FC2ブログ
2017-11-29(Wed)

FC2ブログからのTB受信

先日から受信できるようになりましたが、正式にサポートからも連絡が届きました。
恐らくはHTTPSのセキュアな暗号化接続設定を選択したことが原因なのでしょう。
FC2のブロガーさんで同様の設定を行っている方でも問題なく、送受信できていたので
 このサイトの何かが特別だったのか詳細は不明。

Cocologブログと比べてFC2の良いところはオートセーブ機能があること。
逆に足りない機能や使いづらいメニューはいくつかある。
TB受信に関しては各ブログ運営会社がSPAM設定を施している。
一定時間内に同一サイトから複数のTBを同一アカウントに送信されると2つ目以降はSPAMと見做されドロップされる。
CocologもFC2も同じ設定だが、CocologではSPAMと見做されたTBやコメントを拾い上げ救済することが可能。
SPAM TBをSPAMじゃないと設定して公開する機能がある。
FC2にはこの機能がないのは不便である。
例えばアクセス禁止設定を施した際に何が有効で何が無かが分からない。
それらを確かめるためにも何がSPAMかを確認する機能は必要だと思う。
FC2ではTBを1クリックで返信する機能がある。
この機能が上記の一定時間内に送信してしまうようで、1つのブログに複数の
 TBをこちらから送った場合の返信が1つしか届かない。
CocologではSPAM認識されても拾い上げて公開することが出来たがこちらでは出来ないので
 複数送られたTBは1つしか届かない。

https設定を選んだのはGoogleが入力を求めるサイトにはhttpsでないと安全でないサイトだと
 検索からの表示の際にメッセージを表示すると連絡があったから。
確かにBloggerは早々にhttpsに移行している。
でもブログのコメントにセキュリティも関係ないとは思う。
またCocologブログサイトの管理者だとどうして分かったのかも不明。
Googleは以前にも本名をプロフィールに記入することを推進していたが大失敗したので
 この件も頓挫するかもしれない。

残る問題はYaplogからの受信とciao.jpへの送信ですね。
Yaplogはhttpsサイトには送信できないのでは?とFC2サポートからの想像?回答あり。
スポンサーサイト
2017-11-14(Tue)

FC2ブログなのにFC2ブロガーからTBが受信できない

 FC2ブログに本格移行して3日、TBの問題は送信できたり出来なかったりが当初は見受けられたが
 今では送信は支障ない様子。
しかし大きな問題が生じている、FC2でありながらFC2からのTBが受信できない。
逆なら分かるが、goo、Cocologや他のサイトからは受信できている。
承認設定でも問題ないがFC2ブロガーからだけが受信できない。

承認設定も解除して言及のない言及リンクも受け付ける設定でも駄目。
2次元美少女の笑顔を守りたい様からの助言で英数字比率でSPAM選定する機能があり、
 その数字を99%から下げると良いとアドバイスされました。
メニューの説明が不思議で100%なら日本語、英数字を選定しないらしい。
取り敢えずその値を10%に下げてみたが状況は変わらないのでサポートにメールしました。
長年の使用でSPAMフィルターが設定されてしまって受信できないのなら分かるが
 初めての使用に近いのに、この状況は不思議でしかない。
解決できないのなら別のサイトを探すしかないが、めぼしいサイトがないのも事実。
ユーザーも多く安心できると思ったら思わぬ問題発生。

ここのGUIや説明など統一感もなく色々と古臭いし、細かなバグも多い。
コメント、トラバなど表示メニューに簡略語と半角カタカナ表記はいただけない。
PC-98時代の遺物でしかない文字を平気で使っているセンスが悲しい。
トラバと表記するならTBと表記しろよと言いたい。
エディタとプレビューワーが別れているのも残念な設計と言える。

続きを読む

2017-11-09(Thu)

おジャ魔女どれみ を調べたら

テレ玉で、何度目かの、おジャ魔女どれみ、の放送が始まった。
気になってシリーズを調べたら
おジャ魔女どれみ
おジャ魔女どれみ #
も~っと!おジャ魔女どれみ
おジャ魔女どれみ ドッカ~ン
 と4年連続で制作されたらしい。
それから、おジャ魔女どれみナ・イ・ショが13話OVAとして制作されたらしい。
驚いたのは、この作品が初の東堂いづみ原作。
つまりはオリジナル作品だったのである。
TVの黎明期に原作のない作品が多く作られたが、それらはSF作家たちの共同原作で
東映動画は関与していなかったのだった。
初期の頃から企画室が存在していたと思っていたので意外だった。
ちなみに原作がある場合は権利を買い取ってアニメ化しているので、アニメに関しては
 制作に出資しない限り原作者は著作権を有しない。
つまり漫画とアニメは別作品なのだ、静止画と動画は異なるもの扱い。

その前年にセーラームーンが放送されており、原作者にアイデアを与えて共作的な
 原案を設定したが、原作者がアニメも含めて全ての原作権利を買い取っているので
 彼女が原作者で問題ないらしい。
2017-11-04(Sat)

京都アニメーション

涼宮ハルヒの憂鬱で一躍メジャーになった感のあるアニメーション制作会社。
最近では、深夜アニメを制作して、総集編、続編を劇場で公開することが多い。
儲けを考えるとTVより劇場版になるのだろうか。

劇場版を制作した作品としては

天上人とアクト人最後の戦い
涼宮ハルヒの消失
けいおん!
中二病でも恋がしたい! (総集編)
たまこラブストーリー
境界の彼方 過去編、 未来編
Free! ハイ・スピード
響け!ユーフォニアム (1期総集編)
聲の形
Free! 絆
Free! 約束 (2期総集編)
響け!ユーフォニアム (2期総集編)
Free! 特別編 (新作オムニバス)

今後の予定としては
中二病でも恋がしたい! (新作)
響け!ユーフォニアム 2年生メイン
響け!ユーフォニアム 新作続編

実はオリジナルのムントが最初だがあまりいい成績は上げていない、作品自体が黒歴史化している気がする。
涼宮ハルヒの消失以外は松竹が配給で全国25館程度の小規模公開。
それ故に興行成績も10億円未満が多い。
けいおん!と聲の形は100館を越える劇場で公開されているが、
 メジャー作品は200館を越え、300館を越える作品もある。
200館を超える劇場で公開されれば、もっと売上も増えるだろうにと思う。
けいおん!、聲の形は100館以上の公開なので興行収入も10億円を越えている。

来年TV放送されるヴァイオレット・エヴァーガーデンではNetFlixが資本提供して世界同時配信される。
当分は、ネット配信からの資本提供や有料配信で儲けるビジネスモデルに移行しそうな気もする。

2017-11-02(Thu)

トラックバック

かつてのブログ全盛時代から、トラックバック(TB)が多用されてきた。
しかしサーバーにとっては数も多く処理が大変になったらしい。
そこで最初に廃止したブログは大人気だったアメーバブログ。
それから暫くして、ブログが下火になりだした頃にライブドア、ヤフー、Seesaaと廃止が続く。
今回はGooも廃止らしい。
これで利用できるブログを探すほうが早くなってきた。
このFC2とCocolog、Yaplogくらいだろうか、メジャー系では。
逆に利用者も減っているので、今更感があるTB廃止。
2017-10-21(Sat)

紙芝居アニメ DYNAMIC CHORD

2017年秋の今期に画期的なアニメが放送されている。
TBSの深夜アニメ、Dynamic Chordだ。
この枠は1時間で30分アニメを2作品放送してきた。
実は放送2週間前に、されど罪人は竜と踊る、が予定されていたが半年延期となった。
それだけにDynamic Chordも延期したかったが出来なくなったとも邪推されている。
とにかく映像が凄い、演奏シーンばかりで動かない静止画だが手だけが紙芝居の如く動く。
しかも使い回しで尺を稼いでいる。
昔のセルアニメ換算で1/10も動画が無いような映像ばかり。
しかも色々とパースやバランスが崩れている。
これでディスクを発売する際には修正不可能、同じだけの予算と期間を必要とするような出来栄え。
肝心のストーリーも何も分からない。
台詞はおろかナレーションも無いので、何を描いているのか意味不明。
どうやら1話はバンドのボーカルが疾走したらしい。
2話では復帰するまで代わりのボーカルを見つけてきた。
それくらいの内容で延々と動かない、演奏シーンや車のシーンが続く。
なのでストーリーも意味不明。
これが制作遅れの突貫工事でなければ画期的とも言える作品。
TBSなので制作費が足りないとも思えない。
当初の予定を狂わせたものは何だろうか?
例えば3DCGでライブシーンを描くことを考えていたが出来栄えが酷くて急遽手描きに変えたとか?
この調子で大丈夫なのだろうか?
TBSなので放送を休止すると違約金が発生する契約だと思うので総集編で時間を稼いで
 頑張るしか無いと思う。
本気でナレーション付きで総集編を描くと良いと思う。
2017-10-18(Wed)

Fateアニメ化ラッシュ

Fateのアニメ化、劇場版がラッシュ状態
Fate/Stay nightがかつてTVアニメ化されて劇場版で Unlimited Blade Worksが制作された。
ゲーム原作で通常ルートのセイバールートと遠坂凛ルートのアニメ化だった。
その後にFate/ZeroがTVアニメ化されて評判高く大人気。
そこでFate/Stay Night UBWもTVアニメ化された。
制作途中で諦めたと言われるイリヤルートが別作者でスピンオフ化されてTVアニメ化される。
 Fate/Kaleid linear プリズマ☆イリヤ
 この作品も人気で2wei, 2wei Heltz, 3reiと続編がアニメ化された。
その続編は劇場版アニメ化。
 Fate/Kaleid linear プリズマ☆イリヤ 雪下の誓い
今度は同じ設定の別作品
 Fate/Grand Order -First order-が特番でTV放送
続いて別作者の別作品
 Fate/ApocryphaがTVアニメ化
Fate/SNで残されたルート、間桐桜ルートが3部作で劇場アニメ化
 Fate/Heaven's Feel
これだけでも凄いのに
 Fate/Extra Last Encoreもアニメ化決定

Fate/Grand Orderがゲームとして人気だが、いずれはTVアニメ化もありうるのでしょう。
Fate/Extraもバージョンが有る様子。
CMでは剣豪7番勝負なども放送されているが、いずれは?

基本的には忍法魔界転生などと同じで歴史上の人物で誰が強いのだろうかと
 考えた事が誰にもあると思う。
それを取り込んで手駒として戦う作品だが、まともに戦うだけじゃ面白くないと
 色々と例外を設定して単純な展開にならないように描いている。
色んな設定が豊富で複雑化させているのは、エヴァの流れを汲んでいる気がする。
ファンなら全てを購入、投資しているのだろうか。
ただ、このところの連続してのアニメ化は商品としての寿命を縮める気がする。
商売としては儲かる時に一気呵成に畳み込む感じ。
商売的には ゲーム>>劇場版アニメ>>TVアニメなので
 ゲームの販促と考えれば良いのだろう。
ただしコミカライズ、ノベライズとマルチメディアミックスも多彩でかなりな金額が
 動く一大コンテンツと言えるだろう。
2017-10-10(Tue)

うどんの国事件

最近知ったアニメ、うどんの国金色毛鞠の監督交代。
事前に準備していた監督が声優の人事や脚本家の素行不良を注意したらプロデューサーから降板されたらしいとの内容。
この作品は癒やされる内容で、そんな事件が発生していたとは知らなかった。
此の監督が大人的な対処で声優人事を受け入れていれば、続投出来たのだろうか?
正直、それもありかなとは思う。
それ程重要な役でも無かった気がするので。
それにプロデューサーが監督を選んだらしいので、恩に報いてもとの考えもできなくはない。
ただ脚本家はメーカーとTV局の推薦なので、無下には出来ない。
力関係では脚本家のバックがプロデューサーを凌いでいた。
突然の降板らしく、プロデューサーが決めた人事だと想像したらしい。
プッシュした声優とは旅行したり社内慰安会にも呼ばれていたと、何やら想像させる暴露もあった。
上記の件から決定したのはプロデューサーだが、声優人事を受け入れても同じ結果だった気がする。
此の脚本家の影響力が凄いとしか言えない。
全て実名だったが、関係者3名は沈黙を守っているので、真相は闇の中。
下手に声明を出さないで沈静化するのを待つのが、正しい大人的対応。
プロフィール

てぃわは

Author:てぃわは
Cocologが容量いっぱいで、こちらで継続します。
一時期Yaplogでも書いてましたが、検閲が酷いのでアニメ使用は辞めました。
もう一つ別のブログも利用してます
文責は放棄していませんが、リンクはフリーです。

最新記事
最新コメント
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
楽天アフィリエイト
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
楽天2
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
121位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アニメ
59位
アクセスランキングを見る>>
Analyzer
Visitor counting
ブログサークル更新用
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
天気予報娘
カウンター エリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メモリーボード
G-AF
ブログ村
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
ブログランキング
BlogPeaple
ブログピープル
Pingoo-Each
Pingoo相互Pingサーバー