FC2ブログ

七星のスバル TBS(9/20)#12終

最終回 第12話 新たなる伝説

旭姫を覚醒させて理想の未来を現実に作るのがグノーシスの目的。
希は彼らに協力するために過去に旭姫と陽翔が喧嘩したクエストを選んだ。
それは旭姫が陽翔を見限って覚醒するために必要だから。
過去のクエストを思い出して陽翔を撃ってしまった旭姫。
12- (15) 12- (16)
倒れる陽翔を見て現実に戻る旭姫、助けようと異なる未来を選択しようとする。
能力が覚醒したところをグノーシス第5者のケリントスが捕獲する。
12- (1)
咲月は陽翔を助けようと頑張るがヒットポイントが下がるのを遅らせるだけしか出来ない。
クライヴが1人で戦うが限界も近い。
エリシアが駆けつけてクライヴを助ける、グノーシス第4,5者では相手にならない。
陽翔は別世界で旭姫と遭遇する、俺が守ると覚醒する。
12- (3) 12- (2)
貴法、希も駆けつける。
旭姫の捕獲檻が壊される。
ここは一時撤退かと提案するケリントスだが、あの人に会わせる顔がないと
マルキオンは戦闘を継続する。
二人の合体技ユートピアを発動する。
12- (6) 12- (7)
覚醒した陽翔は1人で倒す。
しかし捕まえて情報を聞き出すつもりだったのにと怒られてしまう。
初めて陽翔以外に姿を見せたエリシア。
プレアデスの鞘がロストペンタゴンに落ちていたので届けに来ただけと
 手渡して消失する。
12- (8)
リアルで希を迎えに来た貴法。
両親には俺も説明する。
12- (9) 12- (11)
スバルが完全復活、新たなクエストに向かおう。
その前にアジトを作り直そう。
12- (13) 12- (12)
スバルは伝説になろう。

---最終回---
 
えーと何も明らかにならないオレタタエンドとなりました。
これでは、PVでしかない。
内容的に判断できるものがない。
こんな作品を放送されても困る。
もうTBSも枠を減らしたほうが良いのかも。
いい作品がないなら枠を減らすのもありだと思う。
この作品は評価する内容を描けていない。
ただ伝説だったゲームパーティが復活しただけでした。
それ以外の謎は一切不明でした。

スポンサーサイト



テーマ : 2018年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:七星のスバル  Trackback:2 comment:0 

七星のスバル TBS(9/13)#11

第11話 這い寄る悪夢

グノーシスのセトが現実世界で時を操る。
翻弄される貴法、陽翔、咲月。
旭姫を成長させてくれたスバルに礼を述べて去る。
旭姫が心配でログインする。
11- (1)
旭姫はかつてのダンジョン攻略の夢を見ていた。
陽翔が旭姫の指示を変更して勝手に戦った。
陽翔の変更を怒って喧嘩する旭姫。
11- (2)
アジトで眠る旭姫が心配で3人が駆けつけ、クライヴも戻る。
リアルでセンスを使用したグノーシスの男との出来事を相談する。
エリシアは各自の覚醒、レベルアップを求めていた。
アジトが揺れる、危ないと旭姫の能力が未来を視る。
11- (3) 11- (4)
間一髪で転送された場所にはかつて攻略した白水嶺の塔が出現。
内部を探索する、中ボス出現地域で旭姫のプロフェアータ発動。
しかし誤作動していた。
11- (6) 11- (8)
一度戻ったほうが良いと提案するが、希を助けたいと先に進む旭姫。
ラスボスが存在したエリアに希が出現。
使い魔を大量に召喚して、自身も魔族に変身する。
11- (9)
グノーシスの第4者、第5者のケリントス、マルキオンも登場。
バトルが始まるが、貴法は希と二人で説得する。
今の希は昔の自分と似ている、殻に閉じ籠もっていた自分。
11- (10)
かつてダンジョンで遭難した時に自分を変えたい、殻を打ち破りたいと告げた希。
旭姫が好きで殻に閉じ籠もっていたのは貴法自身。
だから希が見えていなかった、無抵抗で説得を続ける。
11- (11) 11- (12)
でもこれからは君と一緒に歩みたいと抱きしめる。
旭姫と陽翔に振られた二人がダンスで慰めあっていただけだ。
11- (17)
希の変身が解けて昔の姿に戻る。
でも、取り返しの付かないことをしてしまったと泣く希。
11- (14) 11- (15)
旭姫が陽翔を撃った。

---次回 「新たなる伝説」---
 
希の説得、貴法の告白で闇落ちから脱出でしたね。
旭姫には仲違いした過去を見せてスバルからの脱退をさせようとしているのだろうか。
最終的には旭姫の能力が欲しい運営、グノーシス。
それを使って現実で何をしたいのでしょうね。
エリシアは白水嶺の塔に居ましたが、彼女?の正体は明らかになるのだろうか。
全てが次でまとまるのだろうか?
残り2話だが、TBSスタイルだと13話はおまけの番外編。
次回が事実上の最終回となると何も解決しなさそう。
あと6話程あれば、なんとかなりそうな気がする。

テーマ : 2018年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:七星のスバル  Trackback:1 comment:0 

七星のスバル TBS(9/06)#10

第10話 消えた少女

咲月は陽翔にフラレて思いきり泣いて逆にスッキリ。
陽翔は対応に困っていた。
10- (1) 10- (2)
貴法と待ち合わせて希の自宅を尋ねる。
昨夜、母親から希が居なくなったと連絡があった。
貴法の解析でリユニオンに2日前にログインしたことは分かった。
10- (3)
クライヴが希のリユニオン内での足取りを追った。
10- (5) 10- (7)
ダンスホールに移動して天へ移動、天空のダンジョン、龍の要塞に今も居る。
希を連れ戻しに全員で龍の要塞を訪れる。
10- (17)
そこはグノーシス第5者の無響、第4者の天理が待ち受ける罠だった。
希もグノーシスの仲間入り、私の心が傷ついた。
10- (8) 10- (11)
咲月を守る貴法に毒づき、咲月は雌豚呼ばわり。
そして旭姫に毒を注入する。
過去のダンジョン攻略を見せられて陽翔を怒る。
スバルの攻撃が無効化される相手に苦戦するが撤退する。
10- (9)
アジトで回復した旭姫をクライヴが見守る。
海外在住で飛び級で大学生のクライヴだった。
10- (16) 10- (15)
貴法に招集された陽翔と咲月。
希の発言が気になっているが詳細不明。
咲月が希の気持ちを説明する、希は貴法が好き。
あの日のダンスホールで貴法と咲月が踊っているのを見て勘違いした。
10- (13) 10- (12)
その場の時間が進む異変を感知する。

---次回 「這い寄る悪夢」---
 
貴法ラブな希、今までの行動で旭姫が好きなのは分かっていたはず。
なのに咲月と踊る貴法を見て勘違いする。
なんとも急展開ですが、尺が足りないのでしょうね。
そして闇落ちの希を利用するグノーシス。
順番にグノーシスを倒して、最終決戦となるのだろうか。
今回はエリシアは未登場。
彼女の正体は何でしょうね。

旭姫に八つ当たりした希、他人を信じやすいお馬鹿さんでした。
テーマ : 2018年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:七星のスバル  Trackback:1 comment:0 

七星のスバル TBS(8/30)#09

第9話 巡り合う星々

クライヴが帰ってきた。
貴法は自分の情報網に自身があるだけに直ぐには信じない。
戦ってようやく本物だと納得する。
9- (1)
海での出来事もプレアデスを見せて納得させる。
クライヴも詳細は不明でエリシアに協力しているだけ。
9- (6)
エリシアを知っているのは陽翔だけ。
女性と聞いて詳しく知りたがる皐月と旭姫。
貴法は希のリアル住所を突き止めたので陽翔と皐月で訪ねて欲しい。
貴法は怖がられていると思っているので不参加。
スバルには鈍感な男しかいない。
9- (5)
希は別れてから読者モデルとして活躍している。
ゲームには関わらないようにしてきた。
9- (7) 9- (8)
旭姫が存在するのでリユニオンにログインして欲しい。
ゲームイベント、ダンスパーティのお知らせが届く。
久遠の愛を誓いましょうと言われて色めきだつ皐月と旭姫。
9- (11) 9- (10)
悩みながらも陽翔にダンパに誘って欲しいと告白する。
貴法に旭姫の墓の前に呼び出される。
俺は旭姫をダンパに誘うからと宣言される。
お前なんか居ないほうが良かった。
旭姫の希望はスバルの復活、皆の前では笑顔でいるが、両親にも会いたがっている。
それも含めて飲み込めない奴は好きに成れない。
9- (3)
俺も旭姫が好きなんだよ。
本音を引き出したかっただけだ。
9- (14)
皐月には誘いを断って旭姫を誘う陽翔。
9- (17)
貴法も旭姫にフラレて、振られた者どうしだと皐月と踊る。
誰にも告げずにログインした希。
9- (19) 9- (15)
貴法が皐月と踊っているのを見て来なければ良かったと泣いてしまう。
クノーシスが希を仲間に勧誘する。

---次回 「消えた少女」---
 
皐月と旭姫の三角関係に決着がついた。
そして勘違いする希。
こんな展開で終われるのだろうか?
2クールなら良いけれど、1クールだとオレたたエンドになりそう。

テーマ : 2018年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:七星のスバル  Trackback:1 comment:0 

七星のスバル TBS(8/23)#08

第8話 未来の選択

上級者から追われるスバルメンバーを攻撃するクライヴ。
裏切ったのか? 過去回想シーン。
8- (1) 8- (3)
病室で目覚める陽翔。
ゲーム内の攻撃でログアウト、6年間眠っていたらしい。
旭姫は付きっきりで看護していたので驚き、喜ぶ。
貴法、咲月も病室を訪れて喜ぶ。
リユニオンは知らない、ユニオンでプレイしていたらしい世界。
8- (4)
エリシアがようやく入れたとコンタクトしてくる。
この世界はプロフェアータが無数にある中から選択した世界。
プロフェアータのセンスとはゲーム世界の未来予知ではなく、現実界にも
 影響を及ぼせる世界の選択。
クノーシスは、旭姫の能力を覚醒させて手に入れるために活動している。
ユニオンとは、センスの実験場だった。
彼らは旭姫のセンスを覚醒、成長させるためにストレスを与えている。
エリシオは長時間の侵入は難しく去ってしまう。
8- (6)
旭姫に看護される世界ではなく、元の世界に戻る決断をする陽翔。
俺は旭姫との約束は絶対に守る、だから戻るよ。
旭姫も陽翔の言葉を信じてくれる。
8- (5)
エイギルに刺さったプレアデスを引き抜こうとした時に背後から迫るクライヴ。
彼の攻撃を弾いて一命を取り留める。
クライヴはスバルを裏切らない、正体を表わせ。
闘気を注入することで正体が明らかになる。
クノーシスの第6者、エイギルと一体化して攻撃を仕掛ける。
咲月のシールドを打ち破り人質にする。
旭姫の覚醒を求める、それを避けたい陽翔。
咲月を助けた船長アルビダこそクライヴの変装だった。
8- (7) 8- (11)
仲間を窮地に追いやって旭姫を覚醒させたい。
極大魔法トールハンマー発動。
旭姫は陽翔が守るが二人は不在。
彼らの居ない世界は旭姫には辛い。
咲月とクライヴは直前に難を逃れていた。
咲月、クライヴ、旭姫の攻撃でダメージを与える。
この隙に陽翔がプレアデスを引き抜こうとする。
しかし無理、3人の力を借りてプレアデスに力を注ぐ。
エイギルを倒すことが出来た。
8- (9) 8- (10)
ドロップした赤い宝玉の欠片を手にする旭姫。
エリシアが旭姫を救出に来るがセンスを封印される。
8- (12) 8- (13)
かつて隠れていたスバルメンバーを攻撃したクライヴ。
しかしメンバーを狙う相手を倒してのだった。
俺はスバルが面白いから裏切らない。
8- (14)
必ず旭姫も皆も助けるからと誓う。
8- (16)
エリシアのプレイヤーらしく、手にはリングがあった。

---次回 「巡り合う星々」---
 
色々と物語の核心が明らかになった感じです。
旭姫のセンスは未来予知などではなく、世界の選択。
彼女が望む世界を構築できるような能力。
それもリアルでも影響を及ぼすとんでもない力。
そもそもゲーム自体がセンスの開発を目的としていた。
なので旭姫の能力を自由に制御できるように成長させて奪う。
完全にシュタゲの要素が混じってきました。
自ら世界を構築できるとなると、それ以上の能力ですね。
その記憶を封じた赤い宝玉、センスも封じられているのかも。

クノーシスはゲーム運営とも繋がっていそうですね。
と言うよりもクノーシス=ゲーム運営でしょう。
最後のエリシアのプレイヤーもスバルメンバー?
彼は危険なので居なかったことにされた?
でもクライヴは共に行動していたので詳細を知っていそう。

テーマ : 2018年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:七星のスバル  Trackback:1 comment:0 

七星のスバル TBS(8/16)#07

第7話 剣を求めて

海底に刺さる聖剣ロストペンタゴンを求める3人。
そこまでの案内が可能なのは女船長アルビダだけ。
7- (18)
一応は海域を知っているが、最後は海底を歩いて探す。
海中ではHPが直ぐに減少するので長時間の作業は難しい。
船上に戻って回復、これでは埒が明かない。
旭姫があの辺にある気がすると指差す。
7- (1)
潜水すると確かにあった、陽翔が使用していたプレアデスだった。
引き抜こうとするが、地震が発生。
モンスター、エイギルの背中に刺さっていたのだった。
7- (2)
暴れられると対処が難しい、今までと同じ赤い目なので操られている?
クライヴが助けてくれるが船上には居ない。
7- (5)
昔もスバルを脱退すると言い出したり気まぐれなクライヴだった。
貴法とリアルで会う咲月と陽翔。
鍵は赤い宝玉、あの内容を個人的に考察すると、
旭姫の肉体は現存しているのではないかと思う。
7- (6) 7- (7)
日下希も捜索していた貴法、この街に帰ってきているらしい。
貴法父の経営するホテルのロビーで会う3人。
7- (8)
聖剣がプレアデスだったりと不思議な事も多い。
上位ギルドのグノシーが暗躍しているように思われる。
正体不明のギルドで情報は少ない。
7- (10)
翌日も聖剣の獲得に訪れた3人。
またもや場所が分からない。
クライヴがエイギルを呼び寄せてくれる。
7- (9) 7- (13)
そこで作戦通りに海上に引き上げて絶対零度で凍らせる。
7- (11)
プレアデスを引き抜こうとする陽翔を背後から刺すクライヴ。

---次回 「未来の選択」---
 
陽翔の能力を引き出すには相応の剣が必要。
そこで海底に眠る伝説の剣を探す3人。
その剣はかつて陽翔が使用していたプレアデスだった。

クライヴとも再会するが彼はスバルメンバーの覚醒を求めているはず。
なので今回は陽翔を刺すのも意味があるのでしょう。
裏切りなら面白いが、基本はスバル再結成で何かとバトル。
旭姫の謎を解くことになるので、ここで終わって次回への引きと
 するのも面白いとは思わない。
早く再結成して次のステージに進んで欲しい。
テーマ : 2018年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:七星のスバル  Trackback:1 comment:1 

七星のスバル TBS(8/09)#06

第6話 獅龍、共闘

旭姫を助けるために3,000人を越えるディバインに戦いを挑む陽翔。
咲月は貴法を訪れていた。
6- (15)
旭姫救出には準備が必要だ。
あなたは何も分かっていない。
陽翔のアカウント消失でリアルで逢えても勝ったことにはならない。
逃げただけで虚しいだけ。
旭姫も居る昔のスバルに戻ることが理想。
最高の嫌がらせをしてあげる。
6- (5)
かつて咲月が前に出すぎて魔力を使い果たしてピンチになった時、
 旭姫の能力が開花した。
未来予知で全員に指示を送るプロフェアータで勝利する。
初めて見る固有センスに全員が称賛する。
そんな状況に拗ねて泣き出す咲月、私がスキルアップしても誰も褒めてくれなかったのに。
旭姫は咲月の思いが理解できた。
でも旭姫も同じで、前線で陽翔と一緒に戦う咲月が羨ましかった。
だから共に戦いたいと願ったら得られたセンスだった。
これからはライバル、いつか陽翔に告白できたら良いね。
6- (16)
ドラゴンを拘束する術に為す術のない陽翔。
しかし咲月と貴法が駆けつける。
残りは1,500人程度、貴法と陽翔のコンビは今もピッタリだった。
アジトに侵入する、エリシアとクライヴが見守っていた。
6- (12)
邸内には精霊封じの宝玉が施されていた。
貴法の動きを旭姫のセンスを利用して先読みする。
6- (9)
遂には貴法でも破壊できない拘束具で動きを封じられる。
陽翔のセンスも事前に対処されていた。
3人が訪れることも予測されていた。
6- (4)
もう負けたくない、咲月が覚醒して精霊王を召喚する。
6人の力を借りた攻撃は圧倒的だった。
6- (6)
残ったのはリーダー二人だけだった。
最後の手段は3,000人の恐怖や負の感情を集めたタイラント。
レトスに施すと暴走状態で攻撃する。
6- (10)
旭姫は皆に力を与えたい、赤玉が呼応してリングが呼応する。
6- (13)
6年前の自分を思い出す3人、咲月、貴法の力を得た陽翔がエストレアを放つ。
スバルの切り札で倒す。
6- (14)
ブリルの元リーダーも倒して旭姫の救出に成功する。
6- (8)
貴法から赤い宝玉の欠片を受け取り映像を見るが不明瞭。
6- (2)
貴法もスバルのリングを保有していた。
一緒にはいけないとパーティに戻る。
6- (11) 6- (3)
あいつら弱くなってる。
陽翔は昔を思い出し始めている、咲月は覚醒した。
貴法も覚醒して欲しかった。
それまではクライヴが援護して覚醒を促すとエリシアと話す。
今は別名でログインしているクライヴだった。

---次回 「剣を求めて」---
 
旭姫救出に3人が力を合わせて戦った。
昔よりは弱くなっているらしいが、クライヴがエリシアと何やら画策してます。
OPで色んな敵っぽいキャラが描かれているので、この先は
 何やら使命的な目標が追加されそうですね。
今回は咲月の覚醒でした。

3人で3,000人をログアウトさせてしまうと、歯向かう者は居ないでしょうね。
そして謎の宝玉、あれを完成させれば情報が得られるのかな。
テーマ : 2018年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:七星のスバル  Trackback:1 comment:0 

七星のスバル TBS(8/02)#05

第5話 渦巻く陰謀
5- (4)
貴法と戦う陽翔。
旭姫が二人を止める、旭姫に銃を向けられて撤退する貴法。
5- (5)
クライヴと希の居場所は不明。
咲月には共犯だと思っていたと言い残す。
5- (6)
貴法はサザンクロス、ブリルソサイエティーと共闘する。
目的は異なるが旭姫を手に入れ、覇権を奪うのは同じ。
貴法の言葉に動揺する咲月。
5- (8)
陽翔と旭姫はクライヴ、希を探してノアキス大陸の最北端に転送屋を利用する。
そこで情報を求めるが二人は見つからない。
別の大陸の情報は手に入らない。
5- (13)
陽翔はかつて使用していた大剣、プレアデスを失っている。
通常の剣では2,3度の使用で壊れてしまう。
咲月が遅れて合流するが元気がない。
5- (9)
濃霧発生、しかも深層心理にアクセスする魔術も込められている。
既に周囲に敵が100名存在している。
陽翔、咲月、旭姫は個別に転送される。
貴法から咲月に伝言、陽翔はログアウトさせるから旭姫の居ない世界で暮らせ。
貴法は旭姫と一緒にこの世界で暮らす。
5- (3)
旭姫の望みはスバルの復活、咲月はブリルの話には応じない。
誰か彼女を手伝う存在が居る、旭姫の元に向かうために戦う。
陽翔も囲まれてサザンクロスのレトスとバトル。
エリシアが救出に駆けつける、早く旭姫の元へ向かおう。
5- (7)
旭姫を閉じ込めて意識を封じる貴法。
しかしイルミナティのメンバーは操られていた。
旭姫をまんまと奪われる。
5- (10)
サザンクロスとブリルソサイエティーは合併してディバインとなる。
参加者を募ると発表する。
彼らの元から旭姫を救出するため一人で向かう陽翔。
迷いのある咲月は同行させない。
陽翔が失敗したら貴法と二人で旭姫を助けて欲しい。
5- (2)
3,000人を越えるメンバーと一人で戦いに向かう。

---次回 「獅竜、共闘」---
 
旭姫のセンスはレアで貴重。
ただ一緒に居たいだけの貴法ですが、他パーティに出し抜かれる。
陽翔が救出に向かいますが、貴法も手伝う様子。
こうしないと貴法の更生は描けなかった。

咲月を助けたのは誰でしょう?
元メンバーのクライヴ?
実は咲月好きなクライヴ?
当分は、残りの2人を探すことになるのだろうか?

テーマ : 2018年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:七星のスバル  Trackback:1 comment:0 

七星のスバル TBS(7/26)#04

第4話 不協和音
4- (2)
旭姫から赤い宝石の欠片がドロップする。
それから色んな映像が3人に見える。
これは旭姫の6年間の記憶?
ただ、そう思っただけ。
4- (13)
宿に帰ると3人は噂になっていた。
ラスボスを倒したことが2時間も絶たずに知られていた。
誰かが故意に情報を流しているとしか考えられない。
クライヴと希の情報は不明、情報屋に聞いてみよう。
外出するとサザンクロスに囲まれた。
かつての上位ギルドはほぼ存続している。

サザンクロスのリーダーレトスは旭姫狙い。
1000人のメンバーが狙っているので脱出するのは容易ではない。
ブリルソサイアティが力づくのサザンクロスを避難。
サザンクロスは撤退する。
ブリルのリーダー、アンゲルスは2代目、スバルを庇護下に置きたい。
これで揉め事はなくなるはず。
旭姫は誰のギルドにも入らないと断る。
4- (6)
貴法は旭姫の情報は全て入手していた、僕の旭姫。
リアルで咲月と外出する陽翔、でも新しいハードの購入で
 デートでも何でも無かった。
期待していた咲月はお怒りモード、でもお礼にランチを驕ると機嫌が回復。
旭姫は夜は1人で心配な陽翔、途端に不機嫌になって帰る咲月。
4- (9)
クライヴには連絡を取る術がない。
希はメールを送ってもエラー返信はないが、連絡は帰ってこない。
4- (1)
旭姫の6年間と思われた場所を探したいが容易には見つからない。
旭姫が能力に目覚めた場所へ行こう。
天使の塔、かつては攻略が難しかったが今では余裕。
旭姫と仲良しの陽翔に不満な咲月は集中を欠く。
4- (5)
モンスターに捕まるが、二人でモンスターを倒す。
4- (11)
旭姫のアイテムボックスに見慣れない赤い宝玉の欠片発見。
4- (8)
貴法が奪う、これは危険、以前に旭姫が倒れた。
この日のために準備してきた、旭姫は僕が守る。
陽翔は貴法の自信満々な物言いにバトルを仕掛ける。
4- (3)
二人だけの結界世界でバトル。

---次回 「渦巻く陰謀」---
 
咲月は陽翔への恋を拗らせてますね。
告白するしかなさそうですが、今は旭姫が優先と言われそう。
旭姫に嫉妬しながら手伝うことになりそうで、面倒な関係ですね。

未だ旭姫のレアスキルを狙うグループとのいざこざが面倒。
貴法が先回りして全てに対処すればストーリー的には見やすくなるかも。

テーマ : 2018年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:七星のスバル  Trackback:1 comment:0 

七星のスバル TBS(7/19)#03

第3話 あの日の約束
3- (1)
旭姫が生きていることに動揺する咲月。
もう陽翔を惑わさないで。
旭姫が現実に亡くなって陽翔は一番変わった。
感情を失ってしまった。
旭姫が逆に問いかける苦しむ陽翔を黙って見ていたの?
好い加減にしてくれ、俺に構わないでくれとログアウトする陽翔。
3- (7)
咲月が雨の中、訪れて決意表明する。
朝姫には負けたくなかった、ある意味で勝ち逃げされた。
今度は負けない、スバルメンバーで買ったリングを探し出してきた。
旭姫の墓に埋めたのを掘り返す。
リアルでもリングを交換しようと約束したが叶わなかったから。
貴法は旭姫のリングも掘り返して保有していた。
二人の行動を見守るだけで声は掛けない。
3- (8)
スバルはゲーム内でもリアルでも助け合ってきた。
旭姫の力になりたい。
ゲーム内で旭姫とクエストをこなす陽翔。
咲月はログインが遅れるので二人。
3- (10)
魔樹の樹液でリングを作りたい旭姫。
1つゲットしたので1つだけ完成、アジトに羊皮紙でデザインが残っていた。
陽翔にプレゼントしたいが旭姫の指にはめる。
3- (6)
咲月が到着、左手の薬指に嵌められているので怒る。
魔樹の樹液を持っていたので大急ぎで作ってきた。
しかし鈍感な陽翔は薬指に嵌めてくれない。
3人は最後のクエストの場所を訪れる。
特に何も思い出さないが、エリシアがラスボス、プルガトリオンを出現させる。
出口を塞がれて戦うしか術がない。
咲月、旭姫が戦うが動けなくなる。
3- (2)
パーティリングを発見する陽翔、あの日に落とした品だった。
ようやく旭姫と交わした約束を思い出す。
お互いに守り合おう、だった。
3- (13)
リングを嵌めるとセンス、クールドリヨンが蘇る。
攻撃が通じる、旭姫のセンスも発動、弱点を二人に見せる。
陽翔の攻撃でラスボスを倒す。
3- (12)
咲月は考えを改める、旭姫は死んでなどいない。
生きているので、ログアウトさせてみせる。
パーティ、スバル復活、仲間を信じよう、伝説になろう。

---次回 「不協和音」---
 
陽翔に過去を乗り越えろと告げるエリシア。
彼女は道案内の役割っぽいですね。
スバルのメンバーが揃えば旭姫は復活するのか?
貴法が当面の問題っぽい、拗らせキャラですね。
まあ、ゆきあつ担当ですからね。

あの花オンラインらしいので、ゲーム内のバトルはおまけですね。
そのために作画を費やすのは勿体無いかも。

テーマ : 2018年新作アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

Tag:七星のスバル  Trackback:1 comment:0 

プロフィール

てぃわは

Author:てぃわは
Cocologが容量いっぱいで、こちらで継続します。
アニメやドラマの感想がメインです。
もう一つ別のブログも利用してます
文責は放棄していませんが、リンクはフリーです。

検索フォーム
カレンダー
07 | 2021/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
G-AF
Amazon
Amazon IFrame
カテゴリ
楽天アフィリエイト
VISA
VISA Invitation
https://www.smbc-card.com/olentry/affiliate/online_entry.do?bno=03400398911
ブログサークル更新用
日刊BLOGガイド
日刊BLOGガイド
カウンター エリア
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メモリーボード
Pingoo Memory Board
ブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
ブログ村カウント
ブログランキング
ブログランキング