球が不足してしまう。

効率を考えて新人研修でも自分が働いてしまうのは問題です。
新人が育たない。
多少スパルタでも放っておかないといけない。
そして新人研修はベテランに任せるべき。
教官も現状を知ら無さ過ぎ。

テーマ : 2021年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:はたらく細胞  Trackback:2 comment:0 

はたらく細胞 BS11(2/20)#07

第7話 がん細胞II(前編)
 
がん細胞が復活した。
NK細胞、白血球、メモリーT細胞が戦う。
UuKkxCtgfdXjOow.jpg
しかし捕まって倒されたかと思ったがNK細胞は対処していた。
alLBoIizibOKRNN.jpg
それでも、自分の細胞を複製して身代わりを多数作成する。
過去の戦いで学習済みのメモリーT細胞。
HvEYsZpWNrQolwe.jpg
それらを全て破壊するが彼の前に立ち塞がる者が居た。
ZhIbPFcpXAIofiY.jpg
制御性T細胞だった。
fYvDOTgETBZfMvz.jpg
がん細胞は外的ではない、肉体で作られた細胞だからとがん細胞を守る。
IFyuSgMZfeLenoz.jpg
免疫異常を止める役割の細胞だった。
KicdQoZAWgfMFYp.jpg
メモリーT細胞を守って負傷する白血球。
制御性T細胞に隔離される。
制御性T細胞が、がん細胞が守るのでがん細胞に攻撃できない。
腸内環境は悪化の一途をたどる。
悪玉菌の出す有毒性ガスが充満し始める。
7- (15)
それを吸収して増殖するがん細胞。
命の奪い合いは正しいのだろうか?
hbfYWtDnNKmMYFs.jpg
肉体を活かすためには命を奪わないといけない。
矛盾が生じている、だから自由に生きることにした。
UNWAYYIHqgcJBWd.jpg
それは肉体の死を意味する。
でもその前には自由になれる。
NnqhORBjpmKjyBr.jpg
赤血球も有毒ガスに苦しんでいた。
細胞は乳酸菌を仲間のもとに返すべく腸内を歩く。
そこで悪玉菌と遭遇する。
OPVzxdkzLsCCORO.jpg
悪玉菌から守るすべがないと追い立てて逃がしてやる。
qZaYrZgypPcWtmX.jpg
乳酸菌は仲間を求めて移動する。

ーーー最終回 「」ーーー
 
がん細胞が再登場しましたが、腸内環境もかなり危ない。
悪玉菌がはびこってきました。
その機に乗じて?がん細胞が変化して増殖。
これは偶然ではないですね。
どちらが先かは不明ですが悪しき環境は悪しきものを生み出す。
そんな感じですね。
劇場版の再編集らしいですね。
そして次回が最終話。
免疫系のリベンジはなるのだろうか?
免疫異常を抑える制御性T細胞、免疫が誤解して肉体を攻撃することを抑える。
肉体は上手く出来ているが、健康はいつまでも続かない。
ケアが必要なのでしょう。

テーマ : 2021年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:はたらく細胞  Trackback:2 comment:0 

はたらく細胞BLACK BS11(2/13)#08

第8話 ふくらはぎ。肺血栓、機転。
 
白血球は足に向かって進んでいた。
sLUteFGHqdOEzVx.jpg
実はまる二日、眠っていない肉体、血栓が発生していた。
pHQLcYxYfIlWIIy.jpg
喫煙回数が増えたのか一酸化炭素が発生する。
赤血球の数も減少気味。
FDAqYFOfRsfRvVE.jpg
アルコールの摂取回数も増えた。
肝臓でアルコールを抜いてこよう。
ZDbLuMereNQeMGs.jpg
肝臓の機能が低下していた。
閉店のお店も増えて油も溜まっている。
ZMEwZIHINnsbzci.jpg
肝硬変で、機能低下でアルコール抜きも出来なくなっていた。
OXCRyzoHEKRWcOs.jpg
酸素の運ぶ赤血球の数が足りていないので駆り出される。
今回向かうのはふくらはぎ。
ふくらはぎはポンプ機能があり静脈を通って心臓に血液を送り返している。
だから第二の心臓とも呼ばれている。
qusaHhbqsSICBID.jpg
血管が脆くなっているのか?血栓が発生する。
slLrZtMpLxoqvGr.jpg
血圧が上がって血栓が移動を始める。
向かう先は肺動脈、何とか止めないといけないが追いつけない。
肺動脈に血栓が詰まってしまう。
SMoENUAVAHOqxau.jpg
これでは肺に酸素が運べない。
エコノミー症候群の様相を呈する。
詰まった血栓は除去できない。
このままでは肺が新しい酸素を供給できなくなってしまう。
そこで気管支動脈を通って酸素を肺に運ぶしか術はない。
皆で細い動脈を使って酸素を運ぶ。
xfvbKNVAmHZQsWS.jpg
何とか肺動脈の血栓が崩れて酸素が運べるようになる。
ZBKtQsCjtPlxdSg.jpg
なんとか間に合った、肺が活動を再開する。
lZjamEzkqbpTIpW.jpg
何かがおかしいと白血球。
白血球の数が足りていない。
何があったのだ?

ーーー次回 「異変、水虫、働く意味。」ーーー
 
今回は肝臓の機能低下と血栓。
喫煙、睡眠不足、アルコール摂取過多などにより、肉体が悲鳴をあげている。
血栓で動脈が詰まるのは怖い。
と言うことで規則正しい生活が重要になるのかな。
生活習慣病が一番怖いのかな。

テーマ : 2021年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:はたらく細胞  Trackback:1 comment:0 

はたらく細胞 BS11(2/13)#06

第6話 悪玉菌
 
NK細胞からがん細胞の復活を聞いた白血球。
それから2人は無言で緊張していた。
yQqPAjAeSSiFftr.jpg
乳酸菌を隠し持つ細胞は2人のピリピリした様子がたまらない。
大腸に到着した、ここには100兆の細菌が居るので仲間も見つかるだろう。
znGduReIrnigSCB.jpg
悪玉菌が優勢で有毒ガスが発生していた。
赤血球も活動が苦しい。
BHcaAcUfxEWgKsk.jpgZRTChETwihORcpX.jpg
大腸内には善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3種類が存在している。
JcFuQnUMzjFJXLe.jpghgslpRKbcwePhXn.jpg
血小板ちゃんは大腸のツアー見学に参加していた。
pqpQFLmxrKKdSwu.jpg
赤血球は血小板ちゃんたちに癒やされる。
HOAHfTWYzzNMztG.jpgJRHvoJNcSAsjPdy.jpg
キラーT細胞はメモリーT細胞に変化していた。
前回、がん細胞を倒したので彼の記憶を下に活動する。
NK細胞と白血球が到着、NK細胞とキラーT細胞は仲が良くはない。
細胞もここでようやく、がん細胞の復活を知る。
pyeuLoJpVTBkDXV.jpg
白血球も忙しいので一人で乳酸菌を仲間のところに連れて行く。
細胞は乳酸菌との旅は楽しかった。
TaVKabgdqSwbOOB.jpgQoHPHassPnqvpKr.jpg
杯細胞と腸管上皮細胞は粘液質のムチンで細菌を防いでいた。
oSrZCutmkwZEGqx.jpgnxeYJPpkifnkJPt.jpg
しかしそれも限界で悪玉菌が侵入してきた。
ZEaMpOaxypwBnqN.jpg
血小板と赤血球も有毒ガスから逃げていた。
ZBKgtIWdlVnmfDC.jpgozVJmGRutATKgtQ.jpg
NK細胞とメモリーT細胞と白血球はがん細胞と戦うが人形だった。
sOyWRKTLmSCcnmG.jpg
ついに本体と遭遇するも圧倒されてしまう。

ーーー次回 「がん細胞II 前編」ーーー
 
乳酸菌を仲間の居場所に返すエピソード。
大腸に来ると細菌も多いが悪玉菌が優勢な様子で環境は悪い。
そして遂にがん細胞復活。
今回は前回のようには倒せそうにない。
これはBLACKじゃないよね?

テーマ : 2021年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:はたらく細胞  Trackback:1 comment:0 

はたらく細胞BLACK BS11(2/06)#07

第7話 カフェイン、誘惑、嫉妬。
 
活性酸素が爆発する。
GIyxJgmYdMGkpLp.jpg
酸素が活性酸素に変化する原因は様々な要因が考えられる。
ビタミンE不足、喫煙、紫外線、加齢などや生活習慣の乱れ。
VHwiTlYaqlBqTVE.jpg
赤血球には罪がない。
HdrbVBMPulqQkne.jpg
今年の最優秀新人賞はAA2153が選ばれる。
ノルマ未達成の赤血球は頑張りましょう。
NJkVqCJXyitsHqr.jpg
友人が最優秀新人賞をもらうと同じだと思われる。
XiSPRJAbmZdnysX.jpg
報われないノルマ未達成者が相棒を誘う。
SKfXEPltgofWblV.jpg
毛根に酸素を運ぶと毛が抜けていたり細くなっていた。
毛母細胞も元気がなかった。
ストレスで髪が抜けて痩せ細ったらしい。
wOQQIZscOtPWSue.jpg
皮脂細胞は毛穴付近で皮脂を貯めて乾燥を防いでいる。
最後は引退時に皮脂が破裂する。
そこでも活性酸素が発生する。
dRCocbkMzItopAX.jpg
活性酸素は赤血球の命を奪う。
加齢で活性酸素が発生したのだった。
mqkEmQChjEdeeVL.jpg
ノルマ未達成の赤血球は仲間だと小腸に誘う。
そこではエナジードリンクを呑んだせいでカフェイン、アルギニンが摂取される。
BAMJQQIucmjIwes.jpg
一時的にハイな気分になる。
効果が切れると反動で疲れてやる気が失せる。
何度でも浴びれば良いとカフェイン中毒に侵される。
TohSHQhnbYKVTNH.jpg
鼻腔内で出血、アルギニンの過度な摂取が原因。
出血に巻き込まれそうになる。
MGMnzEPiTyPAInd.jpg
しかしカフェインがキレて離脱症状で力が出ない。
価値のない細胞なんて居ない。
仲間がいるから頑張れた。
sKeZmDXPNfEYdnM.jpg
その言葉で出血に巻き込まれずにすむ。
WGnividBfPWYenM.jpg
血小板が急いで現場に向かう。
cZQIlqNtmJnwhvu.jpg
カフェインを絶って真面目に働く赤血球だった。

ーーー次回 「ふくらはぎ、肺血栓、機転。」ーーー
 
今回は熱い友情のお話。
カフェインって眠気覚ましに呑んだりするが血管を広げて一時的な効果があるのですね。
でも反動も大きい様子。
エナジードリンク、エナドリはカフェインなのですね。
それならコーヒー呑んでる方が自覚があって良いかも。
まあ何でも過ぎたるは及ばざるが如し、ですね。
そして、世間の噂は怖い。
他人の言葉に惑わされない事が大事。

テーマ : 2021年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:はたらく細胞  Trackback:2 comment:0 

はたらく細胞 BS11(2/06)#05

第5話 サイトカイン
 
乳酸菌と逸れてしまった細胞。
白血球も何も出来ない。
CwejXRJjulDTZAW.jpg
そこにNK細胞が現れた、実は探しものをしているらしい。
小腸付近にインフルエンザウィルス発生。
GBbuMlrxOtieyUw.jpg
雑魚相手だと思ってしまうが、強い。
LWRGBIMKdhSvbuR.jpg
記憶細胞の獲得免疫を頼りにB細胞が抗体作成、攻撃する。
しかし抗体が通じない、抗原変異していた。
インフルエンザウィルスは変異が起きやすい。
CwRVvDJMThdtEsB.jpghVgZmBtONDVFPBe.jpg
樹状細胞が逸れた乳酸菌を保護していた。
5- (1)xGRLOoBNwRwTtts.jpg
ストレスによる免疫力低下でNK細胞が落ち込んでしまう。
UfxFxIPgAPaHgcI.jpgJKIOrsXNvtJRzVP.jpg
インフルエンザウィルスの感染を止められない免疫系細胞。
保護した乳酸菌が多糖体を生成していた。
PbPaJUURfUawxXv.jpg
それを得て樹状細胞が活性化して免疫調整を始める。
ZEPuAVzblVSNepc.jpgsBCTPjjnzqbeHtF.jpg
サイトカインを作り出して免疫細胞を活性化する。
再びNK細胞、白血球、マクロパージ、キラーT細胞が頑張ってウィルスに対抗する。
JOrUTghMNpYGesw.jpg
なんとか、インフルエンザウィルスを撃退できた。
FIoOLtYVtJrMmZN.jpg
逸れた乳酸菌が頑張ったお陰で助かった。
kwcZVjJOioVbkAi.jpgqrVkvtUPWehrdMD.jpg
仲間を呼んで、乳酸菌を返してやる。
残る乳酸菌は1匹となった。
白血球はNK細胞と話し合う、実は乳酸菌を仲間のもとに返そうとしていた。
FmCRFIgJjFkHujo.jpgStnSFxChrTVqVhG.jpg
NK細胞が探していたのは、抗原情報が流出して再び肉体を得たある細胞だった。
pxvMjfxilgzSHZo.jpg
それは一度は撃退したはずの細胞だった。

ーーー次回 「悪玉菌」ーーー
 
サイトカインはBLACKでも登場したが生理活性化させる物質。
赤い乳酸菌は商品、そのままのR-1らしい。
多糖体を得て変身する樹状細胞がサイトカインを放出する。
もっと働け物質にも思えるが、この作品では黒歴史の暴露で
 羞恥心を煽ってましたね。
それにタイムリーなインフルエンザウィルスの抗原変異ネタ。
獲得抗原記憶では対処できない抗原変異。
なので免疫に頑張れ働け物質をドーピングでした。
ストレスでも免疫力が低下するのは怖い。
ストレス解消も健康には重要なのでした。
でも他人と関わらないことになりそうで怖い。

テーマ : 2021年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:はたらく細胞  Trackback:1 comment:0 

はたらく細胞BLACK BS11(1/30)#06

第6話 腎臓、尿路結石、涙。
 
酸素配達の帰りの血管に老廃物が漏れていた。
Es_RbgaU0Akx-je.jpg
汚れたので腎臓で洗ってもらおう。
PBzYDtbfRVmWJNI.jpg
糸球体が洗ってくれると気持ちいい。
Es_R43vUYAAdZm9.jpgEsuHzj0UcAI8Cya.jpg
腎臓は血液の老廃物を小便として排出する。
沈黙の臓器と呼ばれている。
尿管の近くを通る時は気をつけて下さいと忠告される。
Es_SeQJUUAEg9s1.jpg
何か異音が聞こえる尿管の近く。
尿管がボコボコに膨らんで破裂する。
Es_SZT6UcAExdT2.jpg
尿路結石、1cm大で自然排出は不可能。
何とか押し戻そうとするが無理。
この状況は痛い、King of Painと呼ばれる。
シュウ酸が体内に増加してカルシウムと結合した結石。
Es_TELLUUAUeEDk.jpg
尿道から異物侵入。
レーザーで結石を粉砕する。
Es_TcEXVgAIwnx2.jpg
傷は血小板が防いでくれる。
白血球と遭遇、安全な場所に送ってくれる。
白血球が集まったということは細菌が接近していることを意味する。
hkkOFULhiOjgzjI.jpgEs_UWFBU4AQ-fWI.jpg
尿道から侵入したレーザー装置を伝わって細菌侵入。
逆流防止弁も効果なく、膀胱を通過してきた。
腎臓に到達すると急性腎盂腎炎を起こす。
白血球が細菌と戦う、マクロファージに救援要請を出したが移動が遅い。
淋病で白血球が減少しているので辛い。
最悪は1つ、見捨てるしか無い。
Es_U4JGUwAYtZna.jpg
破れた白血球は尿とともに排出される、白濁する。
こんな時でも腎臓では糸球体が黙って仕事をこなすだけ。
赤血球は腎臓に向かう。
Es_UzROUwAAp5mV.jpg
余計なお世話だよ。
婆様にお仕事を教えて頂いたことは感謝しかありません。
でも我慢しても泣きたいときもある。
dHDxJABdueoakEg.jpgEs_VMTLUUAU9CVz.jpg
細菌が腎臓に到着した、婆様が守ってくれる。
頑張るしか無い、糸球体は再生しない。
Es_VXYpVEAI3yj9.jpg
白血球はピンチだったが、抗菌薬、抗生物質が投与された。
Es_VnfEVoAIfOgb.jpg
今回はギリギリの勝利。
この肉体はかなり危ない。
辛くても弱音は吐けないブラックな環境だった。

ーーー次回 「カフェイン、誘惑、嫉妬。」ーーー
 
腎臓、沈黙の臓器。
糸球体は再生しないのが辛い。
だから人工透析となるのですね。
これを聞くと腎臓は大事ですね。
尿の色は要チェックですね。

テーマ : 2021年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:はたらく細胞  Trackback:1 comment:0 

プロフィール

てぃわは

Author:てぃわは
Cocologが容量いっぱいで、こちらで継続します。
アニメやドラマの感想がメインです。
もう一つ別のブログも利用してます
文責は放棄していませんが、リンクはフリーです。

検索フォーム
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
G-AF
Amazon
Amazon IFrame
カテゴリ
楽天アフィリエイト
VISA
VISA Invitation
https://www.smbc-card.com/olentry/affiliate/online_entry.do?bno=03400398911
ブログサークル更新用
日刊BLOGガイド
日刊BLOGガイド
カウンター エリア
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メモリーボード
Pingoo Memory Board
ブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
ブログ村カウント
ブログランキング
ブログランキング